松田聖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:松田聖子の画像提供をお願いします。2016年11月
松田聖子
出生名 蒲池 法子
(かまち のりこ)
生誕 1962年3月10日(54歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県久留米市荒木町
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
ポップ・ミュージック
職業 アイドル
歌手
女優
シンガーソングライター
活動期間 1979年 -
レーベル CBS・ソニー→ソニーレコード
1980年 - 1995年
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント→キティMME
1996年 - 2001年
ソニー・ミュージックレコーズ
2002年 - 2008年
ユニバーサルシグマ
2009年 - 2014年[要出典]
EMI RECORDS
2015年 - )
事務所 サンミュージックプロダクション
ファンティック
グリーンパークミュージック→
ファンティック
felicia club(フェリシアクラブ)
共同作業者 小倉良(1992年 - 2015年)
原田真二(2000年 - 2004年)
公式サイト 松田聖子オフィシャルサイト

松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本歌手女優タレントである。

福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia club(フェリシアクラブ)[1]。身長160cm。体重42kg(身長、体重は公式サイト2008年12月25日のデータより[要出典])。血液型A型

特徴[編集]

1980年代を代表するアイドル[編集]

松田聖子は1980年代を代表するアイドル歌手である。1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー(同時期「サンデーズ」としても活躍)。デビュー曲はCMタイアップで火が付き、すぐに続けざまにヒット曲を連発。トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2015年2月)となっており、「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされている。

アイドル歌手としての松田聖子[編集]

歌手としては1980年の「風は秋色」から1988年の「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコンシングルチャート(週間)1位を獲得。デビュー初期の曲は、三浦徳子の作詞、小田裕一郎の作曲が主だった。

楽曲の制作には2年目の6枚目シングル「白いパラソル」以降、作詞に松本隆が起用され、この後作曲家の選択も含め彼のプロデュース色が濃くなるが、編曲は初期からの大村雅朗が続けた。作曲家は財津和夫、「呉田軽穂」名義の松任谷由実をはじめ、細野晴臣などニューミュージック系の作家が多い。

当時の人気の高さを端的に示す言葉としては「聖子ちゃんカット」と「ぶりっ子」が挙げられる。聖子ちゃんカットとはその名の通り、デビュー当時からしていた彼女の髪型を真似た髪型であり、当時の若い女性の間で大流行した。そしてその聖子ちゃんカットも聖子本人は1981年の年末にバッサリ切ってショートヘアにすると、今度はまたその聖子を真似たショートヘアが流行りだした。

ちなみに「ぶりっ子」とは、当時の人気漫才コンビの春やすこ・けいこ山田邦子が、聖子が意識的に自分をかわいく見せようとしていることをからかった言葉であり、当時の流行語にまでなった。

1985年6月に俳優神田正輝と結婚。妊娠中に芸能活動を休業するが間もなく復帰し、主に歌手としての活動を続けた。神田正輝との間に生まれた長女はSAYAKA名義で2002年に歌手デビューし、その後は本名の神田沙也加名義で、ミュージカルや舞台女優・タレントとして活動する。

音楽家としての松田聖子[編集]

1990年代に入ると、作詞、作曲やアルバムのプロデュースにも自ら取り組むようになり、アイドル歌手ではなく、いわゆる「アーティスト」、あるいはシンガーソングライターとしての活動を展開していく。作詞、作曲に関してはアイドル時代から手がけており、アルバム『ユートピア』では「小さなラブソング」を作詞、アルバム『Canary』で同名曲を作曲したのをはじめ、「とんがり屋根の花屋さん」(アルバム『SEIKO・TOWN』)、「時間旅行」(アルバム『SUPREME』)「シェルブールは霧雨」」(アルバム『Strawberry Time』)などの曲を作曲している。

1990年代のアルバム『1992 Nouvelle Vague』から『FOREVER』までの6枚はセルフ・プロデュース、全曲作詞作曲(作曲の多くは小倉良の共作)が基本となり、シングル曲でも「きっと、また逢える…」「大切なあなた」「輝いた季節へ旅立とう」「さよならの瞬間」などをヒットさせる。特に、1996年発表の「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」は、オリコンチャートで自身シングル初のミリオンセラー(100万枚突破)を記録し最大のヒット曲(2016年現在)となった。また、この時期には「私だけの天使〜Angel〜/あなたのその胸に」(1997年)など、長女への母性愛をテーマとした楽曲もいくつか発表した。

作詞家としては極めて個人的な感情を赤裸々にさらけ出す歌詞、あるいは非常に前向きな歌詞を書くことが多い。作曲家としては長調の曲を好む傾向がある。また、最大のヒット曲「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」が典型であるが、同主調平行調、あるいは属調下属調などの近親調転調することをアクセントに使うことが多い。これは共作者である小倉良の特徴でもある。

松田聖子は『ディナーショーの女王』として知られ、そのチケットは全歌手の中で最も値段が高い部類に入る。東京のグランドプリンスホテル新高輪ホテルニューオータニ大阪の48,000円のチケットは即日完売で、ヒルトン名古屋では4人セットで220,000円という価格のものも存在するほどである。

松田聖子的生き方[編集]

デビューから四半世紀を過ぎ、結婚、出産、2度に亘る離婚、数度の不倫スキャンダルを経てもなお、「アイドル」と呼ばれ続けた。

2007年4月9日、「松田聖子的生き方」とそれに共感する同世代の女性たちに焦点を当てたドキュメンタリー番組、NHKスペシャル『松田聖子 女性の時代の物語』が放送され、放送後も『朝日新聞』の天声人語(4月15日付)にも取り上げられるなど話題を呼んだ。

90年代、2000年代に渉って『女性自身』や『婦人公論』その他の雑誌、TVなどのメディアにおいて「生き方に憧れる女性有名人」「輝いている女性有名人」「スターだと思う有名人」「永遠のアイドルだと思う有名人」などの好感度アンケートでは常に上位にランクインされ続けた。その一方では、過剰な不倫スキャンダル報道などの影響から、嫌いな女性著名人のアンケートで上位になることも多かった。週刊誌SPA!』では「1998年度の男が許せない女」1位、『週刊女性』では「2000年度の読者が選ぶ嫌いな女」5位、『週刊文春』では「2005年度の女が選ぶ嫌いな女」5位になった。

略歴[編集]

1970年代まで[編集]

1962年

1977年

1978年

1979年

  • 渡辺プロダクション傘下の東京音楽学院九州校に在籍していた高校3年の時、同プロダクションの九州支社長に注目され、法子と契約する打診が東京本社に行われたが、「この娘は、ガニ股である。ガニ股はテレビ映りがよくない。舞台でも問題がある」との理由で却下される[5]。その後、サンミュージックプロダクション専務に注目され、同プロダクションと契約する。歌手デビューのため上京し、堀越高等学校に転校。日本テレビ系ドラマ『おだいじに』に「松田聖子」役で出演。この時の役名が親しみやすいとしてその後の芸名となる[6]。(名付け親・沖紘子

1980年代[編集]

1980年

  • 4月1日、「裸足の季節」で歌手デビュー。デビュー当時のキャッチフレーズ(※1980年代の女性アイドルには、必ずといっていいほどキャッチフレーズが付いていた)は、「抱きしめたい! ミス・ソニー」。
  • 4月28日、「裸足の季節」で、フジテレビ『夜のヒットスタジオ』に初登場。
  • 7月、デビュー3か月でファンクラブ発足 発会式には5,000人が集まる。
  • 7月、よみうりランドグリーンステージで『さわやかコンサート』を開き、8,000人のファンを動員する。
  • 7月3日、「裸足の季節」で、TBSザ・ベストテン』の「スポットライト」コーナーに初登場(11位)。
  • 8月14日、「青い珊瑚礁」で、TBS『ザ・ベストテン』に初ランクイン(8位)。
  • 9月18日、「青い珊瑚礁」で、TBS『ザ・ベストテン』の第1位を初めて獲得。
  • 9月、日本青年館ファーストコンサート『First Kiss』開催。
  • 10月 3枚目のシングル「風は秋色」で初のヒットチャート第1位獲得。
  • 8月 - 12月、「青い珊瑚礁」で第22回日本レコード大賞新人賞をはじめ、10もの大きな音楽祭の賞を獲得。第31回NHK紅白歌合戦に初出場した。「聖子ちゃんカット」と呼ばれる独特のヘアスタイルが全国の女の子の間で大流行し、「ブロマイド」の年間売り上げでトップに輝く。

1981年

  • 1月、イタリアサンレモ音楽祭に出場。
  • 3月、「青い珊瑚礁」が1981年春の選抜高校野球大会の入場行進曲になる。
  • 4月、初の全国横断コンサート(6か所8公演)の締めくくりに日比谷野外音楽堂で『'81聖子ビックコンサート in TOKYO』を開く。
  • 7月、シングル「白いパラソル」発表。
  • 7月 - 9月、コンサートツアー『Nice Summer Seiko』
  • 8月13日、「白いパラソル」が、TBS『ザ・ベストテン』で番組史上初となる「初登場第1位」を獲得(9072点)。
  • 12月、「聖子ちゃんカット」をバッサリ切り、ショートカットになる。

1982年

  • 3月、CBSソニー・ヒット賞受賞。
  • 4月 - 5月、コンサートツアー『FANTASTIC CONCERT』開催。
  • 8月、新宿コマ劇場梅田コマ劇場『聖子フェスティバル』
  • 12月、初の日本武道館でのコンサート『Christmas Queen』を開く。

1983年

  • 2月、シングル「秘密の花園」が10曲連続シングルチャート1位 9曲連続のピンク・レディーの記録を破る。
  • 2月、大阪厚生年金会館で『Seiko New Year Concert』開催。
  • 3月28日、沖縄のコンサートにて、「渚のバルコニー」の歌唱中に突然少年が工事用のプラスチックパイプを持ち、聖子の頭部を目掛けて数回殴打するという事件が発生。少年は警備員やスタッフに取り押さえ、傷害の現行犯で即逮捕され会場を警備していた警察官に引き渡されたが、聖子は右頭部と右手に全治約1週間の軽傷を負った(その後、4月5日の熊本のコンサートから復帰を果たした)。この様子は日本テレビがザ・トップテンでの放送のために録画しており、ワイドショーで頻繁に放送された。
    • 逮捕された少年は沖縄の地元民ではなく、埼玉県入間市に住むファンを名乗る19歳の少年であった。ノイローゼを患っており埼玉県の精神病院に入院していた精神病患者でもあった。当日の2日前の26日に外泊許可を取得し、前日の27日に家族と一緒に買い物に東京都に来ていたが、その際に姿をくらます。その時に手持ちの小遣いであった35,000円を使って沖縄行きの航空券を購入し、沖縄へ飛ぶ。その後、凶器となった陳列ケース棚をとめるスチール製の金具を購入したという。沖縄署での取り調べの結果、犯行動機については「有名人である松田聖子を殴ることで自分も有名になりたかった」と供述しており、聖子にとってはいわれなき災難であった。
  • 7月、コンサートツアー『アン・ドゥ・トロワ』開催。
  • 8月、「SWEET MEMORIES」がサントリー生ビールのCMソングに。ジャケット写真は最初のものと後に発売された両A面版と2パターンある。
  • 11月17日、「SWEET MEMORIES」(9位、6796点)と「瞳はダイアモンド」(2位、8199点)が、TBS『ザ・ベストテン』で番組史上初となる「2曲同時初登場」を記録。
  • 12月、日本武道館でコンサート『SEIKO LAND』開催。伊集院静が舞台演出。

1984年

  • 1月 - 4月、コンサートツアー『JEWELS』開催(15か所16公演)。
  • 4月 - 6月、コンサートツアー『FANTASTIC FLY』開催。日本武道館では香水をまく演出が話題に。伊集院静が舞台演出。
  • 7月、ハワイ大学へ短期留学。
  • 7月 - 11月、コンサートツアー『Magical Trump』開催。伊集院静が舞台演出。
  • 12月、コンサートツアー『GOLDEN JUKE』開催
  • 父親の定年退職を機に両親を九州から呼んで共に暮らすようになる。のち神田正輝と結婚するまでは東京都目黒区東が丘の一軒家で、この家の門は、代表作「青い珊瑚礁」の出だし部分「あ〜私の恋は〜」の五線譜で飾られていた。
  • 『ドレミファドン』のアンケートで、若い男性にとっては「結婚したい女性」のNo.1となる。

1985年

  • 4月 - 5月、コンサートツアー『SEIKO PRISM AGENCY』開催(5か所8公演)。
  • 6月、フィル・ラモーンプロデュースでシングル「DANCING SHOES」リリース。
  • 8月、初の英語版アルバム『SOUND OF MY HEART』をリリース。
  • 12月、自叙伝『聖子』出版。
  • 1月23日、交際を公にしていた歌手・郷ひろみと破局。東宝スタジオの食堂にて涙の破局会見を行い、聖子は「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と語ったが、後に郷は「会見することも知らなかった。あんなセリフも言っていない。僕が生まれ変わって虫だったらどうする気だろう?」とジョークを交じえて否定した。1か月後に神田正輝と結婚を発表。
  • 6月24日、映画『カリブ・愛のシンフォニー』(メキシコロケ)で共演した神田正輝と東京都目黒区サレジオ教会で結婚。2人の結婚は、世紀の結婚をもじって「聖輝の結婚」と呼ばれた。結婚式披露宴の独占放送権を獲得したテレビ朝日は、約10時間に亘りこの模様を放送。ゴールデンタイムの平均視聴率は34.9%(ビデオリサーチ・関東地区)を記録した。司会を務めたのは徳光和夫

1986年

  • 10月1日、長女・神田沙也加を東京・飯田橋の東京逓信病院で出産。結婚・出産を経てもアイドル人気は衰えず、“ママになったアイドル”という意味の「ママドル」と呼ばれる。

1987年

  • 4月、約2年ぶりのシングル「Strawberry Time」リリース。
  • 4月、写真集『Five Seasons』(篠山紀信/撮影)出版。
  • 4月23日、「Strawberry Time」でTBS『ザ・ベストテン』最後のスポットライトを獲得。ランクインは次々週まで待つことになる。
  • 6月4日、「Strawberry Time」でTBS『ザ・ベストテン』最後の1位を獲得。
  • 5月 - 6月、コンサートツアー『SEIKO SUPER DIAMOND REVOLUTION』開催(8か所15公演)。
  • 9月、TBS特別企画ドラマ『スイート・メモリーズ』主演。
  • 12月、NHK紅白歌合戦に「Strawberry Time」で出場(8回目)。

1988年

  • 2月14日、東京都目黒区の自由が丘に現在も営業中のブティック「フローレス・セイコ」(Flawless Seiko)をオープン。「フローレス (Flawless)」とは "(宝石が) 傷のない、完璧な" という意味で、ダイヤモンドの最高級を表す。(※2014年11月1日に「felicia club by Seiko Matsuda」に店名を改名しリニューアルオープン)
  • 3月、CBSソニー・ゴールドディスク大賞受賞。
  • 4月、アルバム『Citron』をデイヴィット・フォスターーがプロデュース。
  • 4月28日、「Marrakech〜マラケッシュ〜」でTBS『ザ・ベストテン』最後の出演。
  • 5月 - 9月、コンサートツアー『Sweet Spark Stream』開催 (19か所25公演)映画監督・根岸吉太郎が演出を手がける。
  • 9月、シングル「旅立ちはフリージア」で24曲連続チャート1位獲得。
  • 10月27日、「旅立ちはフリージア」でTBS『ザ・ベストテン』最後のランクイン(10位)。
  • 12月、NHK紅白歌合戦に「Marrakech〜マラケッシュ〜」で9年連続出場。

1989年

1990年代[編集]

1990年

  • 5月、シングル「THE RIGHT COMBINATION」(USA)で、「New Kids On The Block」のDonnie Wahlbergとデュエット。
  • 6月、アルバム『Seiko』で全米デビュー、アメリカでは『USマガジン』や『インターセクト』で特集される。またイギリスのBBCテレビにも出演し、世界中のメディアに登場。

1992年

  • 2月、ブティック「フローレス・セイコ」が4周年を迎え、記念イベントが行われ2,000人のファンが詰めかける。
  • 3月25日、初の聖子自身による全曲作詞作曲プロデュースアルバム『1992 Nouvelle Vague』発売。先行シングルは、自身初の主演連続ドラマTBS『おとなの選択』の主題歌「きっと、また逢える…」。この年から本人による作詞作曲プロデュースによる楽曲発表が主体となっていく。
  • 6月 - 7月、コンサートツアー『1992 NouvelleVague』開催(10か所16公演)。
  • 12月、初のクリスマスディナーショー(4か所8公演)を開く。

1993年

  • 6月 - 7月、コンサートツアー『Diamond Expression』開催(16か所24公演)。
  • 12月、クリスマスディナーショー開催(全国13か所21公演)。

1994年

  • たかの友梨ビューティークリニックのイメージキャラクターに選ばれ、「ヌーディッシュ宣言」と題した本人の巨大広告やTVCMが話題となり、ワイドショーやマスコミなどで「第2次聖子ブーム」と騒がれる。
  • 6月 - 8月、コンサートツアー『Glorious Revolution』開催(19か所28公演)。
  • 12月、クリスマスディナーショー開催(10か所21公演)。

1995年

  • 6月 - 8月、コンサートツアー『It's Style '95』開催(23か所33公演)。
  • 12月、クリスマスディナーショー開催(全国8か所22公演)。

1996年

1997年

  • 1月、神田正輝と離婚。離婚のニュースは、芸能報道の枠を超えて各局とも一般ニュース枠でも報じ、号外が出された。神田との離婚後も、学業半ばの娘の姓が変わらないようにするため婚氏続称を選び、民法上は神田姓であった。
  • 6月 - 7月、コンサートツアー『My Story』開催 (13か所26公演)。
  • 12月、クリスマスディナーショー開催 (全国8か所22公演)。

1998年

  • 5月、6歳年下の歯科医師・波多野浩之と交際2か月で結婚。会った瞬間「ビビビッと来た」というコメントが流行語になる。
  • 6月 - 11月、コンサートツアー『Forever』開催(全国8か所22公演)(広島及び福岡公演は急病のため延期となった)。
  • 12月、クリスマスディナーショー開催(全国8か所22公演)。

1999年

  • マネージメント事務所を「ファンティック」から元ソニーのプロデューサーだった若松宗雄が代表を務める「グリーンパークミュージック」に移籍。
  • 10月、事務所移籍の諸事情で武道館他全国アリーナ会場の使用予約をとることが出来なかったため、初のライブハウス・ツアー『Zepp Tour』開催(4か所9公演)。
  • 12月18日、11年半ぶりに作詞家に松本隆を起用したアルバム『永遠の少女』を発売する。なお先行シングルの「哀しみのボート」は、フジテレビ系で放送されたテレビドラマ『OUT〜妻たちの犯罪〜』の挿入歌となった。
  • 12月、クリスマスディナーショー開催(11か所)。

2000年代[編集]

2000年

  • 4月1日、歌手デビュー20周年を迎える。
  • 7月 - 8月、コンサートツアー『SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR』開催(9か所16公演)。
  • 9月、かつて交際していた郷ひろみとのデュエット曲「True Love Story」発表の話があり受諾・発表し世間を驚かせる。
  • 12月、波多野浩之と離婚。
  • 12月、クリスマスディナーショー2000開催(12か所18公演)。

2001年

  • 3月、初のスプリングディナーショーを開催する(全国9か所17公演)。
  • 6月 - 8月、コンサートツアー2001『LOVE & EMOTION』開催(全国13か所23公演)。
  • 11月 - 12月、クリスマスディナーショー開催(全国12か所)。

2002年

  • ソニー・ミュージックエンタテインメントに復帰。
  • 3月11日、ダイヤモンドのように最も輝く女性として『ダイヤモンド・パーソナリティー賞』を受賞し1000万円相当のダイヤを授与される。
  • 6月21日、全米進出第3弾となる『area62』をHIP-O RECORDSより全米にて発売。
  • 毎年恒例となっている夏のコンサートツアーには、発売されたアルバムタイトルがそのままツアータイトルになることがほとんどだが、02年には国内でのアルバム発売がなかったために『Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box』と題したコンサートツアーが開催され約15万人を動員する。
  • 11月 - 12月、クリスマスディナーショー2002開催(全国15か所20公演)。
  • 12月31日、この年から2003年まで、大阪城ホールで年末のカウントダウン・ライブを行う。BS中継もされた(2005年以降は東京体育館で開催)。

2003年

  • 同年もアルバム発売がなかったため、夏のコンサートツアーは同年6月に発売されたシングル「Call me」をツアータイトルとし、「Call meでMeet me」キャンペーンと銘打った抽選により、ファンの楽屋招待と握手という直接交流企画を自身のコンサートツアーにおいて初めて実施して話題となる(全国12か所20公演)。
  • 11月 - 12月、クリスマスディナーショー開催(全国11か所)

2004年

  • 5月3日、横浜スタジアムにて横浜-巨人戦の始球式を行う。
  • 7月11日、長野オリンピックスタジアムでのサンヨーオールスターゲーム第2戦のゲーム前に「君が代」を斉唱する。
  • 約3年ぶりのオリジナルアルバム『Sunshine』が、7月21日付のオリコンアルバムチャート(週間)で初登場6位を獲得。アルバムトップテン入りで女性アーティストでは松任谷由実に並ぶ歴代1位に輝いた。
  • 10年ぶりに出演(障害児童の母親役)したテレビ・ドラマ『たったひとつのたからもの』(日本テレビ)が関東地区で平均30.1%、関西地区で平均23.6%(ビデオリサーチ調べ)の高視聴率となる。なおのこのドラマはアジア・テレビジョン・アワード2005 単発ドラマ部門 最優秀作品賞を受賞する。
  • 12月31日、デビュー25周年記念イベントを記念してファンクラブ限定の『スーパープレミアムコンサート』を品川新高輪プリンスホテルにて16時からと20時45分からの2部にわけて開催される。会員限定ということもあり、通常のコンサートやディナーショーとは違い、聖子自身の幼少からの未公開写真や縁の品を観覧室に展示し順に観覧できるという特別な趣向が凝らされたイベントを行う。

2005年

  • 6月5日のさいたまスーパーアリーナを初日に、歌手活動25周年にあたる全国ツァー『fairy』を開始。台湾のファンからの強い要請に応え、8月20日、最終公演を台湾の新荘市にある新荘体育館で行う(デビュー初の海外公演)。観客5000人から熱烈に歓迎され、中国語でも歌った。
  • 9月5日開始のAMラジオ史上初となる全国民放AMラジオ47局の統一キャンペーン「あなたに伝えたい〜言い出せなかった“ありがとう”」キャンペーンソングに「しあわせな気持ち」が起用され、11月には特別番組のメインパーソナリティーも務める。

2006年

  • 7月31日付オリコン・アルバムチャートで10万円の74枚組CDボックス『Seiko Matsuda』を96位にランクインさせた。このボックス・セットは週間売上金額で2億1500万円を記録し、2位の『Beautiful Songs〜ココロ デ キク ウタ〜』(9300万円)を2倍以上引き離していた。また、これまで、アルバムでチャートイン(トップ300)した最高額作品は、1989年8月の美空ひばりの6万円の35枚組『今日の我に明日は勝つ』(9位)だったが、松田聖子はこの記録を16年11か月ぶりに更新した。その後、当初の発売予定の1万セットを完売し、売り上げだけで約10億円となる。

2007年

  • 松田聖子を取り上げたドキュメンタリー『松田聖子〜女性の時代の物語』(NHK総合)が放映される。視聴率は9.3%(同放送の平均視聴率は5〜6%前後とされる:ビデオリサーチ調べ)だった。3月、歌手活動について古巣の「サンミュージック」と業務提携契約を締結。
  • 8月1日、横浜スタジムにて横浜-巨人戦の始球式を行う。
  • 11月20日、沖縄で24年ぶりの公演(ディナーショー)。

2008年

  • 7月5日公開の実写版『火垂るの墓』で清太の母.雪子を演じ7年ぶりの映画出演となる。回想シーンでの登場を除けば登場は冒頭のみだが同作の挿入歌を担当。

2009年

  • 6月、ユニバーサルミュージックに再移籍することを発表。
  • 毎年恒例となっている夏のコンサートツアーには、発売されたアルバムタイトルがそのままツアータイトルになる事がほとんどだが、09年にはアルバムの発売がなかったために『Seiko Matsuda Concert Tour 2009 My Precious Songs』と題したコンサートツアーが開催され約14万人を動員する。

2010年代[編集]

2010年

  • 4月21日、プリンセス・セイコとして矢島美容室とコラボレーションして「アイドルみたいに歌わせて」を発売。
  • 5月5日、ドラマの主題歌としては14年ぶりとなるフジテレビのドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』の主題歌「いくつの夜明けを数えたら」を発売。
  • 5月19日、26日の2週に渡ってNHKの『SONGS』で松田聖子スペシャルが放送され、1週目が7.5%(同番組の平均視聴率は3 - 4%前後とされる:ビデオリサーチ調べ)で番組史上歴代2位の視聴率となり、翌2週目には更に視聴率を伸ばし、8.3%と歴代1位となる視聴率を獲得した。
  • 6月6日 - 8月7日、『30th Anniversary SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2010 My Prelude』を開催(10箇所14公演)、計15万人以上動員する。
  • 10月10日、20年ぶりとなるファンクラブ会員限定の『30周年記念ファンの集い』を赤坂プリンスホテルにて開催。参加は有料抽選申し込みだったが、日程的に急だったにも関わらず予想以上に申し込み人数が多くなってしまったため、4回に分けてファンの集いを行い、約5000人のファンと交流を果たす。
  • 10月20日、東京国際フォーラムでデイヴィッド・フォスターの実に16年ぶりの日本公演となる『DAVID FOSTER &FRIENDS JAPAN TOUR 2010』にスペシャルゲストとして登場し、デイビッドが88'年に聖子に作曲提供した「抱いて」を彼のピアノ伴奏にて披露する。
  • 1983年に放映を開始したサントリーのTV-CMで、聖子自身が名前を伏せ「SWEET MEMORIES」をアニメのペンギンにあてて歌い話題となったが、そのアニメキャラクターのペンギンと27年ぶりに再びサントリーの缶コーヒー「ボス シルキーブラック」のCMで競演を果たし話題となる。

2011年

  • 6月-8月、コンサートツアー『SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2011 Cherish』を開催(7箇所11公演)
  • 9月7日、Hollywood Bowlで開かれたクインシー・ジョーンズ主催の『Quincy Jones Global Gumbo All Stars』にゲスト出演し、クインシーとの話し合いで同年3月11日に起きた東日本大震災への復興への願いも込めて全米ビルボード1位にもなった坂本九の「スキヤキ」を歌う。
  • 10月1日、毎年恒例の夏の全国コンサートツアー中、客席のファンからの要望が多かったことにより、昨年の30周年記念のファンの集いに引き続き、この年はザ・プリンスパークタワー東京で2年連続となるファンの集いを、司会進行に、松田聖子の大ファンと公言し続けている藤井隆を迎え開催、4回に分け約5000人のファンと交流する。
  • 11月-12月、クリスマスディナーショー開催(12箇所27公演)
  • 11月23日、30周年記念シングルとして竹内まりやとの初コラボレーションによる「特別な恋人/声だけ聞かせて」を発売。女性アーティストによるシングル詞・曲楽曲提供は、1985年発売の尾崎亜美の「ボーイの季節」以来約26年ぶりとなる。
  • 12月16日放送の『オールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)の公開録音を28年ぶりにファンを抽選で招待し行う。
  • 12月31日、毎年恒例となっているカウントダウン・ライブのため出場していなかったNHK紅白歌合戦に、カウントダウンのライブ会場である東京体育館から中継という形で10年ぶりに出場し、「震災復興に“親子の絆”ということで少しでも勇気を与えられたら」ということで、娘である神田沙也加と共に、自身の曲ではなく坂本九の「上を向いて歩こう」をデュエットした。

2012年

  • 5月2日、自身が作詞・作曲を手がけた新曲「涙のしずく」を発表。「涙のしずく」は、2012年4月28日公開の映画『わが母の記』のイメージソングに決定した[7]
  • 6月-8月、コンサートツアー『SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2012 Very Very』を開催(6箇所9公演)
  • 6月13日、自身の公式ホームページにて一般男性と結婚したことを発表[8]。再々婚後も神田姓を続称しているかどうかは明らかにしていないため、2013年現在の本名は不明。
  • 9月に全米でリリースされたジャズグループ、フォープレイのアルバム『Espirit De Four』の中の「Put Our Hearts Together」でゲストボーカリストとして参加。この曲は東日本大震災の追悼も込めた形でボブ・ジェームスが作ったもの。
  • 9月9日、東京国際フォーラムで行われた『東京JAZZ 2012』に、ボブ・ジェームス率いるユニットの特別ゲストとして出演。
  • 10月29日、『Put Our Hearts Together コンサートin 大船渡』に出演。この模様は12月27日、NHK総合テレビでドキュメンタリー番組として放送された。
  • 11月4日、舞浜アンフィシアターにてファンミーティング開催。司会は藤井隆。
  • 11月-12月、クリスマスディナーショー開催(9箇所20公演)
  • 12月28日-29日、舞浜アンフィシアターにて初のバラードコンサート『Seiko Ballad』を開催。

2013年

  • 4月2日、京セラドーム大阪にて、阪神―中日戦の始球式を行う。
  • 4月23日、6月5日に発売される藤井隆のCDシングル「She is my new town / I just want to hold you」の作詞・作曲・プロデュースを手がけたことを発表。2曲ともにコーラスでも参加している。
  • 6月-7月、コンサートツアー『SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2013 A Girl in the Wonder Land』を開催(5箇所8公演)
  • 7月31日-8月1日、東京国際フォーラムで行われたクインシー・ジョーンズの32年振りとなる来日公演にシークレットゲストとして出演。
  • 9月14日、幕張メッセで行われた『UNIVERSAL SIGMA 10TH ANNIVERSARY 「SIGMA FES. 2013」 〜U-EXPRESS LIVE AUTUMN〜』に出演。
  • 10月30日、クリス・ハートとのデュエットソング「夢がさめて」を発売。
  • 11月2日、TOKYO FM 『McDonald's SOUND IN MY LIFE』のゲストとして東京・渋谷スペイン坂スタジオに生出演。その後、東京・お台場ヴィーナスフォートでシングル発売記念イベントを開催。
  • 11月-12月、クリスマスディナーショーを開催(10箇所22公演)
  • 12月31日、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」にて、『2013 New Year's Eve Live Party』を開催。2回公演で、2回目は紅白歌合戦と、カウントダウンセレモニーが含まれていた。

2014年

  • 6月8日-8月31日、コンサートツアー『Pre 35th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy』を開催 (11箇所14公演)
  • 11月1日、「felicia club by Seiko Matsuda」(feliciaとclubの間はハートマーク)が自由が丘に開店
  • 11月21日-12月24日、クリスマスディナーショーを開催(10箇所22公演)
  • 12月31日、第65回NHK紅白歌合戦に大トリとして出場し、個人別で最高視聴率を獲得する。

2015年

  • 4月17-18日、舞浜アンフィシアターにて『35th Anniversary "Thank You Event!!"』と称したファンミーティングを開催する(合計5公演)。司会はモト冬樹
  • 6月13日-8月30日、コンサートツアー『〜35th Anniversary〜 Seiko Matsuda Concert Tour 2015 "Bibbidi-Bobbidi-Boo"』を開催 (5か所8公演)
  • 10月1日、六本木ヒルズアリーナで催された映画『PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜』ジャパン・プレミアレッドカーペットに出演する。
  • 10月11日、舞浜アンフィシアターにて『35th Anniversary Seiko Matsuda Fan Meeting 2015』を開催する(1日3公演)。キーボード奏者・野崎洋一とアルバム『SQUALL』から『Canary』までを振り返る。
  • 11月-12月、クリスマスディナーショー開催(11か所24公演)

2016年

  • 4月17日、舞浜アンフィシアターにてファンミーティング『SEIKO MATSUDA 2016 "Heart♡心"EVENT!!』を開催(1日2公演)

エピソード[編集]

デビュー前後〜アイドル最盛期[編集]

久留米市立荒木中学校を卒業。テニス部に所属。実家と同校が隣接しているため、油断して遅刻の常習者となってしまう。同校創立50周年の1997年に正門を寄贈。高校時代(久留米信愛女学院)は、明るく快活な女の子だった。学年を代表する「女神」に選ばれている。

デビューのきっかけとなった高校1年の時の、ミスセブンティーンコンテストの応募理由は、優勝特典が「アメリカ西海岸のディズニーランドにご招待」であったため、「大好きなミッキーマウスに会える」ということと、全国大会のゲスト審査員が憧れの郷ひろみであったことである。

歌手志望を口にし両親を説得するにあたり、母親は、最初は半信半疑ながらも仕方なく同意。しかし公務員で厳格な父親は娘の芸能界入りには猛反対で、父親の説得に約1年半を要した。そのため松田聖子のデビューは当時のアイドルとしてはやや遅い(女優デビューは高校3年時、歌手デビューは高校卒業後)。説得の過程では、聖子の声に惚れ込んだ、当時CBSソニーの若松宗雄の多大なる貢献がある。

オーデションを受けに来た聖子について、「サンミュージック」の当時の社長、相澤秀禎は田舎から上京してきたばかりという垢抜けず爽やかでもないという印象を持ち、男性スタッフも同様に興味を持たなかったが、音楽プロデューサーとして信用していた女性スタッフが聖子を熱烈に推したことで「サンミュージック」に入り、デビューすることとなったという[6]。前述のCBSソニーの若松宗雄は、両親の反対を押し切ってまでもデビューさせるということで、面倒見のいい相澤のサンミュージックに預けたかったという。

デビュー曲「裸足の季節」は資生堂の若年層向け洗顔料「エクボ」のCMソングとして起用されたが、聖子は頬にエクボができないため、CMの映像に出演したのは別のタレント・山田由紀子だった(相澤社長は松田聖子にビジュアル的な面を期待しておらず、もっぱら歌だけでやっていこうと考えていたためCM出演させなかったと語っている[6])。聖子の歌声はCMで頻繁に流れたものの、顔と名前の浸透度が低く、映像に登場した山田と2人で行ったサイン会でも、自分の前には誰も並ばず「あの娘は誰?」という目で見られ悔しい思いをしたと、後に発言している。それから間もなくして聖子の人気が沸騰し、立場は完全に入れ替わった。

1980年前半の全盛期を迎えていた頃、ジャイアント馬場との初対面に馬場から、「俺は水戸黄門しか見ないから知らない(聖子の事を)」と言われたことがある。

現在では聖子の代表作の一つとなっている「SWEET MEMORIES」であるが、シングル発売当時は「ガラスの林檎」のB面で、サントリーのCM曲であった。CM使用部分は英語詞であったし、当初「歌・松田聖子」のテロップ無しだったため、「誰が歌っているのか?」という問い合わせが相次いだ。そして発売から約2ヵ月後にフジテレビ系『夜のヒットスタジオ』でテレビ番組では初めてこの曲をフルコーラスで披露したところ、この曲にもスポットライトが当たるようになり、後に映画の主題歌にもなった。

ぶりっ子

意識してかわいい子ぶるという見方から「ぶりっ子」と評する声もあったが、聖子本人は、ラジオのDJなどでは正反対のサバサバしたくだけた横顔も見せていた。ただしラジオでのサバサバした態度と、テレビでのかわいらしい態度とのギャップが、さらに「ぶりっ子」扱いを呼んだ可能性もある。当時の事務所の社長であった相澤秀禎は、今ファンが欲しているものは何かをその場で判断して、それにあった雰囲気作りをする聖子の頭の回転のよさと行動力を評価しており、持ち前の声の良さとプロ根性と共にその「巧妙な自己演出」が松田聖子という歌手を完成させたと語っている[6]。天使の持つ無垢性、純粋さを好み、コンサートなどでは天使の羽根のついたコスチュームをすることも多い。

ヘアースタイル

1980年代には聖子の髪型を真似た「聖子ちゃんカット」が女性の間で大流行した。しかし、彼女自身がこの髪型にしていたのはデビュー年の1980年から1981年までの2年間だった。その後デビューしたアイドル達(花の82年デビュー組といわれる小泉今日子松本伊代早見優など)も皆この聖子ちゃんカットをしていたが、聖子自身はそんな「聖子ちゃんカット」大流行真っ只中の1982年の年明けとともに髪をばっさりショートカットにしている。当時聖子がショートカットにしたことでその後追随する後輩アイドルたちもまたこぞってショートカットに変え、今度はアイドルたちにショートカットブームが来ることになる。

「ソバージュ」とよばれる1980年代後期から1990年代まで世間で広く流行り続けたカーリーヘアーも1983年末、まだ日本では全くそのスタイル名も聞き慣れない頃に、聖子がいち早くその髪型でTVに登場して披露、紹介しこのヘアスタイルの名前が一気に広まっていくことになる。84年の秋に映画『カリブ・愛のシンフォニー』撮影用にニューヨークで髪型を変えるまでは、所属事務所近くの四谷『ヘアーディメンション』が行きつけの美容室だった。

ママドル以降[編集]

「ママドル」という言葉は、最初に使われ始めたのは聖子が出産して以降のことであった。その後かつてアイドルであった子持ちの女性タレントを示す言葉として頻繁に使用された。

2001年から2005年ごろは娘の神田沙也加音楽番組バラエティ番組で共演していたが、2005年以降は自身の旧来ファンである著名人と共演している[9]

2003年11月、兄が卒業した久留米大学附設高等学校同窓会東京支部の総会に私人としてノーギャラで、旧姓の蒲池法子でゲスト出演する。子供の頃から兄とは仲がよい[10]

2006年5月19日放送の『ぐるぐるナインティナイン』の「ゴチになります!7」にVIPチャレンジャーとして登場し、レギュラー陣を抑えて第1位を獲得。ニアピン賞付きで5万円を獲得する快挙を達成。しかし、逆にビリになったケースも2回ある。

愛知県で放送している質屋のCMに、松田聖子のそっくりさん(その名もまねだ聖子)が出演した。本人がこのことを知っていたかどうかは不明。

TBSドラマ渡る世間は鬼ばかり』には同姓同名の松田聖子という人物が登場した(演じているのは中島唱子)。また、離婚後の神田正輝が「渡る世間は鬼ばかり」に出演した際には、役名の「松田聖子」と共演する場面があった。

「蒲池」という名字が、ZARD坂井泉水(本名:蒲池幸子)と同じなので、従姉妹や親戚なのではないか、と噂されることがあったが、仮に遠い先祖が同じだったとしても、2人は従姉妹でもなければ親戚でもない。

海外進出

1990年アメリカでの歌手デビューのために徹底的に英語を学び、CNNのインタビューその他で堪能な英会話力を示し、また2005年台湾におけるコンサートなどでは北京語も披露している。1990年代後半は歌手デビュー以外にもハリウッドデビューも考え、積極的にオーディションを受けて幾つか端役も得ている。

1999年に公開されたキルスティン・ダンスト主演の『わたしが美しくなった100の秘密』という青春コメディーの作品にて、ストーリーに無関係の冒頭のアジア人家族の娘役として登場した。

2010年には、アメリカの人気サスペンスドラマ『BONES』のシーズン5・第15回『魂の伴侶』に、主人公のベストセラー作について取材する為に訪米した「リク・イワナガ」役でゲスト出演を果たした。

エピソード2[編集]

2015年4月に開催されたファンクラブイベント『Thank You Event!!』において、本人より明らかにされたエピソード。

ミス・セブンティーンコンテスト』九州地区大会出場時には、2曲の楽曲を準備するよう指示があったため、桜田淳子の「気まぐれヴィーナス」と渡辺真知子のデビュー曲「迷い道」を準備しリハーサルで歌ったところ、係員より前者を指定された。

上京の1か月後より収録・出演したドラマ『おだいじに』において、九州訛りが抜けずにNGを連発。杉村春子池内淳子などの大御所俳優に迷惑をかけた。なお、同ドラマ出演時にはすでに芸名「松田聖子」が決まっており、ドラマの役名にはその芸名がそのまま使われた。

健康維持・リフレッシュの方法は入浴である。入浴剤は使用せず、43℃の熱い真湯に10分間ほど入る(シャワー使用時は45℃に表示されている)。ストレッチを毎日行なっている。

作品[編集]

シングル[編集]

タイトル c/w 発売日 規格 品番 JP
1st 裸足の季節 RAINBOW 〜六月生まれ 1980年4月1日 EP 06SH746 12
2004年4月14日 CD SRCL-5675 94
2nd 青い珊瑚礁 TRUE LOVE 〜そっとくちづけて〜 1980年7月1日 EP 06SH802 2
2004年4月14日 CD SRCL-5676 88
3rd 風は秋色/Eighteen 1980年10月1日 EP 07SH866 1
2004年4月14日 CD SRCL-5677 -
4th チェリーブラッサム 少しずつ春 1981年1月21日 EP 07SH911 1
2004年4月14日 CD SRCL-5678 93
5th 夏の扉 頬に潮風 1981年4月21日 EP 07SH977 1
2004年4月14日 CD SRCL-5679 92
6th 白いパラソル 花一色 〜野菊のささやき〜 1981年7月21日 EP 07SH1026 1
2004年4月14日 CD SRCL-5680 95
7th 風立ちぬ Romance 1981年10月7日 EP 07SH1067 1
2004年4月14日 CD SRCL-5681 91
8th 赤いスイートピー 制服 1982年1月21日 EP 07SH1112 1
2004年4月14日 CD SRCL-5682 85
9th 渚のバルコニー レモネードの夏 1982年4月21日 EP 07SH1148 1
1982年5月21日 CT 10KH1152 -
2004年4月14日 CD SRCL-5683 -
10th 小麦色のマーメイド マドラス・チェックの恋人 1982年7月21日 EP 07SH1188 1
1982年8月1日 CT 10KH1194 -
2004年4月14日 CD SRCL-5684 -
11th 野ばらのエチュード 愛されたいの 1982年10月21日 EP 07SH1233 1
1982年11月1日 CT 10KH1194 83
2004年4月14日 CD SRCL-5685 -
12th 秘密の花園 レンガの小径 1983年2月3日 EP 07SH1253 1
1983年3月5日 CT 10KH1249 68
2004年4月14日 CD SRCL-5686 -
13th 天国のキッス わがままな片想い 1983年4月27日 EP 07SH1289 1
1983年5月8日 CT 10KH1301 55
2004年4月14日 CD SRCL-5687 98
14th ガラスの林檎 SWEET MEMORIES 1983年8月1日 EP 07SH1366 1
1983年8月10日 CT 10KH1354 58
ガラスの林檎/SWEET MEMORIES 1983年10月20日 EP 07SH1366 1
2004年4月14日 CD SRCL-5688 100
15th 瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ 1983年10月28日 EP 07SH1421 1
1983年11月11日 CT 10KH1368 37
2004年4月14日 CD SRCL-5689 -
16th Rock'n Rouge ボン・ボヤージュ 1984年2月1日 EP 07SH1455 1
1984年 CT 10KH1443 47
2004年4月14日 CD SRCL-5690 -
17th 時間の国のアリス/夏服のイヴ 1984年5月10日 EP 07SH1500 1
1984年 CT 10KH---- 54
2004年4月14日 CD SRCL-5691 -
18th ピンクのモーツァルト 硝子のプリズム 1984年8月1日 EP 07SH1540 1
1984年 CT 10KH1538 71
2004年4月10日 CD SECL-5692 99
19th ハートのイアリング スピード・ボート 1984年11月1日 EP 07SH1580 1
1984年 CT 10KH---- 68
2004年4月14日 CD SECL-5693 -
20th 天使のウィンク 七色のパドル 1985年1月30日 EP 07SH1600 1
1985年 CT 10KH1637 58
2004年4月14日 CD SRCL-5694 -
21st ボーイの季節 Caribbean Wind 1985年5月9日 EP 07SH1640 1
1985年6月1日 CT 10KH1889 65
2004年4月14日 CD SRCL-5695 -
22nd DANCING SHOES (Club Mix)
(SEIKO)
CRAZY ME, CRAZY FOR YOU 1985年6月24日 LP 12AH1896 1
1985年 TX63251985 -
EPCA12.6325 -
DANCING SHOES EP EPCA-6325
A-6325
-
23rd Strawberry Time ベルベット・フラワー 1987年4月22日 EP 07SH1926 1
CT 10KH---- -
2004年4月14日 CD SRCL-5696 -
24th Pearl-White Eve 凍った息 1987年11月6日 EP 07SH2000 1
CT 10KH235 -
2004年4月14日 CD SRCL-5697 -
25th Marrakech〜マラケッシュ〜 No.1 1988年4月14日 EP 07SH3040 1
CT 10WH3040 -
CD 10EH3040 -
2004年4月14日 SECL-5698 -
26th 旅立ちはフリージア Angel Tears 1988年9月7日 EP 07SH3106 1
CT 10WH3106 -
CD 10EH3106 -
2004年4月14日 SRCL-5699 -
27th Precious Heart 恋の魔法でCatch Your Heart 1989年11月15日 CT CSSL-3045 -
CD CSDL-3045 2
28th All the way to Heaven
(SEIKO)
He's so good to me 1990年4月30日 CD 656475 2 -
CT 656475 4 -
LP 656475 6 -
EP 656475 74 -
29th THE RIGHT COMBINATION
(Seiko and Donnie Wahlberg)
GOODBYE MY BABY
LOVER'S PARADISE
1990年5月15日 CD 656083 2 28
LP 656083 6 -
GOODBYE MY BABY CT 656083 4 -
38T73417 -
EP 656083 7 -
LOVER'S PARADISE 1990年7月15日 CD CSDL-3151 -
30th who's that boy
(SEIKO)
He's so good to me 1990年10月1日 CT -
CD 73523 -
31st We Are Love Kiss Me Please 1990年11月21日 CT CSSL-3194 -
CD CSDL-3194 16
32nd きっと、また逢える… Matins 〜朝の祈り〜 1992年2月5日 CT SRSL-3323 -
CD SPCL-3433 4
33rd あなたのすべてになりたい/Shinin' Shinin' 1992年8月1日 CT SRSL-3359 -
CD SPDL-3514 31
34th 大切なあなた 最後の“さよなら” 1993年4月21日 CT SRSL-3388 -
CD SRDL-3642 7
35th A Touch of Destiny Sweet Memories (English New Version) 1993年5月21日 CD SRDL-3663 51
36th かこわれて、愛jing
(MATSUYAKKO)
1993年11月10日 CT SRSL-3422 -
CD SRDL-3767 63
37th もう一度、初めから There for You 1994年5月11日 CD SRDL-3821 22
38th 輝いた季節へ旅立とう It's Style 1994年12月1日 CD SRDL-3953 12
39th 素敵にOnce Again 想い出の“渚のバルコニー” 1995年4月21日 CD SRDL-3642 22
40th あなたに逢いたくて〜Missing You〜/明日へと駆け出してゆこう 1996年4月22日 CD PHDL-1081 1
41st Let's Talk About It
(SEIKO)
1996年4月24日 12inch 31458 1563 1 -
CT 31458 1562 4 -
CD 31458 1562 2 -
31458 1563 2 -
42nd I'll Be There For You
(松田聖子 with Robbie Nevil)
1996年5月17日 CD PHDL-1062 35
43rd さよならの瞬間 Dear My Darling 1996年11月18日 CD PHDL-1076 5
44th Good For You
(SEIKO)
1996年12月10日 LP 31458 2059 1 -
45th 私だけの天使〜Angel〜/あなたのその胸に 1997年4月23日 CD PHDL-1111 5
46th Gone with the rain Good For You (Sweetest Mix) 1997年12月3日 12cmCD PHCL-1203 28
47th 恋する想い〜Fall in love〜 I Love You 1998年6月17日 CD PHDL-1151 34
48th Touch the LOVE ルツェルンの畔で 1998年11月26日 CD PHDL-1181 66
49th 哀しみのボート 葡萄姫 1999年10月27日 CD PHDL-1202 27
50th 20th Party 恋はいつでも95点 2000年5月17日 12cmCD PHDL-20019 17
51st 上海ラヴソング チャペルの小径 2000年6月7日 12cmCD PHLD-20024 37
52nd Unseasonable Shore 夏色の瞳 2000年6月14日 12cmCD PHDL-20025 35
53rd True Love Story/さよならのKISSを忘れない
(郷ひろみ・松田聖子)
2000年9月27日 12cmCD SRCL-4922 7
54th The Sound of Fire 奇蹟の起る夜☆kiseki no okoru yoru☆ 2000年11月29日 12cmCD UMCK-4003 46
55th あなたしか見えない Ave Maria 2001 featuring soundfly SONO 2001年6月20日 12cmCD UMCK-5523 30
56th 愛♡愛〜100%♥Pure Love〜 Ding Dong 2001年11月14日 12cmCD UMCK-5535 49
57th all to you
(SEIKO)
2002年4月30日 LP 440 050 054 2 -
CD HIPF-05039 2 -
58th 素敵な明日 2002年6月5日 12cmCD SRCL-5350 29
59th just for tonight
(SEIKO)
2002年6月17日 12cmCD 440 060 094 2 -
60th Call me This is the place 2003 2003年6月4日 12cmCD SRCL-5570 17
2004年7月7日 SRCL-5790 -
61st 逢いたい 風色のKiss 2004年5月26日 12cmCD SRCL-5738 12
62nd Smile on me
(SEIKO with Crazy.T)
制服のボタン 2004年7月7日 CD+DVD SRCL-5759〜60 18
12cmCD SRCL-5761
63rd 永遠さえ感じた夜 夢見てた二人 2005年2月2日 12cmCD SRCL-5867 34
64th I'll fall in love 思い出にできなくて 2005年8月24日 12cmCD SRCL-5960 30
65th しあわせな気持ち The time went by 2005年9月21日 12cmCD SRCL-5968 28
66th bless you ふたつの心達 2006年4月26日 12cmCD SRCL-6272 29
67th WE ARE.
(PawPaw)
君との未来図 2006年5月24日 12cmCD SRCL-6279 -
68th 涙がただこぼれるだけ 砂の上でくちづけしてね 2007年5月23日 12cmCD SRCL-6566 38
69th 真夏の夜の夢
(松田聖子×藤井隆)
二人ならば 2007年8月1日 12cmCD SRCL-6611 36
70th クリスマスの夜 Merry Christmas 2007年11月21日 CD+DVD SRCL-6684〜5 34
12cmCD SRCL-6686
71st 花びら舞う季節に あなただけ広い世界に 2008年3月19日 12cmCD SRCL-6769 32
72nd Love is all 忘れたりしないでね 2008年6月25日 12cmCD SRCL-6820 32
73rd あの輝いた季節 いつまでもこの胸の中に 2008年10月22日 CD+DVD SRCL-6902〜3 30
CD SRCL-6904
74th アイドルみたいに歌わせて
(矢島美容室 feat.プリンセス・セイコ)
2010年4月21日 12cmCD AVCD-31864B 16
75th いくつの夜明けを数えたら You are my Angel 2010年5月5日 CD+DVD UMCK-9329 12
12cmCD UMCK-5270
76th 特別な恋人 声だけ聞かせて 2011年11月23日 CD+DVD UMCK-9457 14
12cmCD UMCK-5355
77th 涙のしずく 上を向いて歩こう 2012年5月2日 CD+DVD UMCK-9481 20
12cmCD UMCL-5378
78th

LuLu!!

Sweet Lover 2013年5月22日 CD+DVD UMCK-9618 23
12cmCD UMCL-5428
79th 夢がさめて
(松田聖子 & クリス・ハート)
もう一度抱きしめたい 2013年10月30日 CD+DVD UMCK-9647 14
12cmCD UMCK-5451
80th

I Love You!! 〜あなたの微笑みに〜

Free 2014年5月21日 CD+DVD UMCK-9673 27
12cmCD UMCK-5469
81st 永遠のもっと果てまで/惑星になりたい 2015年10月28日 CD+DVD UPCH-89240 11
CD+グッズ UPCH-89246
CT UPSH-89001
12cmCD UPCH-80414
82nd 薔薇のように咲いて 桜のように散って 薔薇のように咲いて 桜のように散って Piano Ver. 2016年9月21日 CD UPCH-80445 6
CD+DVD UPCH-89293
CD+封入ポスター UPCH-89306

プロモ盤[編集]

タイトル 内容 規格 品番
白いパラソル 白いパラソル
白いパラソル (カラオケ)
1981 YESS 3 656019 7
小麦色のマーメイド メッセージ
小麦色のマーメイド
マドラス・チェックの恋人
1982 EP XDSH-93028
クリスマスメドレー クリスマスメドレー
恋人はサンタクロース
1984 EP XDSH-93098
Love Message 「ユートピア」新曲コメント 1983 CT XAKH-90021
Dancing Shoes DANCING SHOES (Single ver.)
CRAZY ME, CRAZY FOR YOU
1985 EP XDSH-93043
Touch Me TOUCH ME
DANCING SHOES (Album ver.)
1985 EP XDSH-93104
瑠璃色の地球 瑠璃色の地球
白い夜
1986 EP XDSH-93122
時間旅行 時間旅行
マリオネットの涙
1986 EP XDSH-93132
抱いて… 抱いて…
続・赤いスイートピー
1987 EP -
Precious Heart Precious Heart
恋の魔法でCatch Your Heart
1989 EP XDSH-93246
All The Way To Heaven All the way to Heaven
he's so good to me
1990 EP 656 019 7
SPECIAL DJ COPY All the way to Heaven
who's that boy
THE RIGHT COMBINATION
1990 12cmCD XDDH-93049
The Right Combination THE RIGHT COMBINATION 1990 12cmCD SCK-73417
Who's That Boy who's that boy 1990 12cmCD SCK-73523
Sing Song 3 大切なあなた
きっと、また逢える…
SWEET MEMORIES (New Version)
1993/10/01 CD CRDL-3730
あなたに逢いたくて 〜Missing You〜 あなたに逢いたくて〜Missing You〜
明日へと駆け出してゆこう
1996 12cmCD
羽根入りBOX
SACL-1002
CD SACL-1009
Let's Talk About It Extended Club Vocal
Club Dub
X Beat Mix I
LP Version
R&B Street Mix W/ Rap
X Beat Dub II
1996 LP AMPRO-00215
R&B Steet Mix W/O Rap
R&B Street Mix W/ Rap
Radio House Vocal
Hip Hop Mix
LP Version
12cmCD AMSAD-00208
Good For You X-Beat Dub
X-Beat Instrumental
Dark & Lovely Dub
X-Beat Straight Pass
1996 12inch AMPRO-00359
Spike Club Vocal
Spike Instrumental
Radio Remix W/O Rap
Radio Remix W/ Rap
Spike Radio Mix
LP Version
AMPRO-00370
さよならの瞬間 さよならの瞬間 1996 CD SDAL-1019
私だけの天使〜Angel〜 私だけの天使〜Angel〜
あなたのその胸に
1997 12cmCD 9DCP-9001
Gone with the rain Gone with the rain
KissしてX'mas
1997 12cmCD 9DCP-9004
恋する想い〜Fall in love〜 恋する想い〜Fall in love〜
Forever
1998 12cmCD 9DCP-9008
Touch the LOVE Touch the LOVE
ルツェルンの畔で
1998 - -
哀しみのボート 哀しみのボート
葡萄姫
1999 12cmCD PHLD-1202
20th Party 20th Party
恋はいつでも95点
2000 CT -
The Sound of Fire The Sound of Fire
奇跡の起る夜☆kiseki no okoru yoru☆
2000 CT -
あなたしか見えない あなたしか見えない
Ave Maria 2001
2001 CT -
愛♡愛〜100%♥Pure Love〜 愛♡愛〜100%♥Pure Love〜
Ding Dong
2002 CT -
素敵な明日 素敵な明日 2003 12cmCD SDCR-80077
all to you Stonebridge Club Mix
Stonebridge Club Instrumental Mix
Stonebridge Club Radio Mix
Stonebridge Alt Club Mix
Stonebridge Dub Mix
Stonebridge Alt Radio Mix
2002 CD HIPF-05039 2
just for tonight Mark!s Rampant Vocal
Mark!s Rampant Dub
2002 LP JFT001
Mark!s Rampant Radio
Mark!s Rampant Now Vocal
Mark!s Message Vocal
JFT002

オリジナル・アルバム[編集]

タイトル 発売日 規格 品番 JP
1st SQUALL 1980年8月1日 LP 27AH1032 2
CT 27KH844 1
1983年6月22日 マスターサウンドLP 30AH1607 -
1983年7月1日 メタルマスターCT 33KH1332 -
1983年12月21日 CD 35DH68 -
1987年11月21日 32DH783 -
1990年10月15日 CSCL-1267 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20011 64
2012年2月15日 MHCL-20146 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30107 -
2014年9月25日 SACD SSMS-001 -
2nd North Wind 1980年12月1日 LP 27AH1154 1
CT 27KH932 2
1983年6月22日 マスターサウンドLP 30AH1608 -
1983年7月1日 メタルマスターCT 33KH1333 -
1983年12月22日 CD 35DH69 -
1987年11月21日 32DH784 -
1991年5月15日 SRCL-1853 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20013 74
2012年2月15日 MHCL-20147 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30108 -
2015年8月28日 SACD SSMS-007 -
3rd Silhouette 〜シルエット〜 1981年5月21日 LP 28AH1267 2
CT 28KH992 2
1981年6月21日 マスターサウンドLP 30AH1204 -
1983年3月21日 CD 35DH29 -
1983年7月1日 メタルマスターCT 33KH1334 -
1987年11月21日 CD 32DH785 -
1991年5月15日 SRCL-1854 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20015 68
2012年2月15日 MHCL-20148 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30109 -
2015年8月28日 SACD SSMS-008 -
4th 風立ちぬ 1981年10月21日 LP 28AH1337 1
CT 28KH1083 1
1981年11月21日 マスターサウンドLP 30AH1213 -
メタルマスターCT 33KH1092 -
1983年2月25日 CD 35DH26 -
1987年11月21日 32DH786 -
1990年10月15日 CSCL-1268 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20017 52
2012年2月15日 MHCL-20149 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30110 -
2014年9月25日 SACD SSMS-002 -
5th Pineapple 1982年5月21日 LP 28AH1432 1
CT 28KH1160 1
1982年6月21日 マスターサウンドLP 30AH1220 75
1982年7月1日 メタルマスターCT 33KH1173 -
1982年10月1日 CD 35DH3 -
1987年11月21日 32DH787 -
1990年10月15日 CSCL-1269 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20019 49
2012年2月15日 MHCL-20150 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30111 -
2014年10月31日 SACD SSMS-003 -
6th Candy 1982年11月10日 LP 28AH1494 1
CT 28KH1252 1
1982年12月21日 マスターサウンドLP 30AH1601 70
メタルマスターCT 33KH1265 -
CD 35DH19 -
1987年11月21日 32DH789 -
1990年10月15日 CSCL-1270 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20021 63
2012年2月15日 MHCL-20153 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30112 -
2014年10月31日 SACD SSMS-004 -
7th ユートピア 1983年6月1日 LP 28AH1528 1
CT 28KH1310 1
1983年6月22日 CD 38DH39 -
1983年7月1日 メタルマスターCT 33KH1331 80
1983年9月1日 マスターサウンドLP 32AH1610 55
1987年11月21日 CD 32DH790 -
1990年10月15日 CSCL-1271 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20023 50
2012年2月15日 MHCL-20154 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30113 -
2014年11月28日 SACD SSMS-005 -
8th Canary 1983年12月10日 LP 28AH1666 1
CT 28KH1425 1
1983年12月21日 メタルマスターCT 33KH1431 -
マスターサウンドLP 32AH1618 64
CD 38DH62 -
1987年11月21日 32DH791 -
1990年10月15日 CSCL-1272 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20025 73
2012年2月15日 MHCL-20155 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30114 -
2015年9月30日 SACD SSMS-009 -
9th Tinker Bell 1984年6月10日 LP 28AH1734 1
CT 28KH1485 1
メタルマスターCT 33KH1489 -
CD 32DH100 -
1984年7月1日 マスターサウンドLP 32AH1628 72
1987年11月21日 CD 32DH793 -
1990年10月15日 CSCL-1273 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20027 89
2012年2月15日 MHCL-20156 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30115 -
2015年9月30日 SACD SSMS-010 -
10th Windy Shadow 1984年12月8日 LP 28AH1800 1
CT 28KH1600 2
メタルマスターCT 33KH1618 -
CD 32DH170 -
1984年12月21日 マスターサウンドLP 32AH1634 -
1990年10月15日 CD CSCL-1274 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20029 85
2012年2月15日 MHCL-20157 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30116 -
2015年10月30日 SACD SSMS-011 -
11th The 9th Wave 1985年6月5日 LP 28AH1880 1
CT 28KH1685 -
CD 32DH238 -
1985年6月21日 マスターサウンドLP 32AH1640 95
1990年10月15日 CD CSCL-1275 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20031 90
2012年2月15日 MHCL-20158 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30117 -
2015年10月30日 SACD SSMS-012 -
12th SOUND OF MY HEART
(SEIKO)
1985年8月15日 LP 28AH1910 2
CT 28KH1720 2
CD 32DH266 39
1995年3月8日 CD SRCL-3178 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20033 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30118 -
13th SUPREME 1986年6月1日 LP 28AH2030 1
CT 28KH1850 1
CD 32DH440 -
1995年3月8日 CD SRCL-3179 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20035 93
2012年2月15日 MHCL-20159 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30119 -
2014年11月28日 SACD SSMS-006 -
14th Strawberry Time 1987年5月16日 LP 28AH2170 1
CT 28KH2157 1
CD 32DH656 1
1995年3月8日 CD SRCL-3180 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20037 99
2012年2月15日 MHCL-20160 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30120 -
15th Citron 1988年5月11日 LP 28AH5040 1
CT 28KH5040
CD 32DH5040
1995年3月8日 CD SRCL-3181 -
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20039 -
2012年2月15日 MHCL-20161 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30121 -
16th Precious Moment 1989年12月6日 CD CSCL-1039 6
CT CSTL-1039
2009年8月5日 ブルースペックCD SRCL-20041 -
2013年7月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30122 -
17th Seiko
(SEIKO)
1990年5月15日 LP 466577 1 -
CD CK-46046 -
CT CT-46046 -
1990年6月7日 CD CSCL-1090 2
CT CSTL-1090
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30282
18th We Are Love 1990年12月10日 CD CSCL-1569 3
CT CSTL-1569
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30283
19th Eternal 1991年5月2日 CD CSCL-1918 3
CT CSTL-1714
1992年12月12日 MD SRYL-7087 -
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30284
20th 1992 Nouvelle Vague 1992年3月25日 CD CSCL-2368 8
CT CSTL-1807
1992年11月1日 MD SRYL-7064 -
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30285
21st Sweet Memories'93 1992年12月2日 CD CSCL-2546 12
CT CSTL-1853
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30286
22nd DIAMOND EXPRESSION 1993年5月21日 CD CSCL-2616 4
CT CSTL-1864
MD SRYL-7107
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30287
23rd A Time for Love 1993年11月21日 CD CSCL-2803 21
CT CSTL-1899
MD SRYL-7137
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30288
24th Glorious Revolution 1994年6月12日 CD CSCL-2915 8
CT CSTL-1911
MD SRYL-7148
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30289
25th It's Style'95 1995年5月21日 CD CSCL-3230 2
CT CSTL-1951
MD SRYL-7199
2014年12月24日 ブルースペックCD2 MHCL-30290
26th WAS IT THE FUTURE
(SEIKO)
1996年5月14日 CD 31454 0480 2 -
CT 31454 0480 4 -
1996年6月10日 CD PHCL-1007 12
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9337 -
27th Vanity Fair 1996年5月27日 CD PHCL-5028 2
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9336 -
28th Guardian Angel 1996年12月5日 CD PHCL-5001 10
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9344 -
29th My Story 1997年5月21日 CD PHCL-5070 5
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9338 -
30th Sweetest Time 1997年12月3日 CD PHCL-12 23
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9345 -
31st Forever 1998年5月8日 CD PHCL-5101 12
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9339 -
32nd 永遠の少女 1999年12月18日 CD PHCL-5130 24
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9340 -
33rd 20th Party 2000年6月28日 CD PHCL-5151 16
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9341 -
34th LOVE & EMOTION VOL.1 2001年6月19日 CD UMCK-4029 19
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9342 -
35th LOVE & EMOTION VOL.2 2001年11月28日 CD UMCK-4040 43
2010年5月26日 スーパーハイマテリアルCD UMCK-9343 -
36th area62
(SEIKO)
2002年6月11日 CD 4400600542 -
2002年6月21日 VIVI-19623 -
TGCS-1439 -
37th Sunshine 2004年6月9日 CD SRCL-5756/8 6
38th fairy 2005年4月6日 CD SRCL-5894 7
39th Under the beautiful stars 2005年12月7日 CD SRCL-6115 34
40th bless you 2006年5月31日 CD SRCL-6286 14
41st Eternal II 2006年12月6日 CD SRCL-6455 54
42nd Baby's breath 2007年6月6日 CD SRCL-6567 19
43rd My pure melody 2008年5月21日 CD SRCL-6806/8 15
44th My Prelude 2010年5月26日 CD UMCK-9333 4
UMCK-1355
45th Cherish 2011年6月1日 CD UMCK-9438 10
UMCK-1395
46th Very Very 2012年6月6日 CD UMCK-9490 9
UMCK-1420
47th A Girl in the Wonder Land 2013年6月5日 CD UMCK-1447 5
CD+DVD UMCK-9624
CD+フォトブック UMCK-9625
48th Dream & Fantasy 2014年6月4日 CD UMCK-1482 5
CD+フォトブック UMCK-9679
CD+DVD UMCK-9680
49th Bibbidi-Bobbidi-Boo 2015年6月10日 CD UMCK-1510 6
CD+DVD UMCK-9744
CD+フォトブック UMCK-9745
50th Shining Star 2016年6月8日 CD UPCH-20419 5
CD+DVD UPCH-29218
CD+フォトブック UPCH-29219

ベスト・アルバム[編集]

  タイトル 発売日 JP
1 聖子・fragrance 1981年11月1日 3
2 Seiko・index 1982年7月1日 4
3 Seiko・plaza 1983年11月11日 1
4 Touch Me, Seiko 1984年3月15日 1
5 Seiko・Town 1984年11月1日 1
6 Seiko-Train 1985年3月6日 1
7 Seiko Box 1985年11月10日 7
8 LOVE BALLADE 1986年11月21日 5
9 Snow Garden 1987年11月21日 1
10 Seiko Monument 1988年7月21日 10
11 Bible 1991年12月1日 8
12 Bible II 1994年12月1日 14
13 Bible III 1996年3月1日 16
14 Complete Bible 〜Seiko Matsuda All Singles Collection〜 1996年9月21日 45
15 Winter Tales 1996年11月1日 44
16 Seiko Matsuda 1980-1995 1997年4月1日 -
17 Seaside 〜Summer Tales〜 1997年6月21日 -
18 Dear 1997年11月21日 27
19 Seiko Celebration 1998年7月18日 -
20 Seiko '96-'98 1998年11月30日 57
21 Ballad 〜20th Anniversary 1999年4月1日 -
22 SEIKO SUITE 2000年7月5日 40
23 LOVE Seiko Matsuda 20th Anniversary Best Selection 2000年11月29日 27
24 SUPER COLLECTION 2000年 -
25 Another Side of Seiko 27 2003年11月27日 44
Another Side of Seiko 14
26 Best of Best 27 2004年4月14日 8
Best of Best 13
27 Seiko Smile〜Seiko Matsuda 25th Anniversary Best Selection〜 2005年1月26日 26
28 Seiko Matsuda 2006年7月19日 96
29 Premium Diamond Bible 2009年9月30日 19
Diamond Bible
30 Seiko Matsuda Christmas Songs 2009年11月11日 39
31 Seiko Matsuda Single Collection 30th Anniversary Box 〜The voice of a Queen〜 2010年5月26日 140
32 Touch Me, Seiko II 2010年9月22日 94
33 SEIKO STORY〜80's HITS COLLECTION〜 2011年12月7日 23
34 松田聖子 スーパー・ヒットコレクション Vol.1 2012年2月23日 95
35 松田聖子 スーパー・ヒットコレクション Vol.2 207
36 エトランゼ 2012年5月30日 71
37 Calendar 2012年11月7日 67
38 聖子 スイート・コレクション 〜80'sヒッツ 2012年12月3日 -
39 Seiko Matsuda Best Ballad 2014年12月24日 106
40 We Love SEIKO -35th Anniversary 松田聖子究極オールタイムベスト50Songs- 2015年12月9日 3

リミックス・アルバム[編集]

  タイトル 発売日 JP
1 SEIKO MATSUDA:RE-MIXES 1999年10月6日 100
2 seiko remixes 2000 2000年9月27日 97

企画アルバム[編集]

タイトル 発売日
金色のリボン 1982年12月5日
Seiko・Avenue 1984年11月21日
ゴヤ…歌でつづる生涯 1989年5月21日
Christmas Tree 1991年11月21日
I'll fall in love 愛的禮物 2005年8月26日

オリジナル・サウンドトラック[編集]

  タイトル 発売日 JP
1 野菊の墓 1981年8月8日
2 プルメリアの伝説 1983年7月1日
3 夏服のイヴ 〜BREEZE & SKY〜 1984年7月7日
4 CARIBE, Sinfonia de Amor 1985年5月3日
5 ペンギンズ・メモリー 幸福物語 1985年6月21日
6 松田聖子オリジナル・サウンドトラック集 1981〜1985 2010年8月11日 195

トリビュート・アルバム[編集]

  タイトル 発売日
1 CARAVELLI PLAYS聖子 1983年8月25日
2 ROMANTIQUE 1991年12月21日
3 SEIKO BALLADS 〜SWEET MEMORIES〜 2004年4月14日
4 Jewel Songs 〜Seiko Matsuda Tribute & Covers〜 2006年12月13日
5 MemorieS 〜Songs for the Season of White〜 2010年12月15日
6 MemorieS 〜Goodbye and Hello〜 2011年5月18日
7 MemorieS 〜Bitter Sweet Pineapple〜 2011年8月24日
8 MemorieS 〜The Last Leaf〜 2011年11月23日

映像[編集]

  タイトル 発売日
1 ファンタスティック・コンサート レモンの季節 1982年6月21日
2 Seikoland 〜武道館ライブ'83〜 1984年2月25日
3 SEIKO CALL 〜Live'85〜 1985年8月1日
4 Super Diamond Revolution 1987年9月2日
5 Sweet Spark Stream 1989年9月14日
6 Precious Moment 〜1990 Live At The Budokan〜 1990年4月21日
7 SEIKO clips 1991年8月1日
8 1991 Concert Tour Amusement Park 1991年9月21日
9 Seiko Clips2 1992 Nouvelle Vague 1992年6月1日
10 LIVE 1992 Nouvelle Vague 1992年10月1日
11 Seiko Clips3 DIAMOND EXPRESSION 1993年6月21日
12 LIVE DIAMOND EXPRESSION 1993年11月1日
13 Seiko Clips4 Glorious Revolution 1994年6月22日
14 Live Glorious Revolution 1994年10月21日
15 Video Bible 〜Best Hits Video History〜 1995年3月24日
16 Seiko Clips5 It's Style'95 1995年7月1日
17 LIVE It's Style'95 1995年11月22日
18 Vanity Fair 1996年6月3日
19 Live Vanity Fair'96 1996年11月11日
20 Bon Voyage 〜The Best Lives and Clips〜 1996年12月1日
21 WAS IT THE FUTURE 1996年12月2日
22 My Story 1997年6月4日
23 Seiko Live'97 My Story 1997年10月8日
24 Forever 1998年6月1日
25 Seiko Live'98 FOREVER 1998年10月21日
26 Seiko '96〜'98 1998年12月2日
27 Seiko Matsuda Zepp Tour 1999 〜137分33秒の奇跡〜 2000年3月29日
28 Seiko Matsuda Concert Tour 2000 20th Party 2000年12月13日
29 Video the LOVE 〜Seiko Matsuda 20th Anniversary Video Collection 1996-2000〜 2001年3月28日
30 Seiko Matsuda Concert Tour 2001 LOVE&EMOTION 2001年11月28日
31 LOVE&EMOTION 2002年3月27日
32 Seiko Matsuda Concert Tour 2002 Jewel Box 2002年11月20日
33 Seiko Matsuda Concert Tour 2003 Call me 2003年11月27日
34 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2003-2004 2004年3月10日
35 Seiko Matsuda Concert Tour 2004 Sunshine 2004年11月17日
36 25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX
完全生産限定盤
2005年6月8日
37 25th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2005 fairy 2005年11月23日
38 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2005-2006 2006年3月28日
39 Seiko Matsuda Concert Tour 2006 bless you 2006年9月20日
40 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2006-2007 2007年3月28日
41 Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby's breath 2007年9月19日
42 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2007-2008 2008年3月26日
43 Seiko Matsuda Concert Tour 2008 My pure melody 2008年10月22日
44 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2008-2009 2009年3月18日
45 Seiko Matsuda Concert Tour 2009 My Precious Songs 2009年11月18日
46 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2009-2010 2010年3月31日
47 Seiko Matsuda Video Diamond Bible 2010年9月29日
48 Seiko Matsuda Concert Tour 2010 My Prelude 2010年11月17日
49 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2010-2011 2011年4月13日
50 Seiko Matsuda Concert Tour 2011 Cherish 2011年11月23日
51 Seiko Matsuda Count Down Live Party 2011-2012 2012年3月28日
52 Seiko Matsuda Concert Tour 2012 Very Very 2012年11月14日
53 Seiko Ballad 2012 2013年3月27日
54 Seiko Matsuda Concert Tour 2013 A Girl in the Wonder Land
〜BUDOKAN 100th ANNIVERSARY〜
2013年11月20日
55 Seiko Matsuda 2013 New Year's Eve Live Party
〜Count Down Concert 2013-2014〜
2014年3月26日
56 Pre-35th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2014 Dream & Fantasy 2014年11月12日
57 35th Anniversary Seiko Matsuda Concert Tour 2015 Bibbidi-Bobbidi-Boo 2015年12月9日

楽曲提供[編集]

  • Alan Reed
「LOVE YOU BETTER」 作詞:Seiko Matsuda・Suzi Kim、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura
「BETWEEN MY LINES」 作詞:Seiko Matsuda・Suzi Kim、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura
「STANDIN' TALL」 作詞:Seiko Matsuda・Suzi Kim、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura
「YOU AND ME AND TIME」 作詞:Seiko Matsuda・Suzi Kim、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura
「YOU'RE THE GIRL」 作詞:Seiko Matsuda・Suzi Kim、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura
「YOUR EYES(Japanese Version)」[11] 作詞:Alan O'day、作曲:山下達郎、日本語詞:Seiko Matsuda、編曲:Ryo Ogura
「くちびるNetwork」 作詞:Seiko、作曲:坂本龍一、編曲:かしぶち哲郎
「愛…illusion」 作詞:Seiko、作曲:飛澤宏元、編曲:かしぶち哲郎
「雨のシナリオ〜Can't Say Good-bye〜」 作詞・作曲:SEIKO、編曲:大村雅朗
「駈けていく少女」 作詞:Seiko Matsuda、作曲・編曲:後藤次利
「SHE IS MY NEW TOWN」 作詞:Seiko Matsuda、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura
「I just want to hold you」 作詞:Seiko Matsuda、作曲:Seiko Matsuda・Ryo Ogura、編曲:Ryo Ogura

記録[編集]

シングル[編集]

  • 首位獲得数:25作(歴代6位・女性アーティスト単独2位)
    • 12枚目のシングル「秘密の花園」でピンク・レディーの1位獲得数9枚を抜いて単独首位獲得数1位を記録する。首位獲得数25作まで記録を伸ばすが2000年10月にB'zに抜かれるまで(1983年2月〜2000年10月)の約17年8か月間首位獲得数1位を保持していた。
    • 女性アーティト・ソロ部門では2006年3月に浜崎あゆみに抜かれるまで(1983年2月〜2006年3月)の23年1か月間首位獲得数1位を保持していた。
  • 首位連続獲得数:24作(歴代7位・女性アーティスト単独2位)
    • 3作目の「風は秋色/Eighteen」〜26作目の「旅立ちはフリージア」(1980年10月〜1988年9月)まで首位1位獲得数を保持し、上記に続いて12枚目のシングル「秘密の花園」でピンク・レディーの首位連続数9作を抜いて首位連続最高数単独1位を記録保持する。2000年7月にB'zに抜かれるまで(1983年2月〜2000年7月)の約17年5か月間首位連続最高数1位を保持していた。
    • 女性アーティト・ソロ部門では2010年10月に浜崎あゆみに抜かれるまで(1983年2月〜2010年10月)の27年8か月間首位連続獲得数1位を保持していた。
  • 月間チャート首位獲得曲:15作(歴代3位・ソロ1位)
  • 月間チャート1位月数:17月(歴代2位・ソロ1位)
  • 月間チャート1位最高連続獲得数:4作(計3回、歴代7位タイ・ソロでは単独3位)
  • 同曲による首位2週以上獲得数:14作(歴代1位)
  • オリコン首位獲得週数:50週(歴代4位・ソロでは単独2位)
  • オリコンシングル同作による首位返り咲き最長週数:11週(「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」・1983年8月15日付〜10月31日付)(歴代3位・ソロ1位、再発売の曲も含めると:歴代4位・ソロ2位)
  • オリコン首位・2位同時獲得:(「瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」・「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」・1983年11月7日付)(藤圭子に次いで2人目)
  • オリコン首位返り咲き作品数:3作「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」・「瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」・「Strawberry Time」(歴代1位タイ)
  • ベスト10位以内獲得数:31作
  • ミリオンセラー獲得数:1作
  • シングル総売上枚数;1543.9万枚(歴代14位・女性アーティスト単独5位)
    • 19作目の「ハートのイアリング」で、史上8人目(ソロでは7人目)、女性アーティストでは3人目のシングル総売上枚数1000万枚を達成。デビューからの4年8か月での達成当時は、ピンク・レディーに次いでの当時2番目の早さ。
    • 34作目の「大切なあなた」で沢田研二の総売上最多枚数を抜き総売上枚数単独1位になり、(1993年5月〜1994年8月)まで総売上最多枚数記録を保持していた。CHAGE and ASKAの37作目のシングル「HEART/NATURAL/On Your Mark」で総売り上げ最多枚数記録を抜かれた。
    • 53作目の「True Love Story/さよならのKISSを忘れない」でシングル総売上枚数1500万枚を達成。史上8人目で女性アーティスト・ソロでは2人目の快挙であった。
    • 日本人でアメリカのBillboard Hot 100にチャートインしたアーティストとしては3番目の順位である。「Right Combination」が最高位54位。(1963年-坂本九「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」1位、1979年-ピンク・レディー「Kiss in The Dark」37位。)

アルバム[編集]

  • 首位獲得数:19作(歴代4位・女性アーティスト単独3位)
  • ベスト10位以内獲得数:48作 (2016.06)(歴代3位・女性アーティスト単独2位)
  • ベスト100位以内同時チャートイン作数:13作(歴代3位タイ・日本人歴代1位タイ・女性アーティスト単独1位)
  • 8年間首位獲得(歴代5位・女性アーティスト3位タイ)
  • アルバム総売上枚数1356.9万枚

ザ・ベストテンでの記録[編集]

  • 1位となった回数:44回(3位)
  • 1位となった曲数:15曲(2位)
  • 1位となった連続最高週数:「瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」(1983年11月24日放送〜1984年1月12日放送)の8週で4位タイ
  • ベストテン入りした回数:218回(3位)
  • ベストテン入りした曲数:25曲(3位)
  • 1位となった年内最高獲得数:13回(1983年度による6位タイ)

その他の記録[編集]

  • アルバム・シングル総合売り上げ:2953万枚(歴代13位・女性ソロアーティスト5位)(2012年)
  • 日本武道館コンサート回数:102回(歴代2位・女性ソロアーティスト1位)(2014年7月時)
  • オリコンの年間アーティスト・トータル・セールス首位を獲得した(1984年)。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

テレビアニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

  • ザ・パンチ・パンチ・パンチ (1980年1月 - 12月、ニッポン放送
  • ピンクのスニーカー (1980年10月 - 1983年3月、文化放送
  • 中塚政幸のガッツガッツナイト (1980年12月 - 1981年3月、TBSラジオ
  • 夢で逢えたら [SONY Night Square] (1981年4月 - 1983年3月、ニッポン放送)
  • ひとつぶの青春 (1982年4月 - 1983年3月、FM東京ネット)
  • 愛にくちづけ (1983年10月 - 1985年3月、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポン(1986年6月、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポン(1987年4月、ニッポン放送)
  • スーパーギャング(1987年5月18日、TBSラジオ)
  • オールナイトニッポン(1987年11月、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポン(1989年6月、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポン(1990年11月、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポン(2008年5月19日、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポンGOLD(2010年5月28日、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポンGOLD(2010年12月15日、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポンGOLD(2011年6月2日、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポンGOLD(2013年6月21日、ニッポン放送)
  • オールナイトニッポン MUSIC10(2015年10月 - 、ニッポン放送) - 火曜日・月1回担当

CM[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1980年(昭和55年)/第31回 青い珊瑚礁 02/23 田原俊彦
1981年(昭和56年)/第32回 2 夏の扉 05/22 千昌夫
1982年(昭和57年)/第33回 3 野ばらのエチュード 05/22 郷ひろみ
1983年(昭和58年)/第34回 4 ガラスの林檎 16/21 田原俊彦(2)
1984年(昭和59年)/第35回 5 Rock'n Rouge 08/20 郷ひろみ(2)
1985年(昭和60年)/第36回 6 天使のウィンク 12/20 安全地帯
1986年(昭和61年)/第37回 7 瑠璃色の地球 13/20 加山雄三
1987年(昭和62年)/第38回 8 Strawberry Time 09/20 加山雄三(2)
1988年(昭和63年)/第39回 9 Marrakech〜マラケッシュ〜 02/21 少年隊
1994年(平成6年)/第45回 10 輝いた季節へ旅立とう 11/25 吉田拓郎
1995年(平成7年)/第46回 11 松田聖子ヒット・メドレー-SEIKO Chan to La La La-[注 1] 12/25 米米CLUB
1996年(平成8年)/第47回 12 あなたに逢いたくて〜Missing You〜 13/25 玉置浩二
1999年(平成11年)/第50回 13 SWEET MEMORIES 21/27 郷ひろみ(3)
2000年(平成12年)/第51回 14 あなたに逢いたくて〜Missing You〜(2回目) 19/28 布施明
2001年(平成13年)/第52回 15 瑠璃色の地球2001(2回目) 19/27 ザ・ドリフターズ
2011年(平成23年)/第62回 16 上を向いて歩こう 21/25 氷川きよし 神田沙也加とデュエット
2013年(平成25年)/第64回 17 New Year's Eve Special Love Song Medley 2013[注 2] 24/25 トリ前・クリス・ハートとデュエット
2014年(平成26年)/第65回 18 あなたに逢いたくて〜Missing You〜(4回目) 24/24 嵐(2) 大トリ(1)
2015年(平成27年)/第66回 19 赤いスイートピー 25/25 近藤真彦 大トリ(2)
2016年(平成28年)/第67回 20 (未定)
  1. ^ 「青い珊瑚礁」(2回目)→「時間の国のアリス」→「素敵にOnce Again」のメドレー
  2. ^ 「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」(3回目)→「夢がさめて」のメドレー
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

受賞歴[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「タレント名簿録」(『オリコン年鑑』オリジナルコンフィデンス出版社、2014年)
  2. ^ 福岡県立柳川古文書館、大下英治『魔性のシンデレラ。松田聖子ストーリー』(角川書店1989年7月、ISBN 978-4041571149
  3. ^ 玉鶴姫の意地。詳しくは「蒲池氏#子孫たち(大木喬任、広津和郎、宇都宮徳馬、松田聖子、他)」を参照のこと
  4. ^ 神田正輝との結婚の披露宴の際に身につけていた緞子織りの白無垢に左三巴紋が記されていたことがテレビでも放送された。
  5. ^ 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』pp.299-300
  6. ^ a b c d 相澤秀禎 『人気づくりの法則』(東洋経済新報社 1988年4月23日) ISBN 978-4492553091
  7. ^ 松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲 2012年4月10日 ムービーコレクション
  8. ^ 松田聖子が再々婚を発表
  9. ^ うたばん』で聖子の大ファンだという米良美一と共演。2008年3月10日放送の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で聖子の大ファンだという中川翔子と共演。2008年11月10日放送の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で聖子の大ファンだというはるな愛と共演。
  10. ^ ちょっといい話
  11. ^ 山下達郎のカバー曲、原曲は英語詞だが、松田が日本語詞を提供している。
  12. ^ 松田聖子:「眼鏡市場」新CMキャラクターに”. まんたんWEB (2015年6月26日). 2015年6月26日閲覧。
  13. ^ 眼鏡市場「CMギャラリー」”. 眼鏡市場 (2015年8月8日). 2015年8月8日閲覧。
  14. ^ 眼鏡市場「CMギャラリー」”. 眼鏡市場 (2015年11月20日). 2015年11月20日閲覧。
  15. ^ 眼鏡市場「CMギャラリー」”. 眼鏡市場 (2016年4月1日). 2016年4月1日閲覧。
  16. ^ 眼鏡市場「CMギャラリー」”. 眼鏡市場 (2016年4月23日). 2016年4月23日閲覧。
  17. ^ “松田聖子、トリンプ新ブランドCMでランジェリー姿を披露”. 音楽ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/music/news/188398 2016年5月25日閲覧。 

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]