2020年東京オリンピックのテニス競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年東京オリンピック
テニス競技
会場有明テニスの森公園 [1]
開催日2021年7月24日 - 8月1日 [1]
« 20162024 »

2020年東京オリンピックテニス競技は、2021年有明テニスの森公園で開催される予定のオリンピックテニス競技である。

競技概要[編集]

国際テニス連盟(ITF)管轄[2]。コートは屋外ハード(デコターフ)[1]

種目[編集]

男子・女子シングルス(64ドロー)、男子・女子ダブルス(32ドロー)、混合ダブルス(16ドロー)の計5種目が行われる[1]

試合方式[編集]

全ての試合はタイブレーク採用のベスト・オブ・3セットマッチで行われる[注 1]。またダブルスの試合は1セットオールとなった場合、マッチタイブレーク(10ポイント)で勝敗を決める[3]

参加国・選手数[編集]

シングルスとダブルス合わせて、男女86名ずつ、計172名の選手が出場する。出場選手は2017年から2020年の間にデビスカップフェドカップで原則として3回(または2回)以上の代表歴が必要となる。

シングルスは、2021年6月7日時点でのATPランキングおよび同日現在のWTAランキングの上位56選手が出場できるが、 1カ国につき男女それぞれ最大4名と定められている。残り8名のうち6名は各大陸予選枠での出場となる。アジアアフリカ、欧州、オセアニアでそれぞれ1枠、パンアメリカン大会で2枠が与えられる。その他に開催国(他に出場枠を獲得した選手がいない場合)と過去のオリンピック金メダリストかグランドスラム達成者に1名ずつ与えられる[6][7]

ダブルスは、ダブルスランキング又は統合ランキングを基に1カ国2組まで出場できる(開催国枠(男女1組ずつ)を含む)が、シングルスとダブルスの合計では1カ国につき男女それぞれ6名以内となっている。

混合ダブルスはシングルスまたはダブルスの出場選手を対象に統合ランキングを基に選考される(開催国枠1組を含む)ため、混合ダブルスのみの出場選手はいない。

競技日程[編集]

テニス競技は2021年7月24日から8月1日にかけて行われる予定である[8]

種目 7月24日(土) 25日(日) 26日(月) 27日(火) 28日(水) 29日(木) 30日(金) 31日(土) 8月1日(日)
男子シングルス 1回戦 1回戦 2回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 3位決定戦 決勝
女子シングルス 1回戦 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝/3位決定戦
男子ダブルス 1回戦 1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝/3位決定戦
女子ダブルス 1回戦 1回戦 2回戦 2回戦/準々決勝 準々決勝 準決勝 3位決定戦 決勝
混合ダブルス 1回戦 準々決勝 準決勝 3位決定戦 決勝

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 複数の種目に出場する選手の負担を軽減するため、前回までベスト・オブ・5セットマッチで行われていた男子シングルス決勝が今大会よりベスト・オブ・3セットマッチで行われることになった[3][4][5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Fact Sheet & Regulations”. event.itftennis.com. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ About the ITF”. event.itftennis.com. 2020年7月18日閲覧。
  3. ^ a b ITF announces changes for 2020 Olympic Tennis Event”. event.itftennis.com (2019年4月3日). 2020年4月22日閲覧。
  4. ^ 男子シングルス決勝を3セット制に短縮、2020年東京五輪テニス”. afpbb.com (2019年4月4日). 2020年4月22日閲覧。
  5. ^ 選手の負担を軽くするため、試合形式を短縮へ”. tennismagazine.jp (2019年4月4日). 2020年4月22日閲覧。
  6. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. ITF. 2020年6月17日閲覧。
  7. ^ ELIGIBILITY FOR THE OLYMPIC TENNIS EVENT, TOKYO 2020”. ITF. 2020年6月17日閲覧。
  8. ^ テニス 競技スケジュール”. tokyo2020.org. 2020年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]