Billboard 200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Billboard 200は、アメリカ合衆国の週刊誌「ビルボード」に掲載されている売り上げ上位200位のアルバムEPの人気チャートである。頻繁にアーティストの人気度を伝えるのに使われる。しばしば、チャート記録されたものは「ナンバーワン」であると認知されることで、アルバムが少なくとも1週は大きな売り上げとなる。

チャートの順位はアメリカにおける1週間分のセールスのみ(CD等の記録媒体とデジタル配信の両方)に基づいている。集計期間は新譜発売曜日の金曜に始まり木曜に終わる。集計されたチャートの公式発表は次の火曜に行われ、この発表日付はさらに次週の土曜日の表記になっている。

1月1日(金曜) - セールス集計期間開始
1月7日(木曜) - セールス集計期間終了
1月12日(火曜) - 集計されたチャートが発表、日付は1月23日(土曜)となる

以前のアメリカ市場では新譜は火曜日に発売されていたが、2015年7月10日からアメリカも含めた世界45カ国で新譜の発売が金曜日に統一されたため[1]、これに合わせてBillboard 200の集計開始も金曜日に変更された。デジタル・ダウンロードはアルバム全体が一度に買える場合はBillboard 200のチャートに含まれる。アメリカの小売りで発売されていないアルバム(輸入盤も含む)はチャートに載らない。また、ウォルマートスターバックスのような小売店で独占的に発売されている場合はチャートイン資格がないというポリシーも存在していたが、2007年12月7日に廃止され、そのことが12月17日付けから反映されるようになった。[2]

歴史[編集]

ビルボードはアルバムチャートを1945年から発表するようになった。最初はわずか5位までであったアルバムチャートは毎週発表されたわけではなく、時に新しいものが発表されるまで3週間から7週間ほど掛かった。隔週(ただ少々のギャップはあった)で、15位までのBest-Selling Popular Albums chart(最も売れたアルバムチャート)が1955年に登場した。ロックンロールが興ると共に、ビルボードは1956年3月24日から週間でBest-Selling Popular Albums chartを始めた。順位は10位までから30位までの間で色々だった。新しい週間チャートにおいて最初の1位を獲得したアルバムはハリー・ベラフォンテの『ベラフォンテ』であった。チャートは1956年の後半にBest-Selling Pop Albumsに、そして1957年にBest-Selling Pop LPsへ名前が変更された。

1959年5月25日からビルボードはランキングを2つに分割した。Best-Selling Stereophonic LPsはステレオアルバムのチャート(30位まで)であり、Best-Selling Monophonic LPsはモノラルアルバムのチャート(50位まで)である。2つはそれぞれStereo Action Charts (30位まで)と Mono Action Charts (40位まで)に1960年名前が変更された。1961年1月にはそれぞれAction Albums—Stereophonic(15位まで)とAction Albums—Monophonic(25位まで)となった。3ヵ月後には2チャートはTop LPs—Stereo(50位まで)とTop LPs—Monaural(150位まで)となった。

1963年8月17日、ステレオチャートとモノラルチャートは150位のチャートに統合され、Top LPsと呼ばれるようになった。1967年4月1日にはチャートは175位まで拡張され、1967年5月13日には200位まで拡張された。1972年はアルバムチャートの名前がTop LPs & Tapesと変更され、1984年にはTop 200 Albumsと改名され、1991年にTop Pop Albumsと再度改名され、1991年にはThe Billboard 200 Top Albumsとなり、現在のタイトルであるThe Billboard 200になったのは1992年3月14日からである。

カタログ・アルバム[編集]

1960年、ビルボードは旧譜もしくは廉価盤の売り上げをランク付けしたチャートを既存のものと共存して発表するようになった。このEssential Inventoryチャートはステレオ・モノラルアルバムに分離され、メインのステレオ・モノラルアルバムに登場していたタイトルを強調していた。モノラルアルバムはMono Action Chartに40週以上いる場合Essential Inventory—Mono chart(25位まで)に移動し、ステレオアルバムはStereo Action Chartに20週以上いる場合Essential Inventory—Stereo chart(20位まで)に移動した。

1961年1月、Action ChartがAction Albums—Monophonic(24位まで)とAction Albums—Stereophonic(15位まで)になった。9週以上チャートにいるアルバムは、Essential Inventoryに移動された。およそ200タイトルがリストされたが、ランク付けはされなかった。このリストはTop LPsチャートがスタートする1963年まで発表された。

1982年、ビルボードはMidline Albums chartという旧譜と廉価版のチャートを発表し始めた。チャートは50位まで集計され、2週間毎(後に3週間毎)の発表が基本だった。

1991年3月25日、ビルボードはTop Pop Catalog Albums chartを初公開した。現在このチャートに入る基準はBillboard 200に18ヵ月以上登場し、100位以下に落ちたアルバムである[3]。同時に「カタログ・ステータスを満たしたアルバムはBillboard 200にチャートインしない」というルールが定められた。

一方で、2003年11月22日付から、Comprehensive Albums Chartというカタログ・アルバムもチャートインさせる総合アルバムチャートが試験的に開始され、2004年1月3日付よりレギュラー化された。

2009年には、マイケル・ジャクソンの死による旧譜の再浮上及びビートルズのカタログ再発がBillboard 200に反映されなかったことが問題になり、同年12月5日付より、「カタログ・アルバムはBillboard 200にチャートインしない」というルールが撤廃された。その結果、従来のComprehensive Albums ChartがBillboard 200となった[4]

ホリデーアルバム[編集]

ビルボードはホリデーアルバム(クリスマスに関連するアルバム)に関する方針を数回調整してきた。ホリデーアルバムは1963年にクリスマスアルバムのチャートが新設されるまではメインのアルバムチャートにランクインされていたが、クリスマスアルバムのチャートに登場したアルバムはTop LPsチャートにはランクインしなくなった。1974年、このルールは廃止されホリデーアルバムが再びメインチャートに登場するようになった。

1982年、クリスマスアルバムチャートが復活したが、このチャートに登場した作品がTop Pop Albums chartの対象外となることはなくなった。1994年、チャート名称がTop Holiday Albumsに変更された。2006年の時点でチャートは50位まであり、1年の終わりの頃のホリデーシーズンに数週間掲載される。現在の方針ではホリデーアルバムはTop Holiday AlbumsとBillboard 200に同時にランクインすることが認められている。

ニールセン・サウンドスキャン[編集]

1991年5月26日からBillboard 200の順位はニールセン・サウンドスキャンの売り上げデータから決めている。2008年現在、約14000店のレコード販売店がデータを提供している。この値はレコードレーベルの出荷枚数ではなく小売店の売り上げを集計したものであるため、一般的にはRIAAゴールド・プラチナ・ダイアモンドアルバムの認定よりも低い値が出る傾向にある(RIAAの認定は発送枚数ではなく出荷枚数で決定される)。

ストリーミング[編集]

2014年12月13日付から、オンデマンド配信の音楽ストリーミングサービスでの再生回数がBillboard 200のチャートに加算されるようになった。これに伴い、アルバム収録曲のストリーミング再生数1500回及びアルバム収録曲のデジタル・セールス10曲がアルバム1枚のセールスに換算されて集計されることになった[5]

年間チャート[編集]

ビルボードの「チャート年(chart year)」は12月最初の週から11月最後の週までで集計される。暦とずれた集計期間はビルボードが年間チャートを計算し、12月最後の週の号に載せることを考慮したものである。ニールセン・サウンドスキャンを利用する前は年間チャートはBillboard 200における順位を逆数にしたポイントを基に計算されていた(例として、曲が200位に1週いた場合は1ポイント、199位に1週いた場合は2ポイントとして1位に1週いた場合200ポイントまで上がっていく仕組みである)。他の要素として曲のチャート滞在週数と最高順位が計算され合計が出されていた。

ビルボードがニールセン・サウンドスキャンからエアプレイの情報を得るようになってから、年間チャートは非常に分かりやすくなり、週間の売上枚数を累積的に集計した合計の枚数が基準となった。こうすることである特定の年における最も人気のある曲がよりはっきりと分かるようになった。仮想上、3月に9週1位になったアルバムは1月に6週3位になったアルバムよりも少ない売り上げになる可能性がある。面白いことに、人気がチャート年の締切である11月や12月にピークを迎えたアルバムは、多くの場合年間チャート順位が期待されていたよりも低く出る。それは締切時点でまだチャートに登場していることで、累積ポイントが2つのチャート年に分散してしまうことがあるためである。

チャートの利用[編集]

Billboard 200は、ラジオ局にとってリスナーが興味のある音楽の目安として有用である。小売店にとってはどのアルバムを店の最も目立つ場所に置くかを決定する手助けとなっている。航空会社による機内での音楽サービスといったものでも、ビルボードチャートを放送する曲の決定に利用している。

限界[編集]

チャートにはランクインされたアルバムの週間および累計の売上枚数が表記されておらず、そのため週ごとの売上の比較は不可能になっている。例として、ある週の1位になったアルバムが前年の同じ週、1位になったアルバムと同じだけ売り上げているかどうかである。同様にどれだけアルバムがヒットしたかを一つのチャートで比較することも不可能である。つまり、1位のアルバムが50位のアルバムより数千枚多く売り上げたのか、数ダース(1ダースは12枚)程度しか多くないのかを測定する方法がない。すべての音楽ジャンルが統合されているが、ビルボードにはジャンルごとのチャートが細分化された市場向けにある。2007年末のポリシー変更まで、CD売り上げの減少とインターネットによる楽曲購入の広がりによりBillboard 200の有用性がさらに減少してしまった。

アーティストのマイルストーン[編集]

Most charted albums[編集]

アルバムが多くチャートインしたアーティスト。

Most top-ten albums[6][編集]

アルバムがトップテンに多くチャートインしたアーティスト。

Most number-one albums[編集]

ナンバーワンアルバムが多いアーティスト。

Most cumulative weeks at number one[編集]

合計ナンバーワン週数が多いアーティスト。

アルバムのマイルストーン[編集]

Most weeks at number-one[編集]

ナンバーワン週数が長いアルバム。

Most weeks on the chart[編集]

チャートに長く登場したアルバム。メインチャートのみで、カタログチャートの週数は考慮に入れていない。

その他のマイルストーン[編集]

チャートインした日本人アーティスト[編集]

No. 最高位日付 タイトル アーティスト 最高位 週数
1 1963.06.15 Sukiyaki and Other Japanese Hits 坂本九[7] 14 17
2 1969.03.22 Unfinished Music No. 1: Two Virgins ジョン・レノン & オノ・ヨーコ[8] 124 8
3 1969.08.02 Unfinished Music No. 2: Life with the Lions ジョン・レノン & オノ・ヨーコ 174 8
4 1969.12.27 Wedding Album ジョン・レノン & オノ・ヨーコ[9] 178 3
5 1970.02.07 Live Peace in Toronto 1969 プラスティック・オノ・バンド(オノ・ヨーコ) 10 32
6 1971.02.13 Yoko Ono / Plastic Ono Band オノ・ヨーコ 182 3
7 1971.11.13 Fly オノ・ヨーコ 199 2
8 1972.08.12 Some Time in New York City ジョン・レノン & オノ・ヨーコ with エレファンツ・メモリー & インビジブル・ストリングス 48 17
9 1973.03.17 Approximately Infinite Universe オノ・ヨーコ 193 4
10 1973.04.07 Heartbreaker フリー山内テツ[10] 47 13
11 1974.02.09 Coast to Coast: Overture and Beginners ロッド・スチュワートフェイセズ(山内テツ)[11] 63 11
12 1974.12.07 Snowflakes Are Dancing 冨田勲[12] 57 25
13 1975.06.14 Best of Free フリー(山内テツ) 120 7
14 1975.07.05 Moussorgsky: Pictures at an Exhibition 冨田勲[13] 49 12
15 1976.03.20 Firebird 冨田勲 71 12
16 1976.10.02 Go マイケル・シュリーヴツトム・ヤマシタ[14] 60 12
17 1977.02.05 Holst: The Planets 冨田勲 67 13
18 1977.10.29 Go Too[15] ツトム・ヤマシタ 156 6
19 1978.04.08 Kosmos 冨田勲 115 10
20 1979.03.31 The Bermuda Triangle 冨田勲 152 6
21 1980.02.23 Ravel: Bolero 冨田勲 174 5
22 1980.03.22 Yellow Magic Orchestra YMO[16] 81 21
23 1980.09.20 X∞Multiplies YMO 177 2
24 1980.12.27 Double Fantasy ジョン・レノン & オノ・ヨーコ 1 77
25 1981.07.11 Season of Glass オノ・ヨーコ 49 9
26 1981.08.01 Love Light 横倉裕[17] 174 4
27 1983.02.19 It's Alright (I See Rainbows) オノ・ヨーコ 98 13
28 1984.02.25 Heart Play -unfinished dialogue- ジョン・レノン & オノ・ヨーコ 94 12
29 1984.03.10 Milk and Honey ジョン・レノン & オノ・ヨーコ 11 19
30 1985.05.04 Thunder in the East[18] LOUDNESS 74 24
31 1985.12.07 Asia 喜多郎[19] 191 2
32 1986.04.12 Album[20] パブリック・イメージ・リミテッド坂本龍一 115 16
33 1986.05.24 My Best 喜多郎 141 10
34 1986.07.12 Lightning Strikes[21] LOUDNESS 64 16
35 1987.04.04 Tenku 喜多郎 183 1
36 1987.07.04 E・Z・O E・Z・O[22] 150 9
37 1987.08.29 Hurricane Eyes[23] LOUDNESS 190 4
38 1988.05.14 The Last Emperor サウンドトラック(坂本龍一)[24] 152 10
39 1990.06.02 Kojiki 喜多郎 159 5
40 1990.11.24 World Clique ディー・ライトテイ・トウワ[25] 20 41
41 1992.04.11 Stars シンプリー・レッド屋敷豪太[26] 76 43
42 1992.07.11 Infinity Within ディー・ライト(テイ・トウワ) 67 8
43 1994.07.23 Peace Sign ウォー仲村哲也[27] 200 1
44 1994.08.20 Dewdrops in the Garden ディー・ライト(テイ・トウワ) 127 4
45 1995.09.09 An Enchanted Evening 喜多郎 199 1
46 1996.11.09 Greatest Hits シンプリー・レッド(屋敷豪太) 116 5
47 1996.12.28 Peace on Earth 喜多郎 185 1
48 1998.06.06 Blue シンプリー・レッド(屋敷豪太) 145 3
49 1999.06.26 Stereo ★ Type A チボ・マット[28] 171 1
50 2001.07.28 Final Fantasy: The Spirits Within サウンドトラック(L'Arc〜en〜Ciel[24] 193 1
51 2001.09.22 Gorillaz ゴリラズヌードル[29] 14 43
52 2002.03.16 G Sides ゴリラズ(ヌードル) 84 5
53 2002.08.03 Laika Come Home ゴリラズ(ヌードル) 156 1
54 2003.11.01 Kill Bill Vol. 1 サウンドトラック(布袋寅泰梶芽衣子[24] 45 16
55 2004.03.06 Home シンプリー・レッド(屋敷豪太、鈴木賢司 187 3
56 2004.04.10 Misery Is a Butterfly ブロンド・レッドヘッドカズ・マキノ)[30] 180 1
57 2004.05.01 Kill Bill Vol. 2 サウンドトラック(梶芽衣子)[24] 58 5
58 2004.10.23 Exodus 宇多田ヒカル[31] 160 1
59 2007.04.28 23 ブロンド・レッドヘッド(カズ・マキノ) 63 2
60 2007.05.12 Stay シンプリー・レッド(鈴木賢司) 156 1
61 2007.09.29 Proof of Youth ザ・ゴー! チームカイ・フカミ・テイラーツチダ・カオリ[32] 142 1
62 2008.11.29 Uroboros[33] DIR EN GREY 114 1
63 2009.05.30 This Is the One 宇多田ヒカル 69 3
64 2010.10.02 Penny Sparkle ブロンド・レッドヘッド(カズ・マキノ) 79 1
65 2011.02.19 Rolling Blackouts ザ・ゴー! チーム(カイ・フカミ・テイラー、ツチダ・カオリ) 162 1
66 2011.07.09 Cars 2 サウンドトラック(Perfume[24] 153 1
67 2011.08.20 Dum Spiro Spero[34] DIR EN GREY 135 1
68 2013.11.30 Pokémon X & Pokémon Y: Super Music Collection サウンドトラック(景山将太足立美奈子佐藤仁美増田順一、青木森一、一之瀬剛、野原悟史)[24] 104 1
69 2014.03.01 Hotel Valentine チボ・マット 168 1
70 2014.03.22 Babymetal BABYMETAL[35] 187 1
71 2014.09.20 Barragán ブロンド・レッドヘッド(カズ・マキノ) 180 1
72 2016.04.23 Metal Resistance BABYMETAL 39 2
73 2017.01.28 Pink Season[36] Pink Guy 70 3
74 2017.02.04 Ambitions ONE OK ROCK[37] 106 1
75 2017.11.25 In Tongues[38] Joji 58 1
76 2018.10.27 Regular-Irregular NCT 127ユウタ[39] 86 1
77 2018.11.10 Ballads 1[40] Joji 3 75
78 2019.06.08 We Are Superhuman NCT 127(ユウタ) 11 1
79 2019.10.26 Metal Galaxy BABYMETAL 13 1
80 2020.03.21 Neo Zone NCT 127(ユウタ) 5 10
81 2020.06.13 More & More TWICEモモサナミナ[41] 200 1
82 2020.10.10 Nectar[42] Joji 3 24
83 2020.10.31 NCT 2020 RESONANCE Pt. 1[43] NCT(ユウタ、ショウタロウ 6 9
84 2020.12.19 Eyes Wide Open TWICE(モモ、サナ、ミナ) 72 1
85 2021.05.29 Border: Carnival[44] ENHYPENNI-KI 18 2
86 2021.05.29 Evangelion: Finally コンピレーション(高橋洋子林原めぐみ[24] 111 1
87 2021.06.26 Taste of Love TWICE(モモ、サナ、ミナ) 6 3
88 2021.10.02 Sticker NCT 127(ユウタ) 3 14
89 2021.10.23 Savage[45] aespaジゼル 20 2
90 2021.10.30 Dimension: Dilemma[46] ENHYPEN(NI-KI) 11 3
91 2021.11.27 Formula of Love: O+T=<3 TWICE(モモ、サナ、ミナ) 3 8
92 2022.01.01 Universe[47] NCT(ユウタ、ショウタロウ) 20 4
93 2022.01.29 Dimension: Answer[48] ENHYPEN(NI-KI) 14 3
94 2022.04.09 I Know Nigo[49] NIGO 13 3
  • 2022/07/02現在、( )内は日本人アーティスト

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 7月10日から世界45か国で新譜リリースは毎週金曜日に”. 株式会社ロッキング・オン (2015年6月12日). 2016年4月2日閲覧。
  2. ^ Peters, Mitchell (2007年11月6日). “Revised Chart Policy Lands Eagles At No. 1”. Billboard. http://www.billboard.com/bbcom/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1003668840 2007年11月6日閲覧。 
  3. ^ Peters, Mitchell (2008年1月8日). “New Chart Parameters for Billboard, Nielsen SoundScan”. Billboard magazine. http://www.billboard.biz/bbbiz/search/article_display.jsp?vnu_content_id=1003694233 2008年1月8日閲覧。 
  4. ^ Beatles, Jackson spur change to U.S. album chart、ロイター、2009年11月12日 8時19分。
  5. ^ 米ビルボード、アルバム総合チャートをリニューアル ストリーミング再生数なども反映へ、bmr、2014年11月20日 23:42。
  6. ^ Fred Bronson's Chart Beat Chat for May 18, 2007
  7. ^ Kyu Sakamoto Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  8. ^ John Lennon Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  9. ^ Yoko Ono Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  10. ^ Free Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  11. ^ Rod Stewart Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  12. ^ Tomita Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  13. ^ Isao Tomita Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  14. ^ Michael Shrieve Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  15. ^ BILLBOARD 200 Week of October 29, 1977”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  16. ^ Yellow Magic Orchestra Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  17. ^ Yutaka Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  18. ^ BILLBOARD 200 Week of May 4, 1985”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  19. ^ Kitaro Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  20. ^ BILLBOARD 200 Week of April 12, 1986”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  21. ^ BILLBOARD 200 Week of July 12, 1986”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  22. ^ EZO Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  23. ^ BILLBOARD 200 Week of August 29, 1987”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g Soundtrack Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2022年5月16日閲覧。
  25. ^ Deee-Lite Chart History BILLBOARD 200”. 2020年11月21日閲覧。
  26. ^ Simply Red Chart History BILLBOARD 200”. 2020年11月21日閲覧。
  27. ^ War Chart History BILLBOARD 200”. 2020年11月21日閲覧。
  28. ^ Cibo Matto Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  29. ^ Gorillaz Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  30. ^ Blonde Redhead Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  31. ^ Hikaru Utada Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  32. ^ The Go! Team Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  33. ^ BILLBOARD 200 Week of November 29, 2008”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  34. ^ BILLBOARD 200 Week of August 20, 2011”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  35. ^ BABYMETAL Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  36. ^ BILLBOARD 200 Week of January 28, 2017”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  37. ^ ONE OK ROCK Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  38. ^ BILLBOARD 200 Week of November 25, 2017”. Billboard. 2020年11月21日閲覧。
  39. ^ NCT 127 Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2021年10月25日閲覧。
  40. ^ BILLBOARD 200 Week of July 02, 2022”. Billboard. 2022年6月28日閲覧。
  41. ^ TWICE Chart History BILLBOARD 200”. Billboard. 2021年7月10日閲覧。
  42. ^ BILLBOARD 200 Week of July 02, 2022”. Billboard. 2022年6月28日閲覧。
  43. ^ BILLBOARD 200 Week of January 30, 2021”. Billboard. 2021年1月30日閲覧。
  44. ^ BILLBOARD 200 Week of June 5, 2021”. Billboard. 2021年6月5日閲覧。
  45. ^ BILLBOARD 200 Week of October 23, 2021”. Billboard. 2021年10月20日閲覧。
  46. ^ BILLBOARD 200 Week of October 30, 2021”. Billboard. 2021年10月25日閲覧。
  47. ^ BILLBOARD 200 Week of January 01, 2022”. Billboard. 2021年12月30日閲覧。
  48. ^ BILLBOARD 200 Week of January 29, 2022”. Billboard. 2022年1月25日閲覧。
  49. ^ BILLBOARD 200 Week of April 23, 2022”. Billboard. 2022年4月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • Joel Whitburn Presents the Billboard Albums, 6th edition, ISBN 0-89820-166-7
  • Whitburn, Joel (1991), The Billboard Book of Top 40 Albums (Revised and enlarged 2nd ed.), Billboard Books, ISBN 0-8230-7534-6 
  • ビルボードのオンラインアーカイブサービス

外部リンク[編集]