幾田りら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幾田りら
別名
生誕 (2000-09-25) 2000年9月25日(21歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
職業
担当楽器
レーベル After School/ソニーミュージックエンタテインメント
共同作業者 YOASOBI
公式サイト
幾田りら
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年7月25日 -
ジャンル 音楽
登録者数 47.9万人
総再生回数 33,050,021回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年11月20日時点。
テンプレートを表示

幾田 りら(いくた りら、2000年平成12年〉9月25日[1] - )は、日本シンガーソングライターである。本名同じ。

「小説を音楽にする」ユニット「YOASOBI」のメンバー(ikura名義)としても活動している。2021年8月13日までは、アコースティックセッションユニットぷらそにか」のメンバーとしても活動していた[2]

来歴[編集]

日本で誕生し、すぐにアメリカ合衆国イリノイ州シカゴに移住、3歳まで在住していた[3]。小学6年で初めて作詞作曲、中学3年から本格的に活動を開始した[4]

2015年、東京ガールズオーディションのアーティスト部門に参加、3次審査まで進出。また、Sony Music主催『SINGIN’JAPAN』でファイナリストに選出されている[4]

2016年1月 - 2月には、Sony Musicが主催する新人アーティスト養成講座「the LESSON」へ四期生として参加[5]。8月26日に1stデモ・アルバム『15の想い』をリリース。

2017年7月、アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入[6]。同ユニットでは、ボーカル、ギター、トランペット、キーボードを担当。

2018年2月4日にテレビ朝日系列の音楽バラエティ番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』に出演[7]。4月21日にレコ発企画ライブを開催、1stミニ・アルバム『Rerise』をライブ会場限定で発売[8]。9月 - 10月にかけて大学入試に合格し[9]、2019年4月に大学入学した。

2019年7月2日に幾田がスキマスイッチの「全力少年」をカバーした東京海上日動あんしん生命保険のテレビCMがオンエア開始した[10]。11月にボカロPAyaseと共に「小説を音楽にする」ユニット「YOASOBI」を結成、「ikura」名義でボーカルを担当。翌月リリースした同ユニットの1stシングル「夜に駆ける」は、累計再生回数がストリーミングMVで1億回再生を記録。11月16日にレコ発ワンマンライブ『bouquet』を原宿STROBECAFEで開催、2ndミニ・アルバム『Jukebox』をライブ会場限定で発売。12月15日に幾田が「Love in Color」を歌唱したMVが、カメラアプリSNOWYouTube公式チャンネルより配信開始[11]

2020年3月11日に『Jukebox』の全国流通開始[12][13]7月19日(18日27時 - 29時)に『YOASOBIのオールナイトニッポン0(ZERO)』にてAyaseと共にパーソナリティを担当[14]。8月16日にテレビ朝日系列放映の『関ジャム 完全燃SHOW』に出演[15]。初のスタジオ収録を果たす。グレン・キーンが初の長編監督を務めるNetflix映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版エンド・クレジット・ソングに抜擢され、担当した楽曲「ロケット・トゥ・ザ・ムーン〜信じた世界へ〜」が2020年9月25日より配信開始[16]。11月14日に日本工業大学の「オンライン若杉祭」で限定ワンマン収録LIVEを配信[17]。12月31日にYOASOBIのメンバーとして『第71回NHK紅白歌合戦』に初出場した[18]

2021年3月30日深夜(30日24時 - 24時53分)より、毎週火曜日深夜の同時間帯に『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』にてAyaseと共にパーソナリティを担当[19]。7月19日に2019年11月にリリースしたオリジナル曲「ロマンスの約束」が、『今日、好きになりました。向日葵編』の主題歌に決定した[20]。8月13日に4年半所属した「ぷらそにか」を卒業した[2]

人物[編集]

4人兄弟の末っ子[7]として生まれ、幼少期をシカゴで過ごしていた[21]。父がギターを弾くなど[22]音楽好きの家族に囲まれ、物心ついたころには歌手になると決めていた。小さいころから寝てるとき以外は歌っていて、ソファーやタンス、ハシゴの上などで、母の化粧品のボトルをマイクにして歌っていた[3]。12歳くらいの頃、父が母に対し「ホワイトデーに曲をプレゼントしたいから、バレンタインデーは歌詞を作ってほしい」と頼み、母が歌詞を作って父がお返しで曲をプレゼントする光景を間近で見ていたことが、シンガーソングライターを志すきっかけとなった[23]。音楽好きの家族だからか、「ぷらそにか」の2周年記念ライブにて母がライブ撮影を行った。兄弟も含めぷらそにかメンバーが名前を話せるほどには馴染んでいる[24]

小学1年生でピアノ、小学6年生でギターを始める[22]。小学3年生から6年生まではミュージカル劇団に所属していたこともある[22]明星学園中学校・高等学校を卒業している[25]。中学校の部活はアンサンブル部に所属しておりトランペットを担当、高校2年生の引退まで続けていた[22]。中学3年生の時には応援合戦を指揮する役割としての応援団長をやっていた[3]。また、学生の頃は「ドッジボールの女王」の通り名があったほどドッジボールが得意だった[3]。女優の小野莉奈とは中学時代の同級生で大親友である[26]

「YOASOBI」では「ikura」名義で活動しているが、海産物のイクラはあまり好きではない[3]。好きな食べ物の一つに唐揚げやチュロスがある。好きなスポーツは陸上。小学校から高校にかけ12年間体育祭のリレーの選手をやっていた[27]。 インタビュー動画では、バトントワリングの技術を披露したことがある[28]

ディスコグラフィ[編集]

ミニ・アルバム[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番 収録曲
1st DEMO 15の想い 2016年8月26日 CD LILA-0001
トラックリスト
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「この小さな胸に」  
2.「あなたへ」  
3.「One day」  
4.「夜明け」  
1st Rerise 2018年4月21日 CD LILA-0002
トラックリスト
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「'17」  
2.「teenager」  
3.「白い恋」  
4.「夢追い人」  
5.「春のままで」  
2nd Jukebox 2019年11月16日(ライブ会場限定) CD LILA-0003
トラックリスト
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「おまじない」  
2.「通り雨」  
3.「ロマンスの約束」  
4.「ラブレター」  
5.「真夜中の君と」  
2020年3月11日(全国流通)
2019年12月1日 有料配信

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 収録曲 収録作品
1st 2020年9月25日 (2020-09-25) ロケット・トゥ・ザ・ムーン〜信じた世界へ〜 デジタル・ダウンロード 未公表
2nd 2020年12月25日 (2020-12-25) ヒカリ 未公表
3rd 2021年3月9日 (2021-03-09) Answer 未公表
4th 2021年8月14日 (2021-08-14) ロマンスの約束 未公表

参加作品[編集]

アーティスト 発売日 タイトル 規格 備考
加藤ミリヤ 2020年10月28日 Aitai[29] トリビュート・アルバム アルバム「INSPIRE」2曲目に収録。
フジファブリック 2021年2月23日 たりないすくない (feat. 幾田りら)[30] アルバム「I Love You」の4曲目にも収録。

無料配信曲[編集]

幾田本人が無料インディーズ音楽ストリーミングサービス「Eggs」にアップロードした楽曲。

公開日 タイトル 初収録アルバム
2017年7月17日[31] 白い恋 Rerise
'17
2018年5月6日[32] 春のままで
2019年1月26日[33] フリージア (未収録)
夜と月とそれから星
2019年3月24日[34] 通り雨 Jukebox
2019年5月17日[35] 約束 (未収録)

オムニバス[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 参加曲
2018年5月3日 鉄コンピ vol.4 2018年ライヴ盤 CD SRCD-026 M-6.夢追い人(ライヴ録音)

タイアップ[編集]

起用年 曲名 タイアップ
2020年 ロケット・トゥ・ザ・ムーン〜信じた世界へ〜 映画「フェイフェイと月の冒険」日本語版エンドクレジットソング[36]
2021年 Answer 東京海上日動あんしん生命あんしん就業不能保障保険 CMソング[37]
ロマンスの約束 ABEMA今日、好きになりました。向日葵編』主題歌[38]

出演[編集]

テレビスペシャル[編集]

  • BS日テレ開局20年スペシャル番組「未来へ挑む彼女たち〜Next Generations〜」(2020年11月28日、BS日テレ)[39]

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ フランス語でLilas(リラ)はライラックのこと。

出典[編集]

  1. ^ YOASOBI オフィシャルサイト|PROFILE”. YOASOBI. 2021年1月24日閲覧。
  2. ^ a b YOASOBI・ikura、「ぷらそにか」卒業 ラスト曲にミスチル「GIFT」をカバー「この4年半は、とても幸せで宝物のような時間でした」”. ねとらぼエンタ. 2021年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e 2020年7月19日(18日深夜)放送のオールナイトニッポン0(ZERO)にて明かされた。
  4. ^ a b 幾田りら”. HUG ROCK FESTIVAL2018 GW. 2020年5月10日閲覧。
  5. ^ https://twitter.com/singersing28/status/722009645141757952”. Twitter. 2020年8月16日閲覧。
  6. ^ YOASOBI・ikuraが音楽ユニット「ぷらそにか」卒業へ 8月ラスト公演「見届けてもらえたら」”. スポニチ. 2021年8月31日閲覧。
  7. ^ a b 幾田りら(高2)「4人兄弟・末っ子の夢を一家でサポート 東京の24時間音楽漬け女子高生」 - テレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」2018年2月4日放送バックナンバー
  8. ^ 幾田りら (2018年4月14日). 1st mini album「Rerise / 幾田りら」Trailer. https://www.youtube.com/watch?v=UdFo6JqZNcI 2020年5月10日閲覧。 
  9. ^ ぷらそにか Recordingの裏側【幾田りら ドッキリ篇】, https://www.youtube.com/watch?v=fd5wYPjd1lc 2020年8月9日閲覧。 
  10. ^ 幾田りら 東京海上日動あんしん生命「あんしん就業不能保障保険」CMソングとしてオンエア中の新曲「Answer」が3/9(火)に配信リリース決定!”. PR TIMES. 2021年8月31日閲覧。
  11. ^ YOASOBI 幾田りら SNOW公式チャンネル 『Love in Color』”. YouTube. SNOW公式チャンネル. 2021年8月31日閲覧。
  12. ^ “話題のシンガーソングライター「幾田りら」のCD、いよいよ全国流通がスタート。”. FanplusMusic (株式会社Fanplus). (2020年3月11日). https://music.fanplus.co.jp/news/2020031499411734c 2020年5月22日閲覧。 
  13. ^ “幾田りら、2ndミニ・アルバムの全国流通開始 収録曲「ロマンスの約束」MVも公開”. CDJournal ニュース (株式会社シーディージャーナル). (2020年3月12日). https://www.cdjournal.com/main/news/-/85380 2020年5月10日閲覧。 
  14. ^ YOASOBIが「オールナイトニッポン」パーソナリティ初挑戦、新曲「たぶん」オンエア”. 音楽ナタリー (2020年7月4日). 2021年8月31日閲覧。
  15. ^ バックナンバー|関ジャム 完全燃SHOW”. テレビ朝日. 2021年8月31日閲覧。
  16. ^ 幾田りら(YOASOBI)、Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』エンドクレジットに抜擢, Billboard Japan, (2020-09-08), http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/91988/2 2020年9月8日閲覧。 
  17. ^ オンライン若杉祭が終了しました。多数のアクセス、ありがとうございました。|日本工業大学”. www.nit.ac.jp. 日本工業大学. 2021年1月7日閲覧。
  18. ^ YOASOBI初出場「やっと生で」内村感激/紅白”. 日刊スポーツ. 2021年8月31日閲覧。
  19. ^ ENHYPENが「ANNX」月曜パーソナリティに就任、YOASOBIは火曜担当&OPテーマ制作”. 音楽ナタリー. 2021年8月31日閲覧。
  20. ^ 幾田りら「ロマンスの約束」、ABEMA『今日、好きになりました。』最新作の主題歌に、2021年7月20日閲覧。
  21. ^ @ikutalilas. "シカゴに住んでた頃の写真…、2017年12月12日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年5月22日閲覧
  22. ^ a b c d 西山晃世、幾田りら、小玉ひかり 。聴くたびに、ココロゆれる。「ぷらそにか」インタビューPart1”. march17 music magazine. 2020年8月15日閲覧。
  23. ^ 幾田りら、ラプンツェル声優・中川翔子との対面に感激!プラネタリウムでライブ歌唱”. シネマトゥデイ. 2020年10月16日閲覧。
  24. ^ オンラインフェスのチケットをみんなに買ってもらおう!!! (前編), https://www.youtube.com/watch?v=K4IwASpmZMY 2020年8月9日閲覧。 
  25. ^ 2月17日(月) 幾多りら(86回生) 第七回天窓アワード「U-22... - 明星会(明星学園同窓会・事務局) | Facebook
  26. ^ “いつか一緒に――大親友・小野莉奈×ikura(YOASOBI)の夢が映画『たぶん』で実現!ふたりの出会いと新た夢に迫る”. M-ON! Press (株式会社エムオン・エンタテインメント). (2020年11月12日). http://www.m-on.press/whatsintokyo/0000278065 2021年3月20日閲覧。 
  27. ^ 幾田 りらさんのツイート”. Twitter. 2021年1月11日閲覧。
  28. ^ https://twitter.com/heiseicrazyeggs/status/758255270078185472”. Twitter. 2020年8月9日閲覧。
  29. ^ 加藤ミリヤトリビュートで瑛人×yamaが“ミリショー”カバー、プロデュースは川谷絵音”. 音楽ナタリー. 2020年10月28日閲覧。
  30. ^ フジファブリック新作ゲスト第2弾は幾田りら「とても幸せな体験」”. 音楽ナタリー. 2021年7月21日閲覧。
  31. ^ @ikutalilas. "Eggsにオリジナル曲『白い恋』と『'17』をアップしました◎ぜひ聞いてください!!!、2017年7月17日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年7月21日閲覧
  32. ^ @ikutalilas. "「春のままで / 幾田 りら」をEggsで聴こう。、2018年5月6日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年7月21日閲覧
  33. ^ @ikutalilas. "今夜20:00 Eggsに「フリージア」と生配信で披露した「夜と月とそれから星」の音源をアップします、2019年1月26日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年7月21日閲覧
  34. ^ @ikutalilas. "Eggsに「通り雨」の音源をアップしました 2月頃からライブで歌っていた新曲。是非チェックしてね、2019年3月24日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年7月21日閲覧
  35. ^ @ikutalilas. "高校卒業の時書いた「約束」という曲をEggsにアップしました、2019年5月17日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年7月21日閲覧
  36. ^ “YOASOBIのikura=幾田りら、Netflix映画「フェイフェイと月の冒険」日本版ED曲担当”. ナタリー. (2020年9月8日). https://natalie.mu/music/news/395457 2020年9月8日閲覧。 
  37. ^ “YOASOBIボーカルikura、幾田りらの新曲「Answer」東京海上日動CM曲に”. ファッションプレス. https://www.fashion-press.net/news/69891 2021年8月14日閲覧。 
  38. ^ 幾田りら、“ロマンスの約束”新バージョンがABEMA「今日、好きになりました。」シリーズ最新作の主題歌に決定。7月26日よりオンエア開始&予告映像にて音源解禁 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2021年8月14日閲覧。
  39. ^ BS日テレ開局20年スペシャル番組「未来へ挑む彼女たち〜Next Generations〜」”. BS日テレ. 2020年11月18日閲覧。
  40. ^ “竜とそばかすの姫:細田守監督最新作で玉城ティナ、幾田りらがアニメ声優初挑戦 成田凌、染谷将太も”. まんたんウェブ. (2021年5月7日). https://mantan-web.jp/article/20210506dog00m200052000c.html 2021年5月7日閲覧。 

外部リンク[編集]