日本列島改造論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
『日本列島改造論』
(にほんれっとうかいぞうろん)
著者 田中角栄
訳者 秦新
発行日 1972年6月20日
1972年9月(中国語版)
発行元 日刊工業新聞社
商務印書館(中国語版)
ジャンル 産業政策行政総合開発
日本の旗 日本
中華人民共和国の旗 中国
言語 日本語
中国語
形態 上製本
ページ数 219
コード ISBN 4-526-03467-3
Portal.svg ウィキポータル 政治
Portal.svg ウィキポータル 産業
Portal.svg ウィキポータル 経済学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

日本列島改造論(にほんれっとうかいぞうろん[1])は、田中角栄自由民主党総裁選挙を翌月に控えた1972年昭和47年)6月11日に発表した政策綱領、およびそれを現した同名の著書[2]。略して列島改造論ともいった。

田中はこの「工業再配置と交通・情報通信の全国的ネットワークの形成をテコにして、人とカネとものの流れを巨大都市から地方に逆流させる “地方分散” を推進すること」を主旨とした事実上の政権公約を掲げて同年7月の総裁選で勝利し、内閣総理大臣となった。

日本列島改造論』(ISBN 4-526-03467-3)は、1972年昭和47年)6月20日日刊工業新聞社から刊行された。田中が総理の座を射止めたこともあって当初91万部を売り上げ、年間第4位[3]ベストセラーとなった。

1968年(昭和43年)に田中が自由民主党都市政策調査会長として発表した「都市政策大綱」をベースとしており、「都市政策大綱」には、後に国土事務次官となる下河辺淳自治官僚であった武村正義らが深く関与している。

主旨[編集]

『日本列島改造論』には、日本列島高速道路新幹線本州四国連絡橋などの高速交通網で結び、地方の工業化を促進し、過疎過密の問題と公害の問題を同時に解決する、などといった田中の持論が、イタリアアメリカの例を引いて展開されている。

国土のうち、北部を工業地帯に、南部を農業地帯にすべきであるという主張(日本の現状は逆)には、田中の出身地で選挙地盤の新潟県中越地方、特にその中心都市の長岡市が日本の北部にあるという状況に起因すると考えられている。豪雪地帯貧困の解消は田中の悲願だった。また、電力事業における火力発電から原子力発電への転換についても言及されている。

田中内閣での施策[編集]

田中内閣が発足すると、田中は首相の私的諮問機関として日本列島改造問題懇談会を設置し、8月7日の第一回を皮切りに会合を重ねた。当初75名だった懇談会の委員は途中で90名に増員された。9月には総理府政府広報室が列島改造論について、「知っているか」「主要点の賛否」「期待」などについて面接聴取している。またグリーンピア構想は、列島改造論に促されて具体化し、8月に厚生省年金局大蔵省理財局グリーンピアの設置に合意した。

これらに触発されて日本列島改造ブーム(列島改造景気)が起き[4] 、日本列島改造論で開発の候補地にあげられた地域では投機家によって土地の買い占めが行われて不動産ブームが起き、地価が急激に上昇した。この影響で物価が上昇してインフレーションが発生し、1973年春頃には物価高が社会問題化した。

これに対して政府は「物価安定七項目」を対策として打ち出して生活関連物資等の買占め及び売惜しみに対する緊急措置に関する法律を制定したり、公定歩合を4度にわたって引き上げたりしたが、十分な効果は上がらなかった。その一方で列島改造論の柱の一つとなっていた新幹線をめぐっては、建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画への路線の追加が検討され、候補にあげられた地域の関係者や国会議員が活発な誘致運動を繰り広げた結果、同年11月15日に運輸省告示で11路線を追加することが決まった。日本列島改造論で取り上げられた本州四国連絡橋の基本計画が指示されたのも同年9月のことである。

しかしその最中に勃発した第四次中東戦争をきっかけとして起きたオイルショックは、物価と経済に決定的な打撃を与え、「狂乱物価」と呼ばれる様相を呈すに至った。この影響で、本州四国連絡橋の着工は11月20日に延期が決定した。

そして11月23日に愛知揆一大蔵大臣が急死すると、田中は内閣改造に踏切り、後任には列島改造論を批判する均衡財政論者でもある福田赳夫を起用せざるを得なくなった。福田は総需要抑制策による経済安定化を図ることになり、ここに列島改造論の施策は一定の後退を余儀なくされた。

首相辞任後の展開[編集]

1974年(昭和49年)12月に、田中は田中金脈問題内閣総理大臣の座を追われた。急激な積極財政・インフレーションオイルショックによる経済の混乱などもあり、総理となった福田による緊縮財政を経て交通網の整備は進まなくなった。1980年(昭和55年)の国鉄再建法によって、日本国有鉄道在来線建設や既存在来線の高速化などが抑制されて特定地方交通線の廃止が実施され、整備新幹線の着工も長く見送られたものの、高速道路網は断続的に拡大した。三木武夫が主導した生涯設計計画・大平正芳が主導した田園都市構想鈴木善幸が主導した和の政治・竹下登が主導したふるさと創生事業を背景に、道路建設は主にガソリン税の増税などによって徐々に進み、デフレーション下の国や地方自治体は多額の借金を抱えることとなった。特に田中の影響力の強さから「田中曽根内閣」「角影内閣」さらには「直角内閣」などと揶揄されていた中曽根康弘が主導し、1980年代バブル景気を引き起こしたとされる東京湾横断道路(東京湾アクアライン)などのプロジェクトは中曽根版の列島改造論と当時から国会で批判されていた[5]

日本にとって、首都の過密と地方の過疎は、当時よりも一層深刻な問題になっており、少なくとも田中が日本列島改造論を著したのは、こうした状況への問題提起としての意味を持っていた。交通網の整備で様々な課題が解決するという発想は、「土建業一辺倒だ」という批判もある。地方から過密地(特に首都・東京)へ向かう交通網の整備は、大都市が持つ資本・技術・人材・娯楽が、地方にも浸透しやすくなったことは事実であるが、同時に地方の住民・人材・企業もまた大都市に流出しやすくことなったことで東京一極集中と地方過疎化をより促進してしまうということが起こった。地方での駅や道路の建設も同様の事象が起こり、駅ナカ駅前郊外へのストロー効果を招き、中心市街地が衰退してしまった。田中が抱いていた理想の未来には不十分で程遠い結果であった。

新幹線や高速道路なども地方と東京を結ぶ路線がほとんどで、地方と地方を結ぶ路線の建設は遅々として進まないのが現状であり、防災と減災のバランス確保による国土強靭化も必要である。こうした道半ばの「均衡ある発展」を背景に、田中が目指した本来の日本列島再生を実現させるべきだという論もある。

こうして田中が提唱した「工業再配置と交通の全国的ネットワークの形成」は幻となったが、「情報通信の全国的ネットワークの形成」は田中による報道機関への懐柔策もあり、日本電信電話公社によって回線が構築された後、1985年(昭和60年)に実施された公社の民営化に伴う通信自由化(電気通信事業法施行)を契機として[6]、民間ネットワーク事業者(日本電信電話株式会社等の回線を利用する事業者を含む)の新電電参入が招来された[7]。続く1990年代の民放テレビ全国四波化パーソナルコンピュータインターネットの世界的な普及が、これを確立させるに至ったのである。

書誌情報[編集]

  • 田中角栄 『日本列島改造論』 日刊工業新聞社、1972年6月20日ISBN 4-526-03467-3
  • 『日本列島改造論』 自由民主党広報委員会〈学習シリーズ 39〉、東京、1972年9月

中国語版[編集]

  • 田中角荣 (1972-09). 日本列岛改造论. 秦新 译. 北京: 商务印书馆. 

脚注[編集]

  1. ^ 大辞林. “にほんれっとうかいぞうろん【日本列島改造論】の意味とは”. Yahoo!辞書. 2012年9月26日閲覧。
  2. ^ ただし序文と結び以外を実際に執筆したのは後の通産事務次官・小長啓一やその他のスタッフ。倉山(2012)
  3. ^ 出版科学研究所調べ。
  4. ^ 日本列島改造論”. GOGA. 2011年3月13日閲覧。
  5. ^ 参議院会議録情報 第104回国会 建設委員会 第11号”. 国会. 2018年7月17日閲覧。
  6. ^ 通信自由化 - KDDI
  7. ^ 日本電信電話公社自身の提供によるキャプテンシステムは、通信自由化前の1984年11月にスタートしている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]