アシュレー・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アシュレー・クーパー
Ashley Cooper
Tennis pictogram.svg
Ashley Cooper 1958.jpg
アシュレー・クーパー
基本情報
フルネーム Ashley John Cooper
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・メルボルン
生年月日 (1936-09-15) 1936年9月15日(81歳)
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 1991年
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1957・58)
全仏 ベスト4(1958)
全英 優勝(1958)
全米 優勝(1958)
優勝回数 4(豪2・英1・米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1958)
全仏 優勝(1957・58)
全英 準優勝(1958)
全米 優勝(1957)
優勝回数 4(豪1・仏2・米1)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1957)

アシュレー・ジョン・クーパー(Ashley John Cooper、1936年9月15日 - )は、オーストラリアメルボルン出身の男子テニス選手。1950年代後半に活躍し、1958年度のテニス4大大会で全仏選手権を除く男子シングルス年間3冠を獲得した選手である。ダブルスでは1957年全米選手権から1958年全仏選手権まで、オーストラリアの同僚選手ニール・フレーザーと組んで3連勝を成し遂げた。クーパーのテニス・スタイルは、強力なサーブ・アンド・ボレーと俊敏なネット・ダッシュを多用しながら、強靭な粘り強さと安定性を備えていた。彼の最も身近なライバルは、フレーザーとマルコム・アンダーソンであった。弟のジョン・クーパーも著名なテニス選手である。

来歴[編集]

クーパーは父親の指導で10歳からテニスを始め、1954年から4大大会に出場し始めた。1955年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップオーストラリア代表選手になったが、最初は出番のない控え選手だった。1957年、クーパーは地元開催の全豪選手権男子シングルス決勝で、左利きのニール・フレーザーを 6-3, 9-11, 6-4, 6-2 で破って初優勝した。この後、全仏選手権男子ダブルスでマルコム・アンダーソンと組んで優勝したが、ウィンブルドン選手権全米選手権の男子シングルスで決勝2連敗を喫する。ウィンブルドン決勝で敗れた相手は、先輩格のルー・ホードであったが、全米選手権では当時ノーシード選手だったM・アンダーソンに 8-10, 5-7, 4-6 で敗れた。1957年全米選手権から、アシュレー・クーパーとニール・フレーザー組の4大大会男子ダブルス連勝が始まる。

1958年は、クーパーのテニス経歴の最盛期であった。全豪選手権男子シングルスでは、前年の全米決勝で敗れたM・アンダーソンに雪辱し、大会2連覇を果たす。しかし、全仏選手権の男子シングルス準決勝で、クーパーはチリルイス・アヤラに 11-9, 6-4, 4-6, 2-6, 5-7 の逆転で敗れてしまう。先にクーパーが2セットを取ったが(2セット・アップ)第3セット以後をアヤラに奪われ、この大会だけはシングルス優勝を逃してしまった。続くウィンブルドン選手権では、男子シングルス決勝でフレーザーを 3-6, 6-3, 6-4, 13-11 で破って初優勝を決めたが、彼と組んだダブルスで連勝記録が止まった。クーパーとフレーザーは、男子ダブルス決勝でスウェーデンペアのスベン・デビッドソンウルフ・シュミット組に 4-6, 4-6, 6-8 で敗れ、4大大会4連勝の快挙を逃した。最後の全米選手権は、2年連続でクーパーとM・アンダーソンの決勝対決になった。クーパーはアンダーソンを 6-2, 3-6, 4-6, 10-8, 8-6 の激戦で振り切り、1958年度の4大大会年間3冠を獲得した。この後、クーパーは「プロテニス選手」に転向し、「ミス・オーストラリア」(Miss Australia)優勝者のヘレン・ウッドと結婚した。

テニスの歴史において、オーストラリアの選手たちが大半のビッグ・タイトルを獲得した黄金時代は、1950年代の初頭に幕を開けた。その先陣を切った選手が、4大大会総計22個(男子シングルス5勝+男子ダブルス9勝+混合ダブルス8勝)のタイトルを獲得したフランク・セッジマンであり、その後にケン・ローズウォールルー・ホードが続いた。クーパーはフレーザー、M・アンダーソンなどと並び、ローズウォールたちに続く世代の選手として活動した。彼らの後に続いて登場した選手が、ロイ・エマーソンロッド・レーバーなどである。彼らはみな、当時デビスカップオーストラリア代表監督を務めていたハリー・ホップマンに鍛えられた世代の選手だった。クーパーはその黄金期を彩った名選手の1人として、1991年国際テニス殿堂入りを果たしている。

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
1957年 全豪選手権 オーストラリアの旗 ニール・フレーザー 6-3, 9-11, 6-4, 6-2
1958年 全豪選手権 オーストラリアの旗 マルコム・アンダーソン 7-5, 6-3, 6-4
1958年 ウィンブルドン選手権 オーストラリアの旗 ニール・フレーザー 3-6, 6-3, 6-4, 13-11
1958年 全米選手権 オーストラリアの旗 マルコム・アンダーソン 6-2, 3-6, 4-6, 10-8, 8-6

参考文献[編集]

  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3

外部リンク[編集]