2020年東京オリンピックのソフトボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年東京オリンピック
ソフトボール競技
YokohamaStadium view.jpg
横浜スタジアム
会場横浜スタジアム
福島あづま球場
開催日2021年7月21日 - 7月27日
参加チーム数6カ国
« 2008 

2020年東京オリンピックのソフトボール競技(2020ねんとうきょうオリンピックのソフトボールきょうぎ)は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の管轄の下で実施される予定の2020年東京オリンピックでの野球ソフトボール競技の追加種目ソフトボールである[1]アメリカ日本など一部の国では盛んだが世界的な普及度が高くないなどの理由によって、2012年ロンドンオリンピック2016年リオデジャネイロオリンピックでは正式種目から除外されたが、2020年東京オリンピックでは男子の野球と共に追加種目として実施される[2]

競技概要[編集]

2021年7月21日~27日に福島あづま球場横浜スタジアムで開催される[3]。種目は女子ソフトボール1種目で構成される。大会は6チームが出場。総当たり戦を行った後、3位決定戦と決勝戦が行われる。

大会ルール[編集]

参考[4][5]

  • 代表資格
五輪憲章に基づく(当該国の有効なパスポートの保持)
  • 出場登録人数
15人
  • 7イニング制
  • 投球間隔
20秒
WBSC公認球(ミズノ社製)
  • 球数制限
なし
  • 試合方式
延長戦 - 7回を終えて同点である場合8回よりタイブレーク方式を採用。引き分けなしの完全決着制。
コールドゲーム - 3回終了時に15点差以上、4回終了時に10点差以上、5・6回終了時に7点差以上がついた場合は大会規定によりコールドゲームとして試合成立とみなす。
指名選手適用
  • 順位決定方法(同じ勝敗数で終了した場合)
    • 2チームが並んだ場合
      1. 該当チームの直接対決の勝敗
    • 3チーム以上が並んだ場合
      1. 該当チームの直接対決の勝敗
      2. 該当チームの直接対決の得点数が少ない順に下位とするが、最後に残った2チームについては直接対決で勝った方が上位となる。
      3. 該当チームの直接対決の得点数が並んだ場合は、2チームが並んだ場合は直接対決の勝敗、3チーム以上が並んだ場合はオープニングラウンド全試合の得点数が少ない順に下位とするが、最後に残った2チームについては直接対決で勝った方が上位となる。

出場枠[編集]

大会 日程 開催都市 枠数 出場権獲得
開催国 - - 1 日本 日本
2018年世界選手権 2018年8月8日 - 12日 日本の旗 千葉県 1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
ヨーロッパ・アフリカ予選英語版 2019年7月23日 - 27日 オランダの旗 ユトレヒト 1 イタリア イタリア
アメリカ大陸予選英語版 2019年8月25日 - 9月1日 カナダの旗 サリー 2 メキシコ メキシコ

カナダ カナダ

アジア・オセアニア予選英語版  2019年9月24日 - 29日 中華人民共和国の旗 上海 1 オーストラリア オーストラリア
6

第16回世界女子ソフトボール選手権[編集]

開催国の日本を含め、16ヶ国が出場した。優勝チーム(日本が優勝した場合は、2位のチーム)が出場権を獲得する[6]

優勝したアメリカ合衆国が(日本とともに決勝進出を決めた時点で)オリンピック出場権を獲得した[7]

ヨーロッパ・アフリカ予選[編集]

2019年ヨーロッパ女子ソフトボール選手権大会の上位6ヶ国(オランダ、イギリス、チェコ、イタリア、スペイン、フランス)と2019年ソフトボールアフリカカップの上位2ヶ国(ボツワナ、南アフリカ)が出場した。優勝チームが出場権を獲得する[6]

優勝したイタリアがオリンピック出場権を獲得した[8]

アメリカ大陸予選[編集]

12ヶ国が出場した(うち、アルゼンチンと英領バージン諸島は出場辞退した)。上位2ヶ国が出場権を獲得する[6]

優勝したメキシコと2位のカナダがオリンピック出場権を獲得した[9]

アジア・オセアニア予選[編集]

2019年アジア女子ソフトボール選手権大会の日本を除く上位6ヶ国(中国、チャイニーズタイペイ、フィリピン、韓国、インドネシア、香港)、2019年オセアニアソフトボール選手権大会の上位2ヶ国(オーストラリア、ニュージーランド)が出場した[10][11]。優勝チームが出場権を獲得する[6]

優勝したオーストラリアがオリンピック出場権を獲得した[12]

オープニングラウンド[編集]

前半2日間は福島あづま球場、後半3日間は横浜スタジアムで開催される。

チーム 出場権
1  日本 (H) 4 4 0 17 3 +14 1.000 決勝
2  アメリカ合衆国 4 4 0 7 1 +6 1.000
3  カナダ 4 2 2 11 3 +8 .500 2 3位決定戦
4  オーストラリア 4 1 3 4 17 −13 .250 3
5  イタリア 3 0 3 0 8 −8 .000 3.5
6  メキシコ 3 0 3 2 9 −7 .000 3.5
最終更新は2021年7月22日の試合終了時. 出典: Tokyo 2020 and WBSC
(H) 開催地.

試合[編集]

7月21日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 オーストラリア 1 0 0 0 0 1 2 2
 日本 1 0 2 3 2 8 6 0
  1. (5回コールド)
  2. 上野(1-0)  パーナビー(0-1)  
  3. 本塁打:  JPN – 内藤(1)、藤田(1)、山本(1)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
 アメリカ合衆国 0 0 0 1 1 0 X 2 5 0
  1. オスターマン(1–0)  チェッケッティ(0–1)  Sアボット(1)  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
 カナダ 2 0 1 1 0 0 X 4 9 0
  1. グロンウェゲン(1–0)  エスコベド(0–1)  Sローリー(1)  
  2. 本塁打:  CAN – サリング(1)

7月22日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 アメリカ合衆国 0 0 0 0 1 0 0 1 7 1
 カナダ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
  1. アボット(1–0)  カイラ(0–1)  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
 メキシコ 0 0 0 0 1 0 1 0 2 6 0
 日本 0 1 0 0 1 0 0 1 3 5 0
  1. 後藤(1–0)  オトゥール(0–1)  
  2. 本塁打:  MEX – アニッサ(1)  JPN – 藤田(2)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
 オーストラリア 0 1 0 0 0 0 X 1 4 0
  1. パーナビー(1–1)  ロバーツ(0-2)  Sチェッケッティ(1)  

7月24日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 オーストラリア 1 0 0 0 0 0 0 1 6 2
 カナダ 3 3 0 1 0 0 X 7 8 0
  1. カイラ(1–1)  ロバーツ(0-1)  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 アメリカ合衆国 0 0 2 0 0 0 0 2 6 1
 メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3
  1. :オスターマン (2–0)  Dallas Escobedo (0–2)  S:アボット (2)  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 日本 0 0 0 2 0 3 0 5 6 0
 イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. :後藤 (2–0)  Alexia Lacatena (0–1)  
  2. 本塁打:  JPN – 山本 (2), 藤田 (3)

7月25日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
 オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 1 1 3 0
 アメリカ合衆国 (8) 0 0 0 0 0 0 0 2 2 5 0
  1. :アボット (2–0)  Tarni Stepto (0–1)  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 R H E
 カナダ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
 日本 (8) 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0
  1. :後藤 (3–0)  Danielle Lawrie (0–1)  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

7月26日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 アメリカ合衆国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 カナダ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 イタリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
 メキシコ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

メダルラウンド[編集]

3位決定戦[編集]

2021年7月27日13時~ 横浜スタジアム

チーム R
RR4位
RR3位

決勝[編集]

2021年7月27日20時~ 横浜スタジアム

チーム R
RR2位
RR1位

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ IOC approves five new sports for Olympic Games Tokyo 2020 - Olympic News”. Olympic.org (2016年8月3日). 2016年8月8日閲覧。
  2. ^ 野球・ソフトボール” (日本語). 東京2020. 2020年5月21日閲覧。
  3. ^ 野球・ソフトボール 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年10月25日閲覧。
  4. ^ WBSC reveals Olympic Baseball, Softball rules and regulations”. WBSC (2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  5. ^ OG Softball - Regulations - Google ドライブ”. drive.google.com. 2021年7月23日閲覧。
  6. ^ a b c d WBSC - World Baseball Softball Confederation” (日本語). wbsc.org. 2020年5月21日閲覧。
  7. ^ Japan will play USA for the title of Softball World Champion, clears their way to Tokyo 2020” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  8. ^ Italy beats Great Britain, qualifies for 2020 Olympic Games” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  9. ^ Canada, Mexico qualify for Tokyo 2020 Olympic Games as top two teams across Americas” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。
  10. ^ WBSC - World Baseball Softball Confederation” (日本語). wbsc.org. 2020年5月22日閲覧。
  11. ^ WBSC - World Baseball Softball Confederation” (日本語). wbsc.org. 2020年5月21日閲覧。
  12. ^ Australia clinches Olympic ticket, becomes the last qualified nation to Tokyo 2020” (英語). wbsc.org. 2020年5月31日閲覧。