第41回世界卓球選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

第41回世界卓球選手権千葉市の日本コンベンションセンター(現幕張メッセ)イベントホールで1991年4月24日から5月6日まで開催された。韓国と北朝鮮は統一チームコリアで出場[1]、女子団体で優勝した。

ピンポン外交[編集]

ソビエト連邦からの独立運動と並行して、バルト三国の卓球協会は、1989年より国際卓球連盟に加盟申請を提出、同様の申請はIOC世界水泳連盟では却下されたが、特にラトビアリトアニアはソ連への併合前、世界卓球選手権大会出場していたこともあり、他の競技に先駆けて加盟を承認する動きもあったが、ソ連の強い反対により、総会での決議は断念、検討事項とされた[2]

30回以上朝鮮半島を訪れた国際卓球連盟会長(当時)・荻村伊智朗の尽力により、1991年の世界選手権では、南北朝鮮が分断後初めて統一チームを結成して出場することが[3]、同年2月の南北スポーツ会談で合意された。統一コリアチーム(白地に空色で朝鮮半島をあしらった旗で出場)として出場[4]、女子団体では9連覇を狙った中国女子を破り優勝を果たした[5][6][7][8]。表彰式では国歌の代わりにアリランが演奏された[9]

競技結果[編集]

階級
男子シングル ヨルゲン・パーソン ヤン=オベ・ワルドナー 金擇洙
馬文革
男子ダブルス ピーター・カールソン
トーマス・フォン・シェーレ
王涛
呂林
ドミトリ・マズノフアンドレイ・マズノフ
ヨルゲン・パーソンエリック・リンド
女子シングルス 鄧亞萍 リ・ブンヒ 喬紅
チャン・タンルイ
女子ダブルス 陳子荷
高軍
鄧亞萍
喬紅
胡小新劉偉
李ジュン丁亜萍
混合ダブルス 王涛
劉偉
謝超杰
陳子荷
キム・ソンヒリ・ブンヒ
カリニコス・クレアンガオティリア・バデスク
男子団体  スウェーデン ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
女子団体 朝鮮の旗南北統一コリア 中華人民共和国の旗 中国 フランスの旗 フランス

その後[編集]

この大会の女子団体で優勝した、玄静和(ヒョン・ジョンファ)、リ・ブンヒら統一コリアチームの話を描いた映画、『コリア』(英題:As One、邦題:ハナ 〜奇跡の46日間〜[10])が製作され、ハ・ジウォンが玄静和[11]ペ・ドゥナがリ・ブンヒを演じた[12]。2012年韓国で公開[13]、日本でも2013年に公開された[14]

荻村の発案によりこの大会から採用された青い卓球台がその後の国際大会でも標準規格となっている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (愛 ピンポン大使:中)交流の歴史 高め合う選手・指導者 キーワード<ピンポン外交> 朝日新聞 2005年5月30日夕刊3ページ
  2. ^ ピンポン外交、ラリー続く 世界卓球選手権の舞台裏 時時刻刻 朝日新聞 1991年5月4日朝刊3ページ
  3. ^ 国際卓球連盟会長の荻村伊智朗氏逝く(天声人語) 朝日新聞 1994年12月6日 1ページ
  4. ^ 座談会 南北結んだ世界卓球選手権 「コリア」証明、統一の力 朝日新聞 1991年5月6日朝刊
  5. ^ 「ミスター卓球」遺族へ贈り物 朝日新聞 1997年9月5日夕刊8ページ
  6. ^ 第46回世界卓球選手権特集”. バタフライ (2001年). 2013年5月28日閲覧。
  7. ^ 「ピンポン外交」の立役者”. 読売新聞 (2012年6月14日). 2013年5月28日閲覧。
  8. ^ 卓球・荻村伊智朗”. 日本トップリーグ連携機構. 2013年5月28日閲覧。
  9. ^ 吹浦忠正(ユーラシア研究所理事長) (2012年4月17日). “韓国・北朝鮮合同チームの旗② – 南北統一旗と「ピンポン外交」”. 2013年5月28日閲覧。
  10. ^ 映画『ハナ〜奇跡の46日間』オフィシャルサイト”. 2013年4月19日閲覧。
  11. ^ ハ・ジウォン&ペ・ドゥナ主演「コリア」感動的な予告編を公開”. Kstyle (2012年3月26日). 2012年4月9日閲覧。
  12. ^ 「コリア」ペ・ドゥナ、憧れのヒョン・ジョンファを描いたシナリオに魅了”. Kstyle (2012年4月9日). 2012年4月9日閲覧。
  13. ^ 【韓流】ペ・ドゥナ“北のリ・ブンヒに魅了されて6年ぶり映画カムバック””. サーチナ (2012年4月7日). 2013年5月28日閲覧。
  14. ^ ハナ 奇跡の46日間”. シネマトゥデイ. 2013年5月28日閲覧。
  15. ^ 【アスリートを支える】青い卓球台 復興願って - 朝日新聞 2016年4月8日

関連項目[編集]