2020年東京オリンピックのサーフィン競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年東京オリンピックのサーフィン競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのサーフィンきょうぎ)は国際サーフィン連盟(ISA)が管轄し、2020年東京オリンピックにて初めて実施される追加種目サーフィンである[2][3]

実施種目[編集]

サーフィンショートボード男女、計2種目を実施。2019年のワールドサーフリーグと2021年5月の世界選手権エルサルバドル/当初、2020年5月に予定されていたが新型コロナウイルス感染症の流行により延期された[4])の成績上位者を中心に各大陸から参加する男女各20名がメダルを争う。1か国からは最大で男女各2名が出場できる[5]。なお開催国日本からは最低男女各1名の出場が保証されていたが、既に2019年のワールドサーフリーグで6位となった五十嵐カノアが自力で出場権を獲得しており[6][7]村上舜[8][9]松田詩野[10][11]も2019年の世界選手権(宮崎市)の結果により、各大陸に与えられる暫定的な出場権を確保しているため(2021年の世界選手権で他の日本選手が上位の成績を収めない限り、オリンピックに出場できる)、不使用となった開催国枠は世界選手権の成績上位社に与えられる。

競技会場[編集]

本大会は千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸で開催予定。なお大会予備日もフェスが実施されるため、チケットの払い戻しは一切できない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ サーフィン” (日本語). 東京2020. 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ IOC approves five new sports for Olympic Games Tokyo 2020 - Olympic News”. Olympic.org (2016年8月3日). 2016年8月8日閲覧。
  3. ^ It's Official: Surfing Will Be in the Olympics”. Surfline.com. 2020年5月31日閲覧。
  4. ^ ISA Announces Postponement of World Surfing Games to May 2021” (英語). International Surfing Association (2020年7月31日). 2020年8月8日閲覧。
  5. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020 Original Version: ENGLISH 16 March 2018 INTERNATIONAL SURFING ASSOCIATION (ISA)”. 2020年5月31日閲覧。
  6. ^ 【速報】五十嵐カノアが2020年東京五輪サーフィン日本代表出場権を獲得!” (日本語). THE SURF NEWS「サーフニュース」 (2019年10月17日). 2020年7月11日閲覧。
  7. ^ Congrats Kanoa Igarashi!” (英語). World Surf League. 2020年7月11日閲覧。
  8. ^ 東京五輪サーフィン有力出場候補・村上舜プロフィール【2020年版】” (日本語). THE SURF NEWS「サーフニュース」 (2019年10月3日). 2020年7月11日閲覧。
  9. ^ Brazil Wins Historic Team Gold at 2019 ISA World Surfing Games presented by Vans” (英語). 2019 ISA World Surfing Games presented by Vans (2019年9月15日). 2020年7月11日閲覧。
  10. ^ サーフィン 松田詩野さん、東京五輪へ 条件付きで出場権獲得 | 茅ヶ崎” (日本語). タウンニュース (2019年9月20日). 2020年7月11日閲覧。
  11. ^ World’s Top Women Approach Gold Medals, Capture Olympic Qualification in Miyazaki” (英語). 2019 ISA World Surfing Games presented by Vans (2019年9月9日). 2020年7月11日閲覧。