小渕健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小渕健太郎
生誕 (1977-03-13) 1977年3月13日(40歳)
出身地 日本の旗 日本宮崎県宮崎市
学歴 宮崎県立宮崎工業高等学校電子科卒業
ジャンル フォークソング
J-POP
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1998年 - 現在
レーベル MINOSUKE RECORDS
1999年 - 2000年
ワーナーミュージック・ジャパン2001年 - )
事務所 ミノスケオフィスコブクロ研音と業務提携中)
共同作業者 黒田俊介
坂田美之助
公式サイト コブクロ公式サイト

小渕 健太郎(こぶち けんたろう、1977年3月13日 - )は、宮崎県宮崎市出身のミュージシャンシンガーソングライター作詞家作曲家コブクロのメンバーであり、ボーカルギターを担当している。愛称は「コビィ」「主任」「ケン坊」「健ちゃん」「コブちゃん」など。血液型O型。コブクロの楽曲の大半を作詞作曲しており、特にシングルやアルバムに収録された楽曲のうち黒田が作詞・作曲した12曲(2015年現在)を除く全ての曲において、小渕が作詞・作曲に関わっている。(「ANSWER」・「STRAIGHT」・「桜」・「風の中を」・「時の足音」・「交響曲第5296番」・「One Song From Two Hearts」は黒田との合作、「Starting Line」は黒田と21STREETリスナーとの合作であり、他はほとんど小渕の単独作品。)

来歴[編集]

  • 1977年、宮崎県宮崎市にて2人姉弟の長男として生まれる。実家が日本民謡を教えていた影響もあり、小さい頃から音楽に興味を持ち始める。
  • 中学時代(1989年4月~1992年3月)は水泳部に所属。
  • 1992年4月、宮崎県立宮崎工業高等学校電子科(現・電子情報科)に入学。
  • 高校時代(1992年4月~1995年3月)はバドミントン部に入部するも1年で退部。その後、ギターを持ち、あちこちのバンドを掛け持ちして文化祭やライブに出ていた。
  • 高校卒業後は洋服を作る職人になりたいと思い、その糸口になればと服飾関係の専門学校を志願するが、親に反対されて断念。
  • 1995年4月、サニックスに入社し、研修後は、貝塚営業所へ配属。
  • 1997年冬(20歳の時)、中学時代の同級生で、高校時代から交際を続けていた女性と結婚する。
  • 1998年、主任に昇格するとともに堺支店へ転勤。サラリーマンの傍ら、ストリートライブも始める。そんな時、路上で現在の相方である黒田俊介の声に惹かれ出会う。黒田にオリジナル曲は作らないのかと聞かれ、仕事の移動の合間に制作し、完成した曲を黒田にプレゼントしたが、あまりにも黒田のギター演奏がお粗末だった為、成り行きで小渕がギターを担当。その初めて2人でセッションした曲が「」である。
以降、音楽活動の来歴についてはコブクロ#来歴を参照。

エピソード[編集]

音楽関連[編集]

ギターは小学校5年の時に始めた。きっかけは、ユニコーン(当時)のギタリスト奥田民生に憧れたこと。また親交がある布袋寅泰にも憧れており、ストリートでライブをやる前にアルバムをよく聞いていたという。初めて弾いた曲は、父親がよく弾いていたという「酒は涙か溜息か」。

黒田と共にMr.Childrenのファンでもある。(ちなみにMr.Childrenのボーカル・ギター桜井和寿とは家が近所で駐車場が隣りである。) その他にも小渕自身は、What's In?誌2008年2月号にてBUMP OF CHICKENの曲が好きと語っている。

母親の死[編集]

18歳のときに母親を亡くしており、「遠くで・・」と「」は、その母親の死をテーマにした曲である。2007年に「蕾」で日本レコード大賞を受賞した際「この賞をまずどなたに伝えたいですか?」という質問に「今日は、母親の事を歌ったと言ったのですが、なんか(母が)一緒に歌っていた気持ちがすごく強かったので、きっと一緒にこの賞を受け取ってくれてるんじゃないかなと思います」と答えた。

プライベート[編集]

音楽活動専念の為、会社に退社を申し出た際、当時は自分の父親と同世代の多くの部下を抱えており、会議室に閉じ込められ8時間もかけて説得されたという。

サラリーマン時代の経験は、現在のトークに活かされている。

2011年まで自動車免許を持っていなかったが、車に興味がないわけでもなかった。

2011年後半からの休養を機に運転免許を取得。

大阪マラソン[編集]

活動休止中、マラソンを始めたらハマってしまい、活動休止明けの2012年から大阪マラソンでチャリティーランナーとしてフルマラソンを走っている。

初マラソンは2012年11月25日の第2回大阪マラソンで、3時間47分45秒で完走した。 2015年の第5回大阪マラソンでは自己ベストを更新し、3時間40分26秒で完走し、4年連続の完走となった。

また、その縁で、大阪マラソンの公式テーマソング「42.195km」を提供するに至った。

その他[編集]

レコチョクが行う、「結婚したいアーティスト男性部門」2008年2013年で1位に輝いた。但し、上述した通り、2008年当時の時点で本人は既婚である。

名前を知らない一般人からは「コブクロの小さいほう」と呼ばれる事が多いが、身長は169cmと成人男性の平均より若干低い程度で、小さいと言われるほどではない。相方の黒田が193cmの長身であるために、相対的にかなり小さく見えるだけである。 絵を描くことが得意で、アーティストグッズやツアーTシャツのデザイン、イラストも手がけている。

福岡ソフトバンクホークス武田翔太投手と遠縁の親戚である。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高位
1st 2013年9月18日 ツマビクウタゴエ 〜Kobukuro songs, acoustic guitar instrumentals〜 4位

使用機材[編集]

アコースティックギター

  • Collings D2H
  • Gibson J-45M(Mは三木楽器のオーダーであることを意味する)
  • Gibson J-200M WINE RED(Mは三木楽器のオーダーであることを意味する)
  • Gibson Humming bird(レコーディング用・ノンピックアップモデル)
  • Gibson Humming bird(ライヴ用・ピックアップ搭載モデル)
  • Gibosn DOVE(ダブルピックガード)
  • Gibson L-C/Century (1938年製)
  • Goodall Grand Concert
  • Greco ZEMAITIS GZA3000/12st
  • IKKO MASADA GUITARS MODEL A (2009年製)
  • Martin D-41
  • Martin D-42 (2002年製)
  • Martin D-45 (1974年製)
  • Martin D-45 (1980年製)
  • Martin D-45 Koa
  • Martin D-18 Authentic
  • Martin D12-20 (1973年製)
  • Martin OM Negative(『』と『遠くで・・』のみで使用)
  • Martin CTM GPC42K2
  • McPherson MG-5.0XP
  • RainSong DR1000 (ピックガードは小渕の手作り)
  • Seagull Entourage Rustic
  • Seagull Natural Elements Dreadnaught SG
  • Simon & Patrick guitar
  • Takamine NPT-012BS
  • Takamine (12strings)
  • Taylor 810 (複数本所有)
  • Taylor GSST (2000年製)
  • Taylor GA8 (ピックガードは小渕の手作り)(2006年製)
  • Taylor KENTARO KOBUCHI SIGNATURE MODEL K-52 SPECIAL EDITION GA8e (ピックガードはTAYLOR社純正の「小渕健太郎シグネチャーモデル」)
  • Taylor KENTARO KOBUCHI SIGNATURE MODEL K-52 BLACK SPECIAL EDITION GS6e
  • William Luskin "IMAGIN FOUR JOHNS"

エレクトリックギター

  • All Cocobolo Telecaster Full Scratch (山崎ギター工房製による小渕健太郎フルオーダーメイドギター)
  • Duesenberg DTV Starplayer TV
  • Fender Storatocaster (1962年製)
  • Fender Storatocaster (1963年製)
  • Fender Japan Storatocaster
  • Fender Custom Telecaster MBS61RTLC BLK YS07
  • Fender USA American Standard Telecaster
  • Fender Jeff Beck Tribute Telecaster Esquire
  • Fender JAGUAR '62 Candy Apple Red Matching Head
  • FERNANDES TE-HT CONCRETE
  • FERNANDES ZO3 HT
  • Gibson Buckethead Signature Les Paul Alpine White
  • Gibson Les Paul Special Aged Histric Reissue(Bare Knuckle Pickups The Mule)
  • Gibson Les Paul Axcess
  • Gibson Les Paul Reissue 1957 Gold Top Aged
  • Gibson Les Paul Reissue 1959(2005年製)
  • Gibson Les Paul Reissue 1959 Silky Maple Green(2007年製)
  • James Tayler Studio Elite HD
  • Joe Barden Storato Guitars JBS-V1
  • Rickenbacker 370/12V67
  • ZEMAITIS S22 ST CHESS(Bare Knuckle Pickups The Mule/Nailbomb)

クラシックギター

  • Antonio Sanchez EG-1
  • Breedlove Bossa Nova
  • Bernabe
  • Gibson Chet Atlins Studio CE
  • Paulino Bernabe P.B. Especial 2000
  • YAMAHA APX-6NA


ピックアップ

  • 2009年 Gibson Les Paul Histric Reissueのフロント&リアにBare Knuckle Pickups The Muleに変更。
  • 2009年 ZEMAITISのフロントにBare Knuckle Pickups The Mule、リアにBare Knuckle Pickups Nailbombに変更。
  • All Cocoboloのピックアップはgrinning dog LET IT BEを搭載。

三線

  • 「大樹の影」のレコーディングに必要であった為、ネット検索で見つけた豪徳寺の和楽器店で購入したもの。チューニングは特に決まっていないが、「大樹の影」では「C,F,C」に合わせて使用している。2006年のツアー“NAMELESS WORLD”で「大樹の影」を披露したときは、フレットの代わりにシールを貼っていた。


ピック

  • JIM DUNLOP Tortex Triangle STD Orange 0.60mm(For Acoustic Guitars)
  • JIM DUNLOP Tortex Triangle STD Yellow 0.73mm(For Electric Guitars)

楽曲提供等[編集]

プロデュース[編集]

竹仲絵里
「サヨナラ サヨナラ」
夏川りみ
さようなら ありがとう ~天の風(アマノカゼ)~
みつき
「大切なもの」
「ひとつだけ」
「青い風」
PV・ジャケットのプロデュースも行なっている。
石川さゆり
「春夏秋冬」

作詞・作曲・編曲[編集]

渡辺美里
「YOU ~新しい場所~」(作詞・作曲) 2002.4.24 シングル「YOU ~新しい場所~/花 ~このぼくで生きてゆく~」収録
「MUSIC FLOWER」(作詞・作曲) 2005.11.23 アルバム「Sing and Roses〜歌とバラの日々〜」収録
矢野真紀
「大好きだったんだよ」(作詞・作曲) 2005.5.25 アルバム「いい風」収録
夏川りみ
さようなら ありがとう」(作詞・作曲) 2005.11.2 シングル「さようなら ありがとう」収録
「さようなら ありがとう ~天の風(アマノカゼ)~」(作詞・作曲・編曲) 2006.8.23 シングル 「さようなら ありがとう 〜天の風〜/未来」収録
竹仲絵里
「サヨナラ サヨナラ」(共作詞・共作曲・編曲) 2006.1.25 シングル「サヨナラ サヨナラ/gerbera」収録
大野実
「泣きたいあなたへ」(作詞)
みつき
「大切なもの」(作詞・作曲・編曲) 2007.06.20 シングル「大切なもの」収録
「ひとつだけ」(編曲) 2007.06.20 シングル「大切なもの」収録
「青い風」(作詞・作曲・編曲) 2007.06.20 シングル「大切なもの」収録
馬場俊英
「スタートライン~新しい風」(共編曲) 2007.07.25 シングル「スタートライン 4SONGS」収録
「三つ葉のクローバー」(共作詞・共作曲・共編曲) 2013.5.15 アルバム「ALL TIME BEST 1996‐2013 〜ロードショーのあのメロディ」
「風に吹かれて」(共作詞・共作曲)
「心の中へ」(共作詞・共作曲)
「茜日和」(共作詞・共作曲)
「風の中のエバーグリーン」(作曲)
布袋寅泰
「風の銀河へ」(作詞) 2009.02.18 アルバム『GUITARHYTHM V』収録
「Aquarium」(作詞) 2017.10.25 アルバム『Paradox』収録
石川さゆり
「春夏秋冬」(作詞・作曲・編曲) 2017.06.21 シングル『春夏秋冬』収録

参加[編集]

松浦善博
「Hey Hey What do ya say?」(ギター・コーラス) 2006.7.5 アルバム「Slidin'&Slippin'」収録
みつき
「大切なもの」(ギター・コーラス)
「ひとつだけ」(ギター・コーラス)
「青い風」(ギター・コーラス・ブルースハープ)
布袋寅泰
「風の銀河へ」(コーラス) 2009.02.18 アルバム『GUITARHYTHM V』収録
「8 BEATのシルエット」(コーラス) 2016.4.6 シングル
石川さゆり
「春夏秋冬」(コーラス) 2017.06.21 シングル『春夏秋冬』収録

受賞歴[編集]

※コブクロとしての受賞は該当項目を参照。
(2014年)

特別賞

シグネチャーモデル[編集]

Taylorより、自身の使用してるGA8のオリジナルピックガードを参考に、シグネチャーモデルが発売される事が決定した。
詳細は追ってホームページ上に掲載される予定。
機種はオリジナルとほぼ同じGA8とデザインは同一の価格面でリーズナブルな214eを選べるが、限定生産なので購入する場合は早めの購入を推奨する。
販売は山野楽器にて販売され、受付販売となる。

外部リンク[編集]