チャック・マッキンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャック・マッキンリー
Chuck McKinley
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Charles Robert McKinley Jr.
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ミズーリ州セントルイス
生年月日 (1941-01-05) 1941年1月5日
没年月日 (1986-08-10) 1986年8月10日(45歳没)
死没地 同・テキサス州ダラス
身長 175cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 1986年
4大大会最高成績・シングルス
全英 優勝(1963)
全米 ベスト4(1962-64)
優勝回数 1(英1)
4大大会最高成績・ダブルス
全英 ベスト8(1961・62・64)
全米 優勝(1961・63・64)
優勝回数 3(米3)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1963)

チャック・マッキンリー(Chuck McKinley, 1941年1月5日 - 1986年8月10日)は、アメリカミズーリ州セントルイス出身の男子テニス選手。1963年ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者で、全米選手権の男子ダブルスでも3勝を挙げた。フルネームは Charles Robert McKinley Jr. (チャールズ・ロバート・マッキンリー・ジュニア)というが、愛称の「チャック・マッキンリー」で最もよく知られている。マッキンリーは身長175cm、体重70kgほどの体格であったが、ずんぐりとした大きな胸元の体つきだったという。彼の全盛期は、ちょうどオーストラリア・テニス界の絶頂期と重なり、マッキンリーはその中でアメリカを代表する存在だった。

来歴[編集]

マッキンリーはセントルイスYMCAテニスを学び、1957年から全米選手権に出場し始めた。1960年全米選手権で、マッキンリーはニール・フレーザーとの準々決勝に進出する。1961年から1963年までが、彼のテニス経歴の最盛期であった。この年のウィンブルドン選手権で、マッキンリーは第8シードから初めての決勝に進み、第2シードのロッド・レーバーに 3-6, 1-6, 4-6 で敗れて準優勝になる。1961年から1964年まで、マッキンリーはデニス・ラルストンとペアを組み、4年連続で全米選手権の男子ダブルス決勝に進出したが、1963年まで3年連続でメキシコペアのラファエル・オスナアントニオ・パラフォックス組と決勝対決をした。マッキンリー&ラルストン組とオスナ&パラフォックス組の全米男子ダブルス決勝対決は、マッキンリー&ラルストン組が1961年1963年に2勝したが、いずれも長丁場の激戦になっている。(全米オープン男子ダブルス優勝者一覧を参照)。

1963年、チャック・マッキンリーはウィンブルドン選手権で2年ぶり2度目の男子シングルス決勝に進出し、オーストラリアフレッド・ストールを 9-7, 6-1, 6-4 で破り、初優勝を達成した。この年は男子テニス国別対抗戦・デビスカップでも、アメリカ・チームの優勝に貢献する。全米選手権の男子シングルスでは、1962年から1964年まで3年連続のベスト4に止まり、ここでは決勝に進出できなかった。1964年ウィンブルドン選手権準決勝で、マッキンリーは前年度の決勝で破ったストールに 6-4, 8-10, 7-9, 4-6 で敗れ、大会連覇を逃した。1964年全米選手権の男子ダブルス優勝が、彼の最後のグランドスラム・タイトルになる。マッキンリーの全盛期には、ロッド・レーバーロイ・エマーソンをはじめとするオーストラリアのビッグネームたちに加えて、ラファエル・オスナとの対戦機会も多かった。

当時のテニス選手たちは、大半が頂点を極めた時点で「プロ選手」に転向する道を選んでいたが、マッキンリーはプロテニス選手への転向を断った。彼の最盛期は比較的早く過ぎ去り、1965年から1969年までは全米選手権のみに出場したが、最後の全米出場となった1969年は1回戦敗退に終わる。マッキンリーは脳腫瘍を患い、1986年8月10日テキサス州ダラスで死去した。1986年度にジョン・ニューカムトニー・ローチらと一緒に国際テニス殿堂入りを果たした直後の死であった。

4大大会優勝[編集]

外部リンク[編集]