ESPN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ESPN
ESPN wordmark.svg
現在のESPNロゴ(1985年 - )
開局日1979年9月7日
所有者ESPN Inc.(ウォルト・ディズニー・カンパニー(80%)
ハースト コミュニケーションズ(20%))
映像方式2160p (4K UHD)
480i (SDTV/16:9 レターボックス)
スローガンThe worldwide leader in sports
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
本社ブリストル (コネチカット州)
旧称Entertainment and Sports Programming Network (never used on air)
関連チャンネルESPN2
ESPN3
ESPNフィルムズ
ESPNews
ESPNU
ESPNブラジル
ESPNクラシック
ESPN Deportes
ESPN+
ESPN on ABC
ロングホーン・ネットワーク
SECネットワーク
ウェブサイトESPN.com
視聴可能
衛星放送
ディレクTV206 (SD/HD)
210 Alternate feed
ディッシュ・ネットワーク140 (SD/HD)
145 147 148 Alternate feeds
DSTVChannel 230
ケーブルテレビ
Available on
most cable systems
Check local listings for channels
Verizon Fios70 (SD)
570 (HD)
IP放送
AT&T U-Verse602 (SD)
1602 (HD)
ストリーミング
ESPN3ESPN.com

ESPN(イーエスピーエヌ)は、アメリカスポーツ専門チャンネル。衛星およびケーブルテレビでチャンネルを提供している。ウォルト・ディズニー・カンパニーハースト コミュニケーションズが出資する。「ESPN」とは旧社名の「Entertainment and Sports Programming Network」の頭文字を取ったもの。

歴史[編集]

1979年9月7日に開局し、当時から続いているスポーツニュース番組「SportsCenter」は放送30000回を突破している。

1984年ABCが80%の株式を取得し、翌1985年に社名を「ESPN Inc.」に変更した。1996年、ディズニーのABC買収により、ESPNもディズニー傘下に入った。なお、残りの20%はハースト・コーポレーションが保有している。

2006年9月、ABCのスポーツ部門であるABCスポーツと統合、ESPN on ABCとしてABCネットワークでも放送されている。1970年から36年間ABCで放送されてきたマンデーナイトフットボール(MNF)が、2006年シーズンからESPNに引き継がれた。

主なスポーツ中継番組[編集]

アメリカンフットボール

野球

サッカー

バスケットボール

モータースポーツ

その他
早食いなどの新ジャンルやマインドスポーツの中継も行っている。

日本[編集]

日本では1980年代にケーブルテレビ向けに番組を配給するための準備会社を設立したが、日本ではケーブルテレビの市場が当時は小さかったこともあり事業は一向に立ち上げられなかったと言う[1]。当時、ESPN国際担当副社長であったアンディ・ブリリアントから相談を受けた諸橋健一は「日本では地上波が主流。公共放送のNHKが一番の大手であり、衛星放送も始めようとしている。日本でビジネスをするならHNKに番組を配給を試みなければならない」と助言し、新会社設立を持ち掛けられる[1]

諸橋の提案により、ESPN、ムービーテレビジョン三菱商事の3社合併事業として新会社の設立する方向で話がまとまるが、セゾングループからも参加の打診が入ったことにより4社合併事業としてESPNジャパン(後にESPNとセゾンが離れスポーツテレビジョンとなる)が設立され、地上波向けの番組配給を開始[1]

スポーツ・アイ ESPN2006年には「J sports ESPN」に改編)を運営していたスポーツ・アイ ネットワークに出資・提携していた。2005年J SPORTSを運営するジェイ・スポーツ・ブロードキャスティングと合併したことから、ESPN制作のプログラムはJ SPORTSで放送されることが多い。ただし、日米では放映権が異なることからJ SPORTS以外の放送局でもESPN制作のプログラムが放送されている。

なお、J sports ESPNの名称はJ SPORTSのBSデジタル放送開始に伴う再編で2011年9月30日付けで使用終了(以後「J SPORTS 3」)となり、「ニュース スポーツセンターUSA」の放送も終了するが、提携は継続する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 西正「ESPNへの出資」 『コンテンツホルダー優位の時代―ムービーテレビジョンの挑戦』中央経済社、2002年、64 - 70頁。ISBN 978-4502581007 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]