ワーナーミュージック・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
Warner Music Japan Inc.
Warner Music Japan Logos.svg
種類 株式会社
略称 WMJ
本社所在地 日本の旗 日本
107-8639
東京都港区北青山1-2-3 青山ビル3階
設立 1970年11月11日
(ワーナーブラザーズパイオニアとして)
業種 情報・通信業
事業内容 音楽・映像ソフト制作及び販売、音楽著作権管理、原盤制作ほか
代表者 小林和之
(代表取締役会長兼最高経営責任者)
内海州史
(代表取締役社長兼最高執行責任者)
主要株主 ワーナー・ミュージック・グループ
関係する人物 ラクラン・ラザフォード
(元・ワーナーミュージック・アジア・パシフィック President)
石坂敬一
(元・ワーナーミュージック・ジャパン取締役名誉会長)
外部リンク wmg.jp
テンプレートを表示

株式会社ワーナーミュージック・ジャパン (Warner Music Japan Inc.) は、米国ワーナー・ミュージック・グループ傘下の日本レコード会社

沿革[編集]

アーティスト[編集]

2016年6月現在、五十音順。

邦楽[編集]

過去[編集]

ワーナー・パイオニア名義も含む。

社内レーベル[編集]

消滅レーベルも含む。

  • A.K.A. Records
  • A'zip Music
  • Atlantic Japan
  • CUBE LOVES MUSIC
  • DREAM MACHINE
  • east west
  • ENTRANCE
  • Futurista
  • GARLAND
  • Jupiter
  • MOON
  • NAT
  • Organon
  • PASION RECORD!(今井美樹のプライベート・レーベル)
  • PHOTON
  • PLANETS
  • Real Note
  • Rhino
  • Reprise
  • River Way(槇原敬之のプライベート・レーベル)
  • root of style(米倉利紀のプライベート・レーベル)
  • SAMURAI ROCK(吉川晃司 のプライベート・レーベル)
  • SPROUSE
  • TRINITAS
  • unBORDE - 高橋優・きゃりーぱみゅぱみゅらが所属
  • VYBE
  • WEA Japan

主なコンピレーションアルバム[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後、同社の家庭用AV事業は完全子会社の「パイオニアホームエレクトロニクス株式会社」への移管を経て、2015年3月より「オンキヨー株式会社」の完全子会社の「オンキヨー&パイオニア株式会社」に再び移管された。
  2. ^ 現在は持株会社制に移行。
  3. ^ 米国本社でのディスク原盤製造の撤退に伴い、パイオニアLDCを通じての販売元としての契約は継続。現在は同社の後身であるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンが担当。
  4. ^ 日本経済新聞・1994年8月19日付の記事より。
  5. ^ Kristen Schweizer; 藤森英明 (2011年5月7日). “ブラバトニク氏:ワーナー・ミュージック買収で合意-33億ドル(1)” (日本語). ブルームバーグ. 2011年5月8日閲覧。
  6. ^ “ワーナー・ミュージック、EMIの欧州資産買収へ”. THE WALL STREET JOURNAL 日本版. (2013年2月8日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324406204578290881792277310.html 2014年8月7日閲覧。 
  7. ^ “ワーナー、石坂敬一代表取締役会長兼CEOの退任を発表”. Musicman-NET. (2014年2月25日). http://www.musicman-net.com/business/33643.html 2014年8月6日閲覧。 
  8. ^ “ワーナー会長兼CEOに小林和之氏、社長兼COOに内海州史氏が就任”. Musicman-NET. (2014年3月26日). http://www.musicman-net.com/business/34628.html 2014年8月6日閲覧。 
  9. ^ a b c d e 原盤権渡辺音楽出版が所有。
  10. ^ 「あいたいよ」と「京都哀愁」の2枚のシングルのみの在籍
  11. ^ a b 原盤権はヤマハミュージックパブリッシングが所有。
  12. ^ 長嶋茂雄に関する音源の発売権を取得し、「ミスターG 栄光の背番号3」を発売。営業部時代にはカタログ『WEA-WAY』第1号(1979年)の編集を担当した。2009年8月14日没、享年74。

外部リンク[編集]