2020年東京オリンピックの競泳競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年東京オリンピック
競泳競技
Tokyo Aquatics Centre.jpg
東京アクアティクスセンター
会場東京アクアティクスセンター
お台場海浜公園(マラソンスイミング)
開催日2021年7月24日-8月1日、8月4日-8月5日(マラソンスイミング)
参加選手数競泳:182か国 875人、マラソンスイミング:31か国 51人
« 20162024 »

2020年東京オリンピック競泳競技[1][2](2020ねんとうきょうオリンピックのきょうえいきょうぎ)は国際水泳連盟(FINA)管轄のもとで実施されたオリンピックの競泳競技

種目[編集]

前回リオ大会で実施された34種目に男子800m自由形、女子1500m自由形、混合4×100mメドレーリレーが追加され全37種目が実施された[3]

屋内競技
屋外競技

出場選手[編集]

屋内競技の個人種目には1種目につき1カ国あたり2名まで出場できる[4]。2019年3月から2021年6月までの予選期間にFINAが定める参加標準記録(Olympic Qualifying Time(OQT / “A” Time))を満たした選手が出場できる。また、ユニバーサリティ出場枠として、いずれかの性別で出場資格を得た選手が存在しないNOCは、出場資格を得た選手が存在しない性別の選手1名を1種目(FINAが定める選考標準記録(Olympic Selection Time(OST / “B” Time)を満たした選手は最大2種目)にエントリーさせることができる。最後に全種目合計の878人の出場枠から、OQTを満たし出場権を獲得した選手、リレーにのみ出場する選手(下記)、ユニバーサリティ出場枠の選手を除いて残った出場枠に対し、OSTを満たした選手を対象として種目ごとに世界ランキングに従いFINAにより選考された選手が出場できる。(1種目につき1カ国からは1名のみ)上記の出場枠に加え、難民選手団から2人の選手が出場権を得たため、合計880人の選手がエントリーしたことが、FINAより発表された[5]。実際には5名[注釈 1]が出場しなかったため、875人の選手が競技に出場した。

リレー種目には2019年世界水泳選手権光州広域市)の上位12カ国と、それらの国を除く2019年3月から2021年5月までの予選期間のベストタイムの上位4カ国の計16カ国が出場できる。リレーにはいずれの個人種目の選手でも(持ちタイムに関係なく)出場できるが、出場国はリレーのみに出場する選手を1種目につき2名まで(ただし最大12名)派遣することができる。(ただし、当該リレー種目の泳法・距離で選考標準記録(Olympic Selection Time(OST / “B” Time))を満たした選手に限られる)

マラソンスイミングには1カ国あたり男女2名ずつまで出場できる[9]。男女とも2019年世界水泳選手権の上位10名、2021年6月に予定される世界予選(セトゥーバル)の上位9名+5名(大陸枠・他に出場資格を得た選手がいない国の選手が対象)、及び開催国枠1名の計25名が出場できるが、カザフスタンの選手が2019年アジア選手権[10]を制したことで出場権を得たとしてCASに訴えを起こした結果、追加の出場枠を得た[11]ため、男子は26名の選手が出場した。

日本代表選手の選考

2019年世界選手権個人種目の金メダリストが代表選手に内定する。そのほかは、2021年日本選手権の成績により選考を行う。(ただし、コロナ禍による影響のためのやむを得ない欠場と判断された場合、その選手はジャパンオープン2020の成績も選考対象となる。)[12]

世界選手権では、瀬戸大也が200m・400m個人メドレーで二冠を達成し、両種目の五輪代表に内定した[13]。また、日本は世界選手権の結果により、男女とも4×100m・4×200mフリーリレーと4×100mメドレーリレーの出場枠を、予選期間のベストタイムにより混合4×100mメドレーリレーの出場枠をそれぞれ獲得したため、出場選手は日本選手権の成績により選考される。

日程[編集]

組織委員会とFINAは伝統にしたがって午前に予選、夜に決勝を実施すると主張していたが、IOCに多額の放映権料を支払う[14]アメリカNBCが午前の決勝開催を要求。これは2008年北京オリンピックの競泳競技と同様。

競技日程は飛込アーティスティックスイミングの会場との調整し、大会前半に組み込まれた。

H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
男子[15]
日 → 7/24 土 7/25 日 7/26 月 7/27 火 7/28 水 7/29 木 7/30 金 7/31 土 8/1 日 8/5 木
種目 ↓ A N A N A N A N A N A N A N A N A N A N
50m自由形 H ½ F
100m自由形 H ½ F
200m自由形 H ½ F
400m自由形 H F
800m自由形 H F
1500m自由形 H   F
100m背泳ぎ H ½ F
200m背泳ぎ   H ½ F
100m平泳ぎ H ½ F
200m平泳ぎ H ½ F
100mバタフライ H ½ F
200mバタフライ H ½ F
200m個人メドレー   H ½ F
400m個人メドレー H F
4x100mリレー H F
4x200mリレー H F
4x100mメドレーリレー H F
10kmマラソンスイミング F
H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
女子
日 → 7/24 土 7/25 日 7/26 月 7/27 火 7/28 水 7/29 木 7/30 金 7/31 土 8/1 日 8/5 木
種目 ↓ A N A N A N A N A N A N A N A N A N A N
50m自由形 H ½ F
100m自由形   H ½ F
200m自由形 H ½ F
400m自由形 H F
800m自由形 H F
1500m自由形 H   F
100m背泳ぎ H ½ F
200m背泳ぎ H ½ F
100m平泳ぎ H ½ F
200m平泳ぎ   H ½ F
100mバタフライ H ½ F
200mバタフライ H ½ F
200m個人メドレー H ½ F
400m個人メドレー H F
4x100mリレー H F
4x200mリレー H F
4x100mメドレーリレー H F
10kmマラソンスイミング F
H 予選 ½ 準決勝 F 決勝
混合
日 → 24 土 25 日 26 月 27 火 28 水 29 木 31 金 31 土 1 日
種目 ↓ A N A N A N A N A N A N A N A N A N
4x100mメドレーリレー H F
A = 午前 , N = 午後

競技結果[編集]

男子[編集]

種目
自由形
50m[16] アメリカ合衆国 ケーレブ・ドレッセル
アメリカ合衆国 (USA)
21.07 OR フランス フローラン・マナドゥ
フランス (FRA)
21.55 ブラジル ブルーノ・フラトゥス
ブラジル (BRA)
21.57
100m[17] アメリカ合衆国 ケーレブ・ドレッセル
アメリカ合衆国 (USA)
47.02 OR オーストラリア カイル・チャルマーズ
オーストラリア (AUS)
47.08 ROC クリメント・コレスニコフ
ROC (ROC)
47.44
200m[18] イギリス トム・ディーン
イギリス (GBR)
1:44.22 イギリス ダンカン・スコット
イギリス (GBR)
1:44.26 ブラジル フェルナンド・シェフェル
ブラジル (BRA)
1:44.66
400m[19] チュニジア アフメド・ハフナウイ
チュニジア (TUN)
3:43.36 オーストラリア ジャック・マクラフリン
オーストラリア (AUS)
3:43.52 アメリカ合衆国 キーラン・スミス
アメリカ合衆国 (USA)
3:43.94
800m[17] アメリカ合衆国 ロバート・フィンケ
アメリカ合衆国 (USA)
7:41.87 イタリア グレゴリオ・パルトリニエリ
イタリア (ITA)
7:42.11 ウクライナ ムィハイロ・ロマンチュク
ウクライナ (UKR)
7:45.11
1500m[16] アメリカ合衆国 ロバート・フィンケ
アメリカ合衆国 (USA)
14:39.65 ウクライナ ムィハイロ・ロマンチュク
ウクライナ (UKR)
14:40.66 ドイツ フロリアン・ベルブロック
ドイツ (GER)
14:40.91
背泳ぎ
100m[18] ROC エフゲニー・リロフ
ROC (ROC)
51.98 ER ROC クリメント・コレスニコフ
ROC (ROC)
52.00 アメリカ合衆国 ライアン・マーフィー
アメリカ合衆国 (USA)
52.19
200m[20] ROC エフゲニー・リロフ
ROC (ROC)
1:53.27 OR アメリカ合衆国 ライアン・マーフィー
アメリカ合衆国 (USA)
1:54.15 イギリス ルーク・グリーンバンク
イギリス (GBR)
1:54.72
平泳ぎ
100m[21] イギリス アダム・ピーティ
イギリス (GBR)
57.37 オランダ アルノ・カミンハ
オランダ (NED)
58.00 イタリア ニコロ・マルティネンギ
イタリア (ITA)
58.33
200m[17] オーストラリア イザーク・スタブルティ=クック
オーストラリア (AUS)
2:06.38 OR オランダ アルノ・カミンハ
オランダ (NED)
2:07.01 フィンランド マッティ・マトソン
フィンランド (FIN)
2:07.13
バタフライ
100m[22] アメリカ合衆国 ケーレブ・ドレッセル
アメリカ合衆国 (USA)
49.45 WR ハンガリー ミラーク・クリシュトーフ
ハンガリー (HUN)
49.68 ER スイス ノエ・ポンティ
スイス (SUI)
50.74
200m[23] ハンガリー ミラーク・クリシュトーフ
ハンガリー (HUN)
1:51.25 OR 日本 本多灯
日本 (JPN)
1:53.73 イタリア フェデリコ・ブルディッソ
イタリア (ITA)
1:54.45
個人メドレー
200m[20] 中国 汪順
中国 (CHN)
1:55.00 AS イギリス ダンカン・スコット
イギリス (GBR)
1:55.28 スイス ジェレミ・デプランシュ
スイス (SUI)
1:56.17
400m[19] アメリカ合衆国 チェイス・カリッシュ
アメリカ合衆国 (USA)
4:09.42 アメリカ合衆国 ジェイ・リザーランド
アメリカ合衆国 (USA)
4:10.28 オーストラリア ブレンドン・スミス
オーストラリア (AUS)
4:10.38
フリーリレー
4×100m[21] アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
ケーレブ・ドレッセル(47.26)
ブレイク・ピエロニ(47.58)
ボーウェン・ベッカー(47.44)
ザック・アップル(46.69)
ブルックス・カリー[注 1]
3:08.97 イタリア イタリア (ITA)
アレッサンドロ・ミレシ(47.72)
トマス・チェッコン(47.45)
ロレンツォ・ザッツェリ(47.31)
マヌエル・フリゴ(47.63)
サント・コンドレリ[注 1]
3:10.11 オーストラリア オーストラリア (AUS)
マシュー・テンプル(48.07)
ザック・インサーティ(47.55)
アレクサンダー・グレアム(48.16)
カイル・チャルマーズ(46.44)
キャメロン・マケボイ[注 1]
3:10.22
4×200m[23] イギリス イギリス (GBR)
トム・ディーン(1:45.72)
ジェームズ・ガイ(1:44.40)
マシュー・リチャーズ(1:45.01)
ダンカン・スコット(1:43.45)
カラム・ジャービス[注 1]
6:58.58 ER 中華民国 ROC (ROC)
マルチン・マリュチン(1:45.69)
イワン・ギレフ(1:45.63)
エフゲニー・リロフ(1:45.26)
ミハイル・ドブガリュク(1:45.23)
アレクサンドル・クラスニフ[注 1]
ミハイル・ベコビシシェフ[注 1]
7:01.81 オーストラリア オーストラリア (AUS)
アレクサンダー・グレアム(1:46.00)
カイル・チャルマーズ(1:45.35)
ザック・インサーティ(1:45.75)
トーマス・ニール(1:44.74)
マック・ホートン[注 1]
エリジャ・ウィニントン[注 1]
7:01.84
メドレーリレー
4×100m[16] アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
ライアン・マーフィー(52.31)
マイケル・アンドリュー(58.49)
ケーレブ・ドレッセル(49.03)
ザック・アップル(46.95)
ジョゼフ・アームストロング[注 1]
アンドリュー・ウィルソン[注 1]
トム・シールズ[注 1]
ブレイク・ピエロニ[注 1]
3:26.78 WR イギリス イギリス (GBR)
ルーク・グリーンバンク(53.63)
アダム・ピーティ(56.53)
ジェームズ・ガイ(50.27)
ダンカン・スコット(47.08)
ジェームズ・ウィルビー[注 1]
3:27.51 ER イタリア イタリア (ITA)
トマス・チェッコン(52.52)
ニコロ・マルティネンギ(58.11)
フェデリコ・ブルディッソ(51.07)
アレッサンドロ・ミレシ(47.47)
3:29.17
マラソンスイミング
10km[24] ドイツ フロリアン・ベルブロック
ドイツ (GER)
1:48:33.7 ハンガリー ラショフスキー・クリシュトーフ
ハンガリー (HUN)
1:48:59.0 イタリア グレゴリオ・パルトリニエリ
イタリア (ITA)
1:49:01.1

女子[編集]

種目
自由形
50m[16] オーストラリア エマ・マキーオン
オーストラリア (AUS)
23.81 OR スウェーデン サラ・ショーストレム
スウェーデン (SWE)
24.07 デンマーク パーニル・ブルメ
デンマーク (DEN)
24.21
100m[20] オーストラリア エマ・マキーオン
オーストラリア (AUS)
51.96 OR 香港 何詩蓓
香港 (HKG)
52.27 AS オーストラリア ケイト・キャンベル
オーストラリア (AUS)
52.52
200m[23] オーストラリア アリアン・ティットマス
オーストラリア (AUS)
1:53.50 OR 香港 何詩蓓
香港 (HKG)
1:53.92 AS カナダ ペニー・オレクシアク
カナダ (CAN)
1:54.70
400m[21] オーストラリア アリアン・ティットマス
オーストラリア (AUS)
3:56.69 OC アメリカ合衆国 ケイティ・レデッキー
アメリカ合衆国 (USA)
3:57.36 中国 李氷潔
中国 (CHN)
4:01.08 AS
800m[22] アメリカ合衆国 ケイティ・レデッキー
アメリカ合衆国 (USA)
8:12.57 オーストラリア アリアン・ティットマス
オーストラリア (AUS)
8:13.83 OC イタリア シモーナ・クアダレラ
イタリア (ITA)
8:18.35
1500m[23] アメリカ合衆国 ケイティ・レデッキー
アメリカ合衆国 (USA)
15:37.34 アメリカ合衆国 エリカ・サリバン
アメリカ合衆国 (USA)
15:41.41 ドイツ ザラ・ケーラー
ドイツ (GER)
15:42.91
背泳ぎ
100m[18] オーストラリア ケーリー・マキオン
オーストラリア (AUS)
57.47 OR カナダ カイリー・マス
カナダ (CAN)
57.72 アメリカ合衆国 リーガン・スミス
アメリカ合衆国 (USA)
58.05
200m[22] オーストラリア ケーリー・マキオン
オーストラリア (AUS)
2:04.68 カナダ カイリー・マス
カナダ (CAN)
2:05.42 オーストラリア エミリー・シーボム
オーストラリア (AUS)
2:06.17
平泳ぎ
100m[18] アメリカ合衆国 リディア・ジェイコビー
アメリカ合衆国 (USA)
1:04.95 南アフリカ タチアナ・スクンマーカー
南アフリカ (RSA)
1:05.22 アメリカ合衆国 リリー・キング
アメリカ合衆国 (USA)
1:05.54
200m[20] 南アフリカ タチアナ・スクンマーカー
南アフリカ (RSA)
2:18.95 WR アメリカ合衆国 リリー・キング
アメリカ合衆国 (USA)
2:19.92 アメリカ合衆国 アニー・レーザー
アメリカ合衆国 (USA)
2:20.84
バタフライ
100m[21] カナダ マーガレット・マクニール
カナダ (CAN)
55.59 AM 中国 張雨霏
中国 (CHN)
55.64 オーストラリア エマ・マキーオン
オーストラリア (AUS)
55.72 OC
200m[17] 中国 張雨霏
中国 (CHN)
2:03.86 OR アメリカ合衆国 リーガン・スミス
アメリカ合衆国 (USA)
2:05.30 アメリカ合衆国 ハリ・フリッキンガー
アメリカ合衆国 (USA)
2:05.65
個人メドレー
200m[23] 日本 大橋悠依
日本 (JPN)
2:08.52 アメリカ合衆国 アレックス・ウォルシュ
アメリカ合衆国 (USA)
2:08.65 アメリカ合衆国 ケイト・ダグラス
アメリカ合衆国 (USA)
2:09.04
400m[19] 日本 大橋悠依
日本 (JPN)
4:32.08 アメリカ合衆国 エマ・ワイアント
アメリカ合衆国 (USA)
4:32.76 アメリカ合衆国 ハリ・フリッキンガー
アメリカ合衆国 (USA)
4:34.90
フリーリレー
4x100m[19] オーストラリア オーストラリア (AUS)
ブロンテ・キャンベル(53.01)
メグ・ハリス(53.09)
エマ・マキーオン(51.35)
ケイト・キャンベル(52.24)
モリー・オキャラハン[注 1]
マディソン・ウィルソン[注 1]
3:29.69 WR カナダ カナダ (CAN)
ケーラ・サンチェス(53.42)
マーガレット・マクニール(53.47)
レベッカ・スミス(53.63)
ペニー・オレクシアク(52.26)
テイラー・ラック[注 1]
3:32.78 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
エリカ・ブラウン(54.02)
アビー・ワイツェル(52.68)
ナタリー・ハインズ(53.15)
シモーン・マニュエル(52.96)
オリビア・スモリガ[注 1]
ケイティ・ド・ルーフ[注 1]
アリソン・シュミット[注 1]
3:32.81
4x200m[17] 中国 中国 (CHN)
楊浚瑄(1:54.37)
湯慕涵(1:55.00)
張雨霏(1:55.66)
李氷潔(1:55.30)
張一璠[注 1]
董潔[注 1]
7:40.33 WR アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
アリソン・シュミット(1:56.34)
ページ・マッデン(1:55.25)
キャスリン・マクラフリン(1:55.38)
キャスリーン・レデッキー(1:53.76)
アラベラ・シムズ[注 1]
ブルック・フォード[注 1]
7:40.73 AM オーストラリア オーストラリア (AUS)
アリアン・ティットマス(1:54.51)
エマ・マキーオン(1:55.31)
マディソン・ウィルソン(1:55.62)
リア・ニール(1:55.85)
モリー・オキャラハン[注 1]
メグ・ハリス[注 1]
ブリアナ・スロッセル[注 1]
タムシン・クック[注 1]
7:41.29 OC
メドレーリレー
4x100m[16] オーストラリア オーストラリア (AUS)
ケーリー・マキオン(58.01)
チェルシー・ホッジス(1:05.57)
エマ・マキーオン(55.91)
ケイト・キャンベル(52.11)
エミリー・シーボム[注 1]
ブリアナ・スロッセル[注 1]
モリー・オキャラハン[注 1]
3:51.60 OR アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
リーガン・スミス(58.05)
リディア・ジェイコビー(1:05.03)
トーリ・ハスク(56.16)
アビー・ワイツェル(52.49)
ライアン・エリザベス・ホワイト[注 1]
リリー・キング[注 1]
クレア・カーザン[注 1]
エリカ・ブラウン[注 1]
3:51.73 カナダ カナダ (CAN)
カイリー・マス(57.90)
シドニー・ピクレム(1:07.17)
マーガレット・マクニール(55.27)
ペニー・オレクシアク(52.26)
テイラー・ラック[注 1]
ケーラ・サンチェス[注 1]
3:52.60
マラソンスイミング
10km[25] ブラジル アナ・クーニャ
ブラジル (BRA)
1:59:30.8 オランダ シャロン・ファン・ラウエンダール
オランダ (NED)
1:59:31.7 オーストラリア カリーナ・リー
オーストラリア (AUS)
1:59:32.5

混合[編集]

種目
メドレーリレー
4x100m[22] イギリス イギリス (GBR)
キャスリーン・ドーソン(58.80)
アダム・ピーティ(56.78)
ジェームズ・ガイ(50.00)
アンナ・ホプキン(52.00)
フレイア・アンダーソン[注 1]
3:37.58 WR 中国 中国 (CHN)
徐嘉余(52.56)
閻子貝(58.11)
張雨霏(55.48)
楊浚瑄(52.71)
3:38.86 オーストラリア オーストラリア (AUS)
ケーリー・マキオン(58.14)
イザーク・スタブルティ=クック(58.82)
マシュー・テンプル(50.26)
エマ・マキーオン(51.73)
アイザーク・クーパー[注 1]
ブリアナ・スロッセル[注 1]
ブロンテ・キャンベル[注 1]
3:38.95

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 11 10 9 30
2 オーストラリア オーストラリア (AUS) 9 3 9 21
3 イギリス イギリス (GBR) 4 3 1 8
4 中国 中国 (CHN) 3 2 1 6
5 中華民国 ROC (ROC) 2 2 1 5
6 日本 日本 (JPN)(開催国) 2 1 0 3
7 カナダ カナダ (CAN) 1 3 2 6
8 ハンガリー ハンガリー (HUN) 1 2 0 3
9 南アフリカ 南アフリカ (RSA) 1 1 0 2
10 ブラジル ブラジル (BRA) 1 0 2 3
ドイツ ドイツ (GER) 1 0 2 3
12 チュニジア チュニジア (TUN) 1 0 0 1
13 オランダ オランダ (NED) 0 3 0 3
14 イタリア イタリア (ITA) 0 2 5 7
15 香港 香港 (HKG) 0 2 0 2
16 ウクライナ ウクライナ (UKR) 0 1 1 2
17 フランス フランス (FRA) 0 1 0 0
スウェーデン スウェーデン (SWE) 0 1 0 0
18 スイス スイス (SUI) 0 0 2 2
19 デンマーク デンマーク (DEN) 0 0 1 1
フィンランド フィンランド (FIN) 0 0 1 1
合計 37 37 37 111

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 決勝未出場だが、メダルを獲得。
  1. ^ Mariam Imnadze[6]Konstantinos Englezakis[7]Mariama TouréNada ArkajiIlya Borodin[8]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 競泳” (日本語). 東京2020. 2020年8月9日閲覧。
  2. ^ マラソンスイミング” (日本語). 東京2020. 2020年8月9日閲覧。
  3. ^ 東京2020オリンピック競技大会実施種目決定!” (日本語). 東京2020. 2020年8月9日閲覧。
  4. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  5. ^ Tokyo 2020 Swimming Entry List (as of 14 July 2021)”. 2021年10月13日閲覧。
  6. ^ Georgia at Tokyo Olympics: swimmer Mariam Imnadze tests positive for coronavirus”. Agenda.ge. 2021年10月13日閲覧。
  7. ^ Farsarakhs, Manos (2021年7月26日). “Ο Κώστας Εγγλεζάκης δεν θα προλάβει να αγωνιστεί στους Ολυμπιακούς Αγώνες του Τόκιο” (ギリシア語). Φωνή Μαλεβιζίου. 2021年10月13日閲覧。
  8. ^ Без борьбы. Австралия в третий раз примет Олимпийские игры”. ТАСС. 2021年10月13日閲覧。
  9. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  10. ^ 2019 – 9th Asian Open Water Swimming Championship – Asia Swimming Federation” (英語). 2021年10月10日閲覧。
  11. ^ IOC approve extra marathon swimming place at Tokyo 2020 to allow Kazakh to enter”. www.insidethegames.biz (1627303251). 2021年10月10日閲覧。
  12. ^ 水泳の選考基準 - 東京オリンピック・パラリンピック特集” (日本語). Yahoo! JAPAN. 2021年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
  13. ^ 【東京オリンピック出場枠争い】競泳:世界水泳で瀬戸大也が五輪代表に内定。リレーは6種で出場枠確保。残る選考大会は2020年日本選手権”. Olympic Channel. 2021年1月11日閲覧。
  14. ^ Armour, Nancy. “NBC Universal pays $7.75 billion for Olympics through 2032” (英語). USA TODAY. 2020年8月9日閲覧。
  15. ^ 2020年東京五輪・競泳競技日程が発表! 期間は9日間、全日程掲載! 午前決勝フォーマットに - ベースボール・マガジン社WEB” (日本語). www.bbm-japan.com. 2020年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  16. ^ a b c d e オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 8月1日” (日本語). olympics.com. 2021年8月1日閲覧。
  17. ^ a b c d e オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月29日” (日本語). olympics.com. 2021年7月29日閲覧。
  18. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月27日” (日本語). olympics.com. 2021年7月27日閲覧。
  19. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月25日” (日本語). olympics.com. 2021年7月25日閲覧。
  20. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月30日” (日本語). olympics.com. 2021年7月30日閲覧。
  21. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月26日” (日本語). olympics.com. 2021年7月26日閲覧。
  22. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月31日” (日本語). olympics.com. 2021年7月31日閲覧。
  23. ^ a b c d e オリンピックスケジュール&結果 - 競泳 - 7月28日” (日本語). olympics.com. 2021年7月28日閲覧。
  24. ^ 結果 - 男子10km - 8月5日” (日本語). olympics.com. 2021年8月5日閲覧。
  25. ^ 結果 - 女子10km - 8月4日” (日本語). olympics.com. 2021年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]