ポール・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ギルバート
Paul Gilbert, band 1.jpg
基本情報
出生名 Paul Brandon Gilbert
出生 1966年11月6日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1986年~現在
共同作業者 レーサーX
MR.BIG
公式サイト http://www.paulgilbert.com/

ヴァン・ヘイレン
レッド・ツェッペリン
ジミ・ヘンドリックス
LOUDNESS

ポール・ギルバート

ポール・ギルバートPaul Gilbert、本名はPaul Brandon Gilbert 1966年11月6日生)はアメリカギタリストミュージシャン作曲家

略歴[編集]

デビューまで[編集]

1966年11月6日アメリカイリノイ州カーボンデール市にて生まれる。3歳のときにペンシルベニア州ピッツバーグに家族で引越し、そこで育つ。

5歳の時、父親から誕生日プレゼントしてギターをプレゼントされる。この頃からビートルズジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンヴァン・ヘイレンクラシック音楽などを愛聴[要出典]、ギターに明け暮れる日々を送る。

高校を卒業後、ロサンゼルスにある音楽学校Musicians InstituteのGIT科(Guitar Institute of Techonology)に入学。ギターが上手すぎたがために1年で卒業。その後、同校の講師に就任する。

1986年ヘヴィメタルバンド「レーサーX」を結成し、地元を中心に活動する。ポールは一躍ギターヒーローとして注目されるようになる。

Mr. Big[編集]

レーサーXとして2枚のアルバムを製作した後、1989年ビリー・シーンエリック・マーティンパット・トーピーMr.Bigを結成し、アルバムを発表。バンドはセカンドアルバムからのシングル「To be with you」が大ヒットし、ギルバートは世界的な名声を得る。

ソロ転向[編集]

1997年Mr.Bigの活動停止後はソロ活動を開始。1999年Mr.Big活動再開にも参加することなくそのまま脱退する(後任はリッチー・コッツェン)。

1999年には「レーサーX」を再結成し、新作をリリース。1980年代のラインナップの再現にこだわったポールだったが、ツインギターの相方を組むブルース・ブイエは腱鞘炎を理由にギタリストからローディーへ転職しており、完全再現にはならなかった。

2003年には、MIの姉妹校、MI JAPANの校長に就任する。2006年夏に、自身のキャリアとしては初めてのオール・インストアルバムを発売。2007年3月ジョー・サトリアーニのG3アメリカツアーのメインアクトに選ばれる

2009年Mr.Big再結成に参加。

音楽性[編集]

速弾きタッピングストリングスキッピングなどのハードロック色の強いテクニカルなプレイを得意としている。特にスウィープ・ピッキングを用いた速弾きの技術があり、「光速ギタリスト」の異名をとる。

MR.BIGではブルージーなプレイに挑戦したり、アコースティックなプレイを取り入れるなど、音楽的に表現を広げていった。ソロに転じてからは自身の叔父ジミィ・キッドとブルースのアルバムを製作したこともある。

アイデア豊富な人物でもあり、 MR.BIGの代表曲の一つでもある「Green Tinted Sixties Mind」ではイントロのメインフレーズを全てタッピングで弾ききった。また「Take Cover」では一風変わったドラムパターンを考案。「Daddy, Brother, Lover and a Little boy」ではドリルを使い、まるで超高速でピッキングしているような音を出す。歯でスウィープ・ピッキングをすることでも知られる[1]

アルバム『BURNING ORGAN』収録の「I Like Rock」では100本という常識はずれの数の異なるギター(正確にはベースアコースティック・ギターも含む)を一つの曲に使いつつ、なぜか服装まで変えながら(全裸も含む)録音すると言った[2]、遊び心のある挑戦をしている。

機材[編集]

デビュー当時は改造を施したエピフォン・ウィルシュアーモデルを使用していたが、その後レーサーX時代から現在に至るまでアイバニーズ製のギターを愛用しており、彼のトレードマークともなっている。シグネイチャーモデルの名称は"PGM"(Paul Gilbert Model)で、多くはRGシリーズをベースとしている。彼のシグネイチャーモデルはピックアップの横に描かれたFホールが特徴となっている。

以前はフロイド・ローズのライセンスタイプのロック式ブリッジを使用していたが、MR.BIGでの活動の中頃からアーミングを行わなくなり、ユニットを取り払って木でキャビティを埋め、固定式のブリッジに改める改造を施してしまった。レーサーXの再結成時には再びアーム付きのギターを使用しているが、現在は殆どアームは使用せず、シンプルな仕様のギターがメインとなっている。

ピックアップはDiMarzio製を好んで装着する。近年、シングルコイルの(自身初となる)シグネーチャモデルも発売された。

ギター[編集]

多数のギターを所有しているが、ここでは一部のものを紹介する。

Ibanez PGM-FRM2 "Fireman Kikusui"
最近発表されたばかりの和風ルックスのギター。スペックはFiremanとあまり変わりは無く、外見に菊水の好きな所を取り込んだもの。ボディーの色は菊水の酒瓶をイメージした、ヴィンテージ風の水色。ボディーには「菊水」と大きく書かれ、リア・ピックアップの左側には、同社の菊のマークが書かれている。そしてピックガードには水マークが書かれ、コントロールノブには菊水のボトルキャップを使用している。
Ibanez PGM-FRM1 "Fireman"
シェイプはポール自身がフォトショップでデザインしたもの。ピックアップは今までとは違い、3シングルピックアップになっている。ボディー材はコリーナを使用。
Ibanez PGM300
PGM300はRGシリーズをベースに開発されたPGMシリーズの中でも最も使用頻度が高かったモデル[3]ピックアップは、リアとフロントにディマジオ PAF Pro、センターにディマジオ FS-1を搭載している。[4]

アンプ[編集]

多数のアンプを所有しているが、ここでは一部のものを紹介する。

マーシャル Vintage Modern 2266C
ソロ公演で使用。
マーシャル Vintage Modern 2466
2466を3つほど所有し、メインで使用しているのは2つ(それ以外はスペア)。1つは"DYNAMIC RANGE"スイッチを"LOW"にしたクリーン・サウンド用。もう1つは同スイッチを"HIGH"にセットにしたディストーション・サウンド用とされている[5]
マーシャル Vintage Modern 425
上記のマーシャル Vintage Modern 2466のキャビネットとして使用。
THD Hot Plate
THDのパワー・アッテネーター。ポールはマーシャルのボリュームを目一杯上げるため、その分、このパワー・アッテネーターで音量を絞っている。

Mr.Big〜再結成Racer X時代、レイニー(Laney)とエンドース契約を結んでいた。

エフェクター'[編集]

H.B.E. Bajo Mos(ベース・プリ・アンプ)
エキゾティック AC Booster(ブースター)
フルトーン Soul-Bender(ファズ)
H.B.E. Detox EQ(イコライザー)
H.B.E. ComPressor Retro(コンプレッサー)
H.B.E. THC(コーラス)
アイバニーズ Airplane Flanger(フランジャー)
VooDoo LAB Pedal Power 2Plus(パワー・サプライ)

ケーブル[編集]

COREONE CREATIVE ( Bullet Coil Cabel )
2009年Ibanez Paul Gilbert 20周年記念限定モデルにも付属されていた[6]

ディスコグラフィ[編集]

Racer X[編集]

  • Street Lethal (1986)
  • Second Heat (1987)
  • Live Extreme, Volume 1 (1988)
  • Live Extreme, Volume 2 (1992)
  • Technical Difficulties (1999)
  • Superheroes (2000)
  • Snowball of Doom (2002)
  • Getting Heavier (2002)
  • Snowball of Doom 2 (2002)

Mr. Big[編集]

  • Mr. Big (1989)
  • Raw Like Sushi (1990)
  • Lean Into It (1991)
  • Raw Like Sushi II (1992)
  • Bump Ahead (1993)
  • Japandemonium: Raw Like Sushi 3 (1994)
  • Channel V at the Hard Rock Live (1996)
  • Hey Man (1996)
  • Big Bigger Biggest: Greatest Hits (1996)
  • Back To Budokan (2009)
  • What If... (2010)

ソロ[編集]

  • Tribute To Jimi Hendrix (EP)(1991年)
  • King Of Clubs (1997年)
  • Flying Dog (1998年)
  • Beehive Live (1999年)
  • Alligator Farm (2000年)
  • Raw Blues Power (with Jimi Kidd) (2002年)
  • Burning Organ (2002年)
  • Paul The Young Dude - The Best Of Paul Gilbert (2003年)
  • Gilbert Hotel (2003年) …上記ベスト版の初回ボーナスCDを単独発売
  • Acoustic Samurai (2003年)
  • Space Ship One (2005年) …#10「僕の頭」で日本語での作詞に挑戦
  • Get Out Of My Yard (2006年) …全編インストゥルメンタル作品
  • Silence Followed By A Deafening Roar (2008年) …全編インストゥルメンタル作品
  • United States (with Freddie Nelson) (2008年) …フレディ・ネルソンとのコラボレーションで制作したアルバム
  • Official Bootleg 1 Tokyo (2009年) …2/1初日東京公演の模様を全曲収録したライヴアルバム
  • Official Bootleg 2 Tokyo (2009年) …2/2第2夜目の東京公演の模様を全曲収録したライヴアルバム
  • Official Bootleg 3 Nagoya (2009年) …2/3名古屋公演の模様を全曲収録したライヴアルバム
  • Official Bootleg 4 Osaka (2009年) …2/4最終日大阪公演の模様を収録したライヴアルバム。ポールがドラムを演奏(JAM)したものと、マイク・ズーターがボーカルのCHEAP TRICKカバー曲AIN'T THAT A SHAMEはカットされている
  • Fuzz Universe (2010年)
  • VIBRATO (2012年09月19日)

その他[編集]

ポールとパット・トーピーが参加
  • One Night In New York City - Yellow Matter Custard (2003)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Neal Morse、Matt BissonetteによるThe Beatlesトリビュートバンド
フォーリーブスのカヴァー「ブルドッグ」に参加
  • Five Feet...No Inches - Pintsize (2005)
ポールがDick Imageの変名で参加しているバンド
  • Two Nights In North America - Hammer of the Gods (2006)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Daniel Gildenlöw、Dave LaRueによるLed Zeppelinのトリビュートバンド
  • One Night In Chicago - Cygnus and the Sea Monsters (2006)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Sean Malone、Jason McMasterによるRushのトリビュートバンド
  • One Night In New York City - Amazing Journey (2007)
Mike Portnoy、Paul Gilbert、Billy SheehanGary CheroneによるThe Whoのトリビュートバンド

逸話[編集]

  • ギターを手にして以来、1日に8時間以上は必ず練習をしている他、ミュージシャンになった後も、音楽理論や作曲法などの学校にも通って勉強している。
  • レーサーX時代に、友人の姉のクレジットカードを使い、レンタカーを借りてツアーに出たが、他の州を回っている途中でタイヤがパンクしてしまった。その際に立ち寄ったガソリンスタンドで法外な値段をふっかけられた彼らは「レンタカー会社にこの額を請求しよう」と言って、領収書を送りつけた。しかし、実はそのレンタカーを借りる際に、少しでも料金を抑えるために、州内でしか走れない契約で借り出しており、州外で運転したことがばれるのではないかと、カードの明細が来るまでヒヤヒヤして過ごし、彼女への弁償のために、必死でライブした[7]
  • 大の親日家としても知られ、妻のエミ・ギルバートは日本人[8]である。ソロ・アルバムには「Boku No Atama(ぼくの頭)」という、たどたどしい日本語で歌った曲が存在する。
  • ロサンゼルスで行われたパーティの席上で供された、菊水の日本酒の味に感心し、ボトルのデザインを取り入れたギターをアイバニーズにオーダー。2009年の再結成来日ツアーで使用した。
  • フジテレビの音楽番組『LOVE LOVEあいしてる』出演時に、出演者に「北風一郎」という日本人名を付けてもらった。「北風一郎」の名刺やピックもある。
  • 一時期、そのプレイの類似性や技術面から、バケットヘッドではないかと噂されたが、公式ホームページでそのことを否定している。
  • 谷村新司のアルバム『半空 NAKAZORA』の収録曲「クリムゾン」に、ポールがギターで参加している。

[編集]

  1. ^ この彼のパフォーマンスは、ライブやクリニックの際によく披露され、『ヘビメタさん』でも披露し、視聴者の度肝を抜いたが、実はこの技は、スウィープピッキングの音があらかじめ録音されたループペダルによって再現でき、あたかも歯でスウィープしてるように見せるだけだ、とクリニックでポール本人が明かした。ちなみに、そのとき彼が披露したもう1つの技は「尻でスウィープ・ピッキング」である。
  2. ^ YOUNG GUITAR、2002年8月号のDVD
  3. ^ 「PGM300の持ち過ぎで胸の形状が変ってしまったくらいだよ」とのこと。Ibanez社の紹介ページ
  4. ^ RGベースで開発されたPGMシリーズにはハムバッキングピックアップが3つセットされたものも存在していたが、中央のハムバッカーは片方のコイルがキャンセルされた配線になっており、実質上HSH配列となっていた。現行のRGベースのPGMは二つのハムバッキングピックアップで、5ポジションのレバースイッチで幅広い音のバリエーションが得られるようになっている。
  5. ^ マーシャル公式ブログ
  6. ^ ギルバートのコメント
  7. ^ レーサーXのアルバム『SUPERHEROES』のライナーノーツ参照
  8. ^ 公式ウェブサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]