2002年ウィンブルドン選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2002年ウィンブルドン選手権
開催期間:   6月24日 - 7月7日
通算:   116回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   イギリス, ロンドン
優勝者
男子シングルス
オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット
女子シングルス
アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
男子ダブルス
スウェーデンの旗 ヨナス・ビョークマン
オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ
女子ダブルス
アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ
混合ダブルス
ロシアの旗 エレーナ・リホフツェワ
インドの旗 マヘシュ・ブパシ
ウィンブルドン選手権
 < 2001 2003 > 

2002年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 2002)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、2002年6月24日から7月7日にかけて開催された。

シニア[編集]

男子シングルス[編集]

オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット def. アルゼンチンの旗 ダビド・ナルバンディアン, 6–1, 6–3, 6–2

女子シングルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ def. アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ, 7–6(4), 6–3

  • セリーナは初優勝である。

男子ダブルス[編集]

スウェーデンの旗 ヨナス・ビョークマン / オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ def. カナダの旗 ダニエル・ネスター / バハマの旗 マーク・ノールズ, 6–1, 6–2, 6–7(6), 7–5

女子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ / アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ def. スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル / アルゼンチンの旗 パオラ・スアレス, 6–2, 7–5

混合ダブルス[編集]

ロシアの旗 エレーナ・リホフツェワ / インドの旗 マヘシュ・ブパシ def. スロバキアの旗 ダニエラ・ハンチュコバ / ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット, 6–2, 1–6, 6–1

ジュニア[編集]

男子シングルス[編集]

オーストラリアの旗 トッド・リード def. アルジェリアの旗 Lamine Ouahab, 7–6(5), 6–4

女子シングルス[編集]

ロシアの旗 ベラ・ドゥシェビナ def. ロシアの旗 マリア・シャラポワ, 4–6, 6–1, 6–2

男子ダブルス[編集]

ルーマニアの旗 フロリン・メルゲア / ルーマニアの旗 ホリア・テカウ def. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ベイカー / アメリカ合衆国の旗 ラジーブ・ラム, 6–4, 4–6, 6–4

女子ダブルス[編集]

ベルギーの旗 エルケ・クライシュテルス / チェコの旗 バルボラ・ストリコバ def. アメリカ合衆国の旗 Ally Baker / ドイツの旗 アンナ=レナ・グローネフェルド, 6–4, 5–7, 8–6

外部リンク[編集]

先代:
2002年全仏オープン
テニス4大大会
2002年
次代:
2002年全米オープン
先代:
2001年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
2002年
次代:
2003年ウィンブルドン選手権