アサイラム・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アサイラム・レコードAsylum Records)は、デヴィッド・ゲフィンとエリオット・ロバーツにより1971年に設立されたアメリカのレコード会社。

概要[編集]

デヴィッド・ゲフィンとエリオット・ロバーツは60年代末頃から、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングなどのミュージシャンのマネージメントを行っていた。その中にレコード・デビュー前のジャクソン・ブラウンがいたが、ブラウンはレコード会社となかなか契約を結ぶことができなかった。アトランティック・レコードアーメット・アーティガンに「ブラウンは金になりますよ」とすすめたとき、「金なら私は十分にある。どうして君は自分でレコード会社を作らないんだい? そうすれば君自身が金持ちになれるじゃないか」と逆にやりこめられる。これがきっかけとなりゲフィンは会社を設立することとなった[1]

ゲフィンとロバーツの会社がブラウンと契約することは衆目の一致するところであったが、ゲフィンが最初に声をかけたのは、長い間マネージャーを務めていた友人のローラ・ニーロであった[2][3]。ニーロは一旦承諾したものの、ゲフィンの知らないところでコロムビア・レコードと再契約を交わしてしまう。ゲフィンはニーロの仕打ちに対しショックを受け、何日も泣き暮らしていたという[4][5]

1971年9月15日、アサイラム・レコードの最初のアルバムであるジュディ・シルの『Judee Sill』をリリース。

1973年ニューヨークエレクトラ・レコードと合併し、エレクトラ/アサイラムと社名変更したが、その後もエレクトラとアサイラムは別の事業部として、ニューヨークロサンゼルスで別々にレーベル活動を行っていた。

アサイラムはカントリーロック系、シンガーソングライター系のミュージシャンを多く抱え人気を博したが、それらの音楽が下火となった1980年代には活動が低調化し、1989年にレーベル活動を終了した。アサイラムという名称はその後しばらくの間はカントリーのレーベル名として使われたが、現在はワーナー・ミュージック・グループ内の独立系レーベルの支援を行う部署の名称となっている。

沿革[編集]

主なアーティスト[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]