ジョニ・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョニ・ミッチェル
Joni Mitchell
1974 Joni Mitchell.jpg
1974年
基本情報
出生名 Roberta Joan Anderson
生誕 (1943-11-07) 1943年11月7日(74歳)
出身地 カナダの旗 カナダ アルバータ州フォート・マクラウド英語版
ジャンル フォークロック、ロック、ジャズアートロック
職業 歌手シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターピアノウクレレ、アパラチアン・ダルシマー、オートハープ
活動期間 1964年 -
レーベル Hear Music
公式サイト www.JoniMitchell.com

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell、1943年11月7日 - )は、カナダ歌手シンガーソングライター。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン(Roberta Joan Anderson)。

プロフィール[編集]

カナダ・アルバータ州フォート・マクラウド英語版生まれ。母はスコットランド及びアイルランド系で、父はノルウェー系であった。

1960年代トロントフォーク歌手として音楽活動を開始。トロントのフォーククラブでミシガン州出身のアメリカ人のフォーク・シンガー、チャック・ミッチェルと出会う。1965年6月にチャックと結婚し、名字をアンダーソンからミッチェルに変える[1]。二人はデトロイトで音楽活動を行った。1967年初めに離婚し、ニューヨーク市マンハッタン区の南西部に位置するチェルシーに移り住む[2]

1968年3月、『Song to a Seagull』でアルバム・デビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。同アルバムに収録された「青春の光と影(Both Sides, Now)」はジュディ・コリンズほか多くのミュージシャンにカバーされた。

1970年、3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』を発表。映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーに歌われた「サークル・ゲーム」のセルフ・カバー、CSN&Yのバージョンで知られる「ウッドストック」などを収録。同アルバムが全英8位を記録してからは、イギリスでも安定した人気を保つようになる。

1971年のアルバム『ブルー』は名盤として評価が高く、『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において女性ソロ・アーティストとしては最高位の30位にランクされた[3]

1972年、リプリーズ・レコードからアサイラム・レコードに移籍。同年11月、アルバム『バラにおくる』を発表。シングルカットされた「恋するラジオ」がヒット。

1974年1月に発表されたアルバム『コート・アンド・スパーク』はアメリカのアルバムチャートで2位、カナダのアルバムチャートで1位を記録した。同アルバムからシングルカットされた「ヘルプ・ミー」は全米7位、「パリの自由人」は全米22位を記録した。

1975年のローリング・サンダー・レヴューに参加。1976年11月、アルバム『逃避行』を発表。レコーディング時にジャコ・パストリアスと出会う。1970年代後半には、パストリアスのほかハービー・ハンコックラリー・カールトンウェイン・ショーターマイケル・ブレッカーパット・メセニーなどのジャズクロスオーバー系のミュージシャンと多く共演した。

1982年、アルバム『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』のレコーディングに参加したベーシストのラリー・クライン(Larry Klein)と結婚。1983年に唯一の日本公演を行っている。1994年、クラインと離婚。

2007年ハービー・ハンコックがジョニに捧げたアルバム『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』で、ジョニ本人もゲスト・ボーカリストとして参加。同アルバムはグラミー賞最優秀アルバム賞を獲得した。

音楽だけでなく、多彩な芸術家として写真や絵画など多方面で活動しており、自らCDジャケットをデザインしたアルバムがグラミー賞のベスト・アルバム・パッケージ部門を受賞したほか、個展などでもその才能を遺憾なく発揮している。

近年はモルジェロンズ病という難病を患い、闘病中という[4]

作品[編集]

(順位はアメリカでのチャート・Billboard 200最高位)

アルバム[編集]

  • 1968年 ジョニ・ミッチェル - Song to a Seagull (Joni Mitchell) - 189位
  • 1969年 青春の光と影 - Clouds - 31位
  • 1970年 レディズ・オブ・ザ・キャニオン - Ladies of the Canyon - 27位
  • 1971年 ブルー - Blue - 15位
  • 1972年 バラにおくる - For the Roses - 11位
  • 1974年 コート・アンド・スパーク - Court and Spark - 2位
  • 1974年 マイルズ・オブ・アイルズ - Miles of Aisles (live) - 2位
  • 1975年 夏草の誘い - The Hissing of Summer Lawns - 4位
  • 1976年 逃避行 - Hejira - 13位
  • 1977年 ドンファンのじゃじゃ馬娘 - Don Juan's Reckless Daughter - 25位
  • 1979年 ミンガス - Mingus - 17位
  • 1980年 シャドウズ・アンド・ライト - Shadows and Light (live) - 38位
  • 1982年 ワイルド・シングス・ラン・ファースト - Wild Things Run Fast - 25位
  • 1985年 ドッグ・イート・ドッグ - Dog Eat Dog - 63位
  • 1988年 レインストームとチョークの痕 - Chalk Mark in a Rainstorm - 45位
  • 1991年 ナイト・ライド・ホーム - Night Ride Home - 41位
  • 1994年 風のインディゴ - Turbulent Indigo - 47位
  • 1998年 テイミング・ザ・タイガー - Taming the Tiger - 75位
  • 2000年 ある愛の考察~青春の光と影 - Both Sides Now - 66位
  • 2002年 トラヴェローグ - Travelogue
  • 2007年 シャイン - Shine - 14位

コンピレーションアルバム[編集]

  • 1972年 The World of Joni Mitchell (オーストラリア及びニュージーランドのみ)
  • 1996年 永遠の愛の歌/ジョニ・ミッチェル・ベスト - Hits - 161位
  • 1996年 Misses
  • 2003年 The Complete Geffen Recordings (1982-1991年作品のCD4枚組ボックス)
  • 2004年 The Beginning of Survival
  • 2004年 ドリームランド - Dreamland - 177位
  • 2004年 Starbucks Artist's Choice
  • 2005年 Songs of a Prairie Girl (リマスター盤)

シングル[編集]

  • 1968年 Night in the City
  • 1969年 チェルシーの朝 - Chelsea Morning
  • 1970年 ビッグ・イエロー・タクシー - Big Yellow Taxi - 67位
  • 1971年 ケアリー - Carey - 93位
  • 1971年 カリフォルニア - California
  • 1972年 恋するラジオ - You Turn Me On, I'm A Radio - 25位
  • 1974年 ヘルプ・ミー - Help Me - 7位
  • 1974年 パリの自由人 - Free Man in Paris - 22位
  • 1975年 ビッグ・イエロー・タクシー - Big Yellow Taxi (live) - 24位
  • 1975年 In France They Kiss On Main Street - 66位
  • 1976年 Coyote
  • 1977年 Off Night Backstreet
  • 1979年 The Dry Cleaner from Des Moines
  • 1980年 Why Do Fools Fall In Love
  • 1982年 Chinese Cafe/Unchained Melody
  • 1982年 (You're So Square) Baby, I Don't Care - 47位
  • 1985年 Good Friends - 85位
  • 1988年 My Secret Place
  • 1988年 Snakes and Ladders - 32位
  • 1991年 Come in from the Cold
  • 1994年 How Do You Stop
  • 1996年 Big Yellow Taxi (リミックス) - 39位 (ダンスチャート)

映像作品[編集]

その他[編集]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第72位、2011年の改訂版では第75位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第42位[5]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第62位。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第36位[6]

1997年ロックの殿堂入り。

1969年から2007年にかけて、グラミー賞を9回受賞している。

日本公演[編集]

  • 1976年
4月10日,17日,18日 中野サンプラザ

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ミッシェル・マーサー; 中谷ななみ訳 『ジョニ・ミッチェルという生き方~ありのままの私を愛して』 ブルース・インターアクションズ、2010年6月4日ISBN 978-486020-387-0 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]