箕作秋坪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箕作 秋坪
人物情報
別名 宜信斎()、文蔵、矩
生誕 (1826-01-15) 1826年1月15日文政8年12月8日
備中国阿賀郡上呰部村(現・岡山県真庭市
死没 (1886-12-03) 1886年12月3日(60歳没)
国籍 日本の旗 日本
配偶者 つね(先妻・箕作阮甫三女)、ちま(後妻・箕作阮甫四女)
子供 奎吾(長男)、菊池大麓(次男)、佳吉(三男)、元八(四男)、直子(長女・坪井正五郎妻)
学問
研究分野 洋学蘭学
研究機関 蕃書調所
学会 東京学士会院
明六社
テンプレートを表示

箕作 秋坪(みつくり しゅうへい、文政8年12月8日1826年1月15日)- 明治19年(1886年12月3日)は江戸時代末期から明治時代にかけての日本洋学者(蘭学者)教育者啓蒙思想家。名は矩、通称は文蔵。は宜信斎。

生涯[編集]

文政8年(1826年)、備中国(現・岡山県)の儒者菊池陶愛菊池應輔亮和の婿養子である医者菊池好直正因の養子である菊池慎の子。名は文理。通称は士郎。)[1]の次男として生まれた。

はじめは美作国津山藩士の箕作阮甫、次いで緒方洪庵適塾にて蘭学を学び、それぞれの弟子となった。嘉永3年(1850年)、阮甫の二女・つねと結婚して婿養子となり[2]、つねとの間に、長男・奎吾(夭折)、次男・数学者大麓(秋坪の実家・菊池家の養嗣子)、三男・動物学者箕作佳吉、四男・歴史学者箕作元八の4男をもうけた。

幕末の外交多事のなか、幕府天文方で翻訳に従事する[3]安政6年(1859年)、幕府蕃書調所東京大学の前身)の教授手伝となる。文久元年(1861年)の幕府による文久遣欧使節福澤諭吉寺島宗則福地源一郎らと随行しヨーロッパを視察する[4]慶応2年(1866年)、樺太国境交渉の使節としてロシアへ派遣される[5]

明治維新後は、かつての攘夷論者が率いる明治新政府に仕えるのを好まず[6]三叉学舎を開設。三叉学舎は当時、福沢諭吉慶應義塾と並び称される洋学塾の双璧であり、東郷平八郎原敬平沼騏一郎大槻文彦などもここで学んだ。また、日本初の本格的私立法律・経済学校である専修学校専修大学の前身)の開設においても、法律経済科を設置し創立者である相馬永胤らに教授を任せるなどの協力をしている。明治12年(1879年)、教育博物館(国立科学博物館の前身)の館長となり、従五位に叙せられた。明治18年(1885年)には東京図書館(帝国図書館及び国立国会図書館の前身)の館長も務めた。東京師範学校摂理も務めた[7]

また、明治6年(1874年)、森有礼らと明六社を創立してまもなく社長に就任する[8]。明治12年(1879年)、福澤諭吉西周加藤弘之らとともに東京学士会院の創設に参画し、創立会員7名の一人となる[9]

秋坪は古賀侗庵に学んだ漢学の大家でもあった。教育者として、秋坪は2・3歳から6・7歳までの児童を教育することが最も効果的だと主張し、教育能力を欠く家庭の父母、特に女子への教育の重要性を説いた[10]

妻・つねの死後、その妹で箕作省吾未亡人であったしん(ちま、阮甫の三女)と再婚[11]。しんとの間には長女・直子(人類学者坪井正五郎に嫁ぐ)をもうけた。

明治19年(1886年)、肺炎のため死去[12]

関連文献[編集]

  • 治郎丸憲三著 『箕作秋坪とその周辺』 箕作秋坪伝記刊行会、1970年6月
    • 「先覚箕作秋坪の家塾」(『岡山県私学紀要』第7号、岡山県私学協会、1971年3月)
    • 「箕作秋坪伝補説」(『作陽音楽大学・作陽短期大学研究紀要』第8巻第1号、1975年4月)
    • 「大村益次郎と箕作」(『作陽音楽大学・作陽短期大学研究紀要』第10巻第1号、1977年5月)
    • 「箕作秋坪素描」(『作陽音楽大学・作陽短期大学研究紀要』第12巻第1号、1979年11月、NAID 40001449901

脚注[編集]

  1. ^ 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2015年). “菊池陶愛”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  2. ^ 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2015年). “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  3. ^ 百科事典マイペディア. “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  5. ^ 箕作秋坪 津山洋学資料館”. 2017年12月9日閲覧。
  6. ^ 小学館日本大百科全書(ニッポニカ). “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  7. ^ 三省堂大辞林. “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  8. ^ 小学館日本大百科全書(ニッポニカ). “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  9. ^ 平凡社世界大百科事典 第2版. “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  10. ^ 朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典. “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  11. ^ 小学館日本大百科全書(ニッポニカ). “箕作秋坪”. コトバンク. 2017年12月9日閲覧。
  12. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)295頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
手島精一
日本の旗 東京教育博物館長
1885年 - 1886年
次代:
主幹
手島精一
先代:
平山太郎
日本の旗 東京図書館長
1885年 - 1886年
次代:
主幹
手島精一
先代:
矢田部良吉
日本の旗 教育博物館長
1879年 - 1881年
次代:
手島精一
学職
先代:
森有礼
明六社
1875年
次代:
(社長廃止)