ダニエル・ネスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・ネスター
Daniel Nestor
Tennis pictogram.svg
Nestor WM17 (6) (36143091586).jpg
ダニエル・ネスター
基本情報
フルネーム Daniel Mark Nestor
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 ユーゴスラビア・ベオグラード
居住地 バハマ
生年月日 (1972-09-04) 1972年9月4日(45歳)
身長 190cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
ツアー通算 91勝
シングルス 0勝
ダブルス 91勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1998・99・2001)
全仏 1回戦(1997-99)
全英 4回戦(1999)
全米 2回戦(1995・2000)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2002)
全仏 優勝(2007・10・11・12)
全英 優勝(2008・09)
全米 優勝(2004)
優勝回数 8(豪1・仏4・英2・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(2007・11・14)
全仏 準優勝(2006・13)
全英 優勝(2013)
全米 準優勝(2003)
優勝回数 4(豪3・英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 58位(1999年8月23日)
ダブルス 1位(2002年8月19日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2000 シドニー ダブルス
2017年7月31日現在

ダニエル・マーク・ネスターDaniel Mark Nestor, 1972年9月4日 - )は、カナダの男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス58位、ダブルス1位。身長190cm、体重86kg、左利きの選手。これまでにATPツアーでダブルス91勝を挙げる。

ダブルスで史上初のグランドスラムATPワールドツアー・ファイナルオリンピックマスターズ1000すべての大会を制覇した選手。

経歴[編集]

ネスターはユーゴスラビアベオグラードに生まれ、1976年に4歳でカナダへ移住した。1991年にプロ入り。1992年から男子テニス国別対抗戦デビスカップカナダ代表選手となり、カナダ代表の歴史を通じて最多記録の15年連続出場を果たしている。1995年全豪オープン男子ダブルスで、マーク・ノールズと組んで初めての決勝進出を果たすが、ジャレッド・パーマー/リッチー・レネバーグ組に敗れて準優勝になる。1996年アトランタ五輪で、ネスターはオリンピックのカナダ代表選手として初出場を果たす。男子ダブルスではグラント・コネルとペアを組み、2回戦でイギリスティム・ヘンマン/ニール・ブロード組に敗れた。1998年はノールズとのペアで全仏オープン全米オープンの男子ダブルス決勝に進出するも、決勝で敗れ、なかなか4大大会のタイトルに手が届かなかった。

2000年シドニー五輪男子ダブルスで、ネスターはセバスチャン・ラルーとペアを組み、決勝でウッディーズを5-7, 6-3, 6-4, 7-6で破って金メダルを獲得した。

2002年全豪オープン男子ダブルスで、ネスターは長年の親友マーク・ノールズと組み、決勝でミカエル・ロドラ/ファブリス・サントロ組を7-6, 6-3で破って宿願の4大大会ダブルス初優勝を達成した。この年は全仏オープンウィンブルドン選手権でもノールズとの組で決勝に進んだが、全仏ではエフゲニー・カフェルニコフ/ポール・ハーフース組に、ウィンブルドンではヨナス・ビョルクマン/トッド・ウッドブリッジ組に敗れて準優勝に終わっている。2003年全豪オープン男子ダブルス決勝戦は、2年連続でネスター/ノールズ組とロドラ/サントロ組の対決になったが、ネスター/ノールズ組は4-6, 6-3, 3-6の逆転で敗れ、大会2連覇を逃した。2004年全米オープンで4大大会2勝目を挙げた時もノールズと組んでいる。

2007年全仏オープン男子ダブルスで、ネスターとノールズは5年ぶり3度目の決勝戦に進み、ルーカス・ドロウヒー/パベル・ビズネル組に2-6, 6-3, 6-4の逆転勝利を収めた。これで2人の4大大会ダブルス優勝は3勝となった。2人は2007年の男子テニス年間最終戦テニス・マスターズ・カップダブルス部門の優勝を最後に、10年以上に及んだペアの解消を発表した。

2007年シーズンの終盤から、ネスターはネナド・ジモニッチと組んで大半のトーナメントに出場するようになった。2008年ウィンブルドン選手権において、ネスターとジモニッチのコンビは、決勝でヨナス・ビョルクマン/ケビン・ウリエット組を7-6, 6-7, 6-3, 6-3で破り、ウィンブルドン初優勝を決めた。これにより、ネスターは4大大会男子ダブルスですべてのタイトルを獲得するキャリア・グランドスラムを達成した。ネスターとジモニッチは、2009年ウィンブルドン選手権2連覇を達成した。

ネスターとジモニッチは2010年も全仏オープンなど7勝を挙げたが、ペアの解消を発表した。2011年からはネスターはマックス・ミルヌイと組むことになる。

混合ダブルスでのネスターは、2007年全豪オープンエレーナ・リホフツェワとペアを組み、マックス・ミルヌイ/ビクトリア・アザレンカ組を6-4, 6-4で破って初優勝を果たした。それまでのネスターは、混合ダブルスでは3度の準優勝で止まっていた。2003年全米オープンではリナ・クラスノルツカヤと組み、ボブ・ブライアン/カタリナ・スレボトニク組と第3セットのタイブレークまで戦ったが、結局7-5, 5-7, 6-7で敗れて準優勝になっている。2006年全豪オープン全仏オープンともリホフツェワとのペアで2大会連続の準優勝に終わったが、ついに2007年全豪オープンでリホフツェワと組んで初優勝を決めた。

4大大会シングルスでのネスターは、1999年ウィンブルドン選手権ピート・サンプラスとの4回戦に進出したことがある。彼は2006年カナダ・マスターズ1回戦敗退を最後にシングルスから撤退し、現在はダブルスのみに活動を絞っている。

4大大会ダブルス優勝[編集]

4大大会ダブルス成績[編集]

大会 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 SR 通算 Win %
全豪 A A A A QF F QF QF 1R 2R A QF W F QF 1R 1R SF QF 2R F SF SF 3R SF 2R F 2R 1 / 23 66–22 75%
全仏 A A A A A A 2R 2R F 2R QF 3R F 3R QF SF 2R W F SF W W W 2R QF 3R 3R 1R 4 / 22 69–18 79%
ウィ A A Q3 Q2 1R SF 3R 3R 3R SF QF 2R F QF SF A SF QF W W 2R 2R 2R QF QF 3R 2R 2R 2 / 23 61–21 74%
全米 A A A A 2R QF 1R 3R F 1R QF 3R QF SF W 1R 3R QF 3R QF 3R 2R 1R 3R 3R 3R 1R 1 / 22 47–22 68%

外部リンク[編集]