井上銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 銘
生誕 (1991-05-14) 1991年5月14日(28歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
学歴 バークリー音楽院
担当楽器 エレクトリック・ギター
アコースティック・ギター
レーベル Universal Classic & Jazz
事務所 コンサートイマジン
共同作業者 井上銘グループ、Stereo Champ、鈴木勲川嶋哲郎、若井優也、松井宏樹、シャンティ
公式サイト 公式サイト
メンバーMay Inoue Stereo Champ):
井上銘(g)
類家心平(Tp)
渡辺ショータ(Kyd/P)
山本連(B)
福森康(ds)

井上銘(いのうえ めい、1991年5月14日- )は日本ジャズギタリスト

来歴[編集]

  • 1991年(平成3年)、神奈川県川崎市出身。ロック好きで15歳からギターをはじめ、高校時代父親と見に行ったマイク・スターンのライブに感銘を受けジャズに転向。その後宮之上貴昭に師事。高校時代から地元宮前平のライブ・ハウス「Indigo」でライブ活動を行う。高校3年のときベテラン鈴木勲に見いだされOMAバンドに参加。
  • 2010年明治学院大学に進学(その後退学)。
  • 2011年10月に「ファースト・トレイン」でCDデビュー[1]。オリジナル曲を中心に20歳とは思えない孤高の存在感を示すとともに、レッド・ツェッペリンエリック・クラプトンを巧みにカバーし、ジャズライフ誌、JAZZ JAPAN誌などで絶賛される。
  • 2012年1月に同作で、この年創設されたばかりの「NISSAN PRESENTS JAZZJAPAN AWARD 2011」のアルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュー・スター部門)を受賞。横浜市日産自動車グローバル本社ギャラリーで行われた受賞記念ライブで山中千尋SOIL&"PIMP"SESSIONSらと共演。
  • 2013年11月に2ndアルバム「ウェイティング・フォー・サンライズ」を発売。
  • 2014年1月には「地球テレビ エル・ムンド」に巨匠渡辺香津美とのデュオで出演し注目を集める[3]
  • 2014年6月留学先のボストンから日本へ本帰国。
  • 2015年5月、小西遼(sax)、小田朋美(p,kyd,vo)、角田隆太(b)(ものんくる)、石若駿(ds)とともに新ユニット『CRCK/LCKS(クラックラックス)』を結成。同年6月菊地成孔プロデュースイベント「モダン・ジャズ・ディスコティーク」に出演[4]。(2017年3月にベースが越智俊介(CICADA)に交代)
  • 2017年新リーダープロジェクト"May Inoue Stereo Champ"での初アルバム「Stereo Champ」を発売[5]
  • 2018年、井上銘のリーダープロジェクトとしての"May Inoue Stereo Champ"から、"Stereo Champ"をバンド名義に変更しての2ndアルバム「MONO LIGHT」と、初のアコースティックソロギターアルバム「Solo Guitar」を発売[6]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

泉川貴広(p)、若井俊也(b)、柵木雄斗(ds)、ゲスト:太田朱美(fl)、早川惟雅(as)、松井宏樹(as))
(泉川貴広(p)、若井俊也(b)、柵木雄斗(ds)、ゲスト:若井優也(p)、中島あきは(as)、曽根麻央(tp)、西口明宏(ts)、織原良次(fl-b)、石若駿(ds))
類家心平(Tp)、渡辺ショータ(Kyd/P)、山本連(B)、福森康(ds))

Stereo Champ名義[編集]

  • MONO LIGHT - STEREO CHAMP (リボーンウッド、2018年[6])
類家心平(Tp)、渡辺ショータ(Kyd/P)、山本連(B)、福森康(ds))、ゲスト:Kento NAGATSUKA(from WONK)(Vo.)

ソロ作品[編集]

  • "Solo Guitar" (リボーンウッド、2018年[7]

CRCK/LCKS[編集]

  • 「CRCK/LCKS」(APOLLO SOUNDS、2016年)
  • 「Lighter」(APOLLO SOUNDS、2017年)
  • 「Double Lift」(APOLLO SOUNDS、2018年)

ゲスト参加[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井上銘、20歳のジャズ・ギタリスト鮮烈デビュー | 井上銘 | BARKS音楽ニュース
  2. ^ NEWS - ニュース|concert imagine 2012-05-28
  3. ^ NEWS - ニュース|concert imagine 2014-01-24
  4. ^ “ものんくるの角田隆太や小田朋美らが結成したCRCK/LCKS(クラックラックス)が始動”. CDJournal. (2015年12月18日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/69644 2017年6月21日閲覧。 
  5. ^ “インタビュー:ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動 - CDJournal CDJ PUSH”. CDJournal. (2017年6月16日). http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/inoue-mei/1000001309 2017年6月21日閲覧。 
  6. ^ a b “STEREO CHAMP『MONO LIGHT』/井上銘『Solo Guitar』 井上銘の関連作が二枚同時リリース!”. Mikiki (タワーレコード). (2018年11月15日). http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/19820 2019年1月12日閲覧。 
  7. ^ MAY INOUE / 井上銘 / Solo Guitar / 若手ギタリストのトップランナー井上銘が4年間続けてきたソロギターライブの集大成!
  8. ^ キングレコードCD情報
  9. ^ For Cool Cats Only: The Birth Of Somethin'cool Vol.1 | HMV ONLINE - SCOL-1008
  10. ^ 石若駿 卒業記念アルバム「Boys featuring SHUN」 | スタジオトライブレコーズ
  11. ^ 石若駿、待望のフル・リーダー作『CLEANUP』をリリース - TOWER RECORDS ONLINE
  12. ^ “渡辺香津美、新作発表&ギター生活45周年祭を開催 - CDJournal ニュース”. CDJournal. (2016年2月26日). http://www.cdjournal.com/main/news/watanabe-kazumi/70493 2017年6月21日閲覧。 
  13. ^ 『世界はここにしかないって上手に言って』 — ALBUM INFO
  14. ^ 曽根麻央|オフィシャルウェブサイト|ディスコグラフィー

外部リンク[編集]