イェール大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Yale University
Yale University Shield 1.svg
ラテン語: Universitas Yalensis
Former names
Collegiate School (1701–1718)
Yale College (1718–1887)
校訓 אורים ותמים (Hebrew) (Urim V'Thummim)
Lux et veritas (Latin)
Motto in English
Light and truth
学校種別 私立
設立年 1701年10月9日 (1701-10-09)
Academic 所属
アメリカ大学協会
国際研究型大学連合
NAICU[1]
基金 $254,09 億ドル(2016年)[2]
学長 Peter Salovey[3]
大学職員数
4,410[4]
学生数 12,312[4]
学部生数 5,453
大学院生数 6,859
位置 コネチカット州ニューヘイブン市
キャンパス 都市型・学園都市 1,015エーカー (411 ha)
スクールカラー Yale Blue[5]     
有名なチーム Bulldogs
マスコット Handsome Dan
Sporting affiliations
NCAA Division I, FCS – アイビーリーグ – ECAC Hockey – NEISA
ウェブサイト yale.edu
Yale University logo.svg

イェール大学(英語: Yale University)は、米国コネチカット州ニューヘイブン市に本部を置く、1701年創設[6]私立大学である。 アメリカ東部の名門大学群アイビー・リーグに所属する8大学のうちの1校である。

世界最高峰の大学の一つとして数えられ、5人の大統領、19人の米国最高裁判所判事、49人以上のノーベル賞受賞者[6]、5人のフィールズ賞受賞者、500人以上の米国議会議員[6]、247人のローズ奨学生、119人のマーシャル奨学生を輩出している[7][出典無効]

創設当初の名称はThe Collegiate School[8]であったが、東インド会社総督だった篤志家エライヒュー・イェール (Elihu Yale) に因み、1718年に現在の名称へと変更された。その後、20世紀初頭にシェフィールド科学学校を併合した。「イエール大学[9]エール大学」と訳されることもある。

歴史[ソースを編集]

イェール大学は植民地時代の創立で、アメリカ合衆国に現存する大学としては、ハーバード大学ウィリアム・アンド・メアリー大学に次いで3番目に長い歴史を持つ[6]

ニューイングランドの植民地で最初に清教徒会衆派によって創設されたハーバード大学が堕落してしまった(つまり、「リベラル」になってしまった)と考えてハーバード当局に反旗を翻した会衆派の人々により創設された(ちなみに、後にイェールも堕落してしまったと考えた人たちがプリンストン大学を創立する[要出典]。プリンストン大学総長は初代から第3代までイェール出身である)。現在に至っても、「リベラル」であるとされるハーバード大学と比較して保守色が強いと考えられている[要出典][10]

1701年にコネチカット植民地議会(General Court)によってコネチカットの Collegiate School として設立が承認された[6]。創立当初の短い期間は、ボストンニューヨークの間に位置するコネティカット州キリングワース (コネチカット州)英語版、[[:キリングワース:{{{5}}}|キリングワース版]])とオールド・セイブルック にあったが、1718年に約40kmほどニューヨーク寄りのニューヘイブン移り今日に至る[6]。同市はニューヨークから北東へ110kmほどに位置している。同市が面している海は、実際にはロングアイランド島との海峡であり、大西洋には直接面していない。大学は町の中心部にあり、この町の住民にとって最大の職場となっている。

{イェール大学はマイノリティーの受け入れに比較的積極的ではないと言われているが[要出典]1969年になって初めて女子(当時は社会的地位の意味でマイノリティ)が学部に受け入れられるようになった。{アフリカ系ヒスパニック等の学生の受け入れにも積極的であるとは言えず、アフリカ系アメリカ人の人権団体に批判されたりもしている[要出典]。{教授陣も白人男性が支配的であり、特にテニュアを取得しているマイノリティー出身の教授の割合は10年前から変化していないと指摘されている[要出典]

2013年に、シンガポール国立大学(NUS)と提携して、Yale-NUS Collegeをシンガポールに開校した。

1993年からアイビーリーグ史上最も長く学長を務めていたリチャード・レビン(1947年4月7日生)は、2013年6月30日に引退し、新学長には、心理学者ピーター・サロベー(1958年生まれ)が就任した。

組織[ソースを編集]

イェール・カレッジ(Yale College)、総合学術大学院 (Yale Graduate School of Arts and Sciences) 、専門大学院(設立年順に、医学、神学、法学、芸術、音楽、林学・環境学、看護、演劇、建築、経営)から構成される。

イェール・カレッジ[ソースを編集]

1701年、設立。学部レベルの教育が行われており、学士号(B.A.、B.S.)を授与している。全寮制のカレッジ制度がとられており、学部学生は、14のカレッジのいずれかに属することになる。

総合学術大学院[ソースを編集]

1847年に、北米最古の学術大学院として創設され、1861年に、北米の大学としては初の博士号(Ph.D.)を授与した。現在、約2,300人の大学院生が在籍しており、その3分の1が、外国人大学院生である。博士号(Ph.D.)及び修士号(M.Phil.、M.A.、M.S.)を授与している。

専門大学院[ソースを編集]

1869年に、芸術大学院として設立され、1952年に、芸術・建築大学院となり、1972年に、芸術大学院と建築大学院に分離した。芸術学修士(Master of Fine Arts)を授与しているほか、芸術専攻の学部生の教育も担当している。 グラフィックデザイン(graphic design)、絵画(painting/printmaking)、写真(photography)、彫刻(sculpture)などを学ぶことができる。US NEWS RANKINGSの大学院ランキングでは、芸術学分野で、全米1位となっている(2014年)。

1894年に、音楽大学院として設立。音楽修士(M.M.)、音楽学修士(M.M.A.)、音楽学博士(D.M.A.)を授与しているほか、音楽専攻の学部生の教育も担当している。

クルーン・ホール(林学・環境学大学院)

1901年に、林学大学院として設立され、1972年に、現在の校名になった。林学(M.F.)、森林科学(M.F.S.)、環境学(M.E.Sc.)、環境経営学(M.E.M.)の修士号を授与している。

1924年に、演劇学部が設立され、1955年に演劇大学院として独立した。芸術学修士(Master of Fine Arts)、芸術学博士(Doctor of Fine Arts)を授与しているほか、修了証(Certificate)を授与している。イェール・レパートリー・シアターなどで学生による演劇が行われている。

特徴[ソースを編集]

スターリング記念図書館

伝統や格式を重んじるとされているアイビーリーグの中でも伝統的な部類に入ることで知られている[11][12][13]

大学の蔵書数は、1100万冊を超え、大学図書館としては世界第2位(1位はハーバード大学)。蔵書の約半数は、ゴシック様式の巨大なスターリング記念図書館(地上7階建てで各階が2層に分かれている)に収められている。壁面が大理石で覆われたバイネキー稀少本・原稿図書館には、グーテンベルク聖書はじめ数々の貴重な資料が所蔵されている[14]

キャンパスはイギリスのオックスフォード大学ケンブリッジ大学を模した石造のゴシック建築の建築が多く、世界でもっとも美しいキャンパスの一つとされている[15][16]。教会のような形をした地上7階建てのペイン・ウィットニー・ジムと呼ばれるスポーツ施設や鐘楼のハークネスタワーを始め、キャンパスにはシンボル的な建物や庭が多い[17]。充分な数の教会を所有していたイェール大学側はスポーツ施設の建設を希望したため、大伽藍のような外観のジムが建設されることとなった。
イェール大学の基金は、254億ドル(2017年)[18]であり、大学基金としてハーバード大学に次いで、第2位の規模とされている。

幕末に来航したペリー黒船に当大学関係者が随行して以来、東アジア研究が盛んであり、とりわけ朝河貫一が築いた日本研究は、現在も続いている。

2000年から理系学部の強化に10億ドル以上の投資をしており[19]、2008年に新たに創設されたYale West Campusを通じての生物学の研究施設の拡張[20]、2019年に完成予定の自然科学の総合研究施設の建設[21]はじめ多数の研究施設を増設・近代化している。

1960年代からマクミラン国際地域研究センターが附属し、日本とも学術的な交流を深めている[22]。卒業生から5000万ドルの寄付を受けて、センターには2010年から新コースを設置しており、国際問題の実務専門家を講師に招いている。

アイビー・リーグのアメリカン・フットボール最終戦は、伝統的にハーバード対イェールであり、The Gameと呼ばれている。教育・研究・卒業生の活躍においてもハーバードの最大のライバルとして有名であるが、両校の交流も盛んである。ハーバードが「学問研究の中枢」として語られるのに対し、イェールはこれまで5人の大統領を輩出しているのを引き合いに、「国家権力の中枢」として語られることもある[23]。また、格式の高い大学として有名であり[24]グレイト・ギャッツビーなど文学作品では上流階級やエリートの象徴として描かれている。さらに、2004年大統領選の主要候補6名の内、4名がイェール出身であるなど、近年の政治家の輩出においては全米で脚光を浴びることが多い。ビル・クリントン元大統領、ジョージ・W・ブッシュ元大統領ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領、ヒラリー・クリントン前国務長官もイェール・ロー・スクール出身である。その迷信がかった象徴として、アルフォンソ・タフトらにより結成された秘密結社スカル・アンド・ボーンズ」が頻繁に引き合いに出される。イェールには格式の高いものからそうでないものまで多くの秘密結社が存在する。キャンパスに点在する窓のない建物の多くはそうした秘密結社のものである。

イェール大学のマスコットは、「ハンサム・ダン」という名のブルドッグである。アメリカン・フットボールなどの大学のスポーツ・チームは、イェール・ブルドッグスをチーム名としている。

モットーは"Lux et Veritas"(ラテン語「光と真実」) である。アメリカで最初に設立されたハーバード大学では単にVeritas(「真実」)であったが、ハーバードの世俗化を批判して創設されたイェールではこれにLux(「光」)を付け加えた[25]

評価[ソースを編集]

US NEWS RANKINGS(学部課程のランキング)では毎年ハーバード大学、プリンストン大学と共に3位以内に入っている。これら3校はBig 3英語版と呼ばれる。

2006年度には、イェールの学部課程の合格率は一桁台で全米で最も低かった。イェール大学は米国内だけでなく、世界でも最高の名声を得ている大学の一つである。イギリスのタイムズ紙が発行しているThe Times Higher Education Supplementの「世界の大学ランキング」では11位、「評判ランキング」では8位である(2016年度)[26]。科目別ランキングでは、社会科学分野で世界3位、生物学で世界7位である[27]。また、Science Citation Indexランキングではイェール大学の工学研究の引用数や研究水準が全米1位にランキングされている[28]。自然科学分野でも多くの専攻で全米ランキング及び世界ランキングの最上位を占めるのは言うまでもないが、人文科学、社会科学分野での評価がとりわけ高く、経済学、歴史、法学では全米1位である[29][30]。大学院レベルでは、特にロー・スクール(法科大学院)が全米最難関として知られ、QS科目別ランキングで世界4位、Times Higher Education Rankingでは世界3位[31]に位置付けられている[32]

学生数は学部、大学院合わせて約11,500人(ハーバードは約21,000人であり、約2分の1)。大学院研究中心のハーバードに比べ、イェールは学部教育を中心としているため、大学院の規模はハーバードの方が大きい[33]

卒業生・出身者[ソースを編集]

政治家・政府関係者[ソースを編集]

学術界(社会科学)[ソースを編集]

学術界(自然科学)[ソースを編集]

学術界(人文科学・その他)[ソースを編集]

文学・ジャーナリズム関連[ソースを編集]

芸術・音楽・芸能関連[ソースを編集]

実業界・産業技術[ソースを編集]

スポーツ界[ソースを編集]

日本出身者(生年順)[ソースを編集]

その他にもノーベル賞受賞者、上院議員、連邦最高裁判所判事、実業家、大学教授等を含め著名人多数。

その他関係者(イェール大学から学位を取得している者を除く)[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ NAICU – Member Directory Archived November 9, 2015[Date mismatch], at the Wayback Machine.
  2. ^ As of June 30, 2016. U.S. and Canadian Institutions Listed by Fiscal Year (FY) 2016 Endowment Market Value and Change in Endowment Market Value from FY 2015 to FY 2016”. National Association of College and University Business Officers and Commonfund Institute (2017年). 2017年閲覧。...
  3. ^ Shelton, Jim (2013年7月1日). “Peter Salovey takes the helm as Yale's 23rd president”. New Haven Register. http://nhregister.com/articles/2013/07/01/news/new_haven/doc51d22565bfa00732291606.txt 2013年7月22日閲覧。 
  4. ^ a b Yale Facts”. Yale University. 2015年11月1日閲覧。
  5. ^ Yale University – Identity Guidelines”. 2017年4月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Patrick J. Mahoney Yale University from Colonial Times to the Present | ConnecticutHistory.org
  7. ^ http://web.library.yale.edu/mssa/YHO/nobel_winners.pdf
  8. ^ 単に「大学」くらいの意。中国語ウェブサイトは「大学学院」と訳している
  9. ^ 世界の有力大学の国際化の動向(新連載・1)イエール大学の国際戦略 グローバル大学への道 船守, 美穂 カレッジマネジメント, 26(2), 2008.3, pp. 48-51
  10. ^ ただし、アメリカ全体の中では中西部などと比較してリベラルであると言える[要出典]
  11. ^ http://college.usatoday.com/2012/09/11/know-your-ivies/
  12. ^ https://fivethirtyeight.com/features/the-most-conservative-and-most-liberal-elite-law-schools/
  13. ^ http://yaleherald.com/homepage-lead-image/cover-stories/the-right-way-a-tradition-of-conservatism-revisited/
  14. ^ http://www.newhaven-j.com/yale.html
  15. ^ http://news.yale.edu/2010/09/24/yale-named-among-world-s-most-beautiful-campuses
  16. ^ http://www.deseretnews.com/top/3086/2/1-Yale-University-The-35-most-beautiful-college-campuses-in-America.html
  17. ^ http://www.deseretnews.com/top/3086/2/1-Yale-University-The-35-most-beautiful-college-campuses-in-America.html
  18. ^ http://investments.yale.edu
  19. ^ http://www.yalescientific.org/2012/04/the-story-of-science-at-yale-part-ii-sizing-up-science-at-yale/
  20. ^ http://westcampus.yale.edu/scientific-research-institutes
  21. ^ http://news.yale.edu/2016/09/22/yale-science-building-arrives-transformative-moment-biology-and-beyond
  22. ^ 日本学術振興会 若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム
  23. ^ 映画「グッド・シェパード」等を参照
  24. ^ ISBN 0-8014-3479-3.
  25. ^ ***イェール大学ビデオ***
  26. ^ https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/2016/reputation-ranking
  27. ^ https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/yale-university#ranking-dataset/595540
  28. ^ http://seas.yale.edu/faculty-research
  29. ^ https://www.usnews.com/best-graduate-schools/top-humanities-schools/yale-university-130794
  30. ^ https://www.usnews.com/best-graduate-schools/top-law-schools/yale-university-03027
  31. ^ https://www.timeshighereducation.com/student/what-to-study/law
  32. ^ https://www.topuniversities.com/universities/yale-university
  33. ^ https://www.usnews.com/best-colleges/yale-university-1426
  34. ^ 学業不振のため中退
  35. ^ 在学中に官命で欧州へ渡り、その後岩倉使節団に現地参加したため大学を離れた。

外部リンク[ソースを編集]

座標: 北緯41度18分40秒 西経72度55分36秒 / 北緯41.31111度 西経72.92667度 / 41.31111; -72.92667