Syu (ギタリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Syu
Galneryus Syu.jpg
基本情報
出生名 植田修輔
生誕 (1980-09-23) 1980年9月23日(36歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県芦屋市
ジャンル ヘヴィメタル
パワーメタル
ネオクラシカルメタル
スピードメタル
職業 ギタリスト
ボーカリスト
担当楽器 ギター
ボーカル
レーベル hPQ(2010年)
共同作業者 VALKYR(1998年 - 2002年)
GALNERYUS(2001年 - )
SPINALCORD/ex.AUSHVITZ
(2002年 - )
アニメタル(2003年 - 2006年)
著名使用楽器
ESP CRYING STAR

Syu(シュウ、1980年9月23日 - 本名 植田修輔)は、日本のギタリストおよびシンガーソングライター兵庫県芦屋市出身。GALNERYUSSPINALCORDのメンバーで、ほとんどの曲の作曲を担当している。

経歴[編集]

幼少の頃からピアノとバイオリンを始める[1]

小学4年生の時にX JAPANがきっかけでドラムとギターを始め、その後、プロのギタリストになることを決意[1]

1998年ヴィジュアル系バンドVALKYRに加入する[1]

2001年ヘヴィメタルバンド・GALNERYUSを結成[1]

2002年、VALKYR解散後、バンドAUSHVITZ(ギターとボーカルを担当、後にSPINALCORDに改名)を結成[1]

2003年アニメタルへ加入する[1]

2006年、アニメタルが封印となり、以降はGALNERYUSを中心に活動[1]

2014年、アニメ『曇天に笑う』のオープニングテーマ「毘藍ノ風」(歌 - 青木隆治)の作曲を担当。GALNERYUSとしても、エンディングテーマ「Attitude to Life」を手がける。

使用機材[編集]

ギター[2]

  • ESP CRYING STAR
    Syuのシグネイチャーモデル。CRYING STARシリーズとしては1番目のモデルにあたる。通称は「初号機」。ボディーはアルダーで、ネックは3ピースのハードメイプルを採用。スケールはミディアムスケール。
    ピックアップにはセイモア・ダンカンのTB-4(リア)、ESPのJUNCTION-SS(フロント)を採用。コントロール類は、ボリューム、トーン、ピックアップセレクター、キルスイッチ(ギターとアンプの接続を遮断した状態にするスイッチ)が搭載されている。
    兄弟ブランドのエドワーズから、コストパフォーマンスモデルの「E-CS-160」が発売されている。
  • ESP CRYING STAR-REBEL
    2番目のシグネイチャーモデル。カラーはホワイト。主なスペックはCRYING STARと同じだが、コントロール類やピックアップは大きく異なる。
    ピックアップにはEMGの89(リア)、SAV(フロント)を採用。コントロール類には、SPC Volumeと呼ばれるコントロール機能が搭載されている。これは、コイルスプリットスイッチを解除(リアピックアップをハムバッカーモードにした状態)にした時に機能するもので、フロントピックアップの音圧をより太いものにするためのコントロール機能である。
    6弦用のペグには、レバー操作で瞬時に音程を1音下げることができるチューナーを搭載。
    エドワーズからは、「E-CS-130 REBEL」の名前で発売。ただし、こちらはESP版と違い、フロントとリアの双方ともセイモア・ダンカン製のピックアップが搭載されている。コントロール類の特徴として、フロントとリアのトーンコントロールが独立している。6弦を瞬時に1音下げるチューナーは搭載されていない。
  • ESP CRYING SEVEN
    CRYING STARの7弦仕様で、市販はされていない。2つのモデルがあり、1つは24フレット仕様の2ハムバッカータイプ、もう1つは、リアピックアップのみのタイプ。
  • ESP CRYING STAR-CLASSIC
    CRYING STAR(6弦仕様)としては初となる、24フレット仕様のモデル。カラーはヴィンテージチェリー。ボディー、ネックにはホンジュラス・マホガニーを用いており、ネックジョイントはセットネック方式を採用(それ以前のモデルはボルトオン仕様)。
    ピックアップはセイモア・ダンカン製のSH-2(フロント)、SH-4(リア)を搭載。コイルスプリットスイッチ、キルスイッチは搭載されていない。
    Syu本人が所有しているバリエーションモデルとして、カラーがブラックで、フロントにEMGの85、リアにEMGの81を搭載したモデルがある。
    エドワーズからは、「E-CS-140 CLASSIC」の名前でコストパフォーマンスモデルが発売されている。
  • ESP CRYING STAR PHOENIX
  • ESP CRYING STAR-REBEL 改
  • ESP CRYING V
  • ESP MV <SYU CUSTOM>
  • ESP M-SEVEN SYU CUSTOM
  • ESP EX-280 <SYU CUSTOM>
  • EDWARDS E-EX-138
  • EDWARDS E-FV-80D <SYU CUSTOM>
  • EDWARDS E-SE-87R/LT <SYU CUSTOM>

ディスコグラフィー[編集]

ソロアルバム[編集]

  • 『YOU PLAY HARD』(2016年)

カバーアルバム[編集]

オムニバスアルバム[編集]

  • 『六弦心 Vol.1』 (2012年)
荒城の月

DVD[編集]

  • 『超人奏法:基礎編』 (2005年2月21日)シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 『超人奏法:技巧編』 (2005年3月22日)シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 『超人奏法:実践旋律編』 (2005年4月30日)シンコーミュージック・エンタテイメント

書籍[編集]

  • 『Syu:100% BOOK 新世代の“超人”ギタリスト』 (2006年11月1日)シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 『Syuの鬼凄!メタル・ソロ・メソッド 理論とテクがWアップ!』 (2010年11月11日)リットーミュージック
  • 『GALNERYUS GUITAR BOOK feat.Syu』 (2013年9月4日)シンコーミュージック・エンタテイメント
  • 『超絶ギタリストになるための思考と練習法』 (2013年12月24日)リットーミュージック

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g MI JAPAN NEWS LIFERS PROFILE”. MI JAPAN東京校. 2014年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ ESP ARTIST CUSTOM GUITARS---Syu---”. ESP. 2014年8月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]