SOIL&"PIMP"SESSIONS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SOIL&"PIMP"SESSIONS
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ジャズ
活動期間 2001年 -
レーベル Getting BetterJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
(2004年 - )
共同作業者 J.A.M
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー タブゾンビ(Tp)
丈青(Pf)
秋田ゴールドマン(Ba)
みどりん(Dr)
社長(Agitator)
旧メンバー 元晴(Sax)
社長, 2016年

SOIL&"PIMP"SESSIONS(ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ)は、日本の5人組インストジャズバンド

概要[編集]

メジャーデビューをきっかけに、バンド名を「SOIL&HEMP SESSIONS」から「SOIL&"PIMP"SESSIONS」に改名。SOILは「塵、埃、土壌、大地」を、PIMPは「伊達男」を表す[1]SOILが土壌というどこか暖かいニュアンスであるのに対してPIMPというのは国によっては放送禁止用語扱いになるような言葉であるが、陰影的で人工的で、よく言えば煌びやかなものという反対の意味を指しており、通常であればあり得ない組み合わせだが、ひとつのバンドに相反するふたつのエッセンスが存在しているということを象徴しており、彼らの音楽の重要なエッセンスに共通するものである[2]

DJが主体であったクラブシーンにライブを持ち込んだパイオニアとして知られ、ライブを中心とした活動を身上としている[2]。確かな演奏力とクールな雰囲気を漂わせながらもラフでエンターテイメント性にあふれた既存のジャズとは大きく異なるスタイルは「爆音ジャズ」と評される[1][3]。メンバー自らは「デスジャズ (Death JAZZ)」と称している[4]。近年ではテレビドラマ劇伴なども手がけている[1]

2007年にイギリスの大型音楽フェスティバルグラストンベリー・フェスティバル」に初出演。日本人アーティストとしてはCORNELIUS東京スカパラダイスオーケストラに続く3組目で、出演したJAZZ WORLDステージはそれまでの日本人アーティストが出演してきた中では最大規模のステージだった[5]

2016年のリオデジャネイロオリンピック閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーでは、使用された楽曲「ちちんぷいぷい(Manipulate the time)」の演奏を担当[6]

また、丈青、秋田、みどりんの3人はSOILとは別にピアノトリオ「J.A.M」としても活動している[7]

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

派生グループ[編集]

副島さんとピンカラ殺生s[編集]

2008年公開のアニメ映画『菅井君と家族石 THE MOVIE』に登場するジャズバンド。テーマソング「COME ON BABY」を担当している。「島根県のとある村の青年団で組織した謎のJAZZバンド」という設定[9]

J.A.M[編集]

メンバーの丈青(Pf)・秋田ゴールドマン(Ba)・みどりん(Dr)によるピアノトリオで、ジャズをベースに、ヒップホップ、ハウス、ロックといったジャンルの要素を取り入れて活動している[7]。元々は都内のジャズクラブで神出鬼没に活動していたが、SOIL&“PIMP”SESSIONSのライブセットにトリオでのセッション演奏がコーナー的に挿まれるようになり、2007年はFUJI ROCK FESTIVAL '07の“FIELD OF HEAVEN”ステージに出演を果たした。2008年にはゲストボーカルにホセ・ジェイムズを迎えてJ.A.M名義でミニアルバム『Just A Maestro』を発表、またSOIL本体とともに椎名林檎の『三文ゴシップ』に参加するなどの活動を行っている。

略歴[編集]

2001年
  • 社長が六本木のラウンジバーで「SOIL&HEMP SESSIONS」というイベントを企画し、そこで知り合ったミュージシャンが集まって結成[1][2]
2003年
  • ほぼ現行のメンバーで始動。まだリリースも契約も何もないアマチュアの状態でフジ・ロック・フェスティバルに出演[10]。音源を発表していないバンドの出演は異例であった。出演後、様々なレコード会社から契約のオファーを受ける。この際、諸事情によりキーボードが脱退し、代わって丈青が加入。
2004年
  • 初音源となるアルバム『PIMPIN'』をリリース。
2005年
  • アシッドジャズの生みの親でTalkin' Loudレーベルを主宰するジャイルス・ピーターソンが自身のBBCの番組で、偶然手にした彼らの音源を4週にわたってオンエア。番組出演とUKでのショーを直接オファーした[2]。UKでのショーと時を同じくして、ドイツ、カナダ、北欧などのジャズシーンで話題となり、海外ツアーを実施[2]
  • 12月、BBC RADIO1が毎年主催する“WORLDWIDE AWARDS 2005”にて『John Peel Play More Jazz Award』を受賞[1]。また、同アワードのトラック・オブ・ザ・イヤー、セッション・オブ・ザ・イヤーの2部門にも3位にノミネートされる[2]
2006年
2007年
2009年
  • 9月16日、オリジナルフルアルバム『6』をリリース。
  • 9月30日、アルバム収録曲の椎名林檎とのコラボ曲の別バージョン「MY FOOLISH HEART〜Crazy in Shibuya〜」を配信限定でリリース。
2011年
  • 7月20日、マイア・ヒラサワをフィーチャリングゲストに迎えたシングル「MOVIN'」をリリース。
  • 10月5日、オリジナルフルアルバム『MAGNETIC SOIL』をリリース。
2012年
2013年
  • 3月、ベトナムマレーシアでライブを行う。3月2日にベトナム・ハノイで開催される野外ライブ「TOKYO JAZZ CLUB」のメインアクトを務め、3月4、5日にマレーシア・クアラルンプールのUniversiti Teknologi Maraにてライブ&ワークショップを行う。
  • 3月25日、東京・渋谷ヒカリエ東急シアターオーブで行われた「JAZZ WEEK TOKYO 2013」で「SOIL&"PIMP"BIG BAND」を再編成。福原美穂がゲスト出演。
  • 4月24日、RHYMESTERをフィーチャリングゲストに迎えたシングル「ジャズィ・カンヴァセイション」タワーレコード限定でリリース。
  • 6月26日、「SOIL & "PIMP" SESSIONSと椎名林檎」名義でコラボシングル「殺し屋危機一髪」をリリース。
2014年
2015年
2016年
  • 9月18日(日本時間19日)に行われたリオ五輪閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーで、演奏を担当した楽曲「ちちんぷいぷい」が流れる。
  • 10月、元晴の脱退とバンドの一時活動休止を発表[4][8]
2017年
  • 4月、ワンマンライブ「PUMP IT UP」で活動を再開[12]。6月、丈青が右手の薬指の伸筋腱断裂・化膿性腱鞘炎と診断されたことを受け、開催が予定されていたJ.A.Mのツアーの中止となり、SOIL出演のイベント「THE CAMP BOOK 2017」には丈青の代役(伊澤一葉)を立てて対応[13]
  • 7月14日から放送のTBS金曜ドラマハロー張りネズミ」の主題歌に、野田洋次郎RADWIMPS)とのコラボレーション曲「ユメマカセ」が採用。またドラマのサウンドトラックも制作する。

関連アーティスト[編集]

  • Azumi - 社長がアルバム『CARNIVAL』収録の「Crazy Days feat. ILMARI(RIP SLYME)」をサウンドプロデュース。1stソロアルバム『ぴあのとあずみ』に丈青、カバーアルバム『NEW STANDARD』収録の「うる星やつらのテーマ 〜ラムのラブソング〜」のカバーに元晴、タブゾンビが参加。みどりんがライブサポート。
  • 伊澤一葉the HIATUSあっぱ、ex.東京事変) - バンド・katsina sessionでタブゾンビが活動を共にする他、丈青が負傷した際にはSOILのサポートメンバーを務めた[13]
  • 井出靖 - アルバム『LATE NIGHT BLUES』に元晴が参加参加。
  • 伊藤ゴロー - インストゥルメンタルアルバム『POSTLUDIUM』に丈青と秋田ゴールドマンが参加。
  • 犬式 - アルバムにタブゾンビが参加。
  • 井上富雄 - ソロプロジェクト・STRUTTIN UNLIMITEDのアルバムにみどりん、丈青が参加。
  • 井上銘
  • UA - アルバム『ATTA』にタブゾンビが参加。
  • 大沢伸一MONDO GROSSO) - MONDO GROSSOのライブアルバム『The European Expedition』の発売20周年を記念したトリビュートライブに元晴、タブゾンビが参加。
  • 太田剣
  • OKAMOTO'S - アルバム『Let It V』にタブゾンビ、元晴、丈青が参加。
  • 沖仁 - J.A.Mのアルバムに参加。沖のライブをJ.A.Mがライブサポート。
  • 柏倉隆史(the HIATUS、toe) - バンド・katsina sessionのメンバーとして、タブゾンビと共に活動。
  • katokunnlee - 社長、タブゾンビ、みどりんがサポート。katokunnleeのジャズユニットpLAYAにも参加。
  • 加山雄三 - 加山を中心に結成されたロック・バンド・THE King ALL STARSにタブゾンビが参加。
  • Charisma.com - メジャー1stフルアルバム『not not me』の楽曲制作に社長が参加。
  • 杏子 - シングル「恋するBAILA BAILA」のカップリングに収録の「One in a million(SOIL&"PIMP"ver.)」のアレンジと演奏を担当。
  • 小泉今日子 - アルバム『Koizumi Chansonnier』に参加。
  • quasimode - アルバムにタブゾンビが参加。ジョイントライブで共演。リーダーであるピアニストの平戸祐介の1stソロアルバム『Speak Own Words』に元晴が参加。
  • グザヴィエ・ボワイエ(タヒチ80) - アルバム『BLACK TRACK』に彼をボーカルに迎えた「In2 My Soul」を収録。
  • cro-magnon - アルバム『4U』にタブゾンビが参加。13人編成のcro-magnon Orchestraにタブゾンビ、元晴が参加。
  • GOING UNDER GROUND - 「TUTTI」にタブゾンビが参加。
  • COMA-CHI - レコーディングに元晴が参加。
  • 斉藤和義 - アルバム『ARE YOU READY?』に秋田ゴールドマンが参加。
  • 在日ファンク - ジェームス・ブラウンのトリビュートライブで共演。
  • さかいゆう - アルバム『How's it going?』に参加。
  • Suchmos - 自主企画イベント「Suchmos The Blow Your Mind vol.1」にリスペクトするアーティストとして招かれて対バン
  • シアターブルック - アルバム『LOVE CHANGES THE WORLD』に元晴、タブゾンビが参加。
  • 椎名純平 - バックバンドのEvil Vibrationsにタブゾンビが参加。椎名を中心に結成されたバンド・Dezille Brothersをタブゾンビと元晴がサポート[14]
  • 椎名林檎 - 現行メンバーで活動する前のアマチュア時代からの付き合いで、メジャーデビューする際にした「ボーカルが必要なときは最初に私とやろうね」という約束を守って「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」でコラボレーションを実現[2]。アルバム『三文ゴシップ』にSOILとJ.A.Mが参加。アルバム『6』と『CIRCLES』にゲストボーカルとして椎名が参加。J.A.Mやみどりんがソロのライブをサポート。リオデジャネイロオリンピックの閉会式のフラッグハンドオーバーセレモニーで音楽監督の椎名の楽曲を演奏。
  • ジェイミー・カラム - イギリスBBCのイベント「Electric Proms 07」に「SOIL&"PIMP"SESSIONS with Jamie Cullum」として出演。アルバム『6』にゲストとして参加。
  • ジェロ - 演歌/歌謡曲のカバーアルバム『カバーズ』収録の「君恋し」の演奏を担当。
  • JiLL-Decoy association - アルバム『ジルデコIII』に元晴、タブゾンビが参加。
  • シンリズム - 1stアルバム『NEW RHYTHM』にタブゾンビが参加。
  • Superfly - アルバム『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'』Disc2の洋楽カバーベスト収録の「Bitch」にタブゾンビ、元晴が参加。
  • Scoobie Do - 「SCOOBIE DO」「Funk-a-lismo!」にタブゾンビ、元晴が参加。
  • ストレイテナー - シングル「From Noon Till Dawn」にタブゾンビが参加。
  • セカイイチ - 4thアルバム『セカイイチ』に元晴、タブゾンビが参加。
  • 蔦谷好位置 - EOR(ENTITY OF RUDE)のメンバーとして、タブゾンビと共に活動。
  • Dj KENTARO - アルバム『6』、『CIRCLES』に参加。
  • dCprG - 2012年まで丈青がメンバーとして活動していた。
  • Dezille Brothers - 1stアルバム『だしの取りかた』にタブゾンビ、元晴が参加。
  • TWEEDEES - 1stアルバム『The Sound Sounds.』収録の「あなたにはがっかり」にみどりんが参加。
  • 東京事変 - レコーディングやライブサポートにメンバーが参加。
  • tricot - 自主企画イベントに参加。
  • 長岡亮介ペトロールズ、ex.東京事変) - アルバム『BLACK TRACK』に彼をボーカルに迎えた「Connected feat. Nagaoka Ryosuke」を収録。長岡もギター&ボーカルでライブに参加。長岡のバンド・ペトロールズのトリビュート・アルバムに参加。
  • 中村達也 - EOR(ENTITY OF RUDE)のメンバーとして、タブゾンビと共に活動。
  • 七尾旅人 - アルバム『CIRCLES』にゲストとして参加。
  • Nia Andrews - アルバム『BLACK TRACK』に彼女をボーカルに迎えた「By Your Side」を収録。
  • 野田洋次郎RADWIMPS) - コラボレーション曲「ユメマカセ」を発表。
  • ノラ・ジョーンズ - 来日時にみどりんがライブをサポート[15]
  • BUCK-TICK - 「夢見る宇宙」にタブゾンビ、元晴が参加。
  • ハナレグミ - ジョイントライブで共演。アルバム『オアシス』収録の「オアシス」にみどりんが参加。
  • Bambu - アルバム『BLACK TRACK』に彼をラップに迎えた「By Your Side」を収録。
  • 一青窈 - 槇原敬之トリビュートアルバム『We Love Mackey』に一青が提供した「SPY」に参加。コラボレート・シングル「他人の関係 feat. SOIL&"PIMP"SESSIONS」を発表。レコーディングやライブサポートに参加。
  • 日向秀和ストレイテナーNothing's Carved In Stone) - バンド・EOR(ENTITY OF RUDE)やkatsina sessionのメンバーとして、タブゾンビと共に活動。
  • 冷牟田竜之 - ソロプロジェクトDAD MOM GODにタブゾンビが参加。
  • 福原美穂 - コラボレーション楽曲を発表。アルバム『CIRCLES』にゲストボーカルとして参加。ライブサポートにみどりんが参加。
  • 藤巻亮太 - レコーディングやライブサポートにタブゾンビが参加。
  • 藤原さくら - レコーディングやライブサポートに秋田ゴールドマンが参加。
  • PE'Z - ジョイントライブで共演。
  • ペトロールズ - トリビュート盤『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』に参加、楽曲「ホロウェイ」をカバーする。
  • THE BAWDIES - 「GOING BACK HOME」に丈青が参加。タブゾンビ、丈青がライブサポート。
  • ぼくのりりっくのぼうよみ - ワンマンツアー「ぼくのりりっくのぼうよみ TOUR 2017」にタブゾンビと秋田ゴールドマンがゲスト出演。
  • ホセ・ジェイムズ - 社長がライブのスペシャルMCを担当、J.A.Mがライブサポート。SOILやJ.A.Mのアルバムにゲストボーカルとして参加。
  • 布袋寅泰 - デビュー30周年記念アルバム『ALL TIME SUPER GUEST』にゲスト参加。
  • BONNIE PINK - アルバム『CIRCLES』にゲストボーカルとして参加。
  • Polaris - アルバム『Music』にみどりんが参加。
  • マイア・ヒラサワ - コラボシングル「MOVIN' feat.Maia Hirasawa」を発表。
  • MANNISH BOYS - レコーディングにタブゾンビが参加。
  • 三浦大知 - アルバム『HIT』に収録の「Rise Up feat. SOIL&"PIMP"SESSIONS」をプロデュース。
  • 三宅洋平 - 元晴が三宅洋平、小林眞樹(B)、PEACE-K(Dr, Perc)、越野竜太(G / らぞく)とともにバンド「(仮)ALBATRUS」を結成。
  • MIYAVI - 2012年のJAPAN JAMで初共演。アルバム『CIRCLES』にゲスト参加。
  • 向井秀徳 - 宮藤官九郎が監督・脚本を務めた映画「中学生円山」の音楽を手掛けた向井が映画のためのコラボ曲「中学生円山のテーマ」をタブゾンビ、元晴と制作。
  • 山本加津彦
  • 矢野沙織 - アルバム『Bubble Bubble Bebop』に元晴、タブゾンビが参加。
  • YOUR SONG IS GOOD - 「あいつによろしく」にタブゾンビ、元晴が参加。
  • U-zhaan - アルバム『CIRCLES』にゲスト参加。
  • LITE - レコーディングにタブゾンビが参加。
  • LIFE IS GROOVE - 1stアルバム『Generations』にタブゾンビが参加。
  • ライアット(英語: Ryat) - アルバム『CIRCLES』にゲストとして参加。
  • ライムスター - 2011年のMEET THE WORLD BEATでの共演をきっかけにツーマンライブやイベントなどを行う[2]
  • ラリー・ブラウン(グレイ・レヴァレンド) - J.A.Mのアルバムに参加。
  • レキシ

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2004年12月1日 サフォケーション VICL-35722 オリコン圏外
2nd 2006年2月8日 Crush! VICL-35950 オリコン最高96位、登場回数3回
3rd 2007年2月7日 マシロケ VICL-36203 オリコン最高63位
4th 2008年4月23日 STORM VICL-36406 オリコン最高68位、登場回数3回
5th 2011年7月20日 MOVIN' VIZL-425:生産限定盤
VICL-36657:通常盤
オリコン最高31位、登場回数3回
6th 2013年4月24日 ジャズィ・カンヴァセイション feat. RHYMESTER NCS-868 タワーレコード限定
7th 2013年6月26日 殺し屋危機一髪 feat. 椎名林檎 VICL-36788 オリコン最高14位、登場回数6回
8th 2014年7月23日 表nothin' 裏girl NCS-884 タワーレコード限定

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2004年6月23日 PIMPIN' VICL-61421 オリコン最高260位
2nd 2005年2月9日 PIMP MASTER VICL-61566 オリコン最高80位、登場回数5回
1st mini 2005年7月21日 SUMMER GODDESS VICL-61696 オリコン最高153位、登場回数3回
3rd 2006年3月8日 PIMP OF THE YEAR VICL-61891:初回限定盤
VICL-61892:通常盤
オリコン最高59位、登場回数8回
4th 2007年3月7日 PIMPOINT VICL-62305 オリコン最高38位、登場回数6回
5th 2008年5月21日 PLANET PIMP ICL-62828 オリコン最高33位、登場回数7回
6th 2009年9月16日 6 VICL-63376 オリコン最高36位、登場回数5回
カバー 2010年12月8日 SOIL&"PIMP"SESSIONS presents STONED PIRATES RADIO VICL-63684 オリコン最高79位、登場回数3回
7th 2011年10月5日 MAGNETIC SOIL VICL-63787:初回限定盤
VICL-63788:通常盤
オリコン最高44位、登場回数5回
8th 2013年8月7日 CIRCLES VIZL-563:初回盤
VICL-64049:通常盤
オリコン最高15位、登場回数7回
ベスト 2013年10月23日 "X" Chronicle of SOIL&"PIMP"SESSIONS VIZL-586:初回限定盤
VICL-64067:通常盤
オリコン最高43位、登場回数4回
9th 2014年11月28日 Brothers & Sisters VIZL-709:初回限定盤
VICL-64205:通常盤
オリコン最高42位、登場回数3回
Live 2015年10月7日 A NIGHT IN SOUTH BLUE MOUNTAIN VICL-70190:SHM-CD オリコン最高70位、登場回数2回
10th 2016年4月6日 BLACK TRACK VIZL-947:初回限定盤
VICL-64559:通常盤
オリコン最高19位、登場回数3回
サウンドトラック 2017年8月23日 真夜中のハリネズミ Music from and inspired by ハロー張りネズミ VICL-64835

配信限定[編集]

発売日 タイトル
2006年11月11日 カリソメ乙女 (DEATH JAZZ ver.)
2009年8月5日 Paraiso
2008年7月23日 Live Session EP (iTunes Exclusive)
2009年9月30日 MY FOOLISH HEART〜Crazy in Shibuya〜
2010年11月15日 LIVE AT ROPPONGI 14th NOV.2010

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2005年12月21日 LIVE in LONDON+ VIBL-315 オリコン圏外
2nd 2007年10月31日 U WANT MORE? VIBL-404:初回限定盤
VIBL-405:通常盤
オリコン最高95位
3rd 2014年1月29日 "X" The Music Videos VIBL-691 オリコン最高122位

バンドスコア[編集]

発売日 タイトル
2006年8月28日 SOIL&"PIMP"SESSIONS SELECTION
2009年9月28日 SOIL&"PIMP"SESSIONS SELECTION VOLUME 2

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2004年12月22日 TOKYO LOUNGE Vol.4 CRCP-20369 DISC1-3.Fuller Love
2005年10月05日 nbsa+x÷〜自然発火〜 TOWER-1006 8.Mature
2006年4月26日 smart 〜10th&200th Anniversary!〜 170-LDKCD 2.No Taboo
2007年03月28日 FREEDOM quasimode JAZZ SELECTION COCB-53600 3.Summer Goddess
2007年07月19日 ランバージャック・シャツの夜〜マラノーチェに捧げる言葉と音〜 VICL-62456 6.Struggle
2007年11月21日 ブルーノート・ストリート TOCP-70317 2.モード・トゥ・ジョン
2008年03月26日 ブラス・パラダイス VICP-62959 7.First Lady
2008年03月26日 Tokyo Nu-School Of Jazz VICP-62915 6. Harbor
2008年07月16日 サンセット・ライヴ・オフィシャル・セレクション・アルバム“ラヴ&ユニティ” PCCA-02707 6.WE WANT MORE!!!!!!
2008年09月24日 The Victor Recordings 8 1998〜2008 VICL-62917 DISC2-4.サフォケーション
2009年05月27日 WIRED CAFE Music Recommendation "Smoove" XQEB-1006 2.Crush!
2009年10月28日 美ぎ島 Music Convention 2009 in 宮古島 UPBH-20039
2010年03月10日 クラブ・ジャズ・ディグス・ルパン三世 VICL-63544 1.ルパン三世のテーマ
2010年09月08日 On a road with TARTOWN GRGAT-0005 8. Struggle
2011年1月12日 We Love Mackey SRCL-7484 5.SPY/一青窈 feat. SOIL&"PIMP"SESSIONS
2011年8月17日 ALL TIME SUPER GUEST TOCT-27090
TOCT-27091
13.BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY/SOIL&"PIMP"SESSIONS with 布袋寅泰
2012年03月28日 JPJZ -Beautiful- selected by SHACHO BBQ-40CD 12.Awesome Knowledge
2012年07月25日 ROUTINE JAZZ PRESENTS "NOUVELLE VAGUE" COMPILE OF JAPANESE CLUB JAZZ BAND RRSP-001 9. Summer Goddess
2013年10月30日 blue note cookin' TYCJ-60001 1.サマータイム / Jose James feat.SOIL & 'PIMP' SESSIONS
2014年05月21日 杏子恋するBAILA BAILA AUCL-157
AUCL-159
2.One in a million(SOIL&“PIMP”ver.)
2014年08月27日 一青窈他人の関係 feat.SOIL&"PIMP"SESSIONS」 UPCH-80381
UPCH-89182
1.他人の関係 feat.SOIL&"PIMP"SESSIONS
2017年03月22日 WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ? VIZL-1139
VICL-64766
9.ホロウェイ

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
池田剛 「AVALANCHE」
加藤マニ 表nothin' 裏girl
児玉裕一 殺し屋危機一髪
澤井昭彦 「First Lady」
ZUNBUG STARSKI STORM
竹内鉄郎 Crush!」「SUMMER GODDESS」「Suffocation
tatsuaki ジャズィ・カンヴァセイション
冨永昌敬 「マシロケ」
マサオ POP KORN
木綿達史 MOVIN' feat. Maia Hirasawa
山口真人 MY FOOLISH HEART〜crazy on earth〜 × 椎名林檎

J.A.M名義[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年03月05日 Just A Maestro VICL-62762 オリコン最高90位、登場回数6回
2nd 2010年05月19日 Just Another Mind VICL-63539 オリコン最高27位、登場回数5回
3rd 2012年09月19日 Jazz Acoustic Machine VICL-63916 オリコン最高89位、登場回数3回
4th 2017年5月24日 Silent Notes VICL-64799 オリコン最高114位、登場回数2回

配信限定[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2017年4月26日 Alone EP

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
新宮良平 産業革命
山口真人 「Jazzy Joint featuring Jose James」

タイアップ[編集]

  • 「Crush!」 - TBS系TV「格闘王」エンディングテーマ
  • 「SAHARA」 - 伊藤園「W」COFFEE CMソング
  • 「Pro-seed」 - NHK「トップランナー」2007年度オープニングテーマ
  • 「カリソメ乙女(DEATH JAZZ ver.)」 - 映画さくらん」主題歌(2007年)
  • 「COME ON BABY」 - 「副島さんとピンカラ殺生S」名義による映画「菅井君と家族石 THE MOVIE」の主題歌(2008年)
  • 「Fantastic Planet」 - トヨタ自動車ハリアー」CMソング(2008年)
  • 「Paraiso」 - フジテレビ系深夜アニメ「ミチコとハッチン」オープニングテーマ(2008年)
  • 「Go Next!」「Storm」 - ケンウッド「Prodino」CMソング
  • 他人の関係 feat. SOIL&"PIMP"SESSIONS」 - フジテレビ系木曜劇場「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の主題歌(2014年)
  • 「THEME FROM "FUTAGASHIRA"」 - WOWOWの時代劇「連続ドラマW ふたがしら」のメインテーマ(2015年)
  • 「SEKAI」 - フジテレビ系「ボクシングフェス2015〜井上尚弥八重樫東ダブル世界戦〜」中継テーマソング(2015年)
  • 「SOILOGIC」 - WOWOWでオンエアの海外ドラマ「SUITS/スーツ 5」の日本語版エンディングテーマ(2016年)
  • 「ユメマカセ」 - TBS系金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」の主題歌(2017年)

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

  • 2008年公開「菅井君と家族石 THE MOVIE」 - SOIL&"PIMP"SESSIONSにそっくりな謎のジャズバンド「副島さんとピンカラ殺生s(SOEJIMA&"PIMCARA"SESSIOWS)」が出演。

ラジオ[編集]

  • V.I.P.」(J-WAVE、2014年10月5日 - 2016年3月26日) - ナビゲーター、社長のみ

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2007年 - tour2007
  • 2008年 - ワンマンLIVE
  • 2009年 - SOIL&"PIMP"SESSIONS WORLD TOUR 2009
  • 2011年 - SOIL&"PIMP"SESSIONS「ニコニコツアー2011」
    w/quasimode
  • 2011年 - SOIL&"PIMP"SESSIONS TOUR 2011
  • 2012年 - 日比谷宣言
    w/サイトウ "JxJx" ジュン / 向井志門 / 川崎太一朗 / 廣瀬貴雄 / 後関好宏 / 武嶋聡 / 類家心平 / 高橋保行
  • 2012年 - SOIL&"PIMP"SESSIONS『ニコニコツアー2012』
    w/ギターウルフ / ストレイテナー
  • 2013年 - 10th Anniversary! LIVE CIRCLES
    w/BONNIE PINK / MIYAVI
  • 2014年 - SOIL& "PIMP" SESSIONS presents "CLUB CIRCUS"
    w/(仮)ALBATRUS / J.A.M / 松浦俊夫 presents HEX
  • 2015年 - SOIL & "PIMP"SESSIONS TOUR 2014/2015
  • 2015年 - JAZZ UNLIMITED TOUR
  • 2015年 - 少数限定。至近距離。生音原音体感ライブ。
  • 2016年 - 東京宣言 オープンマイクジャムセッション
  • 2016年 - SOIL & "PIMP"SESSIONS 「"BLACK TRACK" release pre-party」
    w/ペトロールズ
  • 2016年 - TOUR 2016 "BLACK TRACK"
  • 2016年 - SOIL&"PIMP"SESSIONS 『大納会』
  • 2017年 - SOIL&"PIMP"SESSIONSワンマンライブ<PUMP IT UP>

出演イベント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『I See You While Playing The Piano』(2014年10月8日)、『re: I See You While Playing The Piano』(2016年5月23日)。
  2. ^ フランスデンマークイギリスオランダクロアチアセルビアドイツの6カ国を横断し、ドイツでは7つのイベントに参戦する。20日間で6カ国・13公演。
  3. ^ ドイツ、イギリス、オランダ、スコットランド、フランスの5か国。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Profile”. SOIL&"PIMP"SESSIONS Victor Entertainment. 2017年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Cheers インタビュー 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く SOIL&"PIMP"SESSIONS”. Cheers. 2017年6月17日閲覧。
  3. ^ SOIL&"PIMP" SESSIONS、椎名林檎をフィーチャーした新シングルをリリース”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年6月7日). 2017年6月16日閲覧。
  4. ^ a b c SOIL&"PIMP"SESSIONS、元晴(Sax)の脱退を発表。バンドは一時充電期間へ”. Skream! (2016年10月31日). 2017年6月16日閲覧。
  5. ^ [SOIL & "PIMP" SESSIONS 英グランストンベリーフェス初参戦]”. 音楽ナタリー (2007年6月6日). 2017年7月8日閲覧。
  6. ^ 五輪引継式は渋谷ショーだった?椎名林檎の意図、楽曲から考察”. MusicVoice (2016年9月19日). 2017年6月16日閲覧。
  7. ^ a b SOILのピアノトリオJ.A.M、5年ぶりアルバム続報 配信限定EPも”. CINRA.NET (2017年4月25日). 2017年7月8日閲覧。
  8. ^ a b SOIL & "PIMP" SESSIONSから元晴が脱退、バンドは充電期間へ”. 音楽ナタリー (2016年10月29日). 2017年6月16日閲覧。
  9. ^ 副島さんと"ピンカラ"殺生sプロフィール”. ビクターエンタテインメント. 2017年8月27日閲覧。
  10. ^ 社長が語る、SOIL&"PIMP"SESSIONSとフジロックの深い関係とは?”. ローリング・ストーン日本版 (2016年8月8日). 2017年6月17日閲覧。
  11. ^ 連続ドラマW「ふたがしら」全キャスト発表!國村隼、村上淳らが痛快時代劇に挑む”. 映画.com (2015年4月16日). 2015年4月16日閲覧。
  12. ^ SOIL&"PIMP"SESSIONS充電完了、活動再開ライブ「PUMP IT UP」をリポート”. MUSICMAN-net (2017年4月17日). 2017年6月16日閲覧。
  13. ^ a b 丈青負傷を受けJ.A.Mツアー中止、SOILライブを伊澤一葉サポート”. 音楽ナタリー (2017年5月19日). 2017年6月16日閲覧。
  14. ^ SANABAGUN.「メジャー」特集 高岩遼×尾崎世界観(クリープハイプ)×社長(SOIL & "PIMP" SESSIONS)鼎談”. 音楽ナタリー (2015年10月21日). 2017年8月27日閲覧。
  15. ^ ノラ・ジョーンズが東京で「デイ・ブレイクス」ショウケース・ライヴ開催”. MUSICMAN-net (2016年9月8日). 2017年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]

メンバー[編集]