ヨルゲン・パーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨルゲン・パーソン Table tennis pictogram.svg
Jörgen Persson 2013.jpg
基本情報
生年月日 (1966-04-22) 1966年4月22日(51歳)
選手情報
最高世界ランク 1位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット パーソンパワーカーボン
フォア面ラバー アクーダS1
バック面ラバー アクーダS1
戦型 オールラウンド型
 
獲得メダル
 スウェーデン
卓球
世界卓球選手権
1987 ニューデリー 男子団体
1989 ドルトムント 男子シングルス
1989 ドルトムント 男子団体
1991 千葉 男子シングルス
1991 千葉 男子ダブルス
1991 千葉 男子団体
1993 イェーテボリ 男子団体
1995 天津 男子団体
1997 ニューデリー 男子ダブルス
2000 クアラルンプール 男子団体
2001 大阪 男子団体
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

ヨルゲン・パーソンJörgen Persson, 1966年4月22日 - )はスウェーデン卓球選手。元世界チャンピオン(1991年千葉大会)。ワルドナーらとともに80年代後半から90年代にかけてスウェーデン卓球の黄金時代を築いた。

略歴[編集]

スウェーデン・ハルムスタッド出身。ジュニア時代からワルドナーらとともにスウェーデン代表として活躍。広角に打ち分けるフォアハンド、「コブラバックハンド」と呼ばれた強烈なバックハンドを武器に、1986年のヨーロッパ選手権男子シングルス優勝し、世界のトップに躍り出た。1989年の世界選手権ドルトムント大会では、男子団体で全勝しチームの16年ぶりとなる優勝に大きく貢献、シングルスでは決勝でワルドナーに敗れるものの準優勝の成績を残す。1991年の世界選手権千葉大会では、団体戦の連覇に貢献すると共に、男子シングルスでも決勝でワルドナーを破り優勝した。1993年の世界選手権イェーテボリ大会においても男子団体で3連覇を果たすなど、スウェーデンの主軸として活躍する。

その後、交通事故による怪我などで一時不調に陥ったが次第に復調する。2000年の世界選手権クアラルンプール大会男子団体では決勝で2勝し、チームを7年ぶりの優勝に導いた。シドニーオリンピック男子シングルスでは3位決定戦で敗れメダルを逃す。ワルドナーとともに20年近く世界のトップで活躍を続けてきたが、2005年の世界選手権上海大会を最後に一旦国際大会の代表から引退した。その後もブンデスリーガでプレーするとともに、2007年には代表に復帰し、世界選手権ザグレブ大会に出場。北京オリンピックでは、42歳ながら大躍進し、男子シングルスで4位入賞を果たした。

プレースタイル[編集]

細身の体格からは想像もつかないような高い身体能力を誇り、コートを幅広く動き回り、上記のように広角に打ち分けるフォアハンド、その得点率の高さを猛毒による致死率になぞらえた「コブラ」の異名を持つ強烈なバックハンドを武器に戦う。また、彼のフィッシュは回転が多い為に重く、非常に打ちづらいものとなっている。オフチャロフほどではないがバックハンドサービスも多用する。

主な戦績[編集]

  • ヨーロッパユース卓球選手権
    • 1980年 ポズナン大会 カデットの部 男子シングルス優勝、男子団体優勝
    • 1981年 Topolcany大会 ジュニアの部 男子団体優勝
    • 1982年 Hollabrunn大会 ジュニアの部 男子シングルス ベスト4、混合ダブルス優勝、男子団体優勝
    • 1983年 Malmo大会 ジュニアの部 男子シングルス ベスト4、混合ダブルス優勝、男子団体優勝

外部リンク[編集]