ガエル・モンフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガエル・モンフィス
Gaël Monfils
Tennis pictogram.svg
Monfils RG19 (13) (48199149362).jpg
2019年全仏オープンでのガエル・モンフィス
基本情報
フルネーム Gaël Sébastien Monfils
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・パリ
居住地 スイスの旗 スイス
生年月日 (1986-09-01) 1986年9月1日(35歳)
身長 193cm
体重 85kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
ツアー通算 10勝
シングルス 10勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 20,030,949 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2016)
全仏 ベスト4(2008)
全英 4回戦(2018)
全米 ベスト4(2016)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2006・14)
全仏 2回戦(2007・10)
全米 1回戦(2005・10・11)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 準優勝(2010・14)
ATP杯 ラウンドロビン(2020・21)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 6位(2016年11月7日)
ダブルス 155位(2011年8月8日)
2021年9月27日現在

ガエル・セバスティアン・モンフィスGaël Sébastien Monfils, フランス語発音: [ɡaɛl mɔ̃ˈfis] ,1986年9月1日 - )は、フランスパリ出身の男子プロテニス選手。シングルス自己最高ランキングは6位。ダブルス155位。これまでにATPシングルスで10勝を挙げている。身長193cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

配偶者はウクライナのテニス選手のエリナ・スビトリナ

選手経歴[編集]

ジュニア時代[編集]

モンフィスの家族は、父親がグアドループ島出身の会社員で(フランス・テレコム勤務)、母親はマルティニーク島出身の看護婦であり、モンフィスは西インド諸島のルーツを持つ。モンフィスはバスケットボールにも関心が深く、「テニス選手にならなかったら、バスケットボールをしていただろう」と話したこともある。

2004年 プロ転向[編集]

2004年4大大会のジュニア男子シングルスで、全豪オープン全仏オープンウィンブルドンの3連勝を成し遂げ、同年にプロ入り。

大会 2002 2003 2004
ジュニアグランドスラム
全豪オープン A QF W
全仏オープン 1R 2R W
ウィンブルドン A 2R W
全米オープン A 2R 3R

2005年 年間最優秀賞新人賞[編集]

8月にオレンジ・ワルシャワ・オープンの決勝でフロリアン・マイヤーを7-6, 4-6, 7-5で破り、男子ツアー初優勝を達成。その後、10月のモゼール・オープンの決勝でイワン・リュビチッチに敗れた準優勝がある。この躍進を評価されて、モンフィスは男子プロテニス協会の2005年度「最優秀新人賞」を受賞した。

2006年 トップ25位入り[編集]

2006年全仏オープンで、モンフィスは初めて4回戦に進出した。この大会では、3回戦で第8シードのジェームズ・ブレークを6-2, 6-7, 7-6, 5-7, 6-4のフルセットで破ったが、続く4回戦でノバク・ジョコビッチに6-7, 6-7, 3-6のストレートで敗れた。

2007年 通算50勝[編集]

2007年全豪オープンでは、モンフィスは2回戦で前年度の準優勝者マルコス・バグダティスを7-6, 6-2, 2-6, 6-0で破って注目を集めたが、続く3回戦で同じ年のフランス人選手、リシャール・ガスケに敗れた。

2008年 全仏ベスト4[編集]

2008年全仏オープンで初めてのベスト4に入り、自らの4大大会自己最高成績を更新した。初進出の準決勝で、モンフィスは第1シードのロジャー・フェデラーに2-6, 7-5, 3-6, 5-7で敗れた。第30シードに選ばれたウィンブルドンで、モンフィスは肩の負傷により大会開始直前に棄権した。この後、北京五輪にフランス代表選手として初参加し、シングルスのベスト8に進出した。全米オープンでは初の4回戦進出を決めたが、地元アメリカ人選手のマーディ・フィッシュに5-7, 2-6, 2-6でストレート負けした。

2009年 トップ10入り[編集]

全豪オープンで、モンフィスは同じフランスのジル・シモンとの4回戦を途中棄権した。この後ツアー大会で成績を伸ばしたことにより、2009年3月2日付の世界ランキングで「9位」に入り、初の世界ランキングトップ10入りを果たした。この後全米オープンで2年連続の4回戦進出がある。地元のモゼール・オープンフィリップ・コールシュライバーを7–6, 3–6, 6–2で破りツアー2勝目を挙げた。

2010年 全米ベスト8[編集]

全米 オープンでベスト8に進出した。ジャパン・オープン・テニス選手権など3大会で準優勝し、南フランス・オープンイワン・リュビチッチを6-2, 5-7, 6-1で破り、ツアー3勝目を挙げた。12月のセルビアとのデビスカップ決勝戦にも出場し、第2試合でヤンコ・ティプサレビッチに6-1, 7-6, 6-0で勝利したが、第4試合のジョコビッチに2-6, 2-6, 4-6で敗れ、通算2勝3敗でフランスは優勝を逃した。

2011年 世界7位[編集]

全仏オープン4回戦でダビド・フェレールを6–4, 2–6, 7–5, 1–6, 8–6で破り2年ぶりのベスト8に進出した。準々決勝ではフェデラーに4-6, 3-6, 6-7で敗れた。7月には自己最高位の世界ランキング7位を記録した。10月のストックホルム・オープンの決勝でヤルコ・ニエミネンを7–5, 3–6, 6–2で破り1年ぶりのツアー4勝目を挙げた。

2012年 怪我との闘い[編集]

右膝の故障に悩み2012年の全仏オープンウィンブルドンロンドン五輪全米オープンを欠場した。モゼール・オープン出場後、楽天ジャパンオープンを棄権すると、そのままシーズンを終えた。年間最終ランキングは77位まで下降した。

2013年 世界31位に復帰[編集]

2013年、復帰戦のカタール・オープンは準々決勝まで進出した。全豪オープンは4回戦で敗れた。しかし2月3日付の世界ランキングでは100位以下になった。それでもBNPパリバ・プリムローズ・ボルドー(チャレンジャー)での優勝やニース・オープンでの決勝進出など、クレーシーズンでは一定の結果を残した。主催者推薦での出場になった2013年全仏オープンでは1回戦で第5シードのトマーシュ・ベルディハを7-6(8) , 6-4, 6-7(3), 6-7(4), 7-5のフルセットで破る波乱を起こした。上海マスターズでは3回戦でフェデラーを破り、準々決勝まで進出した。年間最終ランキングは31位まで戻った。

2014年 ツアー5勝目[編集]

2014年全仏オープンでは3年ぶりにベスト8進出。準々決勝でアンディ・マリーに敗れた。 2014年6月24日シングルス通算300勝達成。 全米オープンでも4回戦で第7シードのグリゴール・ディミトロフに7-5, 7-6(5), 7-5でストレート勝ち。準々決勝でフェデラーから第1セットと第2セットを奪うも6-4, 6-3, 4-6, 5-7, 2-6で敗れた。 デビスカップ2014でもデビスカップフランス代表として、決勝のスイス戦でフェデラーに6-1, 6-4, 6-3で勝利したが、フランスはスイスに敗れた。

2015年 トップ15位に復帰[編集]

2015年モンテカルロ・マスターズは第14シードで出場。アンドレイ・クズネツォフアレクサンドル・ドルゴポロフを破り、3回戦では第2シードのロジャー・フェデラーにストレート勝ち。準々決勝で第9シードのディミトロフを破って自身大会初のベスト4入りするもベルディハに敗れた。

2016年 全米ベスト4 全豪ベスト8 ATPファイナルズ初出場 世界6位[編集]

全豪オープンでは全豪で初めてベスト8に進出。準々決勝でミロシュ・ラオニッチに3-6, 6-3, 3-6, 4-6で敗れた。 その後、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントでの準優勝、3月のBNPパリバ・マスターズマイアミ・オープンのベスト8など好調を維持。4月のモンテカルロ・マスターズでは準決勝でジョー=ウィルフリード・ツォンガとのフランス対決を制し、マスターズでは6年ぶり3度目の決勝進出を果たす。決勝でラファエル・ナダルに5-7, 7-5, 0-6で敗れ、マスターズ3度目の準優勝となった。7月のシティ・オープンでは決勝でイボ・カロビッチを5–7, 7–6(6), 6–4で破り、ATPワールドツアー・500シリーズで初優勝を果たした。ロジャーズ・カップでは準々決勝で第3シードのラオニッチを破ってベスト4。

リオ五輪では北京五輪以来シングルスでベスト8に進出。準々決勝で第4シードの錦織圭に3本のマッチポイントを握りながら6-7(4), 6-4, 6-7(6)の逆転で敗れた。

全米オープンでは2年ぶり3回目のベスト8に進出すると、準々決勝でフランスの後輩リュカ・プイユに6-4, 6-3, 6-3で勝利し、ベスト4に進出。準決勝でジョコビッチに3-6, 2-6, 6-3, 2-6で敗れた。大会後の世界ランキングで8位となり、2011年11月以来4年10か月ぶりにトップ10復帰を果たす。10月には自身初のATPワールドツアー・ファイナルズの出場が決定。11月7日付の世界ランキングで自己最高の6位となった。初出場のATPワールドツアー・ファイナルズでは初戦ラオニッチに3-6, 4-6で、第2戦ドミニク・ティームに3-6, 6-1, 4-6で敗北。怪我のため第3戦を前に棄権した[1]。年間最終ランキングは7位だった。

2017年 怪我による故障[編集]

全豪オープンでは2年連続で4回戦に進出するもナダルに敗れた。5月30日、全仏オープン1回戦に勝利し通算400勝達成[2]ロジャーズ・カップでは、2回戦で第5シードの錦織圭に初勝利し、久しぶりにトップ10から勝利を挙げたが(通算3-62)、3回戦で敗退した。全米オープンは3回戦を棄権し、シーズンを終えた。6大会で棄権し、16強より先に先に進んだ大会が3つしかない苦しいシーズンとなり、年間最終ランキングは46位まで後退した。

2018年 ウィンブルドン4回戦進出[編集]

2018年、年始のカタール・エクソンモービル・オープンでは、決勝でアンドレイ・ルブレフに勝利して優勝した。全豪オープンでは2回戦でノバク・ジョコビッチに逆転負け、同カード15連敗を喫することとなった[3]アルゼンチン・オープンアンタルヤ・オープンでは準決勝に進出した。

ウィンブルドンは4回戦まで進出。全米オープンは2回戦で錦織圭と対戦したが、試合中に右手首を負傷し途中棄権した。復帰戦となるOECオープン(チャレンジャー)では優勝を飾った。ヨーロピアン・オープンは決勝に進出し、決勝でカイル・エドマンドに敗れ準優勝。年間最終ランキングは29位だった。

2019年 トップ10復帰[編集]

全豪オープンは第30シードとして出場し、2回戦でテイラー・フリッツに敗退した。2月のABNアムロ世界テニス・トーナメントの決勝では、スタン・ワウリンカを破り優勝した[4]。3月のBNPパリバ・マスターズではベスト8入りするも準々決勝は左足の痛みにより棄権。

5月下旬に開催された全仏オープンでは第14シードとして出場。4回戦まで全てストレートで進出し、4回戦ではドミニク・ティームに4-6, 4-6, 2-6のストレートで敗れた。その後の芝のシーズンに入り、早期敗退が続き、ウィンブルドンでは第16シードとして出場したが1回戦でウゴ・アンベールに7-6(6), 6-3, 4-6, 5-7, 0-3の時点で棄権し、初戦敗退。8月のロジャーズ・カップではロベルト・バウティスタ・アグートを下してベスト4入りしたが、足首の負傷で準決勝を棄権した。

全米オープンでは第13シードとして出場。1、2回戦をストレートで勝ち上がり、3回戦ではデニス・シャポバロフに6-7(5), 7-6(4), 6-4, 6-7(6), 6-3の熱戦の末に勝利を収めた。4回戦をストレートで勝利し、3年ぶりのベスト8入りを果たす。準々決勝では第24シードのイタリアの新星マッテオ・ベレッティーニに6-3, 3-6, 2-6, 6-3, 6-7(5)の大熱戦の末に敗れ、2016年以来のベスト4入りを逃した。その後は目立った結果を残せないままツアー終盤に突入。パリ・マスターズでベスト8入りすると、試合後の世界ランキングで10位に復帰した。ATPファイナルズは8人目のメンバーにあと140ポイント足らずに補欠2番手となり、2016年以来の最終戦出場は叶わなかった。年間最終ランキングは10位。

2020年 ツアー10勝目[編集]

年始のATPカップにはフランス代表のエースとして出場。フランスはグループステージでチリ、南アフリカ、セルビアの対戦することになった。モンフィスはチリ戦ではクリスチャン・ガリンに勝利、セルビア戦ではノバク・ジョコビッチに敗退。南アフリカ戦は出場せずジル・シモンが代わりに出場した。フランスは1勝2敗でラウンドロビン敗退で幕を閉じた。

全豪オープンは第10シードとして出場し、順当に4回戦進出。4回戦では今大会で準優勝するドミニク・ティエムに2-6, 4-6, 4-6で敗れた。その直後の南フランス・オープンでは決勝でバセク・ポシュピシルを7-5, 6-3で破り、ABNアムロ世界テニス・トーナメントでは決勝でフェリックス・オジェ=アリアシムを6-2, 6-4で破り、2週連続優勝を果たした[5]

その後はCOVID-19の影響でツアーが中断。ツアー再開後はスランプに陥り、初戦敗退が続いた。全仏オープンでは第8シードとして出場したが、1回戦でアレクサンダー・ブブリクに4-6, 5-7, 6-3, 3-6で敗れ、シーズン終了。最終ランキングは11位だった。

2021年 通算500勝[編集]

全豪オープンに第10シードとして出場。1回戦でフィンランドのエーミル・ルースヴオリにフルセットの末敗れ、初戦で姿を消した。

4月にはウクライナ出身で世界ランキング最高3位の女子プロテニスプレーヤーであるエリナ・スビトリナとの婚約を発表した。モンフィスは自身のインスタグラムでハートの絵文字と共に「彼女は『イエス』と言ってくれた」と綴り、湖をバックにスビトリーナが左手の薬指に婚約指輪をはめている写真を投稿した。

5月に開催されたリヨン・オープン初戦でラッキールーザーであるチアゴ・ザイボチ・ヴィウチを7-5, 6-4で破り、2020年からの初戦7連敗を食い止め、約1年半ぶりの白星を挙げた。

全仏オープンではアルベルト・ラモス=ビノラスを破り、1回戦突破。2回戦ではマイケル・イマーに敗退。続くウィンブルドン選手権では1回戦を突破したが、2回戦でペドロ・マルティネスに敗れた。

1年遅れで開催された東京2020オリンピックではフランス代表として出場。シングルスは1回戦敗退。ダブルスは同胞のジェレミー・シャルディーと組み1回戦を突破したが、2回戦でドイツのA・ズベレフストルフ組に敗れた。

ナショナル・バンク・オープンではジョン・ミルマンフランシス・ティアフォーを破り、マスターズ1000でベスト8入りを果たした。準々決勝ではジョン・イズナーに敗れた。続くウエスタン・アンド・サザン・オープンではドゥシャン・ラヨビッチアレックス・デミノーらにストレート勝ちで勝ち上がり、ツアー通算500勝を記録した。3回戦ではアンドレイ・ルブレフに6-7(2), 6-7(5)の接戦で敗れた。

全米オープンに第17シードで出場。3回戦でヤニック・シナーに6-7(1), 2-6, 6-4, 6-4, 4-6のフルセットの熱戦の末、惜敗した。10月のソフィア・オープンでは決勝まで進出。この決勝進出で17年連続でツアー決勝進出を果たしたが、そこでも昨年の優勝者ヤニック・シナーに敗れ、ツアー11勝目とはならなかった。

プレースタイル[編集]

抜群の身体能力と長い手足を生かした広いコートカバーリングが持ち味のプレースメントと安定性を重視する守備を重視したスタイル。瞬発力や跳躍力もあり、多少の球なら拾うこともでき、届きそうもない高い球もスマッシュができる。フォアもバックもコンパクトで、かなり安定しており、ラリー戦ではミスがなく、隙があれば打ち込んでカウンターやウィニングショットを決めにくることもある。サーブは派手さはないが、これまたコンパクトで安定している。スピード、テクニック、スタミナに長けた選手である。また相手の意表を突いたトリッキーなプレーやアクロバティックなプレーにより、人気があり、世界的にも「最も身体能力の高いアクロバティックな選手」として認識されている。彼のスーパープレーはテニス界一であり、しばしば会場を盛り上げる。YouTubeやSNSでもモンフィスのスーパープレーはよく閲覧されている。ただBIG4やトップ10の選手たちになかなか勝てないこともあり、十分にトップ10に入る資格はあるが、グランドスラムやマスターズでなかなか良い成績が取れないのも難点である。ハードとクレーはある程度好成績だが、グラスのウィンブルドンではまだ4回戦が最高なので対策が必要であると懸念されている。だが、2018年から安定感を取り戻し、10位台まで戻ってきたため今後の進化が期待される選手である。[6][7]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 31回 (10勝21敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ATPファイナルズ (0–0)
ATPツアー・マスターズ1000 (0–3)
ATPツアー・500シリーズ (3–5)
ATPツアー・250シリーズ (7–13)
サーフェス別タイトル
ハード (9–14)
クレー (1–5)
芝 (0–1)
カーペット (0–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年8月1日 ポーランドの旗 ソポト クレー ドイツの旗 フロリアン・マイヤー 7–6(6), 4–6, 7–5
準優勝 1. 2005年10月9日 フランスの旗 メス ハード (室内) クロアチアの旗 イワン・リュビチッチ 6–7(7), 0–6
準優勝 2. 2005年10月30日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 3–6, 2–6
準優勝 3. 2006年1月8日 カタールの旗 ドーハ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 6–7(5)
準優勝 4. 2007年5月20日 オーストリアの旗 ペルチャッハ クレー アルゼンチンの旗 フアン・モナコ 6–7(3), 0–6
準優勝 5. 2008年10月4日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー 4–6, 4–6
準優勝 6. 2009年2月28日 メキシコの旗 アカプルコ クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 4–6, 4–6
優勝 2. 2009年9月27日 フランスの旗 メス ハード (室内) ドイツの旗 フィリップ・コールシュライバー 7–6(1), 3–6, 6–2
準優勝 7. 2009年11月15日 フランスの旗 パリ ハード (室内) セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 2–6, 7–5, 6–7(3)
準優勝 8. 2010年7月18日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー スペインの旗 アルベルト・モンタニェス 2–6, 2–1, 途中棄権
準優勝 9. 2010年10月10日 日本の旗 東京 ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 1–6, 5–7
優勝 3. 2010年10月31日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) クロアチアの旗 イワン・リュビチッチ 6–2, 5–7, 6–1
準優勝 10. 2010年11月14日 フランスの旗 パリ ハード (室内) スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング 1–6, 6–7(1)
準優勝 11. 2011年8月7日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード チェコの旗 ラデク・ステパネク 4–6, 4–6
優勝 4. 2011年10月23日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード (室内) フィンランドの旗 ヤルコ・ニエミネン 7–5, 3–6, 6–2
準優勝 12. 2012年1月7日 カタールの旗 ドーハ ハード フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 5–7, 3–6
準優勝 13. 2012年2月5日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ 2–6, 6–4, 3–6
準優勝 14. 2013年5月25日 フランスの旗 ニース クレー スペインの旗 アルベルト・モンタニェス 0–6, 6–7(3)
準優勝 15. 2013年8月24日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー 3–6, 1–2, 途中棄権
準優勝 16. 2014年1月4日 カタールの旗 ドーハ ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 1–6, 7–6(5), 2–6
優勝 5. 2014年2月9日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) フランスの旗 リシャール・ガスケ 6–4, 6–4
準優勝 17. 2015年2月22日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) フランスの旗 ジル・シモン 4–6, 6–1, 6–7(4)
準優勝 18. 2016年2月14日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) スロバキアの旗 マルティン・クリザン 7–6(1), 3–6, 1–6
準優勝 19. 2016年4月17日 モナコの旗 モンテカルロ クレー スペインの旗 ラファエル・ナダル 5–7, 7–5, 0–6
優勝 6. 2016年7月24日 アメリカ合衆国の旗 ワシントン ハード クロアチアの旗 イボ・カロビッチ 5–7, 7–6(6), 6–4
準優勝 20. 2017年7月1日 イギリスの旗 イーストボーン セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 3–6, 4–6
優勝 7. 2018年1月6日 カタールの旗 ドーハ ハード ロシアの旗 アンドレイ・ルブレフ 6–2, 6–3
準優勝 21. 2018年10月21日 ベルギーの旗 アントワープ ハード (室内) イギリスの旗 カイル・エドマンド 6–3, 6–7(2), 6–7(4)
優勝 8. 2019年2月17日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) スイスの旗 スタン・ワウリンカ 6–3, 1–6, 6–2
優勝 9. 2020年2月9日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) カナダの旗 バセク・ポシュピシル 7–5, 6–3
優勝 10. 2020年2月16日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) カナダの旗 フェリックス・オジェ=アリアシム 6–2, 6–4

シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

グランドスラム[編集]

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 通算成績
全豪オープン A 2R 1R 3R A 4R 3R 3R 3R 3R 3R 2R QF 4R 2R 2R 4R 1R 29–16
全仏オープン Q1 1R 4R 3R SF QF 2R QF A 3R QF 4R A 4R 3R 4R 1R 2R 37–15
ウィンブルドン A 3R 1R 3R A A 3R 3R A A 2R 3R 1R 3R 4R 1R NH 2R 17–12
全米オープン A 1R 2R A 4R 4R QF 2R A 2R QF 1R SF 3R 2R QF A 3R 31–14

大会最高成績[編集]

大会 成績
ATPファイナルズ RR 2016
インディアンウェルズ QF 2016, 2019
マイアミ QF 2016
モンテカルロ F 2016
マドリード QF 2008, 2010
ローマ SF 2006
カナダ SF 2016, 2019
シンシナティ QF 2011
上海 QF 2013
パリ F 2009, 2010
オリンピック QF 2008, 2016
デビスカップ F 2010, 2014
ATPカップ RR 2020, 2021

脚注[編集]

  1. ^ モンフィス ファイナルズ棄権”. news.tennis365.net (2016年11月17日). 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ モンフィス 通算400勝達成”. news.tennis365.net (2017年5月31日). 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 対ジョコビッチの通算は0勝15敗。
  4. ^ モンフィスがキャリア8勝目、ワウリンカは膝の故障から復帰して以来の準優勝 [ABN AMROワールド・テニス]”. tennismagazine.jp. 2019年2月20日閲覧。
  5. ^ 33歳モンフィス、ABNアムロ連覇で2週連続V GS優勝の夢諦めず”. www.afpbb.com. 2020年2月17日閲覧。
  6. ^ 「享楽型」モンフィスとフェデラーの因縁 全米オープンテニス”. スポーツナビ. 2019年2月20日閲覧。
  7. ^ Wiedeman, Reeves (2011年9月2日). “Gael Monfils and Losing In Style”. https://www.newyorker.com/sports/sporting-scene/gael-monfils-and-losing-in-style 

外部リンク[編集]

受賞
先代:
ITFジュニアワールドチャンピオン
2004
次代:
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ヤング
先代:
ドイツの旗 フロリアン・マイヤー
ATP年間最優秀新人賞
2006
次代:
ドイツの旗 ベンヤミン・ベッカー