バークリー音楽大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボストンのバークリー音楽大学

バークリー音楽大学(バークリーおんがくだいがく、Berklee College of Music)は、世界で最も有名な名門の音楽大学である。アメリカマサチューセッツ州ボストンにある音楽大学と修了課程、通信教育を併設している。学費は、1セメスターおよそ20,000ドル。卒業するまでに学費だけでも1000万円必要になる。入学には残高証明書の提出を要求され、600万円の残高証明が必要である。

歴史[編集]

学内の実習劇場の舞台

バークリー音楽大学は、1945年ローレンス・バーク(Lawrence Berk 1908-1995)によって「シリンジャー音楽院」(Schillinger House of Music)という名前の音楽学校として創立された。これは、バークの恩師であったジョセフ・シリンジャーの名前にちなんだもので、元々この学校の目的は、シリンジャーシステムという音楽のハーモニーの手法を教えるということにあった。1954年学校のカリキュラムが拡張され、バークは、学校名を彼の息子リー・バーク(Lee Berk)の名前をとって、「バークリー音楽学校」(Berklee School of Music )と改めた。

1970年に音楽大学の創設の認可を得て、「バークリー音楽大学」(Berklee College of Music )と三度その名を改めた。ただし、創立者の息子で、学校の名前がそこから由来しているリー・バークは、自分自身は音楽を学ぶことはなかった。

この大学が創立された当時、ほとんどの音楽学校は、主に古典的な音楽しか教えていなかった。バークリーの本当の創立の意図は、他の学校では教えていない現代の音楽をしっかりと学生に教育しようということであった。[要出典]

バークリー音楽大学の合格者の割合は、2012-2013年度では全志願者の35%。

課程[編集]

バークリーには現在、政府認可の大卒資格(Bachelor Degree)が得られる音楽大学と政府非認定の音楽専門学校としての修了課程と通信教育がある。前者は通常の音楽大学であるが、後者はいわゆるディプロマミルと呼ばれる政府無認可の専門学校といった所でありバークリー音楽「大学」卒と卒業証書が授与されるものの、学士や準学士や専門士などの公式な学位を得ることは出来ない。

  • Digree Program(音楽大学課程)
  • Diploma Program(修了課程)
  • Certificate Program(インターネットの通信教育)

学科[編集]

バークリー音楽大学の劇場の裏口

現在、同音楽学校には12の学科が存在し、入学時は音楽大学か修了課程かのみで学科を決める必要はなく、3セメスター(学期)目の終了までに決めればよい。また、その後の変更も可能である。なお、職業音楽科以外なら、どの学科でも二次専攻として2つ学科を選ぶ事が出来る。

  • Composition
  • Contemporary Writing and Production
  • Electronic Production and Design
  • Film Scoring
  • Jazz Composition
  • Music Business/Management
  • Music Education
  • Music Production and Engineering
  • Music Therapy
  • Performance
  • Professional Music
  • Songwriting

学生数[編集]

公式発表[1]によると2013年の時点で4,447名の学生と564名の起用職員を擁している。外国人留学生の割合は28%以上で、世界の91か国以上の国々から来ているとしている。各外国人留学生の割合は韓国カナダ日本が上位を占めている。また、通信教育では2,500名の受講者がいると発表している。

卒業生[編集]

出身生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “[/about/facts.html Facts and Stats]”. Berklee College of Music. 2013年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]