ポール・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ギルバート
Paul Gilbert, band 1.jpg
基本情報
出生名 Paul Brandon Gilbert
生誕 1966年11月6日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1986年~現在
共同作業者 レーサーX
MR.BIG
公式サイト http://www.paulgilbert.com/
ヴァン・ヘイレン
レッド・ツェッペリン
ジミ・ヘンドリックス
LOUDNESS
ポール・ギルバート

ポール・ギルバートPaul Gilbert、本名はPaul Brandon Gilbert 1966年11月6日 - )はアメリカギタリストミュージシャン作曲家

略歴[編集]

デビューまで[編集]

1966年11月6日アメリカイリノイ州カーボンデール市にて生まれる。3歳のときにペンシルベニア州ピッツバーグに家族で引越し、そこで育つ。

幼少の頃に叔父であるジミ・キッドに影響を受け、5歳の誕生日に父親からギターをプレゼントされる。この頃からビートルズジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンヴァン・ヘイレンクラシック音楽などを愛聴[1]、ギターに明け暮れる日々を送る。

高校を卒業後、ロサンゼルスにある音楽学校Musicians InstituteのGIT科(Guitar Institute of Techonology)に入学。ギターが上手すぎたがために1年で卒業。その後、同校の講師に就任する。

1986年ヘヴィメタルバンド「レーサーX」を結成し、地元を中心に活動する。ポールは一躍ギターヒーローとして注目されるようになる。

Mr. Big[編集]

レーサーXとして2枚のアルバムを製作した後、1989年ビリー・シーンエリック・マーティンパット・トーピーMr.Bigを結成し、アルバムを発表。バンドはセカンドアルバムからのシングル「To be with you」が大ヒットし、ギルバートは世界的な名声を得る。

ソロ転向[編集]

1997年Mr.Bigの活動停止後はソロ活動を開始。1999年Mr.Big活動再開にも参加することなくそのまま脱退する(後任はリッチー・コッツェン)。

1999年には「レーサーX」を再結成し、新作をリリース。1980年代のラインナップの再現にこだわったポールだったが、ツインギターの相方を組むブルース・ブイエは腱鞘炎を理由にギタリストからローディーへ転職しており、完全再現にはならなかった。

2003年には、MIの姉妹校、MI JAPANの校長に就任する。2006年夏に、自身のキャリアとしては初めてのオール・インストアルバムを発売。2007年3月ジョー・サトリアーニのG3アメリカツアーのメインアクトに選ばれる

2009年Mr.Big再結成に参加。

音楽性[編集]

速弾きタッピングストリングスキッピングなどのハードロック色の強いテクニカルなプレイを得意としている。特にスウィープ・ピッキングを用いた速弾きの技術があり、「光速ギタリスト」の異名をとる。

MR.BIGではブルージーなプレイに挑戦したり、アコースティックなプレイを取り入れるなど、音楽的に表現を広げていった。ソロに転じてからは自身の叔父ジミ・キッドとブルースのアルバムを製作したこともある。

アイデア豊富な人物でもあり、 MR.BIGの代表曲の一つでもある「Green-Tinted Sixties Mind」ではイントロでタッピングを用いたフレーズを、また「Take Cover」では一風変わったドラムパターンを考案。「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」ではドリルを使い、まるで超高速でピッキングしているような音を出す。歯でスウィープ・ピッキングをすることでも知られる[2]

アルバム『BURNING ORGAN』収録の「I Like Rock」では100本という常識はずれの数の異なるギター(正確にはベースアコースティック・ギターも含む)を一つの曲に使いつつ、なぜか服装まで変えながら(全裸も含む)録音すると言った[3]、遊び心のある挑戦をしている。

機材[編集]

デビュー当時は改造を施したエピフォン・ウィルシュアーモデルを使用していたが、その後レーサーX時代から現在に至るまでアイバニーズ製のギターを愛用しており、彼のトレードマークともなっている。シグネイチャーモデルの名称は"PGM"(Paul Gilbert Model)で、多くはRGシリーズをベースとしている。彼のシグネイチャーモデルはピックアップの横に描かれたFホールが特徴となっている。

キャリアの初期はフロイド・ローズタイプのロック式ブリッジを使用していたが、MR.BIGでの活動中から嗜好が変わり、ロック式ユニットを取り払ってキャビティを埋め、固定式ブリッジに改める改造を施している。レーサーXでプレイする際など必要に応じてアーム付きのギターを使うこともあるが、基本的にはアームよりも指でのヴィブラートを好んでいる。

ギター[編集]

多数のギターを所有しているため、ここでは一部を紹介する。

Ibanez PGM300
PGMシリーズ中で最も使用頻度が高いモデル[4]ピックアップはリアとフロントがディマジオPAF Pro、センターがディマジオFS-1。
Ibanez PGM-FRM1 "Fireman"
ポールがIbanez Icemanの画像をフォトショップで反転させたことで生まれたモデル。ファイヤーマンという名前はアイスマンをひっくり返したことにちなんでいる。市販されたポールのシグネイチャーモデルとしては初の3シングルコイル仕様。ボディー材はコリーナ
Ibanez PGM-FRM2 "Fireman Kikusui"
2009年頃発表。ポールお気に入りの菊水の酒瓶がモチーフのギター。ブリッジの後ろに漢字で「菊水」と書かれており、コントロールノブには菊水のボトルキャップを使用。またリアピックアップの脇には赤い菊のマークが入っている。ボディ形状はFRM1と同じだが、2ハム仕様でセレクターはトグルスイッチ。


ピックアップはMr. Big時代から一貫してDiMarzioを愛用しており、オリジナルのピックアップも製作されている。

アンプ[編集]

多数のアンプを所有しているため、ここでは一部を紹介する。

Marshall Vintage Modern 2266C コンボ
Marshall Vintage Modern 2466 ヘッド
3台ほど所有し、メインで使用しているのは2つ(それ以外はスペア)。1つは"DYNAMIC RANGE"スイッチを"LOW"にしたクリーン・サウンド用。もう1つは同スイッチを"HIGH"にセットにしたディストーション・サウンド用とされている[5]
Marshall Vintage Modern 425 キャビネット
上記の2466ヘッドと組み合わせて使用。
Marshall 2061x ヘッド
Marshall 2061cx キャビネット
THD Hot Plate
パワー・アッテネーター。ポールはアンプのボリュームを目一杯上げて歪ませつつ、アッテネーターで音量を下げている。

Mr.Big〜再結成Racer X時代は、イギリスのレイニー(Laney)とエンドース契約を結んでいた。

エフェクター[6][編集]

Empress Effects Para EQ with Boost
Fulltone Deja Vibe
H.B.E. Detox EQ(シグネチャーモデル)
Ibanez Airplane Flanger AF2(シグネチャーモデル)
Majik Box Fuzz Universe (シグネチャーモデル)
MXR Phase 90
Pigtronix Philosopher's Tone
TC Electronic Ditto Looper
VooDoo Lab Pedal Power 2 Plus

弦、ピック、ヘッドフォン[編集]

Ernie Ball Hybrid Slinky RPS Strings
Jim Dunlop Tortex Standard .60mm Pick
Direct Sound EX-29 Headphone

ディスコグラフィ[編集]

Racer X[編集]

  • Street Lethal (1986)
  • Second Heat (1987)
  • Live Extreme, Volume 1 (1988)
  • Live Extreme, Volume 2 (1992)
  • Technical Difficulties (1999)
  • Superheroes (2000)
  • Snowball of Doom (2002)
  • Getting Heavier (2002)
  • Snowball of Doom 2 (2002)

Mr. Big[編集]

  • Mr. Big (1989)
  • Raw Like Sushi (1990)
  • Lean Into It (1991)
  • Raw Like Sushi II (1992)
  • Bump Ahead (1993)
  • Japandemonium: Raw Like Sushi 3 (1994)
  • Channel V at the Hard Rock Live (1996)
  • Hey Man (1996)
  • Big Bigger Biggest: Greatest Hits (1996)
  • Back To Budokan (2009)
  • What If... (2010)
  • ...The Stories We Could Tell (2014)

ソロ[編集]

  • Tribute To Jimi Hendrix (EP)(1991年)
  • King Of Clubs (1997年)
  • Flying Dog (1998年)
  • Beehive Live (1999年)
  • Alligator Farm (2000年)
  • Raw Blues Power (with Jimi Kidd) (2002年)
  • Burning Organ (2002年)
  • Paul The Young Dude - The Best Of Paul Gilbert (2003年)
  • Gilbert Hotel (2003年) …上記ベスト版の初回ボーナスCDを単独発売
  • Acoustic Samurai (2003年)
  • Space Ship One (2005年) …#10「僕の頭」で日本語での作詞に挑戦
  • Get Out Of My Yard (2006年) …全編インストゥルメンタル作品
  • Silence Followed By A Deafening Roar (2008年) …全編インストゥルメンタル作品
  • United States (with Freddie Nelson) (2008年) …フレディ・ネルソンとのコラボレーションで制作したアルバム
  • Official Bootleg 1 Tokyo (2009年) …2/1初日東京公演の模様を全曲収録したライヴアルバム
  • Official Bootleg 2 Tokyo (2009年) …2/2第2夜目の東京公演の模様を全曲収録したライヴアルバム
  • Official Bootleg 3 Nagoya (2009年) …2/3名古屋公演の模様を全曲収録したライヴアルバム
  • Official Bootleg 4 Osaka (2009年) …2/4最終日大阪公演の模様を収録したライヴアルバム。一部の曲はカットされている
  • Fuzz Universe (2010年)
  • VIBRATO (2012年09月19日)
  • Stone Pushing Uphill Man (2014年)
  • I Can Destroy (2015年)

その他[編集]

ポールとパット・トーピーが参加
  • One Night In New York City - Yellow Matter Custard (2003)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Neal Morse、Matt BissonetteによるThe Beatlesトリビュートバンド
  • BATTLE GEAR III The Edge (2003)
バトルギア3アーケードレースゲーム(後にPlayStation 2に移植))サウンドトラック ポールはアレンジ版3曲に参加
フォーリーブスのカヴァー「ブルドッグ」に参加
  • Five Feet...No Inches - Pintsize (2005)
ポールがDick Imageの変名で参加しているバンド
  • Two Nights In North America - Hammer of the Gods (2006)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Daniel Gildenlöw、Dave LaRueによるLed Zeppelinのトリビュートバンド
  • One Night In Chicago - Cygnus and the Sea Monsters (2006)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Sean Malone、Jason McMasterによるRushのトリビュートバンド
  • One Night In New York City - Amazing Journey (2007)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Billy SheehanGary CheroneによるThe Whoのトリビュートバンド

逸話[編集]

  • ギターを手にして以来、1日に8時間以上は必ず練習をしている他、ミュージシャンになった後も、音楽理論や作曲法などの学校にも通って勉強している。
  • 左手の指先には長年ギターを弾き続けた事による「たこ」が出来ているが、ポール曰く「指先が硬くなる分、押弦がし易くなり、今では演奏性にもかなり影響している。なのでその状態を維持するべく水回りの際には必ず手袋を着用している。」との事。
  • レーサーX時代に、友人の姉のクレジットカードを使い、レンタカーを借りてツアーに出たが、他の州を回っている途中でタイヤがパンクしてしまった。その際に立ち寄ったガソリンスタンドで法外な値段をふっかけられた彼らは「レンタカー会社にこの額を請求しよう」と言って、領収書を送りつけた。しかし、実はそのレンタカーを借りる際に、少しでも料金を抑えるために、州内でしか走れない契約で借り出しており、州外で運転したことがばれるのではないかと、カードの明細が来るまでヒヤヒヤして過ごし、彼女への弁償のために、必死でライブした[7]
  • 大の親日家としても知られ、2年間日本に在住していたことがある。そのときに知り合って2005年に結婚したのが日本人である妻のエミ・ギルバート(旧姓山本)である。[8]また、ソロ・アルバムには「Boku No Atama(ぼくの頭)」という、たどたどしい日本語で歌った曲が存在する。エミとは再婚で、2014年に息子のマーロン・カンザンが生まれた[9]
  • ロサンゼルスで行われたパーティの席上で供された、菊水の日本酒の味に感心し、ボトルのデザインを取り入れたギターをアイバニーズにオーダー。2009年の再結成来日ツアーで使用した。
  • フジテレビの音楽番組『LOVE LOVEあいしてる』出演時に、出演者に「北風一郎」という日本人名を付けてもらった。「北風一郎」の名刺やピックもある。
  • 一時期、そのプレイの類似性や技術面から、バケットヘッドではないかと噂されたが、公式ホームページでそのことを否定している。
  • 谷村新司のアルバム『半空 NAKAZORA』の収録曲「クリムゾン」に、ポールがギターで参加している。

[編集]

  1. ^ ポール・ギルバート/100%レーサーX(シンコーミュージック・エンタテイメント 2001年) 6p
  2. ^ この彼のパフォーマンスは、ライブやクリニックの際によく披露され、『ヘビメタさん』でも披露し、視聴者の度肝を抜いたが、実はこの技は、スウィープピッキングの音があらかじめ録音されたループペダルによって再現でき、あたかも歯でスウィープしてるように見せるだけだ、とクリニックでポール本人が明かした。ちなみに、そのとき彼が披露したもう1つの技は「尻でスウィープ・ピッキング」である。
  3. ^ レコーディングの様子はYOUNG GUITARシンコーミュージック・エンタテイメント)2002年8月号 73p~82p及び付属DVDに収録されている
  4. ^ 「PGM300の持ち過ぎで胸の形状が変ってしまったくらいだよ」とのこと。Ibanezの紹介ページ
  5. ^ マーシャル公式ブログ
  6. ^ ポール・ギルバート公式サイト機材ページ
  7. ^ レーサーXのアルバム『SUPERHEROES』のライナーノーツ参照
  8. ^ 公式ウェブサイト
  9. ^ It's a Boy. — Paul Gilbert”. 2016年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]