フレッド・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレッド・ペリー Tennis pictogram.svg
Fred perry statue wimbledon.jpg
ウィンブルドン選手権会場にあるフレッド・ペリー像
基本情報
フルネーム Frederick John Perry
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 1909年5月18日
没年月日 1995年2月2日(満85歳没)
利き手
バックハンド 片手
ツアー経歴
デビュー年 1936
引退年 1956
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝 (1934)
全仏 優勝 (1935)
全英 優勝 (1934-1936)
全米 優勝 (1933, 1934, 1936)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝 (1934)
全仏 優勝 (1933)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝 (1932)
全英 優勝 (1935-1936)
全米 優勝 (1932)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1934)
2015年4月30日現在


フレッド・ペリーFred Perry, 1909年5月18日 - 1995年2月2日[1])は、イングランドストックポート出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。“イギリスのテニスの神様”として祭り上げられ、今なお尊敬を集め続けている名選手である。4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。

彼以降永らくイギリス人男子が優勝出来なかったためウィンブルドン現象とまで言われるようになっていた。2013年、アンディ・マレーがウィンブルドンでイギリス人男子として実に77年ぶりの優勝となった。

キャリア[編集]

ペリーは最初は卓球選手として名声があり(1929年、第3回世界卓球選手権ブダペスト大会男子シングルス優勝)、20歳の時にテニスに転向した。ペリーが手本にした選手は、フランスアンリ・コシェ1901年 - 1987年)だったという。やがてペリーはイギリスのテニス界の第一人者となり、1931年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップイギリス代表となる。1933年、ペリーはイギリスの「デイリー・テレグラフ」紙の評論家の選考による世界ランキングで2位に入った。この年の全仏選手権準々決勝で、ペリーは日本佐藤次郎(同ランキング3位)に敗れたことがある。

1933年全米選手権4大大会に初優勝を果たした時から、ペリーの最盛期が始まる。1934年には全豪選手権ウィンブルドン選手権全米選手権の年間3冠を獲得し、この年からイギリス人選手としてウィンブルドン3連覇の偉業を樹立する。初優勝の時は、前年度の世界ランキング1位だったジャック・クロフォードオーストラリア1908年 - 1991年)を 6-3, 6-0, 7-5 で破り、1935年1936年は2年連続でゴットフリート・フォン・クラムドイツ1909年 - 1976年)を圧倒した。

1935年全仏選手権で初優勝を飾ったペリーは、男子テニス選手として初めて4大大会のシングルス・タイトルをすべて獲得した選手になった。これは男子テニス史上初の「キャリア・グランドスラム」達成を意味する。正真正銘の「年間グランドスラム」は、3年後の1938年ドン・バッジアメリカ1915年 - 2000年)によって実現された。

1936年全米選手権優勝。グランドスラム優勝8回はリチャード・シアーズウィリアム・レンショーウィリアム・ラーンドを抜いてビル・チルデンに次ぐ歴代2位記録となった(当時)。

その後ペリーはプロテニス選手に転向する[1]1938年にペリーはイギリスを離れ、アメリカ市民権を取得した。第2次世界大戦の期間中はアメリカ空軍に勤務し、終戦後は実業家として生計を立てた。 ペリーは長年にわたってウィンブルドン選手権のラジオ放送解説を担当し、1975年国際テニス殿堂入りを果たす。ウィンブルドン選手権の会場内にあるペリーの銅像は、1984年に建立された。晩年はオーストラリアに定住し、1995年2月2日にオーストラリアのメルボルンの病院で逝去、85歳[1]。1月末、同市内のホテルに滞在中にろっ骨を折り入院していた[1]

ファッションブランド[編集]

1952年、ペリーはロンドンで「フレッド・ペリー・スポーツウェア社」を設立した。このブランドは月桂樹のロゴで広く知られ、テニスウェアとしてだけではなく、1960年代にはモッズと呼ばれた若者にも好んで着られており、現在でも服飾ブランドとしての地位を固めている。

記録[編集]

グランドスラム大会を1セットも落とさず「3連覇」
1934年から1936年のウィンブルドンで達成。
グランドスラムで連続セット獲得「62連続」
全米オープンで55セット連続勝利
1933年から1935年
グランドスラム大会で29連勝
1969–1970。歴代2位記録。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪選手権 男子シングルス・男子ダブルス:1勝(1934年)
  • 全仏選手権 男子シングルス:1勝(1935年)/男子ダブルス:1勝(1933年)/混合ダブルス:1勝(1932年)
  • ウィンブルドン選手権 男子シングルス:3勝(1934年-1936年)/混合ダブルス:2勝(1935年・1936年) [大会3連覇。現時点でイギリス人男子選手最後の優勝]
  • 全米選手権 男子シングルス:3勝(1933年・1934年・1936年)/混合ダブルス:1勝(1932年)
大会 対戦相手 試合結果
1933年 全米選手権 オーストラリアの旗 ジャック・クロフォード 6-3, 11-13, 4-6, 6-0, 6-1
1934年 全豪選手権 オーストラリアの旗 ジャック・クロフォード 6-3, 7-5, 6-1
1934年 ウィンブルドン選手権 オーストラリアの旗 ジャック・クロフォード 6-3, 6-0, 7-5
1934年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ウィルマー・アリソン 6-4, 6-3, 1-6, 8-6
1935年 全仏選手権 ドイツの旗 ゴットフリート・フォン・クラム 6-3, 3-6, 6-1, 6-3
1935年 ウィンブルドン選手権 ドイツの旗 ゴットフリート・フォン・クラム 6-2, 6-4, 6-4
1936年 ウィンブルドン選手権 ドイツの旗 ゴットフリート・フォン・クラム 6-1, 6-1, 6-0
1936年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ドン・バッジ 2-6, 6-2, 8-6, 1-6, 10-8

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 '29 '30 '31 '32 '33 '34 '35 '36 W-L 勝率
グランドスラム 101–15 87.07
全豪 A A A A A W F A 9–1 90
全仏 A A 4R QF QF QF W F 22–5 81.48
ウィンブルドン 3R 4R SF QF 2R W W W 36–5 87.8
全米 A 4R SF 4R W W SF W 34–4 89.47
テニス4大大会男子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 17勝 *スイスの旗 ロジャー・フェデラー
2位タイ 14勝 アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス | *スペインの旗 ラファエル・ナダル
4位 12勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン
5位タイ 11勝 オーストラリアの旗 ロッド・レーバー | スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ
7位 10勝 アメリカ合衆国の旗 ビル・チルデン
8位 9勝 *セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
9位タイ 8勝 イギリスの旗 フレッド・ペリー | オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール | アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ | チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル | アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ
*は現役選手

出典[編集]

  1. ^ a b c d 朝日新聞大阪版夕刊 1995年2月3日 13面。

外部リンク[編集]