世界銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界銀行
World Bank building at Washington.jpg
ワシントンD.C.の世界銀行本部
概要 専門機関
略称 WB
代表 ジム・ヨン・キム
状況 活動中
活動開始 1946年
本部 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
公式サイト 世界銀行グループ
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

世界銀行(せかいぎんこう、英語: World Bank, WB)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関。当初は国際復興開発銀行を指したが、1960年に設立された国際開発協会とあわせて世界銀行と呼ぶ。国際通貨基金と共に、第二次世界大戦後の金融秩序制度の中心を担う。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。

沿革[編集]

1944年7月、ブレトン・ウッズ会議において国際通貨基金とともに国際復興開発銀行の設立が決定され[1]、国際復興開発銀行は1946年6月から業務を開始した。設立当初、国際通貨基金は国際収支の危機に際しての短期資金供給、世界銀行は第二次世界大戦後の先進国の復興と発展途上国の開発を目的として、主に社会インフラ建設など開発プロジェクトごとに長期資金の供給を行う機関とされ、両者は相互に補完しあうよう設立された。ソヴィエト連邦は決定には賛成したものの条約を批准せず、出資金を払い込まなかったために加盟できず、冷戦終結にいたるまで世界銀行の社会主義圏における活動は低調なものとなった。最初の融資はフランスをはじめとする戦災を受けた西ヨーロッパ諸国であったが、こうした先進諸国の復興は設立間もない世界銀行の資金力では到底追いつかず、1947年にアメリカ合衆国によるマーシャル・プランが開始されると、世界銀行は発展途上国の開発資金援助に特化した。1948年の世界銀行の融資額は3億7800万ドル、同年度のマーシャル・プランの融資額は40億ドルを超えており[2]、アメリカが直接西欧諸国の復興に資金を供出した方がはるかに有効だったからである。またアメリカが主導権を握っていることとソ連の不参加から、世界銀行の融資はそのまま西側の支援の一角となった。世界銀行はこの方針転換のため一時直接的な融資よりもそのための調査を重点に行うようになり、1958年まで1948年度の融資額を越えた年が存在しないなど、1950年代を通じて融資額は低調となった[3]。1950年代と1960年代を通じて融資総額の半分以上がインフラへの投資で占められているなど、融資は大規模プロジェクトへのものが中心を占めていた。

このころの世界銀行の主要貸し出し国のひとつは日本であった。1952年に世界銀行に加盟した後、1953年から日本の借り入れが始まり、合計8億6,000万ドルを借り入れ、その資金は東海道新幹線などのインフラの整備に充てられた[4]。やがて、日本の経済成長とともに、途上国から順調な経済成長にもかかわらず世界銀行からの融資を受け続けていることへの批判が高まったことを受け、1967年には経済成長によって投資適格国から卒業し、以後新規融資は停止されることとなった。その後日本は世界銀行への純出資国となり、出資割合も経済の成長とともに急激に伸びていって、1971年には日本は5大出資国の1つとなって理事一人を自由に任命することができるようになった。世界銀行への残存債務も返済は順調であり、1990年7月には世界銀行からの借金を全額返済することとなった[5]

1968年ロバート・マクナマラが第5代世界銀行総裁に就任すると、世界銀行の姿勢は大きく変化した。彼は1968年の総会で融資の額を69年からの5年間で以前の5年間の倍にすると表明し[6]、彼の元で世界銀行は急速に貸付を拡大し、それまでの22年間の総融資額よりも、マクナマラの最初の一期四年の融資総額の方が大きくなるなど[7]大きな影響力を持つようになった。それまでの財源の中心であった各国の拠出金に変わり、マクナマラは世界銀行債を積極的に発行することで市場から資金を調達することに成功し、以後世界銀行の独立性は高くなった[8]。この拡大路線の中で、それまで融資対象に含まれていなかった教育など社会分野にも融資が行われるようになった。また国際通貨基金も1970年代以降為替変動相場制を採用する国が増加したのに伴い加盟国の国際収支から国内金融秩序安定へその監視助言業務の比重を次第に移し、途上国への融資をその任務に含めるようになっていった。この融資拡大は各途上国の債務残高を増大させ、1980年代以降、開発途上国で債務問題がしばしば発生する原因となった。また旧社会主義諸国が次々と市場経済制度に移行するに至り、開発途上国の金融制度に関する分野ではその業務にIMFと一部重複も見られるようになった。

開発途上国の債務問題に関しては、世界銀行は1980年からIMFと共同で経済危機に陥った途上国に対し、経済支援の条件として構造調整政策の実施を行うよう求めた。これは、肥大化した公的セクターの縮小や各種補助金や公務員の給与の削減によって支出の削減を行うとともに、経済を自由化させて自由競争の下で経済を成長させようというものだった。しかし、公的部門の縮小によって失業が増大し、教育医療などの質的低下によって社会不安が増大するなどといった悪影響が大きく、特にアフリカにおいては多くの国で構造調整後も経済の沈滞は悪化する一方で、政策は必ずしも成果を挙げていない[9]。さらに民間融資の低迷によって世界銀行及びIMFからの融資が後発途上国への融資の大部分を占めることとなってしまい、さらに先進国も融資条件として構造調整政策の実施を前提として求めたため[10]、この両機関の意向が途上国経済を左右することが可能となってしまい、内政不干渉の原則にはずれるとの批判の声も上がった[11]。また従来推進してきた大規模プロジェクトにおいてその非効率性や環境への影響が指摘されるようになり、それへの対応策として世界銀行は各地のNGOと共同でプロジェクトを行うことが多くなっていった。この動きを推進したのが1995年に総裁に就任したジェームズ・ウォルフェンソンであり、またこの時期に組織改革も行われた。2005年にはポール・ウォルフォウィッツが総裁に就任したが、スキャンダルによって[12]2007年に失脚した。

世界銀行の規模が大きくなるにつれ、それを補完する機関が必要となっていき、その結果、1956年には世界銀行では融資できない民間企業に融資を行う国際金融公社が設立され、ついで1960年には世界銀行からの借り入れもできない貧しい発展途上国向け融資を目的とした国際開発協会ができ、さらに発展途上国と外国投資家との紛争を仲裁する国際投資紛争解決センターが1966年に、最後に途上国への投資に対し保証を与え、さらにサービスや助言をも与える多国間投資保証機関が1988年に設立されて、現在の世界銀行グループが形成された。

世界銀行グループ[編集]

国際機関は5つあり、それを総称して世界銀行グループと呼ばれている。

世界銀行グループを形成する機関は、以下の5つである。

主に中所得国に対して開発資金を融資する役割を持つ。開発資金の多くは金融市場にて世界銀行債を発行することによって調達される。最初に成立した世界銀行グループの機関であり、もっとも狭義の世界銀行という名称はこの銀行のみを指す。

国際復興開発銀行の融資基準に満たない貧しい国に開発資金を供給する。第二世界銀行とも呼ばれる。貧困国向けの融資であるため融資条件は国際復興開発銀行に比べ緩和されており、しばしば贈与も行われる。開発資金の多くは先進各国からの拠出金によってまかなわれている。世界銀行という呼び名が使用される場合、国際復興開発銀行と国際開発協会の両行を指して呼ぶことが一般的である。

国際復興開発銀行・国際開発協会の融資は政府向けのものに限られるため、そこからは融資できない途上国の民間企業向けの融資を行う機関である。

途上国への融資に保証を与えることで、外国からの融資を促進するための機関である。

発展途上国と外国投資家との投資紛争を仲裁するための機関である。

組織[編集]

世界銀行の意思決定機関は、総務会である。総務会はすべての加盟国から総務1人と代理1人が参加する。総務と代理には、各国の蔵相や中央銀行総裁が選ばれることが多い。各国は出資比率にもとづき、保有する世界銀行株1株につき1票の投票権を持つ。2010年、もっとも票数が多いのはアメリカ合衆国で、総票数の15.85%を持つ。次いで票数が多いのは日本で6.84%を占め、以下、中国4.42%、ドイツ4.00%、イギリス3.75%、フランス3.75%、インド2.91%、ロシア2.77%、サウジアラビア2.77%、イタリア2.64%の順となっている。総務会は、国際復興開発銀行と国際開発協会、それに国際金融公社をまとめたものがひとつと、多国間投資保証機関のみを統括するものがひとつある。なお、各機構への出資額が違うため、同じ総務会でも機構ごとに各国の所持する票数は異なる。

総務会はIMFとともに年に一度総会を行い、ここで各種決定を行う。総会は3回のうち2回はIMFおよび世界銀行の所在地であるワシントンDCで行われ、1回、3年に1度はそれ以外の加盟国で行われるのが慣例となっている。2012年度の総会は開催されるはずであったエジプトアラブの春による政情不安が起き開催を返上したため、東日本大震災からの復興をアピールするために日本が立候補し、2011年6月6日に日本開催が決定された。こうして、2012年10月12日から10月14日にかけて東京で総会が行われることとなった[13]

総務会は、権限のかなりを理事会に委任している。理事会は、最大出資国5カ国(2010年までは、アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス)から1人ずつと、そのほかの国から選ばれた19人のあわせて24人で構成される。この19人は加盟国を主に地域別にまとめた選挙区から選出される。中国やロシア、サウジアラビアといった拠出額の大きな国は単独の選挙区を持っているが、英語圏アフリカとフランス語圏アフリカはそれぞれひとつの選挙区となっているなど、出資額の少ない多くの国は大きな選挙区に属している。

世界銀行には各国が出資金を払い込んでいるが、実際には国際復興開発銀行は開発資金のほとんどすべてを金融市場にて世界銀行債を発行することで調達している。これは、国際復興開発銀行の融資対象が中所得国が中心であり、創設以来黒字を上げ続けていることもあって融資の回収の見込みが立っているためである。それに対し、低所得国を融資対象とする国際開発協会は信用度が低く、資金の多くは参加国からの出資金によってまかなわれている。国際復興開発銀行・国際開発協会ともに融資対象国のリストを作成しており、基本的に国際復興開発銀行は中所得国、国際開発協会は低所得国をその対象としているが、各国の信用度によっては中所得国が国際開発協会の対象となったり、逆に低所得国でも国際復興開発銀行からの融資しか受けられない場合が存在する。また、一定の所得水準や開発水準を満たしたと認められた国は投資適格国から「卒業」することとなり、以後新規融資が受けられなくなる。

総裁[編集]

総裁は、理事会によって選出される。総裁は世界銀行グループ5社のすべての総裁を兼任し、グループの実務をつかさどる。世界銀行の「President(総裁)」には米国出身者、国際通貨基金の専務理事には欧州出身者が選出されるのが暗黙の了解になっている[14]が、2012年の総裁選においてはアメリカ国籍のジム・ヨン・キムに対し、発展途上国からコロンビアのホセ・アントニオ・オカンポとナイジェリアンゴジ・オコンジョ・イウェアラが擁立され、異例の選挙戦となった。この選挙はオカンポが発展途上国の候補一本化を目指して途中で撤退を表明し、イウェアラとキムの一騎打ちとなったが、最終的には発言権の強い先進諸国の推すキムが総裁に選出された[15][16]。世界銀行の副総裁には日本人の服部正也(日本人初)、西水美恵子が選ばれたことがある。

総裁 任期 国籍
1 EugeneMeyer.jpg ユージン・メイアー 1946年 アメリカ合衆国
2 John J. McCloy - Project Gutenberg etext 20587.jpg ジョン・ジェイ・マクロイ 1947年 - 1949年 アメリカ合衆国
3 Replace this image JA.svg ユージン・ロバート・ブラック 1949年 - 1963年 アメリカ合衆国
4 Replace this image JA.svg ジョージ・デビッド・ウッズ 1963年 - 1968年 アメリカ合衆国
5 Robert McNamara 1-1.jpg ロバート・マクナマラ 1968年 - 1981年 アメリカ合衆国
6 Replace this image JA.svg アルデン・ウィンシップ・クローセン 1981年 - 1986年 アメリカ合衆国
7 Barber Conable.jpg バーバー・コナブル 1986年 - 1991年 アメリカ合衆国
8 Replace this image JA.svg ルイス・トンプソン・プレストン 1991年 - 1995年 アメリカ合衆国
9 James Wolfensohn 1-1.jpg ジェームズ・ウォルフェンソン 1995年 - 2005年 アメリカ合衆国
10 Paul-wolfowitz-dod 900x1200.jpg ポール・ウォルフォウィッツ 2005年 - 2007年 アメリカ合衆国
11 Zoellick, Robert (official portrait 2008).jpg ロバート・ゼーリック 2007年 - 2012年 アメリカ合衆国
12 Jim Yong Kim (cropped).jpg ジム・ヨン・キム 2012年 - (現職) アメリカ合衆国

チーフエコノミスト[編集]

チーフエコノミスト 任期 出身国
ホリス・チェネリー(Hollis B. Chenery) 1972年–1982年 アメリカ合衆国
アン・クルーガー 1982年–1986年 アメリカ合衆国
スタンレー・フィッシャー 1988年–1990年 アメリカ合衆国
ローレンス・サマーズ 1991年–1993年 アメリカ合衆国
マイケル・ブルーノ(Michael Bruno) 1993年–1996年 イスラエル
ジョセフ・E・スティグリッツ 1997年–2000年 アメリカ合衆国
ニコラス・スターン 2000年–2003年 イギリス
フランソワ・ブルギニョン 2003年–2007年 フランス
林毅夫(Justin Yifu Lin) 2008年–2012年 中華人民共和国
カウシィク・バス(Kaushik Basu) 2012年–2016年 インド
ポール・ローマー 2016年– アメリカ合衆国

世界銀行グループへの票数の多い上位20か国[編集]

次の表は、国際復興開発銀行(IBRD)、国際金融公社(IFC )、国際開発協会(IDA)、および多国間投資保証機関(MIGA)のそれぞれの機関において、2014年12月または2015年3月の時点での票数の多い20か国を示したものである。各国は資本への出資金によってまず最低250票を与えられ、次いで出資率に応じ票数を割り当てられている[17][18][19][20]

世界銀行グループへの票数の多い上位20か国
順位 IBRD IFC IDA MIGA
総計 2,201,754 総計 2,653,476 総計 24,682,951 総計 218,237
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 358,498 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 570,179 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2,546,503 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 32,790
2 日本の旗 日本 166,094 日本の旗 日本 163,334 日本の旗 日本 2,112,243 日本の旗 日本 9,205
3 中華人民共和国の旗 中国 107,244 ドイツの旗 ドイツ 129,708 イギリスの旗 イギリス 1,510,934 ドイツの旗 ドイツ 9,162
4 ドイツの旗 ドイツ 97,224 フランスの旗 フランス 121,815 ドイツの旗 ドイツ 1,368,001 フランスの旗 フランス 8,791
5 フランスの旗 フランス 87,241 イギリスの旗 イギリス 121,815 フランスの旗 フランス 908,843 イギリスの旗 イギリス 8,791
6 イギリスの旗 イギリス 87,241 インドの旗 インド 103,747 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 810,293 中華人民共和国の旗 中国 5,756
7 インドの旗 インド 67,690 ロシアの旗 ロシア 103,653 インドの旗 インド 661,909 ロシアの旗 ロシア 5,754
8 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 67,155 カナダの旗 カナダ 82,142 カナダの旗 カナダ 629,658 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 5,754
9 カナダの旗 カナダ 59,004 イタリアの旗 イタリア 82,142 イタリアの旗 イタリア 573,858 インドの旗 インド 5,597
10 イタリアの旗 イタリア 54,877 中華人民共和国の旗 中国 62,392 中華人民共和国の旗 中国 521,830 カナダの旗 カナダ 5,451
11 ロシアの旗 ロシア 54,651 オランダの旗 オランダ 56,931 ポーランドの旗 ポーランド 498,102 イタリアの旗 イタリア 5,196
12 スペインの旗 スペイン 42,948 ベルギーの旗 ベルギー 51,410 スウェーデンの旗 スウェーデン 494,360 オランダの旗 オランダ 4,048
13 ブラジルの旗 ブラジル 42,613 オーストラリアの旗 オーストラリア 48,129 オランダの旗 オランダ 488,209 ベルギーの旗 ベルギー 3,803
14 オランダの旗 オランダ 42,348 スイスの旗 スイス 44,863 ブラジルの旗 ブラジル 412,322 オーストラリアの旗 オーストラリア 3,245
15 韓国の旗 韓国 36,591 ブラジルの旗 ブラジル 40,279 オーストラリアの旗 オーストラリア 312,566 スイスの旗 スイス 2,869
16 ベルギーの旗 ベルギー 36,463 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 38,929 スイスの旗 スイス 275,755 ブラジルの旗 ブラジル 2,832
17 イランの旗 イラン 34,718 スペインの旗 スペイン 37,826 ベルギーの旗 ベルギー 275,474 スペインの旗 スペイン 2,491
18 スイスの旗 スイス 33,296 インドネシアの旗 インドネシア 32,402 ノルウェーの旗 ノルウェー 258,209 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2,436
19 オーストラリアの旗 オーストラリア 30,910 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 30,862 デンマークの旗 デンマーク 231,685 インドネシアの旗 インドネシア 2,075
20 トルコの旗 トルコ 26,293 韓国の旗 韓国 28,895 パキスタンの旗 パキスタン 218,506 スウェーデンの旗 スウェーデン 2,075

融資内訳[編集]

融資額 (百万アメリカドル)
部門 2007年以前 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
道路輸送 4,654.2 1,993.5 1,501.8 5,550.3 4,032.3 2,603.7 3,852.5 2,883.6 3,081.7 3,922.6 723.7 34,799.8
社会福祉サービス 613.1 208.1 185.5 2,878.4 1,477.4 1,493.2 1,498.5 2,592.6 2,745.4 1,537.7 73.6 15,303.5
送電/配電 1,292.5 862.1 1,740.2 2,435.4 1,465.1 907.7 1,614.9 395.7 2,457.1 1,632.2 374.8 15,177.8
財政管理 334.2 223.1 499.7 129.0 455.3 346.6 3,156.8 2,724.0 3,160.5 2,438.9 690.5 14,158.6
鉄道輸送 279.3 284.4 1,289.0 912.2 892.5 1,487.4 841.8 740.6 1,964.9 1,172.2 −1.6 9,862.5
農村開発 335.4 237.5 382.8 616.7 2,317.4 972.0 944.0 177.8 380.9 1,090.3 −2.5 7,452.4
都市開発と管理 261.2 375.9 733.3 739.6 542.1 1,308.1 914.3 258.9 747.3 1,122.1 212.2 7,214.9
ビジネス支援サービスと施設 113.3 20.8 721.7 181.4 363.3 514.0 310.0 760.1 1,281.9 1,996.0 491.3 6,753.7
エネルギー政策と行政管理 102.5 243.0 324.9 234.2 762.0 654.9 902.1 480.5 1,594.2 1,001.8 347.9 6,648.0
農業用水資源 733.2 749.5 84.6 251.8 780.6 819.5 618.3 1,040.3 1,214.8 824.0 −105.8 7,011.0
地方分権化と地方政府への支援 904.5 107.9 176.1 206.7 331.2 852.8 880.6 466.8 1,417.0 432.5 821.3 6,597.3
 防災と準備 66.9 2.7 260.0 9.0 417.2 609.5 852.9 373.5 1,267.8 1,759.7 114.2 5,733.5
大型衛生システム 441.9 679.7 521.6 422.0 613.1 1,209.4 268.0 55.4 890.6 900.8 93.9 6,096.3
大型給水システム 646.5 438.1 298.3 486.5 845.1 640.2 469.0 250.5 1,332.4 609.9 224.7 6,241.3
健康政策と行政管理 661.3 54.8 285.8 673.8 1,581.4 799.3 251.5 426.3 154.8 368.1 496.0 5,753.1
その他 13,162.7 6,588.3 8,707.1 11,425.7 17,099.5 11,096.6 16,873.4 13,967.1 20,057.6 21,096.5 3,070.3 140,074.5
24,602.6 13,069.4 17,712.6 27,152.6 33,975.6 26,314.8 34,248.6 27,593.9 43,748.8 41,905.2 7,624.5 297,948.5

加盟国一覧[編集]

世界銀行の加盟国は189か国である。

関連書籍[編集]

  • 『女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年』小野節子、講談社 (2005/8/30) - 著者はオノ・ヨーコの妹で、アジア開発銀行初代総裁・渡辺武の推薦で入行(世界銀行入行に試験はなく推薦状のみ)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p416 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  2. ^ 『世界銀行 歴史・資金・組織』松本悟 (「NGOから見た世界銀行 市民社会と国際機構のはざま」所収) p26 松本悟・大芝亮編著 ミネルヴァ書房 2013年5月30日初版第1刷
  3. ^ 『世界銀行 歴史・資金・組織』松本悟 (「NGOから見た世界銀行 市民社会と国際機構のはざま」所収) p28 松本悟・大芝亮編著 ミネルヴァ書房 2013年5月30日初版第1刷
  4. ^ 「日本が世界銀行からの貸し出しを受けた 31プロジェクト」
  5. ^ 日本国外務省 ODAとは? ODAちょっといい話 第二話 戦後の灰燼からの脱却
  6. ^ 日本国外務省 わが外交の近況 昭和44年度(第14号) 第3節 経済協力のための国際協調
  7. ^ 『世界銀行 歴史・資金・組織』松本悟 (「NGOから見た世界銀行 市民社会と国際機構のはざま」所収) p37-38 松本悟・大芝亮編著 ミネルヴァ書房 2013年5月30日初版第1刷
  8. ^ 「緑の帝国 世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム」p57-61 マイケル・ゴールドマン著 山口富子監訳 京都大学学術出版会 2008年2月15日初版第1刷発行
  9. ^ 「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、2002年)p22-23
  10. ^ 「ケニアを知るための55章」pp136 松田素二・津田みわ編著 明石書店 2012年7月1日初版第1刷
  11. ^ 「アフリカ経済論」p102 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  12. ^ http://toyokeizai.net/articles/-/243 『「スキャンダルまみれの世界銀行が抱える宿痾」ハーバード大学教授 ケネス・ロゴフ』東洋経済ONLINE 2007年06月11日  2017年3月15日閲覧
  13. ^ 日本国外務省 第67回(2012年)国際通貨基金・世界銀行年次総会の主催国公式ホームページを開設しました
  14. ^ 「世界銀行ガイド」p10 世界銀行刊 田村勝省訳 シュプリンガー・フェアクラーク東京株式会社 2005年9月9日発行
  15. ^ 「世界銀行の次期総裁にキム氏、初のアジア系」日テレNEWS24 2012年4月17日 2017年3月15日閲覧
  16. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/2872102 「世界銀行、次期総裁に米国のキム氏を選出」AFPBB 2012年04月17日 2017年3月15日閲覧
  17. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/IBRDCountryVotingTable.pdf International Bank for Reconstruction and Development as of March 2015
  18. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/IFCCountryVotingTable.pdf International Finance Corporation as of March 2015
  19. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/IDACountryVotingTable.pdf International Development Association as of December 2014
  20. ^ http://siteresources.worldbank.org/BODINT/Resources/278027-1215524804501/MIGACountryVotingTable.pdf Multilateral Investment Guarantee Agency as of December 2014

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度53分56秒 西経77度2分33秒 / 北緯38.89889度 西経77.04250度 / 38.89889; -77.04250