無観客試合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

無観客試合(むかんきゃくじあい)は、スポーツの試合において競技連盟や運営者などが観客を入れずに試合を行う措置である。

概要[編集]

無観客試合の原因で一番多いケースが、観客のトラブルなどを原因とする規制措置や制裁であり、多くのスポーツにおいて、試合主催者となるチームや観客に対しての罰則として規定されている。

試合主催者にとっては、試合の入場料を得ることができなくなり、観客にとっては試合を現地で見ることができない。直接にはプレーする選手が負わされる罰則ではないものの、特に自チームの不祥事などに起因したものである場合、観客がいない故に全く歓声が無いのでいざ試合に入ってもモチベーションを上げられないという選手も中には存在する。

ただし、規制されることといえば観客の場内への入場のみで、場外における観客の応援が規制されない場合もある。後述の2006FIFAワールドカップアジア地区予選、日本-北朝鮮戦において無観客試合が適用された際、日本代表のサポーターがスタジアムの外で選手に対して声援を送る光景が見られた。

罰則以外にもテロ暴動伝染病感染が起こりうる場合に、選手・関係者のほか不特定多数が集まる観客の安全や健康面への配慮、会場所在地の地域の保安面や防疫などの観点から適用する場合もある。また試合会場の立地・設備や開催時間、災害または、天候不良による開催地の変更などといった要因で観客の来場が困難な場合や観客用の設備が無い施設での試合となった場合、あえて無観客で試合を実施することがある。その他、観客の安全・健康面及び来場・観戦には問題がなくても、試合会場の感覚チェックや民衆から試合開催の是非を問われかねない状況にあるなどの理由で、試合を非公開とすることもある。

近年では後述のプロレス競輪の例のように、会場に観客を入れなくてもテレビ中継等のみで興行・開催が成り立つという理由から、開催経費の圧縮(無観客であれば場内警備や入退場管理・場内清掃等の費用が原則不要となる)を目的として無観客試合を行う例も見られる。

主な事例[編集]

サッカー[編集]

ラグビー[編集]

ハンドボール[編集]

野球[編集]

テニス[編集]

バレーボール[編集]

相撲[編集]

  • 1945年昭和20年)6月場所は両国国技館1909年開館の旧国技館)で非公開で行われた(本来5月開催のところ空襲による会場難や閑院宮逝去による自粛などで延期。国技館も空襲で屋根が焼け落ちており晴天七日間の興行であった)。非公開となった理由は米軍の空襲が激烈な時期であり、東京都内で多人数を集めての興行を行うと危険であったこと、東京大空襲の直後とあって「この非常時に相撲の本場所とは」という批判を恐れたことなどがある。 備州山大八郎が7戦全勝で平幕優勝(ただし、傷痍軍人が招待されていた)。
  • 幕下以下に関して、1944年5月(両国国技館)・11月(明治神宮外苑相撲場)、1945年6月(春日野部屋)の各場所は、十両以上と切り離して非公開で行われていた。

プロレス[編集]

競輪[編集]

オートレース[編集]

  • 競輪と同じくJKAが統括するオートレースでも、2015年11月16日より飯塚オートレース場で「ミッドナイトオート」を試験的に開催した。8車立て6R制で、無観客開催と投票については競輪同様とした[19]。こちらも好評だったことを受け、2016年5月17日より飯塚オートレース場にて「ミッドナイトオートレース」を正式に開始した。初年度の2016年度は全日程トータル27日間の開催予定を発表した[20]

ゴルフ[編集]

競馬[編集]

  • フランスではストライキなどにより開催ができずに競馬の代替開催をする場合、予定にない開催のために観客を入れずにレースを行う場合がある。

カーリング[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “On the quiet: matches behind closed doors”. www.timesonline.co.uk. (2004年12月7日). http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/football/european_football/article399823.ece 2011年10月3日閲覧。 
  2. ^ “Serbia fans face hooliganism ban” (英語). news.com.au. (2011年2月2日). オリジナル2011年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110629185313/http://www.news.com.au/national/serbia-fans-face-hooliganism-ban/story-fn7mjqus-1225998420284 2014年1月16日閲覧。 
  3. ^ 反日余波!岡ちゃん無観客試合/中国SL 日刊スポーツ 2012年9月24日
  4. ^ 日本初無観客試合に選手は「残念」 清水サポは“いいかげんにして” スポーツニッポン、2014年3月14日(同日閲覧)。
  5. ^ ホームゲームにおける差別的な内容の横断幕掲出に対し浦和レッズに制裁を決定 Jリーグオフィシャルサイト ニュース 2014年3月13日付
  6. ^ 浦和に厳罰 23日清水戦は無観客試合 日刊スポーツ 2014年3月13日閲覧
  7. ^ “ラス・パルマス、バルセロナの独断での無観客試合に憤る「我々のことは一切考慮していない」”. Goam.com. (2017年10月3日). http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%81%AE%E7%8B%AC%E6%96%AD%E3%81%A7%E3%81%AE%E7%84%A1%E8%A6%B3%E5%AE%A2%E8%A9%A6%E5%90%88%E3%81%AB%E6%86%A4%E3%82%8B%E6%88%91%E3%80%85%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%B8%80%E5%88%87%E8%80%83%E6%85%AE%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84/muildfr978g916edhvbmh164j 2017年11月5日閲覧。 
  8. ^ “Edinburgh to meet Castres on Monday behind closed doors”. BBC Sport. (2010年12月19日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/rugby_union/my_club/edinburgh/9295226.stm 2010年12月19日閲覧。 
  9. ^ 特集 日本・イスラエル戦をめぐって (PDF) 日本ハンドボール協会機関誌『ハンドボール』1975年4月号7頁
  10. ^ 全日本女子「世界」へ5度目 イスラエルと東京で対戦、快勝 (PDF) 日本ハンドボール協会機関誌『ハンドボール』1975年3月号1頁
  11. ^ 特集 日本・イスラエル戦をめぐって (PDF) 日本ハンドボール協会機関誌『ハンドボール』1975年4月号6頁
  12. ^ 2011年4月2日・3日実施分はプロ野球12球団チャリティーマッチ -東日本大震災復興支援試合-として試合が公開されている。
  13. ^ ヤクVS阪神は無観客試合…工事ですが… 日刊スポーツ 2014年3月18日閲覧
  14. ^ “オリオールズ戦再び中止 29日に無観客試合で開催”. 日刊スポーツ. (2015年4月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1468655.html 
  15. ^ “大リーグ、オリオールズが無観客試合へ-ボルティモア暴動で”. ブルームバーグ. (2015年4月29日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NNJEMH6JTSEF01.html 
  16. ^ “雨天中止…ドームへ移動 巨人とヤクルトが異例コラボ”. アサヒ・コム. 朝日新聞社. (2018年3月21日). https://www.asahi.com/articles/ASL3P4FCBL3PUTQP00Q.html?iref=comtop_8_08 2018年3月21日閲覧。 
  17. ^ 【お知らせ】チャレンジリーグ女子・ひたちなか大会の入場について 日本バレーボールリーグ機構プレスリリース 2011年12月21日付告示
  18. ^ Going Broadway 05.29.12 The Curious, Short History of The Empty Arena Match”. 411mania.com. 2014年3月24日閲覧。
  19. ^ 飯塚オート ミッドナイトオートレース開催 - AutoRace・2015年10月13日
  20. ^ インフォメーション 平成28年度 飯塚オート『ミッドナイトオートレース』について - AutoRace 2016年3月24日
  21. ^ “選手もガッカリ ツアー史上初の“無観客試合””. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2012年9月30日). http://news.golfdigest.co.jp/tournament/column/gdoeye/tt1000003698401.html 2012年10月1日閲覧。 
  22. ^ “勇太、雪辱の月曜Vを!PO4H決着つかず日没で持ち越し”. スポーツニッポン. (2016年10月10日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/10/kiji/K20161010013508270.html 2017年6月14日閲覧。 
  23. ^ “プレーオフ5ホール目は通常営業日 ギャラリー観戦は不可”. スポーツニッポン. (2016年10月10日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/10/kiji/K20161010013508280.html 2016年10月10日閲覧。 
  24. ^ 暴風雪の影響で「無観客試合」に 観客は除雪車先導で帰宅”. スポーツニッポン新聞社 (2015年2月16日). 2016年10月18日閲覧。

関連項目[編集]