ウィンブルドン選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィンブルドン選手権
公式サイト
開催国 イギリスの旗 イギリス
マートン・ロンドン特別区ウィンブルドン
開催会場 オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
サーフェス 芝 / 屋外
男子ドロー 128S (128Q) / 64D (16Q)
女子ドロー 128S (96Q) / 64D (16Q)
混合ドロー 48D
賞金総額 £35,016,000 (2021)[1]
グランドスラム
屋根が設置されたセンターコート(2010年)

ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語: The Championships, Wimbledon)は、イギリスロンドンウィンブルドン(Wimbledon)で開催されるテニス4大国際大会の一つである。

概要[編集]

本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships」と呼ばれる[2]。日本語では便宜上「全英オープン」と呼ばれる場合もある。

毎年オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブを会場とし、原則として6月最終月曜日から2週の日程で開催される[注 1]

試合や練習の際には白いウェアを着用する事が義務付けられている事も伝統となっており、これは1884年の同選手権女子シングルス部門の初代優勝者であるモード・ワトソンイングランド)が白で揃えたウェアを着用していた事に由来する。この規定は色だけにとどまらず、ウェアの形状にも及んでいる。1985年大会で全身タイツのようなウェアを着て試合を行ったアン・ホワイト英語版は翌日にはそのウェアの使用を禁止されている[3][注 2]

開催国イギリスの優勝者は1977年の女子シングルスでバージニア・ウェード以降、男子シングルスで1936年フレッド・ペリー以降現れず(2013年、アンディ・マリーが77年ぶりに制覇した)、“ウィンブルドン現象”という言葉まで生まれた。

優勝決定後の表彰式の準備の手際の良さも見どころの一つである。優勝者には、クラブ会長・ケント公爵エドワード王子からトロフィーが授与される。

イギリスではロイヤルアスコット開催競馬)、ヘンリー・ロイヤル・レガッタ、並びにこの大会が終わる7月下旬に開催される全英オープン選手権(ゴルフ)と並ぶ社交界最大のイベント、かつイギリスの夏の最高峰のイベントとして知られている。

ミドル・サンデー[編集]

開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統がある。この伝統は一貫して遵守されてきたが、1991年にミドル・サンデーに試合が行われた。雨天による日程の消化不良が深刻化したためだった。1997年と2004年、2016年も同様の理由からミドル・サンデーに試合が行われた。

2022年よりミドル・サンデーは廃止となり、14日間のイベントに変更予定。これにより、男女シングルス4回戦全試合を行っていたマニック・マンデーは日曜日と月曜日に分散される[5]

このミドルサンデーの休催廃止の背景には、芝生のメンテナンスの向上をあげている。ウィンブルドンは天然芝のコートであり、試合ごとに芝生が剝げるなどの損傷が著しくなるため、1日のメンテナンスを挟んで、後半戦に備えてきたが、オール・イングランドクラブ会長のヒューイットは、「ここ数年で天然芝コートの保全技術が向上してきたため、休養日を設けることなく、特にセンターコートをケアできるようになった[6]」としており、4回戦(男女合計16試合)を大挙開催する「マニックマンデー(興奮の月曜日)」の日程も、他のメジャー3大会と同様に2日間に分けて開催し、選手の体力的な負担の軽減にもつなげられるとしている。

歴史[編集]

1897年大会
1901年大会の女子ファイナル

第1回大会は、センターコートに置いてあった芝生の手入れ用のローラー (en) が老朽化したため新しくする資金集めを目的に、1877年7月9日から始まった。種目は男子シングルスのみで、21人のアマチュア選手が出場した。このときに、コートの広さや得点方法など、さまざまなルールが決められた。初チャンピオンとなったスペンサー・ゴアには25ギニーのトロフィーが贈られた[7]

1884年に女子シングルスと、それまでオックスフォードで開催されていた全英男子ダブルスがウィンブルドンで開催されるようになった。1913年には、女子ダブルスと混合ダブルスが加えられ、1968年にはプロ選手の参加が認められた[7]

2009年にはセンターコートに引き込み式屋根 (retractable roof[8]) が設置され、同年6月29日、ディナラ・サフィナアメリ・モレスモの試合において初めて使用された[9]。屋根は午後4時39分より動き始め、4時46分までには完全に閉じられた。午後5時19分、屋根が閉じた後初めてのプレーがモレスモのサーブにより開始された[10]

2015年より、それまで2週間だった全仏オープンとの間隔が、初めて3週間に引き伸ばされて開催されることとなった[要出典]

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止された[11][12][注 3]。大会中止は、第2次世界大戦後初のことだった。同年7月10日、オールイングランド・ローンテニス・クラブ(AELTC)は男子シングルスのシードについて、2021年から世界ランキングのみを基準にすると発表した[15][16]

2022年4月、大会を主催するAELTCは、ロシアによるウクライナ侵攻が勃発したことを受け、侵攻当事国のロシアと同国を支援するベラルーシの両国選手についてエントリーを拒否し、大会から除外することを発表した。これにより、当時の世界ランキング男子2位のダニール・メドベージェフ、同8位のアンドレイ・ルブレフ、女子4位のアリーナ・サバレンカなどが出場不可能となった[17][18]。AELTCは両国選手の出場について、4月に入って英政府に相談していたという。英スポーツ省は、AELTCの決定を「断固とした行動」だとして歓迎した[19]

しかし、各団体や選手から非難の声が上がった。男子のツアーを統括するATPと女子のツアーを統括するWTAは、決定を「国籍に基づく差別」「合意違反に当たる」として批判した[20]。男子1位のノバク・ジョコビッチは、AELTCの「狂った」決定を支持しないと発言[19]。彼の設立した選手会(PTPA)も差別はしないとした[21]。女子の元選手であるビリー・ジーン・キングマルチナ・ナブラチロワも反対した[22][19]。侵攻されているウクライナの女子選手エリナ・スビトリナも「出場禁止は望んでいないこと」とコメントしたが、同時に政治的踏み絵をさせるべきとした[23]。排除対象となるロシア選手のうち、男子8位のアンドレイ・ルブレフは「完全な差別だ」と非難し、賞金寄付等の別の道を提言した[24]ダリア・カサトキナは「残念」「大会よりも人の命のほうが断然大事」と発言した[25]

5月20日、ATPおよびWTAは声明を発表し、ウィンブルドン選手権について「公平性を欠く」「あしき前例となる」と指摘し、世界ランキングのポイントを付与しないことを明らかにした[26][27]ITFも、車いす部門およびジュニア部門にポイントを付与しないとした。主催者は「とても残念でならない」との声明を出し、英政府が出した指針の影響が強かったと強調した[27]。ポイント不付与もまた選手から不満の声があがった。また、これにより、大会4連覇を成し遂げたジョコビッチが7位に落ち、1位のロシア人選手であるダニール・メドベージェフに優位な結果という皮肉になった。センターコート100周年[28]ながら前代未聞の大会となった中[29]、女子シングルスはエレーナ・リバキナが優勝。車いす男子シングルスでは国枝慎吾が制し、生涯グランドスラムを達成した。

過去10年のシングルス優勝者[編集]

男子 女子 備考
2013 イギリスの旗 アンディ・マリー フランスの旗 マリオン・バルトリ マリーバルトリ共に初優勝。男子は77年ぶり英国選手優勝。
2014 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ チェコの旗 ペトラ・クビトバ
2015 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ ジョコビッチの同選手権2連覇は、5連覇を達成したフェデラー以来、8年ぶり。
2016 イギリスの旗 アンディ・マリー アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ ウィリアムズが2年連続7回目の優勝。四大大会22回の優勝はグラフに並ぶオープン化以降最多の回数。
2017 スイスの旗 ロジャー・フェデラー スペインの旗 ガルビネ・ムグルサ フェデラーが、男子シングルス歴代最多優勝(8回目)。
2018 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ ドイツの旗 アンゲリク・ケルバー
2019 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ ルーマニアの旗 シモナ・ハレプ
2020 開催なし
2021 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ オーストラリアの旗 アシュリー・バーティ バーティは豪女子選手として41年ぶりの優勝。
2022 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ カザフスタンの旗 エレーナ・リバキナ ジョコビッチが大会4連覇。第17シード、23歳のリバキナは初優勝。

記録[編集]

男子(1877年 - )[編集]

記録名 時代[注 4] 選手名 記録値 年代
シングルス
最多優勝回数
1968年以前 イギリスの旗 ウィリアム・レンショー 7回 1881年 - 1886年、1889年
1968年以後 スイスの旗 ロジャー・フェデラー 8回 2003年 - 2007年、2009年、2012年、2017年
シングルス
最多連続優勝回数
1968年以前 イギリスの旗 ウィリアム・レンショー[注 5] 6回 1881年 - 1886年
1968年以後 スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ 5回 1976年 - 1980年
スイスの旗 ロジャー・フェデラー 2003年 - 2007年
ダブルス
最多優勝回数
1968年以前 イギリスの旗 レジナルド・ドハティー
イギリスの旗 ローレンス・ドハティー
8回 1897年 - 1901年、1903年 - 1905年
1968年以後 オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ 9回 1993年 - 1997年、2000年(いずれもマーク・ウッドフォード組)、
2002年 - 2004年(ヨナス・ビョークマン組)
ダブルス
最多連続優勝回数
1968年以前 イギリスの旗 レジナルド・ドハティー
イギリスの旗 ローレンス・ドハティー
5回 1897年 - 1901年
1968年以後 オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ
オーストラリアの旗 マーク・ウッドフォード
1993年 - 1997年
混合ダブルス
最多優勝回数
1968年以前 オーストラリアの旗 ケン・フレッチャー 4回 1963年、1965年 - 1966年、1968年(マーガレット・スミス・コート組)
アメリカ合衆国の旗 ビック・セイシャス 1953年 - 1956年(ドリス・ハート組で3回、シャーリー・フライ組で1回)
1968年以後 オーストラリアの旗 オーウェン・デビッドソン 1967年、1971年、1973年 - 1974年(いずれもビリー・ジーン・キング組)
最多優勝回数
(シングルス、ダブ
ルス、混合の合計)
1968年以前 イギリスの旗 ウィリアム・レンショー 14回 1880年 - 1889年(シングルス7回、ダブルス7回)
1968年以後 オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ 9回 1993年 - 2004年(ダブルス9回)

優勝回数ランキング[編集]

選手 回数
スイスの旗 ロジャー・フェデラー 8
イギリスの旗 ウィリアム・レンショー 7
アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
イギリスの旗 ローレンス・ドハティー 5
スウェーデンの旗 ビヨン・ボルグ

女子(1884年 - )[編集]

記録名 時代[注 4] 選手名 記録値 年代
シングルス
最多優勝回数
1968年以前 アメリカ合衆国の旗 ヘレン・ウィルス・ムーディ 8回 1927年 - 1930年、1932年 - 1933年、1935年、1938年
1968年以後 チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 9回 1978年 - 1979年、1982年 - 1987年、1990年
シングルス
最多連続優勝回数
1968年以前 フランスの旗 スザンヌ・ランラン 5回 1919年 - 1923年
1968年以後 チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 6回 1982年 - 1987年
ダブルス
最多優勝回数
1968年以前 アメリカ合衆国の旗 エリザベス・ライアン 12回 1914年(アグネス・モートン組)、1919年 - 1923年、1925年(スザンヌ・ランラン組)、1926年(メアリー・ブラウン組)、
1927年、1930年(ヘレン・ウィルス・ムーディ組)、1933年 - 1934年(シモーヌ・マチュー組)
アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング 10回 1961年 - 1962年(カレン・サスマン組)、1965年(マリア・ブエノ組)、
1967年 - 1968年、1970年 - 1971年、1973年(ロージー・カザルス組)、1972年(ベティ・ストーブ組)、1979年(マルチナ・ナブラチロワ組)
1968年以後 チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 7回 1976年(クリス・エバート組)、1979年(ビリー・ジーン・キング組)、1981年 - 1984年、1986年(パム・シュライバー組)
ダブルス
最多連続優勝回数
1968年以前 フランスの旗 スザンヌ・ランラン
アメリカ合衆国の旗 エリザベス・ライアン
5回 1919年 - 1923年
1968年以後 チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
アメリカ合衆国の旗 パム・シュライバー
4回 1981年 - 1984年
ベラルーシの旗/ソビエト連邦の旗 ナターシャ・ズベレワ 1991年(ラリサ・ネーランド)、1992年 - 1994年(ジジ・フェルナンデス
混合ダブルス
最多優勝回数
1968年以前 アメリカ合衆国の旗 エリザベス・ライアン 7回 1919年、1921年、1923年(ランドルフ・ライセット組)、1927年(フランシス・ハンター組)、
1928年(パトリック・スペンス組)、 1930年(ジャック・クロフォード組)、1932年(エンリケ・マイヤー組)
1968年以後 チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 4回 1985年(ポール・マクナミー)、1993年(マーク・ウッドフォード)、1995年(ジョナサン・スターク)、2003年(リーンダー・パエス
最多優勝回数
(シングルス、ダブ
ルス、混合の合計)
1968年以前 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング 20回 1961年 - 1979年(シングルス6回、ダブルス10回、混合4回)
アメリカ合衆国の旗 エリザベス・ライアン 19回 1914年 - 1934年(ダブルス12回、混合7回)
1968年以後 チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 20回 1976年 - 2003年(シングルス9回、ダブルス7回、混合4回)

その他[編集]

記録名 選手名 記録値 年代
シングルス最多勝利数(男子) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 101勝 2001年 -
シングルス最多勝利数(女子) チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 120勝 1973年 - 2004年
シングルス最多決勝進出回数(男子) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 12回 2003年 -
シングルス最多決勝進出回数(女子) イギリスの旗ブランチ・ビングリー 13回 1885年 - 1901年
最多試合数(男子) フランスの旗 ジャン・ボロトラ 223戦 1922年 – 1939年、1948年 – 1964年
最多試合数(女子) チェコスロバキアの旗/アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ 326戦
シングルス最多準優勝回数
(男子・女子)
イギリスの旗 ブランチ・ビングリー 7回 1885年、1887年 - 1888年、1891年 - 1893年、1901年
アメリカ合衆国の旗クリス・エバート 1973年、1978年 - 1980年、1982年、1984年 - 1985年
優勝者の最低世界ランキング
(男子)
クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 125位 2001年
ワイルドカード(主催者推薦)
の優勝者(男子・女子)
クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 2001年
優勝者の最低世界ランキング(女子) アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 31位
(第23シード)
2007年
最年少優勝者(男子) ドイツの旗 ボリス・ベッカー 17歳 1985年
最年少優勝者(女子シングルス) イギリスの旗 ロッティ・ドッド 15歳 1887年
最年少優勝者(女子ダブルス) スイスの旗 マルチナ・ヒンギス 15歳 1996年
最長試合時間決勝戦(男子) アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー
ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ

アメリカ合衆国の旗 ジム・グラブ
アメリカ合衆国の旗 リッチー・レネバーグ
5時間1分 1992年、男子ダブルス
最長試合時間(男子) アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー

フランスの旗 ニコラ・マユ
11時間5分 2010年、男子シングルス
―最終第5セットがゲームカウント59-59で2日目の日没サスペンデッド(中断)となった。第5セットは最終的に70-68となりイスナーが勝利した。
最多ゲーム数決勝戦(男子) アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー
ドイツの旗 ミヒャエル・シュティヒ

アメリカ合衆国の旗 ジム・グラブ
アメリカ合衆国の旗 リッチー・レネバーグ
83ゲーム 1992年、男子ダブルス
最多ゲーム数(男子) アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー

フランスの旗 ニコラ・マユ
183ゲーム 2010年、男子シングルス
最長試合時間決勝戦(女子) アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ダベンポート

アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ
2時間45分 2005年、女子シングルス

日本人出場選手[編集]

日本人選手がいつごろから参加したのかは不明[30]。1920年には清水善造が日本人初のウィンブルドン出場選手としてオールカマー制度の決勝(現準決勝)に進出、翌1921年にはオールカマー制度準決勝進出、世界4位になる[31]。1931年に全仏選手権でベスト4に進出した佐藤次郎がウィンブルドンでベスト8に進出し、翌1932年にはベスト4進出、1933年にはシングルでベスト4、布井良助と組んだダブルスでは決勝進出して世界3位になる[31]。1934年には三木龍喜が混合でイギリス人のドロシー・ラウンドと組んで優勝、4大大会日本人初のタイトルとなる[31]

戦後は、1954年に加茂幸子が日本女子選手として初出場し、シングルス3回戦まで進出した[30]。1969年に沢松和子が全仏選手権とともにジュニアで優勝、1975年には日系米国人のアン・キヨムラと組んでダブルスで優勝[31]。1995年に松岡修造が日本男子62年ぶりのベスト8進出、翌1996年に伊達公子が日本女子初のベスト4進出[31]。2000年には全米選手権で優勝した杉山愛とフランス人のジュリー・アラール・デキュジスペアが準優勝[31]。杉山は2002年にベルギーのキム・クライシュテルスと組んで準優勝、同ペアは翌2003年に全仏、ウィンブルドンともに優勝した[31]。2004年に杉山はシングルで日本女子史上2人目のベスト8進出[31]。近年では錦織圭が2008年に初出場、2018年、2019年にベスト8となった[31]

テレビ放送[編集]

BBC1937年からウィンブルドン選手権の放送を担当しており[32]2005年の実績では全チャンネルで約900時間を放送した。また、決勝戦は必ず試合終了まで生中継しなければならない[要出典]

2018年現在、日本ではWOWOWが衛星放送権を、NHKが地上波放送権を持つ[要出典]

過去の放送権については、日本ではシングルスはテレビ朝日(~1986年。当時の放送時間は準決勝までは深夜枠にて、女子のシングルス決勝は土曜日のニュース最終版終了後の深夜枠にて衛星中継、男子シングルス決勝は「日曜洋画劇場」を休止して衛星生中継で放送していた。途中ニュース最終版などの挿入による中断あり)→NHK(1987年以降~)、ダブルスはGAORAで長年放送されていた。シングルスはNHKデジタル衛星ハイビジョンで全日程生中継され2003年まではNHK衛星第1テレビ(年によっては衛星第2テレビ)でも大半の試合を生中継していたが、年々NHKがウィンブルドン放送を担当する時間は大幅に減少していき2008年からはNHKに替わってWOWOWがウインブルドンの衛星放送権を獲得している[要出典]

NHKは地上波総合テレビのみでの放送となり、毎日24時台~4時15分の日付起点時間までの終夜体制で録画中継を行う。生中継は一旦廃止されたものの2012年から男子シングルス決勝と女子シングルス決勝の生中継が復活した。また大会終了から1週間後に衛星第1でシングルスの決勝戦を2時間程度にまとめた録画版を放送している(2009年の男子は試合が長引いたので3時間程度のものになった)。2010年は他のスポーツ中継参議院議員通常選挙の時期[注 6]と重なり、教育テレビ(現Eテレ)で放送を行った。また2014年もFIFAワールドカップの試合時間がウィンブルドン選手権と重複するため、一部開催日でEテレに振り替えて放送する。2015年は通常の中継の他、インターネットでも配信を行った[33]

トロフィー[編集]

ウィンブルドントロフィー

男子シングルスの優勝トロフィースターリングシルバー製の高さ18.5インチ(約47cm)、直径7.5インチ(約19cm)のカップが1887年以来授与されている。実物はオールイングランドクラブの所有物でありオールイングランドクラブの博物館に保管されているため、優勝者に授与されるのは実物の3/4の大きさ(高さ13.5インチ)の、過去の全ての優勝者の名前を刻印したカップである[34]

女子シングルスの優勝トロフィーは1886年以来スターリングシルバー製の直径約18.75インチ(約48cm)大皿「ヴィーナス・ローズウォーター・ディッシュ」(en)(略称:ローズウォーター・ディッシュ)である。男子シングルの優勝カップ同様に現物はオールイングランドクラブの所有物でありオールイングランドクラブの博物館に保管されているため、優勝者に授与されるのは過去の全ての優勝者の名前が刻印されたミニチュアのレプリカである。 レプリカの直径は1949年から2006年までは8インチで、2007年以降は実物の3/4の大きさの13.5インチである[34]

男子ダブルス、レディースダブルス、ミックスダブルスの優勝者はシルバーカップを受け取る。ダブルスの優勝デュオ1組に対し一つのトロフィーが与えられる他の世界四大大会とは違い、優勝デュオの各個人に一つずつトロフィーが授与される。男子ダブルスの優勝カップは元々はオックスフォード大学のローンテニスクラブの物で1884年にオールイングランドクラブに寄付された。女子ダブルスの優勝カップは1949年に当時のケント公爵夫人からオールイングランドクラブに下賜されたため「ケント公爵夫人のカップ」と呼ばれている。ミックスダブルスの優勝カップはシドニー・スミスの家族によってオールイングランドクラブに贈呈された[34][35]。これらの優勝トロフィーは数か月間オールイングランドクラブの博物館に展示される。

各部門の準優勝者には銀製の銘板が贈られる。各トロフィーは通常はオールイングランドクラブの長であるケント公によって授与される。

優勝賞金(男女シングルス)[編集]

金額
男子 女子
1989年 19万0000ポンド 17万1000ポンド
1990年 23万0000ポンド 20万7000ポンド
1991年 24万0000ポンド 21万6000ポンド
1992年 26万5000ポンド 24万0000ポンド
1993年 30万5000ポンド 27万5000ポンド
1994年 34万5000ポンド 31万0000ポンド
1995年 36万5000ポンド 32万8000ポンド
1996年 39万2500ポンド 35万3000ポンド
1997年 41万5000ポンド 37万3500ポンド
1998年 43万5000ポンド 39万1500ポンド
1999年 45万5000ポンド 40万9500ポンド
2000年 47万7500ポンド 43万0000ポンド
2001年 50万0000ポンド 46万2500ポンド
2002年 52万5000ポンド 48万6000ポンド
2003年 57万5000ポンド 53万5000ポンド
2004年 60万2500ポンド 56万0500ポンド
2005年 63万0000ポンド 60万0000ポンド
2006年 65万5000ポンド 62万5000ポンド
2007年 70万0000ポンド
2008年 75万0000ポンド
2009年 85万0000ポンド
2010年 100万0000ポンド
2011年 110万0000ポンド
2012年 115万0000ポンド
2013年 160万0000ポンド
2014年 176万0000ポンド
2015年 188万0000ポンド
2016年 200万0000ポンド
2017年 220万0000ポンド
2018年 225万0000ポンド
2019年 235万0000ポンド
2020年 開催なし
2021年 170万0000ポンド

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年は7月第1週の月曜日から大会が開始されている。
  2. ^ 但し、同じ会場で2012年に行われたロンドンオリンピックの期間だけは特殊例として、各国のナショナルチーム、あるいは国旗の色のテニスウェアの着用、並びにスタンド最前列のフェンスのカラー化(通常は緑色だが、この大会期間中は大会シンボルカラーの紫色桃色をあしらった横断幕を使用)が認められた[4]
  3. ^ オープン化以降初の中止[13]。また、戦争以外の理由で中止となるのは1877年の第1回大会以来初めて[14]
  4. ^ a b 1968年にオープン化制度が創設されてプロ選手の出場が解禁されたため、多くの記録はこの年の前後で分けられる。
  5. ^ レンショーの時代にはディフェンディング・チャンピオンは予選に参加せず、決勝戦のみ出場した。この規定は、1922年に廃止された。
  6. ^ 政見放送の開催などによる。

出典[編集]

  1. ^ Championships 2021 Prize Money (PDF)”. wimbledon.com. 2021年6月16日閲覧。
  2. ^ Barry Lorge「At its roots, Wimbledon is about the grass」『ESPN TENNIS』 ESPN Internet Ventures、2011年11月11日閲覧。
  3. ^ Anne White With an unintentional fashion statement, she left her mark on tennis SI Vault July 31, 2000【Internet Archives】
  4. ^ “ウィンブルドンとオリンピック 10の違い◇ロンドンオリンピック”. Tennis 365. Fubic Corporation. (2012年7月26日). http://t52.tennis365.net/news/today/201207/93058.html 2017年7月3日閲覧。 
  5. ^ “ウィンブルドン、22年から伝統の休養日廃止へ”. AFPBB News. AFP. (2021年4月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3344317 2021年6月27日閲覧。 
  6. ^ 休養日の伝統に幕 「ミドルサンデー」今年限り―ウィンブルドンテニス 2021年07月05日16時45分(時事通信)
  7. ^ a b 1877 Wimbledon tournament begins” (英語). HISTORY. A&E Television Networks (2009年11月24日). 2017年7月3日閲覧。
  8. ^ LONG TERM PLAN” (英語). Wimbledon.com. AELTC. 2012年1月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月11日閲覧。
  9. ^ “サフィナが8強入り 開閉式屋根は初稼動、ウィンブルドン選手権”. AFPBB News. AFP. (2009年6月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/2616489 2022年5月29日閲覧。 
  10. ^ Alix Ramsay. “THE ROOF IS CLOSED” (英語). Wimbledon.com. AELTC. 2011年11月11日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ Cancellation of The Championships 2020” (英語). Wimbledon.com. AELTC (2020年4月1日). 2020年8月9日閲覧。
  12. ^ “Wimbledon cancelled due to coronavirus - where does that leave tennis in 2020?” (英語). BBC Sport. (2020年4月1日). https://www.bbc.com/sport/tennis/52104196 
  13. ^ “全米オープン会場が「臨時病院」に テニス界も前途多難”. 朝日新聞デジタル. (2020年4月3日). https://www.asahi.com/articles/ASN433J8NN42UTQP01D.html 2020年4月3日閲覧。 
  14. ^ “ウィンブルドン、75年ぶり中止 戦争以外で初―テニス”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年4月2日). オリジナルの2020年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200403232837/https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040200019&g=spo 2020年8月9日閲覧。 
  15. ^ AELTC Announces Prize Money in Lieu of Championships 2020 and Initial Decisions for 2021” (英語). Wimbledon.com. AELTC (2020年7月10日). 2020年8月9日閲覧。
  16. ^ “中止のウィンブルドン、選手に「賞金」 保険で資金捻出”. 日本経済新聞 電子版. 共同通信社. (2020年7月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK51359_Q0A710C2000000/ 2020年8月9日閲覧。 
  17. ^ “ロシアとベラルーシの選手除外 ウィンブルドンテニス”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年4月21日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022042001133 2022年5月29日閲覧。 
  18. ^ “ウインブルドン主催者がロシア選手の除外を正式発表「露政権の利益、受け入れられない」”. デイリースポーツ online. (2022年4月20日). https://www.daily.co.jp/general/2022/04/20/0015236623.shtml 2022年5月29日閲覧。 
  19. ^ a b c “テニスのウィンブルドン、ロシアとベラルーシ選手の出場を禁止”. BBCニュース. (2022年4月21日). https://www.bbc.com/japanese/61173239 2022年4月22日閲覧。 
  20. ^ “ロシアなど除外は「不公平」 ATPとWTAがウィンブルドンに反発”. AFPBB News. AFP. (2022年4月21日). https://www.afpbb.com/articles/-/3401302 2022年4月22日閲覧。 
  21. ^ 露選手らへ「差別はしない」”. tennis365.net (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  22. ^ 元女王「追放は支持できない」”. tennis365.net (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  23. ^ 「沈黙が裏切りとなる時が来た」ロシア選手のウィンブルドン出場拒否めぐり、ウクライナ選手が訴えたこと”. ハフポスト (2022年4月23日). 2022年5月21日閲覧。
  24. ^ 「完全な差別だ!」ロシアのルブレフが、ウィンブルドンのエントリー拒否を批判”. テニスクラシック・ウェブ (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  25. ^ 「大会よりも人命のほうが断然大事」ウインブルドンから排除されたロシアのカサキナ”. テニスマガジンONLINE (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  26. ^ “ウィンブルドンに世界ランキングポイント付与せず テニス協会”. NHKニュース. (2022年5月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220521/k10013636421000.html 2022年5月21日閲覧。 
  27. ^ a b “ウィンブルドンはポイント付与せず ロシアなど除外「公平性に反す」”. 朝日新聞デジタル. (2022年5月21日). https://www.asahi.com/articles/ASQ5P36CZQ5PUTQP001.html 2022年5月21日閲覧。 
  28. ^ ウィンブルドン・センターコート100年の歴史を振り返る”. WOWOWテニスワールド. 2022年7月16日閲覧。
  29. ^ 【ウィンブルドン問題】最古の歴史と伝統を誇る前代未聞の非公式戦、1カ月半で態度が豹変/上”. nikkansports.com. 2022年7月18日閲覧。
  30. ^ a b グランドスラムへの挑戦-1ウィンブルドン 最古で最高のグランドスラム大会
  31. ^ a b c d e f g h i 日本テニスの年表日本テニス協会
  32. ^ Wimbledon first televised - History of the BBC”. bbc.com. 2020年4月1日閲覧。
  33. ^ 錦織のウィンブルドン、全生中継検討 デイリースポーツ 2015年6月17日
  34. ^ a b c Trophies”. www.wimbledon.com. オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ. 2017年7月15日閲覧。
  35. ^ Wimbledon – Behind the Scenes – Trophies”. オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ. 2017年7月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]