エリナ・スビトリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリナ・スビトリナ
Elina Svitolina
Tennis pictogram.svg
Svitolina WM17 (25) (36050661441).jpg
エリナ・スビトリナ
基本情報
国籍  ウクライナ
出身地 同・オデッサ
居住地 同・キエフ
生年月日 (1994-09-12) 1994年9月12日(24歳)
身長 174cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2010年
ツアー通算 15勝
シングルス 13勝
ダブルス 2勝
生涯獲得賞金 13,108,625 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2018)
全仏 ベスト8(2015・17)
全英 4回戦(2017)
全米 4回戦(2017・18)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2014・16)
全仏 2回戦(2014)
全英 2回戦(2016)
全米 2回戦(2014)
国別対抗戦最高成績
ホップマン杯 準優勝(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位(2017年9月11日)
ダブルス 108位(2015年5月4日)
2018年11月5日現在

エリナ・スビトリナElina Svitolina, ウクライナ語: Еліна Михайлівна Світоліна, 1994年9月12日 - )は、ウクライナオデッサ出身の女子プロテニス選手。2018年WTAファイナルズの優勝者。これまでにWTAツアーでシングルス13勝、ダブルス2勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス108位。身長174cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

5歳からテニスを始める。ジュニア時代は2010年全仏オープンジュニアシングルスで優勝し2010年にプロに転向。

4大大会では2012年全米オープンで予選を勝ち上がり初出場し、1回戦で第12シードのアナ・イバノビッチに 3–6, 2–6 で敗れた。

2013年全仏オープン1回戦でロミナ・オプランディを 6-3, 4-6, 6-1 で破り4大大会の初勝利を挙げた。2回戦でヴァルヴァラ・レプチェンコに 6-7(5), 1-6 で敗れた。7月のバクー・カップではツアー初の決勝に進出し、シャハー・ピアーを 6–4, 6–4 で破り初優勝を果たした。全米オープンでは1回戦で第17シードのドミニカ・チブルコバを 6–4, 6–3 で破る殊勲を挙げた。

2014年全豪オープンでは1回戦でスベトラーナ・クズネツォワ、2回戦でオリビア・ロゴウスカを破り4大大会で初めて3回戦に進出した。3回戦ではスローン・スティーブンスに 5–7, 4–6 で敗れた。

2015年全仏オープンでは第19シードとなり4回戦でアリーゼ・コルネを 6-2, 7-6(9) 、で破り初めて4大大会でベスト8に進出した。準々決勝ではアナ・イバノビッチに 3–6, 2–6 で敗れた。

2016年8月のリオ五輪で初めてのオリンピックに出場した。シングルス3回戦で第1シードのセリーナ・ウィリアムズを 6-4, 6-3 で破る殊勲を挙げベスト8に進出した。準々決勝でペトラ・クビトバに 2-6, 0-6 で敗れた。

2017年はドバイ・テニス選手権で決勝でキャロライン・ウォズニアッキに6-4, 6-2で勝利しプレミア初優勝。2月27日付のランキングで10位となりトップ10入りを果たす。9月11日付のランキングで自己最高の3位を記録している。

2018年10月のWTAファイナルズでは決勝でスローン・スティーブンスを 3–6, 6–2, 6–2で破り優勝し、初のビッグタイトルを獲得した。

プレースタイル[編集]

安定したグラウンドストロークを打つベースライナー。バックハンド、特にダウンザラインはコートの両サイドに突き刺さる。コートでの動きがよく、非常に正確な打撃を打つことができる。サーブは安定しているがさほど速くはない。2016年・2017年シーズンにサーブを改善した。ネットでボレーするのが苦手。しかし反射神経はよくコートでの加速も早い。

芝・クレーコートを得意とする[1]

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 15回 (13勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ツアー選手権 (1–0)
エリート・トロフィー (0–1)
プレミア (6–1)
インターナショナル (6–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2013年7月28日 アゼルバイジャンの旗 バクー ハード イスラエルの旗 シャハー・ピアー 6–4, 6–4
優勝 2. 2014年7月27日 アゼルバイジャンの旗 バクー ハード セルビアの旗 ボヤナ・ヨバノフスキ 6–1, 7–6(2)
優勝 3. 2015年5月2日 モロッコの旗 マラケシュ クレー ハンガリーの旗 ティメア・バボシュ 7–5, 7–6(3)
優勝 4. 2016年3月6日 マレーシアの旗 クアラルンプール ハード カナダの旗 ウージニー・ブシャール 6–7(5), 6–4, 7–5
準優勝 1. 2016年8月27日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘブン ハード ポーランドの旗 アグニエシュカ・ラドワンスカ 1–6, 6–7(3)
準優勝 2. 2016年11月6日 中華人民共和国の旗 珠海 ハード (室内) チェコの旗 ペトラ・クビトバ 4–6, 2–6
優勝 5. 2017年2月5日 台湾の旗 台北 ハード 中華人民共和国の旗 彭帥 6–3, 6–2
優勝 6. 2017年2月25日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ 6–4, 6–2
優勝 7. 2017年4月30日 トルコの旗 イスタンブール クレー ベルギーの旗 エリーズ・メルテンス 6–2, 6–4
優勝 8. 2017年5月21日 イタリアの旗 ローマ クレー ルーマニアの旗 シモナ・ハレプ 4–6, 7–5, 6–1
優勝 9. 2017年8月13日 カナダの旗 トロント ハード デンマークの旗 キャロライン・ウォズニアッキ 6–4, 6–0
優勝 10. 2018年1月6日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード ベラルーシの旗 アリャクサンドラ・サスノビッチ 6–2, 6–1
優勝 11. 2018年2月24日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード ロシアの旗 ダリア・カサトキナ 6–4, 6–0
優勝 12. 2018年5月20日 イタリアの旗 ローマ クレー ルーマニアの旗 シモナ・ハレプ 6–0, 6–4
優勝 13. 2018年10月28日 シンガポールの旗 シンガポール ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 スローン・スティーブンス 3–6, 6–2, 6–2

ダブルス: 2回 (2勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2014年7月20日 トルコの旗 イスタンブール ハード 日本の旗 土居美咲 ジョージア (国)の旗 オクサナ・カラシニコワ
ポーランドの旗 ポーラ・カニア
6–4, 6–0
優勝 2. 2015年7月26日 トルコの旗 イスタンブール ハード ロシアの旗 ダリア・ガブリロワ トルコの旗 カグラ・ブユカケイ
セルビアの旗 エレナ・ヤンコビッチ
5-7, 6-1, [10-4]

ホップマンカップ: 1回 (1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年1月9日 ホップマンカップ2016 ハード ウクライナの旗 アレクサンドル・ドルゴポロフ オーストラリアの旗 ダリア・ガブリロワ
オーストラリアの旗 ニック・キリオス
0–2

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A A 1R 3R 3R 2R 3R QF 11–6
全仏オープン LQ LQ 2R 2R QF 4R QF 3R 15–6
ウィンブルドン A LQ 1R 1R 2R 2R 4R 1R 5–6
全米オープン A 1R 2R 1R 3R 3R 4R 4R 11–7

脚注[編集]

  1. ^ Elina Svitolina at the International Tennis Federation”. 2018年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]