夜に駆ける YOASOBI小説集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夜に駆ける YOASOBI小説集
編集者 YOASOBI
著者 星野舞夜
いしき蒼太
しなの
水上下波[1]
イラスト 上原へ松[2]
発行日 2020年9月18日
発行元 双葉社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 91
公式サイト 夜に駆ける YOASOBI小説集
コード ISBN 978-4575243215
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

夜に駆ける YOASOBI小説集』は、日本音楽ユニットYOASOBIによる小説である。2020年9月18日双葉社から発売された[3]

解説[編集]

  • 「小説を音楽にするユニット」YOASOBIの楽曲の原作小説をまとめた小説集である[4]
  • 小説集発売に先駆け収録作品の一つである「タナトスの誘惑」をYOASOBIのボーカルikuraが朗読をする動画がYouTubeにて投稿された[5]

収録内容[編集]

第一章 夜に駆ける[編集]

星野舞夜「タナトスの誘惑/夜に溶ける」

第二章 あの夢をなぞって[編集]

いしき蒼太「夢の雫と星の花

第三章 たぶん[編集]

しなの「たぶん」

第四章 アンコール[編集]

水上下波「世界の終わりと、さよならのうた」

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]