ハロルド・ハケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハロルド・ハケット
Harold Hackett
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Harold Humphrey Hackett
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・マサチューセッツ州ヒンガム
生年月日 (1878-07-12) 1878年7月12日
没年月日 (1937-11-20) 1937年11月20日(59歳没)
死没地 同・ニューヨーク
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 1961年
4大大会最高成績・シングルス
全米 ベスト8(1906)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 優勝(1907-10)
優勝回数 4(米)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1913)

ハロルド・ハケットHarold Hackett, 1878年7月12日 - 1937年11月20日)は、アメリカマサチューセッツ州ヒンガム出身の男子テニス選手。フルネームは Harold Humphrey Hackett (ハロルド・ハンフリー・ハケット)という。エール大学卒業。1905年から1911年にかけて、全米選手権の男子ダブルスでフレッド・アレクサンダーとともに「7年連続」決勝に進出し、1907年から1910年まで4連覇を達成した選手である。

来歴[編集]

ハロルド・ハケットとフレッド・アレクサンダーは、1905年から1911年まで7年連続で全米選手権男子ダブルス決勝に進んだ。同一ペアによる通算7度の決勝進出は、今なお全米選手権の最多記録である。2人のダブルスは、ハケットが(アレクサンダーに比べて)柔らかいショットを打ち、相手組の裏をかく戦術に優れていた。最初の2年間、2人は1905年1906年の男子ダブルス決勝で、2年連続でホルコム・ウォードビールズ・ライト組に敗れた。1907年から1910年まで、2人は全米男子ダブルス4連覇を達成し、4年連続で決勝戦をストレート勝ちで制した。しかし、1911年の男子ダブルス決勝でハケットとアレクサンダーは、レイモンド・リトル&グスタブ・タッチャード組に 5-7, 15-13, 2-6, 4-6 で敗れ、5連覇を逃した。

ハケットの全米男子シングルス成績は、1906年のベスト8が自己最高成績で、この分野はあまり得意ではなかった。

ハケットは男子テニス国別対抗戦・デビスカップにも、1908年1909年1913年の3度アメリカ代表選手として出場した。彼の出場試合はすべてダブルス戦で、通算成績は5勝1敗である。1913年のデビスカップでは、ハケットは(アレクサンダーではなく)モーリス・マクローリンと組んで4試合に出場した。

1937年11月20日ニューヨークにて59歳で死去。1954年国際テニス殿堂が設立され、ハロルド・ハケットは1961年にダブルス・パートナーのフレッド・アレクサンダーと一緒に殿堂入りを果たした。

外部リンク[編集]