この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

2020年東京オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年東京オリンピック
第32回オリンピック競技大会
Jeux de la XXXIIe olympiade
Games of the XXXII Olympiad
Kokuritsu Kasumigaoka Rikujo Kyogijo 191024h.jpg
開催都市 日本の旗 日本 東京
参加国・地域数 205(予定)
参加人数 12,000人以上(予定)
競技種目数 非追加種目 28競技321種目
追加種目 5競技18種目
合計 33競技339種目
開会式 2020年7月24日
閉会式 2020年8月9日
開会宣言 徳仁産経新聞らが予想[1]
主競技場 新国立競技場
夏季
ブラジルの旗 2016年リオ フランスの旗 2024年パリ >
冬季
大韓民国の旗 2018年平昌 中華人民共和国の旗 2022年北京 >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2020年東京オリンピック(2020ねんとうきょうオリンピック)は、2020年令和2年)7月24日から8月9日までの17日間、日本東京で開催される予定の夏季オリンピック。一般的に東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪(とうきょうごりん)と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会(だいさんじゅうにかいオリンピックきょうぎたいかい)の表記も見られる[2]。東京での五輪開催は、1964年昭和39年)以来2回目。大会組織委員会は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)。

概要

日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恆和と、時の東京都知事石原慎太郎猪瀬直樹が招致委員会を率い、2013年(平成25年)9月7日(現地時間)にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた第125次IOC総会[3] で、トルコイスタンブールスペインの首都であるマドリードを抑えて選出された。

東京での開催は1964年(昭和39年)の大会以来56年ぶり2回目で[注釈 1]アジア初の同一都市による複数回開催となる[注釈 2]。また、アジアで開催される夏季オリンピック2008年北京オリンピック以来12年ぶり4回目である。なお、日本でのオリンピック開催は夏季・冬季通じると冬季開催となった1998年長野オリンピック以来22年ぶり4回目にあたる。

パラリンピックと合わせ「オリ・パラ」と略されることもある。

開催地選考の流れ

2011年5月16日、国際オリンピック委員会 (IOC)は2020年夏季オリンピック開催地の選考スケジュールを発表し、立候補の申請手続きを開始した。2020年大会の開催地選考から、新たに世界反ドーピング機関規定への準拠とスポーツ仲裁裁判所の司法権の事前調査のため、立候補を希望する都市は同年7月29日までにIOCに文書を提出することが義務化された。同年9月1日に申請を締め切り、IOCは翌2日にバクードーハイスタンブールマドリードローマ東京の6都市からの立候補申請を受理したと発表した。

2012年2月14日、財政難からの脱却を目指しているイタリア首相のマリオ・モンティが招致計画を承認しなかったため、ローマは立候補を取りやめた[4]。同年5月23日、IOC理事会において1次選考が行われ、大会の開催能力があると認められたイスタンブール、東京、マドリードの3都市が正式立候補都市に選出された。ドーハは1次選考の通過が有力視されていたが、10月開催によって観客の減少やテレビ視聴者の低下などによる運営面への影響、気象条件の悪さ、狭い国土に対し2022 FIFAワールドカップを開催することでの財政的リスクといった課題を指摘され、2016年大会と同様に1次選考で落選した。バクーについてはインフラ面での課題や競技施設の建設費、国際大会の開催経験の乏しさを指摘され、ドーハと同様に2大会連続で1次選考において落選した[5]

2013年3月にはクレイグ・リーディーが筆頭に10名で構成されたIOC評価委員会が各立候補都市を現地視察し、6月25日に各立候補都市の長所と短所を記した評価報告書を公表した。報告書は公平性を保つため、各都市の優劣を直接示す文言は盛り込まれていないが、東京は根幹部分での指摘がなく全体的に高い評価を受けた。一方、イスタンブールとマドリードは計画の一部に懸念が示された[5]。また、広島や福岡で開催の案もあった。

2013年に五輪の東京招致に成功した東京都知事の猪瀬直樹

投票

第1回目投票、選定投票では48票、第2回目投票では49票が必要とされた。

2013年9月7日、ブエノスアイレスで開かれた第125次IOC総会において開催地選定投票が行われた。第1回目投票で東京が3都市中最多の42票を集めたが48票には届かなかったため、最も得票の少ない都市を脱落させ上位2都市で第2回目投票(決選投票)が行われることとなった。ただ、ほかのイスタンブールとマドリードはともに26票で同数であったため、第2回目投票の前にまずこの2都市で選定投票が行われ、49票を得たイスタンブールが東京との第2回目投票に進んだ(この時点でマドリードが落選)。第2回目投票では60票を獲得した東京が36票のイスタンブールを制し、IOC会長ジャック・ロゲによって現地時間午後5時20分頃、開催都市が東京と発表された[6]

2020年夏季オリンピック開催都市投票結果
都市 国名 第1回投票 選定投票 第2回投票
東京 日本の旗 日本 42 60
イスタンブール トルコの旗 トルコ 26 49 36
マドリード スペインの旗 スペイン 26 45

開催決定後の動き

  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 1月24日 - 大会の運営や準備などの実務を担う東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、「組織委員会」)が発足、元内閣総理大臣森喜朗が会長に就任し、事務局のトップとなる事務総長に元日本銀行副総裁の武藤敏郎が就任した。
    • 4月17日 - 組織委員会により、国内の協賛企業獲得などを行なうマーケティング専任代理店に電通が指名される[9]
    • 9月10日、真夏の開催のため、マラソンなど暑さ対策も検討されている[10]、ことが報道される。
    • 12月8日 - モナコで開催されたIOC臨時総会において、オリンピックの改革案『オリンピック・アジェンダ2020』が採決された。
      • 夏季五輪において28競技の上限を撤廃し選手数を1万5000人以内、310種目を上限とした。
      • また、提言「オリンピックの構成は競技ベースから種目ベースへ」の一環として、開催都市の五輪大会組織委員会(OCOG)が追加種目を提案できるようになった。これにより、日本で要望が高かった野球ソフトボールの復活や、空手スカッシュの追加が検討されている[11][12]。そして後日、この追加種目は上述の種目数、選手数の上限規定はIOCが適用しない方針だと報道される。
      • 開催都市の負担軽減のため一部の競技を国内外問わず別の都市で開催することも認められ、この大会においては大阪バスケットボールサッカーの開催が検討されている。
      • 男女混合種目を増やす方針も打ち出された。
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)
    • 1月12日 - 東京2020大会マスコット選考検討会議のメンバーを発表(座長は宮田亮平[25]
    • 5月31日 - この大会での費用分担をめぐる問題が「東京都、国、組織委員会と関係自治体のトップが集まる協議会で大枠で合意する見通し」と報道される。関係者によると、「東京都と組織委員会は、東京大会の総経費を1兆3850億円と試算しており、負担の内訳は都と組織委員会が6000億円ずつ、国が1500億円となっている」という。残りの約350億円は積算根拠がなく詰め切れなかったため、分担を割り振らず、関係自治体の負担については、自治体の主張している「立候補ファイルなどに基づいたもの」とし、「今後の調整とすることで大枠の合意を目指す」という。
    • 6月15日 - 組織委員会と日本財団が、大会成功に向けてボランティアに関する協定を締結[26]
    • 11月29日 - 組織委員会の第23回理事会にて、開閉会式や聖火リレーの業務委託先を電通に、チケット販売をぴあとAtos Spain SAのコンソーシアムに決定した[27][28]
    • 12月7日 - 大会マスコットの最終3候補を公表。
    • 12月20日 - 入賞メダルデザインコンペのエントリー受付開始[29]
  • 2018年(平成30年)
    • 2月28日 - 大会マスコット谷口亮の市松模様をイメージした「ア案」のデザインに決定した[30][31]
    • 7月12日 - 復興五輪という位置づけから、聖火リレーのスタート地を福島県とすることを決定した[32]。なお、聖火リレーは2020年3月26日から開始される。
    • 7月22日 - 公式マスコットの名前を「ミライトワ」(五輪)と「ソメイティ」(パラリンピック)とすると組織委員会により発表された。五輪マスコットの名前の由来は、「未来」と「永遠」から。パラリンピックマスコットは、日本を代表とする桜である「ソメイヨシノ」と、英語で“非常に力強い”という意味の「so mighty」を名前の由来として名付けられた[33]
    • 7月30日 - オリ・パラ開閉会式の演出総合統括責任者として、狂言師・野村萬斎の就任が決まった[34]
    • 9月27日 - 開催期の暑さ対策としてパラリンピックと共に検討されていた夏時間(サマータイム)導入について、「20年の導入は難しい」として見送られる方向になったと伝えられた[35]
    • 10月2日 - 首相の安倍晋三は内閣改造で、元文科副大臣の桜田義孝を五輪担当相に起用した(第4次安倍改造内閣[36]
    • 10月5日 - 東京都議会が本会議で、「LGBTなどセクシュアルマイノリティへの差別禁止」を盛り込んだ人権尊重条例案(「オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例案」)を可決、成立させた。これは「このオリンピック憲章の定める権利および自由は人種、肌の色、性別、性的指向、(中略)などの理由による、いかなる種類の差別も受けることなく、確実に享受されなければならない」というオリンピック憲章の根本原則に則り、ヘイトスピーチの規制や、性自認性的指向を理由とした差別を禁じることが柱となっている[37]
    • 10月23日 - 東京2020オリンピック競技大会公式映画の監督に、河瀨直美が就任したと発表[38]。女性監督は歴代5人目[39]
  • 2019年(平成31年/令和元年[40]
    • 1月28日 - 大会スタッフは「FieldCast(フィールドキャスト)」、都市ボランティアは「CityCast(シティキャスト)」と、最終4ペア案の中から名称が決定した[41]
    • 3月12日 - 3月1日から5月6日までを「500 Days to Go!」期間とし[42]、ちょうど開催500日前となったこの日、大会競技種目ピクトグラム(全33競技50種類)を正式公開し[43][44][注釈 3]、2020年3月26日の聖火リレーのグランドスタート会場を「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」(福島県楢葉町広野町)とすることを発表した[46]
    • 3月19日 - 竹田恆和日本オリンピック委員会(JOC)の理事会にて、会長職を今期(同年6月)をもって退任(IOC委員も辞任)することを表明した[47]
    • 3月20日 - 聖火がギリシャから到着するのを1年前としたこの日、組織委員会が聖火リレーで使われるトーチを発表した[48]
    • 4月10日 - 五輪担当相の桜田義孝東日本大震災東北地方太平洋沖地震)に対する失言を理由に首相の安倍晋三に辞表を提出し、事実上の更迭となった[49]
    • 4月16日 - 各競技のスケジュールが発表された[50]
    • 5月9日 - 日本在住者向けに、公式販売サイトでの入場券抽選申し込み受付を同日午前10時に開始した。抽選販売では全ての当選チケットを一括購入とし、一部のチケットのみの購入は行えないことを規約に定めた。全体像が未定のボクシングについては募集延期となった。
    • 5月22日 - ボクシングの国際競技連盟(IF)である国際ボクシング協会 (AIBA)の組織統治能力に問題があるとしてIOCからのIFとしての承認を停止する方針となる。2020年夏季五輪のボクシング競技はAIBAではなく国際体操連盟会長兼IOC委員の渡辺守成を座長とするIOC内の特別作業部会(タスクフォース)が主管する方針となった[51]
    • 5月24日 - 都知事の定例記者会見において、猛暑対策として「かぶる傘」(傘帽子、アンブレラハット)の試作品が発表される[52][53]
    • 5月28日 - 入場券抽選申し込み受付の締め切りは5月28日午後11時59分までだったが、公式販売サイトへのアクセス集中(5月28日夜に受付待機人数が100万人超を推移)により、締め切りを12時間延長し、5月29日午前11時59分となった[54]。結果として、抽選申し込み受付の締め切り時点で公式販売サイトへの累計アクセス数は2425万件を超え、申し込みに必要なIDの登録者は750万8868人に達した[55]
    • 6月26日 - IOC総会でボクシングについて、5月22日の方針が承認される。

大会ビジョン

大会ビジョンは「スポーツには世界と未来を変える力がある。」であり、その3つの基本コンセプトは「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」である[56]

そのうち「多様性と調和」の理念は「人種、肌の色、性別性的指向言語宗教政治障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。」である。

これは2014年にロシアソチオリンピックが開催される直前、パブリックスペースで同性愛についてポジティブに語ることなどを禁止する「同性愛宣伝禁止法」が制定され、西洋諸国から非難を浴び、政府要人らの開会式へのボイコットが相次ぎ[57]、2015年に国際オリンピック委員会(IOC)がオリンピック憲章の根本原則に「性別と性的指向に関する差別を禁止すること」を明文化したことが背景となっている。

この理念に則り、組織委員会は当初からLGBTに対する配慮をしていく方針を掲げている[37]

実施競技

2020年夏季オリンピックでは、33競技339種目が実施される[58]。うち、ASOIF正会員競技が28競技321種目、開催地の組織委員会提案の追加種目は5競技18種目となっている[58]。ASOIF正会員競技はオリンピック憲章数量制限310種目を11種目上回った。下記の情報は2017年6月現在[58]。括弧内の数字は種目数、★は東京五輪における追加種目を含む競技、並びは競技名のアルファベット順。

実施競技の見直し

2020年夏季五輪においては実施競技について見直しが行われた。

  • 9月28日 - スカッシュ、ボウリング、武術太極拳以外の、5競技18種目のIOCへの提案が決定される。それぞれ、野球・ソフトボールは野球(男子)、ソフトボール(女子)。空手は組手3階級(男女)、形(男女)。ローラースポーツはスケートボードストリート(男女)、スケートボードパーク(男女)。スポーツクライミングはボルダリング・リード・スピード複合(男女)、サーフィンショートボード(男女)[62]

開催日程

2013年の招致段階の情報[63]

OC 開会式 予選 1 金メダル確定数 CC 閉会式
7月 / 8月 22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
式典 OC CC
アーチェリー 1 1 1 1 4
陸上競技 2 2 4 6 6 5 6 7 8 1 47
バドミントン 1' 2 2 5
バスケットボール 1 1 2
ボクシング 3 5 5 13
カヌー 1 1 2 4 4 4 16
自転車競技 1 1 2 2 2 1 1 1 3 2 1 1 18
飛込 1 1 1 1 1 1 1 1 8
馬術 2 1 1 1 1 6
フェンシング 1 1 1 1 2 1 1 1 1 10
ホッケー 1 1 2
サッカー 1 1 2
ゴルフ 1 1 2
体操 1 1 1 1 5 5 18
ハンドボール 1 1 2
柔道 2 2 2 2 2 2 2 14
近代五種 1 1 2
ボート 3 3 4 4 14
ラグビー 2 2
セーリング 2 2 2 1 1 1 1 10
射撃 2 2 2 2 1 2 1 2 1 15
競泳 4 4 4 4 4 4 4 4 1 1 34
アーティスティックスイミング 1 1 2
卓球 2 2 4
テコンドー 2 2 2 2 8
テニス 2 2 4
トライアスロン 1 1 2
バレーボール 1 1 1 1 4
水球 1 1 2
ウエイトリフティング 010 020 020 020 020 2 1 1 1 1 15
レスリング 2 2 3 2 2 2 2 3 18
金メダル 計 0 0 0 11 16 16 21 19 19 23 21 25 20 19 15 23 17 30 11 306
累計 000 000 000 11 27 43 64 83 102 125 146 171 191 210 225 248 265 295 306
7月 / 8月 22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9

競技会場

大会招致時のコンセプトとして「都市の中心で開催するコンパクトな大会」コンパクト五輪を掲げ、大都市の都心で開催することによるダイナミックな祭典、かつ選手村を会場配置計画の中心に設置して約9割の競技会場が8km圏内に配置されるなど、移動時間の短縮が可能なコンパクトな配置計画となっていた。

2014年、『オリンピック・アジェンダ2020』がIOC総会で採択されコスト、オリンピックの持続継続性を優先し脱コンパクト五輪となった。東京都以外の地域での競技実施が多くなった。

メインスタジアムは、1964年東京オリンピックでメインスタジアムとなった国立霞ヶ丘陸上競技場を建て直して建設される新国立競技場(別名:オリンピックスタジアム)。その他、主に内陸部の「ヘリテッジゾーン」と臨海部の「東京ベイゾーン」に分けられる各会場群にて競技が行われる予定である。

また、半径8km圏外ゾーンでは馬術会場として「馬事公苑」(世田谷区)が使用される。
東京23区外に配置される競技場は、サッカーの会場として札幌ドーム北海道札幌市)、宮城スタジアム(ひとめぼれスタジアム宮城)(宮城県宮城郡利府町)、茨城県立カシマサッカースタジアム茨城県鹿嶋市)、埼玉スタジアム2002埼玉県さいたま市)、東京スタジアム(味の素スタジアム) (東京都調布市横浜国際総合競技場(日産スタジアム)(神奈川県横浜市)が使用されるほか[注釈 4]、ゴルフの会場として霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)が、近代五種の会場として武蔵野の森総合スポーツプラザ東京都調布市)が、セーリングの会場として江の島ヨットハーバー神奈川県藤沢市)、フェンシング、テコンドー、レスリングの会場として幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)、サーフィン会場として釣ケ崎海岸(千葉県長生郡一宮町)、射撃の会場として陸上自衛隊朝霞訓練場(埼玉県新座市)が使用される予定となっている。東京五輪・パラリンピック期間は被災3県を含む東北地方各地で夏祭りが実施される時期(参照)であり、例年交通機関や宿泊施設が混雑するが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)から9年となる2020年に「復興の舞台」として被災地の人々を勇気づけ、世界に復興をアピールするため、宮城スタジアムが会場として選ばれた。カシマスタジアムは当初の計画では会場となっていなかったが、会場追加の要望を受けた結果、被災地の一つであることも考慮され追加会場となることとなった。札幌ドームのある札幌市は1972年札幌オリンピックが開催されたため、馬術競技(1964年東京オリンピック)とカーリング1998年長野オリンピック)が開催された軽井沢町に続き、世界で2例目の夏季・冬季両五輪の会場が置かれた都市となる見込みである。競技会場として愛知県豊田市の豊田スタジアムなども補完的に利用可能な大規模施設として候補に挙がっている。陸上競技マラソン競歩について、2019年世界陸上競技選手権大会で棄権者が続出したことを鑑み、IOCが猛暑を懸念して開催地を札幌市に移すことになる[64]

費用対効果

費用

ブラジル政府が過去の開催都市よりもコストカットに成功したと自負している2016年リオデジャネイロオリンピックが総額約120億ドル(約1.3兆円)であり、 2012年ロンドンオリンピックではスポーツ関連のみの費用が約140億ドル(約1.5兆円)となった[65]。そのため、ロサンゼルス五輪以降の8回の夏季大会の総額では1位が2008年の北京オリンピックの約3.4兆円で、2012年のロンドンが約3.17兆円で2位だった[66]

2017年5月に東京オリンピックは約1.39兆円の費用だと東京都の試算で分かっている[67]。内訳は組織委員会が6000億円、東京都が6000億円、国が1200億円である。後に、総計1兆3200億円にまで抑えられた。他国のオリンピック費用と比較すると、コストがかかっていないために、「コンパクト・オリンピック」と呼ばれる[68]

経済効果

日本政府と企業は世界に五輪を通じて日本の技術力を更に認知させるとして、2016年(平成28年)には国土交通省がマラソン・競歩・自転車のコースを新たな特殊技術で舗装することで、路面温度を4.8°C下げるなどの技術開発に成功している。

民間企業でも、メインスタジアムと選手村をつなぐ道路の間にある港区虎ノ門一帯を再開発するのに4000億円を出資するなど、オリンピックに関する各民間企業による投資や開発も活発になっている。そのため、東京五輪を招致したことよる日本国内への経済効果は合計32兆3000億円を超えて、190万人の新たな雇用が増加すると主張している。

スポンサー

一業種1社を原則とするが、国際オリンピック委員会(IOC)と協議して特例で2社共存したスポンサー[69] や、複数で共存したスポンサー[70][71] もある。

2020年夏季オリンピックのスポンサー
ワールドワイドオリンピックパートナー
ゴールドパートナー
オフィシャルパートナー
オフィシャルサポーター

放送事業者

アメリカ国内ではNBCがソチオリンピックから今大会までの4大会分の放映権を43億3000万ドルで獲得した[123]

ヨーロッパではディスカバリー・コミュニケーションズ平昌オリンピックからパリオリンピックまで、本大会を含む4大会分の欧州向け放映権を13億ユーロで獲得した[124][125]

以下は、現在[いつ?]までに確定した放送事業者である。

^1 – 22カ国の放送事業者に販売する権利。
^2 – フランスとロシアを除く。
^3クック諸島フィジーキリバスマーシャル諸島ミクロネシアナウルニウエパラオサモアソロモン諸島トンガツバルバヌアツにおける権利。

マスコットキャラクター

2017年5月22日、組織委員会はアンバサダーとなるマスコットキャラクターを公募することを決め発表した[151]。公募後、候補作数点を発表し小学生による決選投票を行うとした。

2017年12月7日に候補作3点が発表され[152]、日本の小学生による投票が2018年2月22日まで行われた。2018年2月28日、最多得票を得た福岡県在住でデザイナーの谷口亮がデザインした(ア)案に決定した[153]。名前は同年7月22日にミライトワとソメイティに決まった[154]

聖火

このオリンピックによるオリンピック聖火の聖火リレーは、2020年(令和2年)3月12日にギリシャオリンピアで採火され、3月20日に日本に到着後は宮城県岩手県福島県で展示される。その後、3月26日に福島県のJヴィレッジを出発し121日間で全47都道府県を回り、7月24日の開会式を迎える予定[155]

組織委員会が2019年6月1日に発表した、聖火が回る都道府県の順番は以下の通り[156][157]

福島県栃木県群馬県長野県岐阜県愛知県三重県和歌山県奈良県大阪府徳島県香川県高知県愛媛県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県熊本県長崎県佐賀県福岡県山口県島根県広島県岡山県鳥取県兵庫県京都府滋賀県福井県石川県富山県新潟県山形県秋田県青森県北海道岩手県宮城県静岡県山梨県神奈川県千葉県茨城県埼玉県東京都

東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の津波に耐えた奇跡の一本松や、熊本地震で被害を受けた熊本城などの被災地をルートに組み込んだほか、世界遺産なども通過する。121日をかけて全国を回り、開会式で点火される予定。通過する詳細なルートや距離については、2019年末頃に発表される予定である[158]

聖火リレーで使用されるトーチは、アルミニウム製の長さ71 cm、重さ1.2 kg。上部が桜の花びらにかたどられ、5つの花びらから炎が出る。また、火力や炎の大きさを一定に保つために一定量のガスを供給し続ける仕組みや、燃焼部の中心の白金製メッシュ状ドームにより雨や風に耐えられるよう工夫された。素材の一部には東日本大震災による仮設住宅のアルミサッシの廃材を再利用することとした。新幹線の車両製造技術を活用し、つなぎ目のないトーチに作製されたことも特徴となっている[48][159]。聖火ランナーは公募により1万人程度が選ばれる見込み[158]。 聖火リレーについて、組織委員会はスポンサー企業4社と各都道府県実行委員会が行ったランナー公募に延べ53万5717件の応募があったと発表した。[160]。日本人最初の聖火ランナーとして、2004年アテネオリンピック女子マラソン金メダリストの野口みずきが選ばれた。

大学連携

2014年平成26年)6月23日に組織委員会と全国の大学短期大学が連携協定を締結し、2020年令和2年)の大会に向けて、オリンピック・パラリンピック教育の推進やグローバル人材の育成、各大学の特色を活かした取り組みを進めていくこととなった[161]

課外活動の促進や特別講義の他、正課の授業としてオリンピック・パラリンピックに関する講座を開設している例[162][163] もある。

記念ナンバープレート

2020年東京オリンピック・パラリンピック記念ナンバープレートを掲げたバス
東海バスオレンジシャトル

2020年東京オリンピック・パラリンピック記念ナンバープレートは白基調にオリンピックにちなんだ意匠が入ったナンバープレートである[164][165]


交通渋滞対策

2019年(平成31年)2月6日、組織委員会と東京都は「交通輸送技術検討会」を開き、通常料金に上乗せ課金する「ロードプライシング」など首都高速道路の交通量を減らす議論を開始した。他にも企業などに、時差出勤在宅勤務の要請などしてきたが、このままでは不十分と判断し、追加対策の必要性を確認した。「ナンバープレート規制」や複数人乗車車両の専用レーンを設ける「HOV(複数乗客)レーン導入」などの案もあるが、機器と人員が必要になるため、検討を重ね、今年度中にいずれかの追加対策を決める[166][167]

招致不正疑惑

2016年5月11日には英紙『ガーディアン』が、東京五輪決定前後にあたる2013年7月と10月の2回に分け、招致委員会がシンガポールに拠点を置く「ブラック・タイディングス」社の口座に総額130万ユーロ(約1億6000万円)を送金していたと報道した。[168] 2016年5月12日には仏検察当局が東京五輪招致委員会とパパ・マッサタ・ディアックとの間に280万シンガポールドル(約2億2000万円)の金銭授受があったことを確認したと発表した。

2018年12月、フランス捜査当局は東京五輪招致をめぐる贈収賄容疑でJOC会長の竹田恆和を容疑者とする捜査の開始を決定した[169][170]。2019年3月、これを受けて「会長辞任は避けられない見通し」と報じられている[171]。3月19日竹田がJOCの理事会にて、会長職を6月をもって退任することを表明した[47]

賄賂疑惑

2016年1月に、世界アンチ・ドーピング機関は、国際陸上競技連盟(IAAF)元会長のラミン・ディアックの息子であるカリル・ディアックと、イスタンブールのトルコ当局者との間の会話を詳述する報告書に引用された会話の写しの中で、日本の入札チームがダイヤモンドリーグまたはIAAFのいずれかに「スポンサーシップ」の支払いとしての400 - 500万ドルは賄賂行としてだった可能性を示唆する結論を出した。東京都側はこれを否定している[172]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし、1940年(昭和15年)に予定されていた「東京オリンピック」が日中戦争支那事変)により開催返上になったものの、夏季オリンピック大会では開催されなかった場合でも開催回次をそのまま残すため公式記録上では「3回目」である。
  2. ^ 欧米諸国においては夏季五輪ではロンドン1908年1948年2012年)、パリ1900年1924年)、ロサンゼルス1932年1984年)、アテネ1896年2004年)、冬季五輪ではサンモリッツ1928年1948年)、インスブルック1964年1976年)、レークプラシッド1932年1980年)の例があり、東京は夏季では5都市目、冬季も合わせると8都市目となる。
  3. ^ 大会組織委員会ホームページの「オリンピック競技一覧」では、遅くとも2019年2月時点で、このピクトグラムが既に使用されていた[45]
  4. ^ 決勝戦以外に関しては同じ国内の別の都市での開催が認められている。

出典

  1. ^ 天皇陛下に名誉総裁要請へ 東京五輪パラ両大会とも”. 産経新聞 (2019年7月9日). 2019年11月16日閲覧。 “陛下が行われることが予想される。”
  2. ^ 第三十二回オリンピック競技大会及び第十六回パラリンピック競技大会東京招致に関する決議”. shugiin.go.jp. 衆議院. 2018年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月5日閲覧。
  3. ^ Six Applicant Cities for the 2020 Olympic Games IOC PressRelease - ウェイバックマシン(2011年11月5日アーカイブ分)
  4. ^ Six Applicant Cities for the 2020 Olympic Games アーカイブ 2011年11月5日 - ウェイバックマシン 国際オリンピック委員会 2011年11月2日
  5. ^ a b (PDF) 2020 Working Group Report. International Olympic Committee. (April 5, 2012). オリジナルの2016年3月4日時点によるアーカイブ。. http://www.olympic.org/Documents/Host_city_elections/Final-report-2020-Working-Group-English.pdfaccessdate=2016年5月25日 2014年7月14日閲覧。. 
  6. ^ 2020 Olympics Vote Total Box”. Associated Press. Miami Herald (2013年9月7日). 2013年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月8日閲覧。
  7. ^ 二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に関する決議”. 衆議院. 2016年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月28日閲覧。
  8. ^ 二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に関する決議(平成25年10月15日)”. 参議院. 2016年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月28日閲覧。
  9. ^ 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会がマーケティング専任代理店として電通を指名 アーカイブ 2015年8月13日 - ウェイバックマシン 電通 2014年4月17日
  10. ^ 五輪招致決定から1年 “真夏の暑さ”対策は アーカイブ 2015年7月21日 - ウェイバックマシン MIRAIMAGINE(ミライマジン) NHK 2014年9月10日
  11. ^ “東京五輪で野球・ソフト復帰有力 開催都市に競技提案権”. 朝日新聞. (2014年12月9日). オリジナルの2014年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141211112917/http://www.asahi.com/articles/ASGD862CYGD8UTQP029.html 2014年12月15日閲覧。 
  12. ^ “野球・ソフト復活に道=20年東京五輪で追加可能に-IOC臨時総会”. 時事通信. (2014年12月8日). オリジナルの2015年5月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150501042637/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412%2F2014120800845&g=spo 2014年12月15日閲覧。 
  13. ^ 平成27年7月24日 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部 アーカイブ 2015年7月27日 - ウェイバックマシン 首相官邸ホームページ 総理の一日 2015年7月24日
  14. ^ “2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会エンブレムデザインを募集”. マイナビニュース. (2014年9月19日). オリジナルの2015年7月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150728114223/http://news.mynavi.jp/news/2014/09/19/544/ 2015年7月28日閲覧。 
  15. ^ 東京五輪エンブレム、佐野研二郎氏デザインが採用に アーカイブ 2015年8月20日 - ウェイバックマシン ブレーン 2015年7月24日
  16. ^ エンブレムの使用停止要求 ベルギーのデザイナー側 アーカイブ 2015年8月3日 - ウェイバックマシン 日本経済新聞 2015年7月31日配信 2016年3月27日閲覧
  17. ^ 五輪エンブレム差し止めを提訴 ベルギー劇場側 アーカイブ 2015年8月14日 - ウェイバックマシン 日本経済新聞 2015年8月14日配信 2016年3月27日閲覧
  18. ^ “東京五輪エンブレム 使用中止の方針固める”. NHK. (2015年9月1日). オリジナルの2015年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150901035120/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150901/k10010212001000.html 2015年9月1日閲覧。 
  19. ^ “東京五輪エンブレム、使用中止の方針 大会組織委”. 日本経済新聞. (2015年9月1日). オリジナルの2015年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150901040633/http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H36_R00C15A9000000/ 2015年9月1日閲覧。 
  20. ^ “椎名林檎らリオ五輪閉会式で東京引き継ぎ式メンバー”. 日刊スポーツ. (2016年1月26日). オリジナルの2016年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160125162515/http://www.nikkansports.com/general/news/1596701.html 
  21. ^ 佐々木宏氏、菅野薫氏、リオ五輪閉会式での東京引継ぎ式メンバーに アーカイブ 2016年3月12日 - ウェイバックマシン #ブレーン | AdverTimes 2016年1月27日
  22. ^ “作品A「組市松紋」に”. 毎日新聞. (2016年4月25日). オリジナルの2016年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160425060513/http://mainichi.jp/articles/20160425/k00/00e/040/211000c 2016年4月25日閲覧。 
  23. ^ 「三庁連携シンボルマーク」の公募について アーカイブ 2016年8月26日 - ウェイバックマシン 文化庁 2016年7月12日
  24. ^ 三庁連携シンボルマークおよび「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」【10選】1次選定(入選)結果を決定しました アーカイブ 2016年10月24日 - ウェイバックマシン 観光庁 2016年9月23日
  25. ^ 東京2020大会マスコット アーカイブ 2017年3月5日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  26. ^ 東京2020組織委員会と日本財団、大会成功に向け協定を締結 アーカイブ 2018年8月2日 - ウェイバックマシン TOKYO2020.
  27. ^ 第23回理事会資料”. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月1日閲覧。
  28. ^ 東京五輪、開閉会式や聖火リレーは電通に業務委託 アーカイブ 2017年12月1日 - ウェイバックマシン 日刊スポーツ 2017年11月29日
  29. ^ 入賞メダルデザインコンペティション アーカイブ 2017年12月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  30. ^ “マスコットが決定 谷口亮氏デザインに”. 毎日新聞. (2018年2月28日12時15分). オリジナルの2018年2月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180228072214/https://mainichi.jp/articles/20180228/k00/00e/050/290000c 2018年2月28日閲覧。 
  31. ^ “大会マスコットに「ア」案 市松模様の近未来的キャラ 作者は谷口亮さん”. 産経ニュース. (2018年2月28日12時19分). オリジナルの2018年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180308115105/http://www.sankei.com/tokyo2020/news/180228/tko1802280002-n1.html 2018年2月28日閲覧。 
  32. ^ ““復興の光”東京五輪の聖火リレーは福島から出発 - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. オリジナルの2018年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180712052952/https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201807120000199.html 2018年7月12日閲覧。 
  33. ^ “未来+永遠…名前は「ミライトワ」、東京五輪マスコット:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. オリジナルの2018年7月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180723152146/https://www.asahi.com/articles/ASL7M6G4WL7MUTQP035.html 2018年7月23日閲覧。 
  34. ^ 統括責任者に野村萬斎氏 東京五輪・パラ開閉会式の演出 アーカイブ 2019年1月29日 - ウェイバックマシン 日本経済新聞 2018年7月30日
  35. ^ “東京五輪のサマータイム、導入断念へ 自民党が見通し”. 朝日新聞DIGITAL. (2918年9月27日). オリジナルの2018年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180927090833/https://www.asahi.com/articles/ASL9W5DZDL9WUTFK04N.html?iref=comtop_8_02 2018年9月27日閲覧。 
  36. ^ 第4次安倍改造内閣桜田五輪担当相が会見 アーカイブ 2019年4月10日 - ウェイバックマシン - 日テレNEWS24 2019年4月10日閲覧
  37. ^ a b 東京都がLGBT「差別禁止」を条例で明文化 企業に求められる変化とは? Fobes JAPAN 2018年10月5日 - ウェイバックマシン(2019年3月22日アーカイブ分)
  38. ^ “「感動できる作品にしたい」東京2020オリンピック公式映画の監督に河瀨直美さんが就任”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. (2018年10月23日). オリジナルの2018年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181025043158/https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20181023-03.html 2018年10月25日閲覧。 
  39. ^ “Naomi Kawase appointed to direct the Official Film of Tokyo 2020”. olympic.org. (2018年10月23日). オリジナルの2018年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181025045100/https://www.olympic.org/news/naomi-kawase-appointed-to-direct-the-official-film-of-tokyo-2020 2018年10月25日閲覧。 
  40. ^ 平成31年:2019年1月1日から4月30日まで、令和元年:2019年5月1日から12月31日まで。
  41. ^ 東京オリンピック ボランティア名称「フィールド キャスト」に決定 アーカイブ 2019年1月29日 - ウェイバックマシン AdverTimes by 宣伝会議 2019年1月28日
  42. ^ 東京2020大会開催まであと500日! 「500 Days to Go!」 アーカイブ 2019年3月12日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  43. ^ 東京2020オリンピックピクトグラムの発表について アーカイブ 2019年3月12日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年3月12日
  44. ^ ひと目で分かる64年-20年版ピクトグラム比較 アーカイブ 2019年3月12日 - ウェイバックマシン 日刊スポーツ 2019年3月12日
  45. ^ オリンピック競技一覧 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年2月3日時点
  46. ^ 東京2020オリンピック聖火リレー 「復興の火」の展示場所およびグランドスタート会場の決定について アーカイブ 2019年3月12日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年3月12日
  47. ^ a b JOC竹田会長、理事会で退任表明 買収疑惑で捜査対象 アーカイブ 2019年3月19日 - ウェイバックマシン - 朝日新聞デジタル 2019年3月19日
  48. ^ a b “東京五輪の聖火トーチは桜をデザイン 仮設住宅アルミを再利用”. 産経新聞. (2019年3月20日). オリジナルの2019年3月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190322095250/https://www.sankei.com/tokyo2020/news/190320/tko1903200004-n1.html 2019年3月22日閲覧。 
  49. ^ 安倍首相、桜田五輪相を更迭=「復興以上に議員大事」と失言-政権に打撃 アーカイブ 2019年4月10日 - ウェイバックマシン - 時事通信社 2019年4月10日
  50. ^ 東京2020オリンピック競技大会 競技スケジュール(種目実施日程)発表!! アーカイブ 2019年4月17日 - ウェイバックマシン - 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年4月16日
  51. ^ 東京五輪でボクシング存続へ 選手救済を最優先、合意”. 朝日新聞デジタル (2019年5月23日). 2019年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  52. ^ 小国綾子 (2019年8月8日).都の暑さ対策「かぶる傘」 五輪本番でも見られるか”. 毎日新聞. 2019年10月12日閲覧。
  53. ^ 丸山ひかり (2019年10月2日). “かぶる傘、効果のほどは 駅から五輪会場までの暑さ対策”. 朝日新聞デジタル. 2019年10月12日閲覧。
  54. ^ 東京五輪チケット購入、アクセス集中で締め切り延長 日刊スポーツ2019年5月28日 - ウェイバックマシン(2019年5月28日アーカイブ分)
  55. ^ 五輪チケットの抽選申し込み終了 6月20日に結果発表:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月29日閲覧。
  56. ^ 大会ビジョン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2019年9月7日アーカイブ分)
  57. ^ 日本の首相安倍晋三は参列した。
  58. ^ a b c d 東京2020オリンピック競技大会実施種目決定!”. tokyo2020.jp. TOCOG (2017年6月10日). 2018年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月4日閲覧。
  59. ^ “IOC理事会、レスリング除外を勧告 2020年五輪から”. CNN.co.jp (タイムワーナー). (2013年2月13日). オリジナルの2013年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130216052308/http://www.cnn.co.jp/showbiz/35028152.html 2014年8月7日閲覧。 
  60. ^ a b レスリングがオリンピック競技存続へ、2020・24年大会で実施…IOC総会”. 日本レスリング協会 (2013年9月9日). 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月7日閲覧。
  61. ^ “東京五輪:応募26競技から18連盟落選落胆「なぜ…」”. 毎日新聞. (出典提示者が配信日を未記載). オリジナルの2015年6月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150623050516/http://mainichi.jp/sports/news/20150623k0000m050089000c.html 2015年6月23日閲覧。 
  62. ^ ニュース 2015年09月28日 5競技、18種目を東京2020大会の追加種目としてIOCへ提案 - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年9月29日アーカイブ分)
  63. ^ Candidature file for the Tokyo 2020 Summer Olympics (PDF)”. p. 8-9. 2013年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月9日閲覧。
  64. ^ 東京五輪 マラソン・競歩「札幌での実施が決定」IOC発表 NHK2019年11月2日
  65. ^ リオ五輪開催費用の内訳 アーカイブ 2017年8月26日 - ウェイバックマシン AFPBB News 2016年7月20日
  66. ^ オリンピック開催に必要な金額は? 北京・ロンドンを振り返る - Dr.Walletナビ 2014年2月6日 - ウェイバックマシン(2017年8月26日アーカイブ分)
  67. ^ 経費1.39兆円都試算 地方400億円 分担大枠 - 毎日新聞 2017年5月19日 - ウェイバックマシン(2017年8月26日アーカイブ分)
  68. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年10月4日). “東京五輪・パラ経費3兆円超か 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月18日閲覧。
  69. ^ 東京五輪のエアラインのオフィシャルパートナーは異例の2社共存 アーカイブ 2016年2月2日 - ウェイバックマシン ニュースイッチ(日刊工業新聞 2015年6月16日)
  70. ^ a b c d e ニュース 2016年01月22日 株式会社読売新聞東京本社、株式会社朝日新聞社、株式会社日本経済新聞社及び株式会社毎日新聞社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2016年1月28日アーカイブ分)
  71. ^ a b c d KNT-CTホールディングス株式会社、株式会社ジェイティービー、東武トップツアーズ株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月11日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年3月31日
  72. ^ ニュース 2015年01月27日 アサヒビール株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  73. ^ ニュース 2015年04月06日 株式会社アシックスとの東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  74. ^ ニュース 2015年02月18日 キヤノン株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  75. ^ ニュース 2015年03月18日 JX日鉱日石エネルギー株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  76. ^ ニュース 2015年03月20日 東京海上日動火災保険株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  77. ^ ニュース 2015年03月20日 日本生命保険相互会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  78. ^ ニュース 2015年02月19日 NEC(日本電気株式会社)との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  79. ^ ニュース 2015年01月26日 日本電信電話株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  80. ^ ニュース 2015年03月25日 野村ホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  81. ^ ニュース 2015年02月19日 富士通株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  82. ^ a b ニュース 2015年04月14日 株式会社みずほフィナンシャルグループ及び株式会社三井住友フィナンシャルグループとの東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  83. ^ ニュース 2015年04月20日 三井不動産株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  84. ^ 三井不動産 13社目の東京オリンピック ゴールドパートナーに - 日本不動産野球連盟 2015年4月20日 - ウェイバックマシン(2018年2月28日アーカイブ分)
  85. ^ ニュース 2015年10月16日 株式会社 明治との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月21日アーカイブ分)
  86. ^ ニュース 2015年11月26日 株式会社LIXILとの東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年12月8日アーカイブ分)
  87. ^ 味の素株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月8日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年3月28日
  88. ^ アース製薬株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年10月27日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年10月27日
  89. ^ イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年7月17日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年7月5日
  90. ^ 株式会社エアウィーヴとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月27日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年4月27日
  91. ^ キッコーマン株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年4月23日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年4月15日
  92. ^ シスコシステムズ合同会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年8月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月9日
  93. ^ a b ニュース 2015年10月20日 セコム株式会社及び綜合警備保障株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月25日アーカイブ分)
  94. ^ a b ニュース 2015年06月15日 全日本空輸株式会社及び日本航空株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  95. ^ a b 大日本印刷株式会社および凸版印刷株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年10月31日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年10月31日
  96. ^ 大和ハウス工業株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年8月6日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年7月29日
  97. ^ ニュース 2015年07月27日 東京ガス株式会社との東京 2020 スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月23日アーカイブ分)
  98. ^ a b 東京地下鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年8月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月7日
  99. ^ TOTO株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年3月3日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年2月24日
  100. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2019年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月22日閲覧。
  101. ^ 日清食品ホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年6月30日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年6月23日
  102. ^ - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月20日アーカイブ分)
  103. ^ 久光製薬株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年2月6日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年2月6日
  104. ^ 三菱電機株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2016年3月5日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2016年2月29日
  105. ^ ニュース 2015年08月10日 ヤマトホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 - ウェイバックマシン(2015年10月20日アーカイブ分)
  106. ^ 株式会社リクルートホールディングスとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2017年8月22日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2017年5月30日
  107. ^ 株式会社AOKIホールディングスとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年10月11日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年10月11日
  108. ^ Aggreko Events Services Japan 株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年12月14日
  109. ^ 株式会社ECCとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年10月11日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年10月3日
  110. ^ EY Japan株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年10月28日
  111. ^ 株式会社KADOKAWAとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2019年4月10日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年4月10日
  112. ^ グーグル合同会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2019年6月27日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年6月27日
  113. ^ コクヨ株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年8月30日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年8月30日
  114. ^ 清水建設株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年8月9日閲覧。
  115. ^ TANAKAホールディングス株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年8月9日閲覧。
  116. ^ 株式会社乃村工藝社の東京2020スポンサーシップ契約について 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年6月4日
  117. ^ パーク24株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年8月4日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年8月3日
  118. ^ 株式会社パソナグループとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年1月17日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年1月17日
  119. ^ 丸大食品株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年11月29日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年4月13日
  120. ^ 株式会社モリサワとの東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年12月7日 - ウェイバックマシン東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年12月6日
  121. ^ ヤフー株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2019年5月31日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2019年5月31日
  122. ^ a b 株式会社産業経済新聞社、株式会社北海道新聞社との東京2020スポンサーシップ契約について アーカイブ 2018年1月4日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 2018年1月4日
  123. ^ McCarthy, Michael (2011年6月7日). “NBC wins U.S. TV rights to four Olympic Games through 2020”. USA Today. オリジナルの2013年2月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130205125129/http://content.usatoday.com/communities/gameon/post/2011/06/olympic-tv-decision-between-nbc-espn-and-fox-could-come-down-today/1 2016年4月27日閲覧。 
  124. ^ Discovery Lands European Olympic Rights Through ’24”. Sports Business Journal. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  125. ^ BBC dealt another blow after losing control of TV rights for Olympics”. The Guardian. 2016年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月30日閲覧。
  126. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in Asia”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年7月29日). オリジナルの2015年7月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150730224534/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-asia/246644 2015年7月29日閲覧。 
  127. ^ “Seven Network reclaims rights to broadcast Summer Olympics in Rio de Janeiro in 2016 and Tokyo in 2020”. News.com.au. (2014年7月9日). オリジナルの2015年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150416024041/http://www.news.com.au/national/seven-network-reclaims-rights-to-broadcast-summer-olympics-in-rio-de-janeiro-in-2016-and-tokyo-in-2020/story-e6frfkp9-1226982287383 2014年7月9日閲覧。 
  128. ^ Pavitt, Michael (2016年6月13日). “Austrian broadcaster ORF agree deal for Pyeongchang 2018 and Tokyo 2020”. inside the games. オリジナルの2016年6月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160624060744/http://www.insidethegames.biz/index.php/articles/1038424/austrian-broadcaster-orf-agree-deal-for-pyeongchang-2018-and-tokyo-2020 2016年6月13日閲覧。 
  129. ^ “IOC reaches agreement for broadcast rights in Brazil with Grupo Globo through to 2032”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年12月10日). オリジナルの2015年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151213030204/http://www.olympic.org/news/ioc-reaches-agreement-for-broadcast-rights-in-brazil-with-grupo-globo-through-to-2032/247620 2015年12月10日閲覧。 
  130. ^ “IOC awards 2018-2020 broadcast rights in Canada”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2014年10月28日). オリジナルの2016年1月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160108195519/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2020-broadcast-rights-in-canada/240130 2014年10月29日閲覧。 
  131. ^ “CBC Joins with Bell, Rogers to Deliver 2018, 2020 Olympics”. sportscastermagazine. (2014年10月28日). オリジナルの2016年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304100120/http://www.sportscastermagazine.ca/on-air/cbc-joins-with-bell-rogers-to-deliver-2018-2020-olympics/1003321703/ 2014年10月28日閲覧。 
  132. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in China”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2014年12月4日). オリジナルの2014年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141207112230/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-china/241891 2014年12月4日閲覧。 
  133. ^ Lloyd, Tom (2016年6月2日). “Discovery sign Croatian and Irish Olympic deals”. SportsPro. オリジナルの2016年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160630221050/http://www.sportspromedia.com/news/discovery_sign_croatian_and_irish_olympic_deals 2016年6月2日閲覧。 
  134. ^ Polák, Lukáš (2016年5月9日). “Olympiáda zůstane neplacená, práva od Discovery získala Česká televize” (Czech). Digitální rádio (rozhlas.cz). オリジナルの2016年5月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160530040246/http://www.rozhlas.cz/digital/televize/_zprava/olympiada-zustane-neplacena-prava-od-discovery-ziskala-ceska-televize--1611542 2016年5月9日閲覧。 
  135. ^ Morgan, Liam (2016年5月9日). “Discovery Communications sign broadcast deal with Česká Televize for Pyeongchang 2018 and Tokyo 2020”. inside the games. オリジナルの2016年6月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160613101133/http://www.insidethegames.biz/articles/1037288/discovery-communications-sign-broadcast-deal-with-ceska-televize-for-pyeongchang-2018-and-tokyo-2020 2016年5月10日閲覧。 
  136. ^ “IOC awards all TV and multiplatform broadcast rights in Europe to Discovery and Eurosport for 2018-2024 Olympic Games”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年6月29日). オリジナルの2015年7月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150701075438/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-all-tv-and-multiplatform-broadcast-rights-in-europe-to-discovery-and-eurosport-for-2018-2024-olympic-games/246462 2015年6月29日閲覧。 
  137. ^ Lloyd, Tom (2016年4月21日). “Finnish broadcaster in Discovery Olympics deal”. SportsPro. オリジナルの2016年10月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161004204833/http://www.sportspromedia.com/news/finnish_broadcaster_in_discovery_olympics_deal 2016年4月22日閲覧。 
  138. ^ “IOC awards TV rights in Germany, Korea, France”. USA Today. (2011年7月5日). http://www.usatoday.com/sports/olympics/2011-07-04-216502944_x.htm 2012年3月27日閲覧。 
  139. ^ Kennedy, Mike (2015年6月16日). “France Télévisions in Canal Plus sub-licensing deal”. SportsPro. オリジナルの2016年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304111826/http://www.sportspromedia.com/news/france_televisions_in_canal_plus_sub_licensing_deal 2015年6月17日閲覧。 
  140. ^ “Hungarian Public Television Agrees Deal To Broadcast Summer And Winter Olympics Until 2024”. Hungary today (hungarytoday.hu). (2016年6月20日). オリジナルの2016年6月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160621110355/http://hungarytoday.hu/news/hungarian-public-television-broadcast-summer-winter-olympics-2024 2016年6月20日閲覧。 
  141. ^ “RTÉ secures rights for Tokyo 2020 Olympic Games”. RTÉ. (2016年6月2日). オリジナルの2016年6月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160605122007/http://www.rte.ie/sport/olympics/2016/0602/792722-rte-secures-rights-for-tokyo-2020-olympic-games/ 2016年6月2日閲覧。 
  142. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in Japan”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2014年6月19日). オリジナルの2014年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140626075710/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-japan/234015 2014年6月19日閲覧。 
  143. ^ “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in Middle East and North Africa”. International Olympic Committee (Olympic.org). (2015年7月27日). オリジナルの2015年7月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150730232308/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-middle-east-and-north-africa/246608 2015年7月27日閲覧。 
  144. ^ Emmett, James (2016年3月21日). “Dutch broadcaster follows BBC with Discovery Olympic deal”. SportsPro. オリジナルの2016年4月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160403060549/http://www.sportspromedia.com/news/dutch_broadcaster_follows_bbc_with_discovery_olympic_deal 2016年3月21日閲覧。 
  145. ^ a b “IOC awards 2018-2024 broadcast rights in New Zealand and Pacific Island Territories”. Olympic.org. (2016年3月23日). オリジナルの2016年3月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160326114218/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-2018-2024-broadcast-rights-in-new-zealand-and-pacific-island-territories/248914 2016年3月23日閲覧。 
  146. ^ a b “IOC awards SBS broadcast rights for 2018, 2020, 2022 and 2024 Olympic Games”. Olympic.org. (2011年7月4日). オリジナルの2012年8月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120820030631/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-sbs-broadcast-rights-for-2018-2020-2022-and-2024-olympic-games/133017 2011年8月18日閲覧。 
  147. ^ “Discovery Communications Inc.: Swiss Viewers to Enjoy Enhanced Olympic Games Coverage Following New Discovery Communications and SRG SSR Agreement”. The Wall Street Transcript (twst.com). (2016年7月6日). オリジナルの2016年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160923134535/https://www.twst.com/update/discovery-communications-inc-swiss-viewers-to-enjoy-enhanced-olympic-games-coverage-following-new-discovery-communications-and-srg-ssr-agreement/ 2016年7月6日閲覧。 
  148. ^ “IOC awards broadcast rights in United Kingdom for 2014, 2016, 2018 and 2020 Olympic Games to the BBC”. Olympic.org. (2012年7月18日). オリジナルの2016年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304110358/http://www.olympic.org/news/ioc-awards-broadcast-rights-in-united-kingdom-for-2014-2016-2018-and-2020-olympic-games-to-the-bbc/168427 2012年7月18日閲覧。 
  149. ^ “BBC & Discovery Communications Sign Long-Term Olympic Games Partnership”. Discovery Communications (corporate.discovery.com). (2016年2月3日). オリジナルの2016年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160324014951/https://corporate.discovery.com/discovery-newsroom/bbc-discovery-communications-sign-long-term-olympic-games-partnership/ 2016年2月3日閲覧。 
  150. ^ “IOC awards US broadcast rights for 2014, 2016, 2018 and 2020 Olympic Games to NBCUniversal”. Olympic.org. (2011年6月7日). オリジナルの2012年5月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120525201409/http://www.olympic.org/media?articleid=130827&articlenewsgroup=-1 2011年6月8日閲覧。 
  151. ^ 「東京2020大会マスコット応募要項」の発表について”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2017年5月22日). 2018年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月3日閲覧。
  152. ^ 第7回マスコット審査会を開催”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2017年12月1日). 2018年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月3日閲覧。
  153. ^ 東京2020大会 マスコットデザイン”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2018年2月28日). 2018年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月3日閲覧。
  154. ^ “東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」がデビューしました!”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. (2018年7月22日). オリジナルの2018年7月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180722130150/https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20180722-01.html 2018年7月22日閲覧。 
  155. ^ “聖火リレー、出発は「Jヴィレッジ」 組織委が正式発表”. 朝日新聞デジタル. (2019年3月12日). オリジナルの2019年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190327041401/https://www.asahi.com/articles/ASM3D5SR5M3DUTQP01Z.html 2019年3月27日閲覧。 
  156. ^ “東京五輪聖火リレールート発表 47都道府県857市区町村を121日 富士山、姫路城など日本の名所巡る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年6月1日). オリジナルの2019年6月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190601080301/https://hochi.news/articles/20190601-OHT1T50078.html 2019年6月1日閲覧。 
  157. ^ “東京五輪聖火リレールート発表、富士山、姫路城など日本の名所巡る東京五輪の聖火リレー-大会組織委”. JIJI.COM. (2019年6月1日). オリジナルの2019年6月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190608155523/https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/schedule/ 2019年6月9日閲覧。 
  158. ^ a b “聖火リレー、被災地照らす ルート概要公表”. 日本経済新聞. (2019年6月1日). オリジナルの2019年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190603124220/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45567070R00C19A6MM0000/ 2019年6月5日閲覧。 
  159. ^ “桜モチーフのトーチ発表=東京五輪の聖火リレー-大会組織委”. JIJI.COM. (2019年3月20日). オリジナルの2019年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190327090302/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019032000992&g=spo 2019年3月27日閲覧。 
  160. ^ “聖火リレーランナー公募に延べ53万5717件の応募があったと発表した”. 日本経済新聞. (2019年9月27日). オリジナルの2019年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190927125733/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50278340X20C19A9CR0000/ 2019年9月27日閲覧。 
  161. ^ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における大学との連携協定について アーカイブ 2016年5月28日 - ウェイバックマシン 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  162. ^ オリンピック文化論 アーカイブ 2016年12月20日 - ウェイバックマシン 首都大学東京
  163. ^ 「オリンピック文化論」の授業が始まりました アーカイブ 2017年8月3日 - ウェイバックマシン 武蔵野大学
  164. ^ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート交付開始!!〜大会開催機運の盛り上げに貢献〜”. 国土交通省 (2017年10月10日). 2018年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月10日閲覧。
  165. ^ 東京オリンピック特別仕様ナンバープレート交付開始!デザインや取得・交換方法と費用も”. MOBY (2017年12月7日). 2018年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  166. ^ 東京五輪期間中の首都高値上げ案も、渋滞緩和へ議論 - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ (2019年2月6日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  167. ^ 五輪期間渋滞緩和へ、首都高料金500〜3000円の上乗せ検討 | 財経新聞”. www.zaikei.co.jp. 財経新聞 (2019年2月4日). 2019年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  168. ^ 英紙『ガーディアン』
  169. ^ JOC竹田会長を訴追手続き 仏当局、五輪招致汚職容疑 アーカイブ 2019年3月20日 - ウェイバックマシン 朝日新聞 2019年1月11日
  170. ^ JOC竹田会長を「起訴に向け捜査」…仏で報道 アーカイブ 2019年1月11日 - ウェイバックマシン 読売新聞 2019年1月11日
  171. ^ JOC竹田会長、退任不可避に 東京五輪の招致疑惑 アーカイブ 2019年3月18日 - ウェイバックマシン 共同通信2019年3月15日
  172. ^ ブラジル当局、東京・リオ五輪で買収と結論 英紙報道 アーカイブ 2017年10月14日 - ウェイバックマシン 日本経済新聞 2017年9月14日

参考文献

  • 松瀬学『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』扶桑社、2013年。ISBN 978-4594069193

関連項目

外部リンク