第74回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NHK紅白歌合戦 > 第74回NHK紅白歌合戦
第74回NHK紅白歌合戦


会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
司会者 有吉弘行
橋本環奈
浜辺美波
高瀬耕造
出演者 #出場歌手および#ゲスト出演者の節を参照
審査員 ゲスト審査員および視聴者
ナレーター 榎木淳弥
高橋李依
オープニング 演奏:fox capture plan
エンディング蛍の光
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作 NHK
放送
放送チャンネル総合テレビBSプレミアム4KBS8K
映像形式リアルタイム字幕放送
番組連動データ放送
音声形式音声多重放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2023年12月31日(日曜日)
放送時間19:20 - 23:45(JST
放送分265分
回数1
第74回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
番組年表
前作第73回(令和4年)
次作第75回(令和6年)

特記事項:
途中『NHKニュース』(20:55 - 20:59:30)、『ゆく年くる年』出演アナウンサーによる受信料のお知らせ(20:59:30 - 21:00)による中断あり。
テンプレートを表示
第74回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送局 NHKラジオ第1
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通。途中『ニュース・天気予報』(20:55 - 21:00)による中断あり。
テンプレートを表示

第74回NHK紅白歌合戦』(だい74かいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2023年令和5年)12月31日放送の通算74回目のNHK紅白歌合戦[1]

放送まで[編集]

日付はいずれも2023年。

9月27日
NHK会長の定例会見でNHKホールでの開催と開催日程と放送時間を発表[1]。BS波での本番組放送について、前回(第73回)まではBS4KBS8Kにて放送してきたが、12月1日にBS波の削減並びに再編が行われることから、BSプレミアム4KとBS8Kにて放送することを明らかにした[1][2][3]
10月6日
司会者が発表された。あわせて本年のテーマが『ボーダレス -超えてつながる大みそか-』に決まったことも発表された[4]
11月13日
出場歌手が発表された[5][6]。なお、その際の記者会見はこれまでNHK放送センター・CT-101スタジオで行われていたが今回は本番の会場であるNHKホールで初めて行われた。
11月29日
特別企画として、この年デビュー50周年を迎えたクイーンが、アダム・ランバートとのコラボレーションによる「クイーン+アダム・ランバート」名義で出場することが発表された[7]
12月4日
Official髭男dismが「Chessboard」を歌唱することが先行発表された。また、ステージで使用される中学生の歌唱動画の募集を開始[8]
12月7日
特別企画として日本のテレビ放送70年と、その中から生まれた名曲を振り返る『テレビが届けた名曲たち』を行うと発表した。合わせて同企画のゲストとして黒柳徹子が出演することが発表された[9]
12月8日
特別企画として、総合テレビの音楽番組『Venue101』でMCを務める濱家隆一かまいたち)と生田絵梨花のユニット「ハマいく」が出場することが発表された。あわせてラジオ司会と恒例企画となっている副音声の「紅白ウラトークチャンネル」の出演者も発表された[10]
12月15日
特別企画『テレビが届けた名曲たち』に、寺尾聰が出場することが発表された[11]
12月16日
特別企画『テレビが届けた名曲たち』にポケットビスケッツ&ブラックビスケッツが出場することが発表された[12]
12月20日
ゲスト審査員及び審査方法(後述)が発表された[13]
12月21日
特別企画『テレビが届けた名曲たち』に薬師丸ひろ子が出場することが発表された。合わせて同企画の曲目が先行発表された[14]
12月22日
曲目が発表された[15]
12月23日
司会の有吉弘行と藤井フミヤが「白い雲のように」を歌唱することが発表された[16]
今年創立100周年を迎えたディズニーとのスペシャル企画も発表された[17]
12月25日
スペシャル企画『ディズニー100周年スペシャルメドレー』の歌唱曲と出演者が発表された。同企画にミッキーマウス&ミニーマウスがゲスト出演することも発表された[18]
12月26日
曲順が発表された[19]
12月27日
年の瀬中継企画として山内惠介が東京の名所から、天童よしみが大阪の名所からそれぞれ中継出演することが発表された[20]
12月28日
YOSHIKIが出場することが発表された[21]
12月29日
リハーサル・囲み取材[注 1]の1日目が行われた。
特別企画としてNewJeansの出場が発表された[22]
12月30日
リハーサル・囲み取材[注 2]の2日目が行われた。
12月31日
リハーサル・囲み取材[注 3]の3日目が行われた。
タイムテーブルが発表された。
YOASOBIのステージで、出場歌手[注 4]、司会の橋本環奈、スペシャルダンサー[注 5]によるダンスが披露されることが発表された[23]

当日のステージ[編集]

前半[編集]

後半[編集]

結果[編集]

ゲスト審査員・会場審査員・視聴者審査員のそれぞれで優勢な方に1ポイントを与える3ポイント制となり、全組終了後の最終審査で集計を行い2ポイントを取った方が優勝となる。

  • ゲスト審査員(別記):紅組(7 - 1)
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員):紅組(1,453 - 883)
  • 視聴者審査員(総合テレビ・BSプレミアム4K・BS8Kの視聴者 定員なし):紅組(3,943,182 - 2,457,277)[87]

総合結果は「紅組」が優勝で2年ぶりの優勝となった。なお、完封勝利(ストレート勝利)は第54回2003年)で、白組が優勝して以来20年ぶりとなった。

今回も前回同様、結果発表前に蛍の光の合唱を行った。

出場歌手[編集]

      特別企画      初出場      返り咲き

紅組 白組
曲順 アーティスト名 曲目 曲順 アーティスト名 曲目
前半
fox capture plan:グランドオープニング
1 新しい学校のリーダーズ オトナブルー 2 JO1 2 NEWSmile
N/A 3 鈴木雅之 6[• 1] め組のひと
5 Perfume[• 2] 16 FAKE IT 4 Stray Kids[• 2] CASE 143 -Japanese ver.-
7 天童よしみ[• 3] 28 道頓堀人情 6 すとぷり[• 4] スキスキ星人
9 緑黄色社会 2 キャラクター 8 キタニタツヤ 青のすみか
10 櫻坂46[• 2][• 5] 3[• 6] Start over! 11 純烈 6 だってめぐり逢えたんだ〜NHKプラスver.〜
12 ano ちゅ、多様性。 13 BE:FIRST[• 2] 2 Boom Boom Back
14 JUJU 2 時の流れに身をまかせ N/A
15 NiziU 4 Make you happy
16 LE SSERAFIM 2[• 7] UNFORGIVEN (feat. Nile Rodgers)-Japanese ver.- 17 山内惠介[• 8] 9 恋する街角
18 乃木坂46[• 9] 9 おひとりさま天国 19 郷ひろみ 36 2億4千万の瞳〜ブレイキンSP〜
20 milet × MAN WITH A MISSION[• 2] 4 コイコガレ 21 MAN WITH A MISSION × milet[• 2] 絆ノ奇跡
23 水森かおり[• 10] 21 日向岬〜紅白ドミノチャレンジSP〜 22 SEVENTEEN[• 11] 舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)
ハマいく(初[• 12]) 「ビートDEトーヒ
N/A 24 大泉洋 [• 13] あの空に立つ塔のように
後半
26 坂本冬美 35 夜桜お七 25 Mrs. GREEN APPLE ダンスホール
27 MISAMO [• 14] Do not touch 28 10-FEET 第ゼロ感
NewJeans[• 15](初)「NewJeans Special Medley[• 16]
スペシャル企画『ディズニー100周年スペシャルメドレー』
橋本環奈、浜辺美波「いつか王子様が
大泉洋、大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)、LE SSERAFIM「アンダー・ザ・シー
山寺宏一、櫻坂46、Stray Kids「フレンド・ライク・ミー
生田絵梨花「ウィッシュ~この願い~
上記メドレー出演者、ano、石川さゆり、純烈、鈴木雅之、Mrs. GREEN APPLE「小さな世界
特別出演:ミッキーマウス&ミニーマウス
30 椎名林檎 8[• 17] 〜さすがに諸行無常篇〜[• 18][• 19] 29 Official髭男dism[• 15] 4 Chessboard
N/A 31 ゆず 14 ビューティフル
クイーン+アダム・ランバート[• 20](初)「ドント・ストップ・ミー・ナウ
N/A 32 三山ひろし 9 どんこ坂〜第7回 けん玉世界記録への道〜
34 Superfly 7 タマシイレボリューション 33 星野源[• 21] 9 生命体
35 伊藤蘭[• 15] [• 22] キャンディーズ50周年 紅白SPメドレー[• 23] N/A
YOSHIKI(4[• 24])「ENDLESS RAINRusty Nail[88]
テレビ放送70年特別企画『テレビが届けた名曲たち』
ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツ[• 15](2[• 25])「YELLOW YELLOW HAPPYTiming
薬師丸ひろ子[• 15](3[• 26])「セーラー服と機関銃
寺尾聰(3[• 27])「ルビーの指環
36 Ado[• 28] [• 29] N/A
38 あいみょん 5 愛の花 37 エレファントカシマシ 2[• 30] 俺たちの明日
40 石川さゆり 46[• 31] 津軽海峡・冬景色 39 さだまさし [• 32] 22[• 33] 秋桜(コスモス)
42 YOASOBI 3[• 34] アイドル 41 藤井フミヤ 6[• 35] TRUE LOVE
有吉弘行 × 藤井フミヤ 白い雲のように
44 MISIA 8 紅白スペシャル2023 [• 36] 43 福山雅治 16 HELLO想望」 紅白スペシャルメドレー

脚注

  1. ^ 過去にラッツ&スターとして1回出場。
  2. ^ a b c d e f 東京都渋谷区のNHK放送センターCT-101スタジオより中継。
  3. ^ 大阪府大阪市浪速区の新世界・通天閣近くより中継。
  4. ^ 4人での出場(メンバーのジェルとななもり。が活動休止中のため)。
  5. ^ 遠藤光莉、休養中の小池美波、三期生を除く15人での出場。
  6. ^ 欅坂46時代に4回出場、通算7回目。
  7. ^ メンバーのSAKURAこと宮脇咲良は過去にAKB48グループとして4回出場(HKT48として1回、AKB48として3回)。個人として6回目の出場。
  8. ^ 東京都台東区の浅草西参道商店街より中継。
  9. ^ 34人での出場(メンバーの掛橋沙耶香と金川紗耶が活動休止中のため)。
  10. ^ 東京都渋谷区のNHK放送センターCT-102スタジオより中継。
  11. ^ 11人での出場(S.COUPS、JEONGHANが活動休止中のため)
  12. ^ メンバーの生田絵梨花も過去に乃木坂46として紅組から7回出場。48グループおよび坂道シリーズの元メンバーの出場は前田敦子大島優子宮脇咲良に次いで4人目。
  13. ^ 2015年は審査員、2020 - 2022年は司会を担当。歌手としての出演は初。審査員・歌手・司会をすべて務めたのは西田敏行松本潤に次いで3人目。
  14. ^ 過去にTWICEとして4回出場。
  15. ^ a b c d e NHK放送センター・CT101スタジオにて収録。
  16. ^ OMG」「ETA」「Ditto」を順に披露。
  17. ^ 過去に東京事変として2回出場。
  18. ^ 「諸行無常」は、2023年2月24日から5月10日にかけて行われたツアーのタイトルである「椎名林檎と彼奴等と知る諸行無常」から取られている。
  19. ^ 歌舞伎町の女王」「丸ノ内サディスティック」を順に披露。
  20. ^ アメリカ合衆国サンフランシスコにて収録。
  21. ^ 東京都港区・虎ノ門ヒルズステーションタワーにて収録。
  22. ^ 過去にキャンディーズとして3回出場。
  23. ^ 年下の男の子」 「ハートのエースが出てこない」「春一番」を順に披露。
  24. ^ 過去に特別企画で2回、X JAPANとして白組で8回、サラ・ブライトマンHYDEそれぞれの紅組・白組のコラボで1回、THE LAST ROCKSTARSとして1回の計13回出場。
  25. ^ 過去に「ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツ・スペシャルバンド」名義で紅組歌手として1回出場。
  26. ^ 過去に紅組歌手として2回出場。
  27. ^ 過去に白組歌手として2回出場。
  28. ^ 京都府京都市下京区の東本願寺より中継。
  29. ^ 前回はウタとして出場、通算2回目。
  30. ^ メンバーの宮本浩次は過去に白組で1回、特別企画で1回出場。
  31. ^ 過去に紅組の「特別応援ゲスト」として1回出演。
  32. ^ 東京都墨田区の両国国技館(ライブ『さだまさし カウントダウンin国技館』)より中継。
  33. ^ 22回のうち20回は白組歌手として、2回は特別企画として出場。
  34. ^ メンバーのikura(幾田りら)は前回「milet×Aimer×幾田りら×Vaundy」のゲストボーカルとして出演。
  35. ^ 過去にチェッカーズとして9回出場。
  36. ^ 「愛をありがとう」「傷だらけの王者」「アイノカタチ」を順に披露。

選考を巡って[編集]

今回の選考に当たっては今年の活躍、世論の支持、番組の企画・演出の3点を中心にしており、このうち活躍に関してはCD・DVD・BDの売り上げ、インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオの再生回数やSNSなどの調査、有線放送やカラオケのリクエストなどの調査、ライブやコンサートの実績といったデータを参考資料にしており、世論の支持については7歳以上を対象にランダム抽出した電話による世論調査やWeb上でのアンケートを行った。あわせて今回はジャニー喜多川による性加害問題を受ける形で番組制作に当たっての人権尊重のガイドラインを策定、出演者の所属事務所にガイドラインに賛同するよう条件を付けている[89][90]

  • 初出場は紅組5組、白組8組の計13組。返り咲きは7組[91]
    • 新しい学校のリーダーズは2020年に発表した「オトナブルー」がこの年海外から火が付く形で大ヒットし、SNS上では「首振りダンス」が大流行、結成9年目で初出場する[92]
    • Adoは前回の第73回(2022年)はアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の登場キャラクター・ウタの歌唱キャストとして出場したが、今回は本人名義での出場となる。この年は9月にリリースした「」がロングヒットとなった[93]。テレビでのパフォーマンス決定が話題を呼び、紅白が放送される前の12月2日に放送された『日テレ系音楽の祭典ベストアーティスト2023』(日本テレビ系)でテレビ初となる歌唱パフォーマンスを披露した[94]
    • anoは2022年11月に発表した「ちゅ、多様性。」がこの年上半期のBillboard JAPAN新人チャートで1位を記録。また、タレントの「あの」としてもその天然トークがバラエティ番組で好評を博している[95]
    • 伊藤蘭はキャンディーズとして出場した第28回(1977年)以来46年ぶりの出場となった。キャンディーズとしてデビューして50周年となるほか、2019年にソロ歌手デビューしこれまでに3枚のオリジナルアルバムを発表してきた。また、伊藤の娘である娘の趣里がこの年下期の連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロイン・福来スズ子役で出演していることも話題となった[96]
      • ただし、趣里がスケジュールの都合により出演を辞退したため伊藤との親子紅白出演はならなかった。
    • 韓国のガールズグループTWICEの日本人メンバー3人によるユニットMISAMOは7月にデビューしたばかり。8月に音楽番組『Venue101』のスピンオフ特番『MISAMO MasterpieceShow』を放送、SNSの反響が大きかったことが決め手となった[97]
    • 大泉は第71回(2020年)から第73回(2022年)まで3回連続で司会を務めたが、今回は歌手として出場する。音楽番組『SONGS』には番組責任者として出演、10月には大泉と同郷の玉置浩二が提供した「あの空に立つ塔のように」をリリース、同番組で歌唱を披露した[98]
    • キタニタツヤはテレビアニメ『呪術廻戦』第2期のオープニングテーマ「青のすみか」がヒットした[99]
    • すとぷりはライブ等のイベントを除き顔出しをしない活動が特徴で結成7年目で初出場を果たす。10代を中心に人気を集め、1月には全国アリーナツアーが35万動員で成功させたほか、2022年には『みんなのうた』に「手をつないで歩こう」を提供、本年7月に『Venue 101』のスピンオフ特番『すとぷり Strawberry Summer Show』に生出演し同曲をテレビ初歌唱した[100]
    • 韓国のボーイズグループStray KidsとSEVENTEENはいずれも日本でのドーム公演を開催し人気を集めている[101][102]
    • 10-FEETはバンド結成25周年を迎えた2022年にアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』主題歌として「第ゼロ感」が起用され大ヒットした[103]
    • MAN WITH A MISSIONは日本のみならず海外でも精力的に活動を行い、全米デビューも果たしている[104]。ほか、miletとのコラボ曲「絆ノ奇跡」(オープニング)と「コイコガレ」(エンディング)がアニメ『テレビアニメ「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編』の主題歌にそれぞれ起用され、大ヒットした。
    • Mrs. GREEN APPLEは結成10周年。2020年7月の「フェーズ1完結」と称した活動休止およびメンバー2名(山中綾華、髙野清宗)の脱退を乗り越えて2022年3月に活動を再開し、今年4月に配信した「ケセラセラ」など12曲のストリーミング再生回数が1億回を突破、8月には初のドーム公演を開催している[105]
    • クイーン+アダム・ランバートは、デビュー50周年でそれまで数々の偉業を成し遂げてきたイギリスのバンドクイーンに、グラミー賞ノミネート経験もあるアダム・ランバートがボーカルとして加わる形で、翌年2月に来日公演も控えるなか特別企画での初出演が実現した[106]
    • 返り咲きのうち、藤井フミヤはこの年チェッカーズとしてデビューして40周年、ソロデビューも30周年[107]。さだまさしはレコードデビュー50周年、エレファントカシマシはデビュー35周年、椎名はデビュー25周年。櫻坂46は「承認欲求」がグループ史上最多の初週45万枚を売り上げたほか、フランスのパリとマレーシアで行われたJapan Expoなど海外での公演を成功させたことから選出された[108]。YOASOBIはテレビアニメ『【推しの子】』オープニングテーマ「アイドル」がビルボードのアメリカを除いたグローバルチャート「Global Excl. US」で1位になったほか、同曲の前後にリリースした「祝福」(『機動戦士ガンダム 水星の魔女』第1期OP)、「勇者」(『葬送のフリーレン』OP)と続けざまにアニメソングがヒットした。
  • 石川さゆりは紅組歌手で史上初の40年連続出場を達成。
  • 69歳の天童よしみは紅組歌手の最年長出場記録となった。
  • 16年連続出場のPerfumeはザ・ピーナッツの持つ紅組でのグループの最長連続出場記録に並んだ。
  • ジャニーズ事務所の後継事業者SMILE-UP.に所属するタレントについては、9月27日の会見で創設者ジャニー喜多川が行った性加害問題に対する事務所側の対応が明確でないとして出場させない事を明言[109]第30回(1979年)以来44年ぶりに出場無しとなった[110]。しかし新規の出演依頼は行わないとする一方で「一般論でありますが、仮に独立したなら新規契約することができる」としており[111]、12月26日に男闘呼組メンバーを中心とするRockon Social Clubが出演することが発表された[112]。メンバーの岡本健一が12月5日にSMILE-UP.との契約を解除しており、新会社(STARTO ENTERTAINMENT)との契約締結までの期間は個人事務所で活動すると発表していた[111]
  • 他に出場が噂されたのはオリヴィア・ロドリゴ[113]中森明菜[114]松田聖子[114]香取慎吾[115]趣里[116]などがあった。
  • 前回の出場歌手より不選出となったのは紅組9組、白組11組、特別企画7組の計27組。
  • 前年に引き続き、掛橋沙耶香(乃木坂46)が休業中のため不出場となった。さらに本年はジェル・ななもり。(いずれもすとぷり)、小池美波(櫻坂46)、金川紗耶(乃木坂46)、S.COUPS・ジョンハン(いずれもSEVENTEEN)も休業中のため同じく不出場となった。
  • 乃木坂46の山下美月(翌年5月に卒業予定[117])、櫻坂46の小林由依(翌年2月1日に卒業)にとってそれぞれ所属するグループとして今回が最後の出場となった。

曲順を巡って[編集]

  • 紅組トリを5年連続でMISIA(この年デビュー25周年)、白組トリを4年連続で福山雅治が担当し、大トリは前者が2年ぶりに務める。後者は第61回(2010年) - 第64回(2013年)のSMAPに並ぶ白組トリの連続担当の最長記録となる(ソロ歌手では単独で最長記録)。この2組によるトリの組み合わせは4度目であり、第14回(1963年)・第15回(1964年)・第17回(1966年)・第18回(1967年)の美空ひばり・三波春夫に並び最多記録。4年連続トリが同じ組み合わせとなるのは史上初[118][119]
  • 各種メディアが挙げていたトリの候補は以下の通りである。
    • スポーツニッポン(2023年11月14日付) - 「大トリ候補にあいみょんが浮上した。紅組にはMISIA、石川さゆり(この年デビュー50周年)の大トリ経験者がいるが、若手抜てきを期待する声も多い。白組のトリには、昨年初の大トリを務めた福山雅治や実績十分の星野源のほか、26年ぶりに返り咲いた藤井フミヤを推す声もある」[120]
    • スポーツ報知(2023年12月20日付) - 「MISIA、福山が、紅組、白組の最終歌唱者に内定。MISIAが大トリ、福山がトリを務める」[118]
    • サンケイスポーツ(2023年12月23日付) - 「新しい学校のリーダーズがトップバッター、白組の1番手はJO1。トリは福山で、大トリはMISIAが務める」[121]

司会者[編集]

審査方法[編集]

今回の審査方法は前回(第73回)と同じく以下の3つで構成されており、各投票の多い組に1ポイント与えられ、3ポイント中2ポイント取った組が優勝となる[124]

  • 8人のゲスト審査員による投票
  • 会場観覧者による投票
  • 視聴者による番組連動データ放送を使用した投票
    • 前回と同様に総合テレビ・BSプレミアム4K・BS8Kの視聴者(NHKプラスワンセグでの投票は不可)を対象に行い、視聴開始で1票、その後5分連続視聴を10回繰り返すことで票が増え(テレビ1台につき最大5票)、全対戦終了後に投票する。紅白それぞれに手持ちの票を分割して投票することも可能。

ただしゲスト審査員は8人と前回に引き続き偶数であるため、4対4で分かれた上で会場投票と視聴者投票もそれぞれ各組にポイントが与えられた場合、番組史上初の引き分け(両組同時優勝)の可能性もありえた。結果は前述のとおり20年ぶりの完封となった。 

ゲスト出演者[編集]

ゲスト審査員[編集]

特別企画[編集]

企画・応援ゲスト[編集]

演奏ゲスト[編集]

その他の番組担当者[編集]

その他[編集]

視聴率[編集]

平均世帯視聴率ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、前半が29.0%(前回から2.2ポイント減)、後半が31.9%(前回から3.4ポイント減)でともに歴代ワースト記録[注 31]を更新した[150]。後半は3年連続の40%割れとなり、前半は史上初めて30%を下回った。瞬間最高視聴率は23時43分、紅組優勝が決まった場面で36.7%だった[151]

タイムシフト視聴率を含む総合視聴率(関東地区)は後半が34.1%(前回から3.8ポイント減)で、歴代ワースト記録[注 32]を更新した[152]

NHKプラスでの同時視聴・見逃し配信のユニークブラウザ数[注 33]は約187万で、前回の約120万から1.5倍強増加した[153]

歌手別視聴率[編集]

順位 歌手 視聴率
1位 MISIA 34.8%
2位 ブラックビスケッツ 34.3%
3位 YOASOBI 34.2%
4位 Ado 34.1%
5位 伊藤蘭 33.6%
6位 有吉弘行 × 藤井フミヤ 33.5%
7位 寺尾聰 33.4%
8位 石川さゆり 33.2%
9位 福山雅治 33.1%
10位 YOSHIKI 32.9%
ポケットビスケッツ
薬師丸ひろ子
  • 数字は関東地区[154]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 緑黄色社会、生田絵梨花(ハマいく)、新しい学校のリーダーズ、乃木坂46、JO1、ano、SEVENTEEN、NiziU、郷ひろみ、純烈、JUJU、Superfly、LE SSERAFIM、Mrs. GREEN APPLE、大泉洋、Perfume、Official髭男dism、Stray Kids、坂本冬美、MISAMO、三山ひろし、キタニタツヤ、あいみょん、石川さゆり、鈴木雅之、天童よしみ、BE:FIRST、藤井フミヤ、櫻坂46、milet、10-FEET
  2. ^ 山内惠介、Ado(非公開、囲み取材なし)、水森かおり、YOSHIKI、有吉弘行、橋本環奈、浜辺美波、高瀬耕造アナウンサー
  3. ^ NewJeans、MAN WITH THE MISSION
  4. ^ a b ano、櫻坂46、JO1、Stray Kids、SENENTEEN、NiziU、NewJeans、乃木坂46、BE:FIRST、MISAMO、LE SSERAFIMの11組。
  5. ^ アバンギャルディ、REAL AKIBA BOYS
  6. ^ 第66回2015年)にゲスト審査員、第71回2020年)に白組司会、第72回2021年)と第73回2022年)に司会を務めた。
  7. ^ これは、この年12月29日に亡くなり、放送日に亡くなったことが報じられた坂田利夫の持ちネタ。
  8. ^ 韓国語で「一糸乱れぬダンス」という意味。
  9. ^ 過去に乃木坂46として紅組で7回出場。AKB48グループおよび坂道シリーズ元メンバーの出場は、前田敦子大島優子宮脇咲良に次ぐ4人目。
  10. ^ 川尻蓮川西拓実佐藤景瑚豆原一成の4名。
  11. ^ SHUNTO、MANATO、RYUHEI、RYOKIの4名。
  12. ^ 小林由依田村保乃山崎天藤吉夏鈴の4名。
  13. ^ Bang Chan、Changbin、HANの3名。
  14. ^ 連続してけん玉をキャッチした人の最も長い列。
  15. ^ 10人目までに失敗した場合、1度やり直しができる。
  16. ^ HYDE、PATA(X JAPAN)、難波章浩(Hi-STANDARD)、清春、松岡充(SOPHIA)、明希(シド)、海(vistlip)、KAMIJO(Versailles)、George(LADIESROOM)、ナカヤマアキラ(Plastic Tree)、HIROTO(アリス九號.)の11名。
  17. ^ 狂言の脇役である「アド(挨答)」から取っている。
  18. ^ 大韓民国の旗 韓国のテレビ番組では、同年9月21日放送の「M COUNTDOWN」 で既に歌唱している。
  19. ^ 2人の当時の写真は、その表情の対比から「天使と悪魔の最終決戦」として話題を集めていたため、ステージ上で再現される形となった。
  20. ^ 歌唱を担当したAdoは本人名義で出場。
  21. ^ メンバーのモモサナミナは、今回はMISAMOとして出場。
  22. ^ メンバーのmiletは本人単独で、幾田りらはYOASOBIとして出場。
  23. ^ 2024年2月4日にSUPER EIGHTに改名。
  24. ^ 前回出場をもってコンサート活動から引退。
  25. ^ メンバーのYOSHIKIは本人単独で出場、HYDEはYOSHIKIのサポートとして出演。
  26. ^ 前回出場をもって活動休止。
  27. ^ Re:Japanとして出場。
  28. ^ 第57回2006年)から第71回2020年)までは、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の「笑ってはいけないシリーズ」に出演していた。
  29. ^ 番組は事前収録。
  30. ^ 地震に関する報道特別番組を放送している途中、羽田空港衝突炎上事故が発生した。
  31. ^ 前半は第57回2006年)の30.6%、後半は第72回2021年)の34.3%。
  32. ^ 第72回(2021年)の36.1%。
  33. ^ 視聴した端末の数。

出典[編集]

  1. ^ a b c "NHK 紅白歌合戦の開催を発表 メディア総局長「希望あふれる紅白をお届けしたい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2023年9月27日. 2023年9月27日閲覧
  2. ^ NHKのBS再編、新チャンネル名は「BS」と「BSプレミアム4K」…12月開始”. 読売新聞 (2023年4月19日). 2023年10月7日閲覧。
  3. ^ 野城千穂、滝沢文那 (2023年7月26日). “NHK、新チャンネルに残す番組は BS1とBSP統合後の編成発表”. 朝日新聞. 2023年10月7日閲覧。
  4. ^ NHK 紅白歌合戦の司会発表 有吉弘行「信じられない」橋本環奈、浜辺美波、高瀬耕造アナの4人に,スポーツニッポン,2023年10月6日
  5. ^ <速報>第74回NHK紅白歌合戦の出場歌手一覧”. 産経ニュース (2023年11月13日). 2023年12月31日閲覧。
  6. ^ “NHK紅白歌合戦 44年ぶり“旧ジャニ”出演ゼロ”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2023年11月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/11/13/kiji/20231113s00041000179000c.html 2023年11月13日閲覧。 
  7. ^ クイーン「特別企画」で紅白出場 「クイーン+アダム・ランバート」名義 今年デビュー50周年,スポーツ報知,2023年11月29日
  8. ^ "紅白 ヒゲダンは「Chessboard」歌唱!中学生とのパフォーマンスコラボ決定 歌唱動画を募集". スポーツニッポン. スポーツニッポン. 2023年12月4日. 2023年12月4日閲覧
  9. ^ a b “レジェンド”黒柳徹子、紅白歌合戦に出演決定 テレビ放送70年の特別企画で 過去に6回紅白司会…NHKが発表,スポーツ報知,2023年12月7日
  10. ^ ハマいくが紅白に出場決定! 紅白ウラトークはパンサー&鈴木奈穂子アナが司会,スポーツニッポン,2023年12月8日
  11. ^ 寺尾聰、16年ぶり3回目の紅白出場、テレビ放送70年の特別企画“多くの人に愛されてきた名曲届ける!”,スポーツ報知,2023年12月15日
  12. ^ ポケビ&ブラビ、紅白歌合戦の特別企画出場へ 21年ぶりのTV共演、第49回以来25年ぶり出場,スポニチ,2023年12月16日
  13. ^ 紅白歌合戦ゲスト審査員に堺雅人、寺島しのぶ、吉高由里子ら,スポーツ報知,2023年12月20日
  14. ^ 薬師丸ひろ子さん、NHK紅白出場=特別企画で「セーラー服と機関銃」”. 時事通信ニュース (2023年12月21日). 2023年12月31日閲覧。
  15. ^ 紅白歌合戦、曲目発表 YOASOBIが「アイドル」テレビ初歌唱,スポーツニッポン,2023年12月22日
  16. ^ 「白い雲のように」有吉弘行と作者・藤井フミヤ、紅白歌合戦で共演! ボーダレスに時代を超えた名曲が大みそかに帰ってくる”. 中日新聞Web (2023年12月23日). 2023年12月31日閲覧。
  17. ^ 紅白歌合戦で今年100周年のディズニーがスペシャル企画 司会の橋本環奈&浜辺美波がプレゼンター”. スポーツ報知 (2023年12月23日). 2023年12月31日閲覧。
  18. ^ NHK紅白歌合戦「ディズニーSP」山寺宏一ら特別出演 ミッキー2年連続出場 橋本環奈&浜辺美波も歌唱”. sponichi.co.jp (2023年12月25日). 2023年12月25日閲覧。
  19. ^ <速報>第74回NHK紅白歌合戦の曲順”. 産経ニュース (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  20. ^ 『第74回NHK紅白歌合戦』日本の大みそかの風景を「年の瀬中継」!SPパフォーマンスも”. エンタメRBB (2023年12月27日). 2023年12月27日閲覧。
  21. ^ YOSHIKI紅白出場 HYDE、PATA、難波章浩、松岡充ら豪華11人とスペシャルステージ”. 日刊スポーツ (2023年12月28日). 2023年12月28日閲覧。
  22. ^ New JeansがNHK紅白に出場 ヒット曲のメドレーを披露”. 朝日新聞デジタル (2023年12月29日). 2023年12月31日閲覧。
  23. ^ 紅白 YOASOBIテレビ初歌唱「アイドル」特別コラボ 橋本環奈、NewJeansら共演へ”. sponichi.co.jp (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  24. ^ 【紅白】オープニングはロング“ワンカット演出” 司会の3人が天井から登場、大泉洋はボケる”. ENCOUNT (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  25. ^ 【紅白】新しい学校のリーダーズ“紅白仕様”赤の制服姿でトップバッター!司会・有吉らと集団首振りダンス”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年12月31日閲覧。
  26. ^ 紅白速報②ファンと一体のステージ Stray KidsとPerfume”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  27. ^ a b c 紅白速報③新感覚のすとぷり 通天閣から天童よしみ 疾走感のキタニタツヤ”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  28. ^ すとぷり初出場のNHK紅白歌合戦ステージに3Dバーチャルで登場”. sponichi.co.jp (2024年1月1日). 2024年1月4日閲覧。
  29. ^ 【紅白】天童よしみ、大阪から阪神・トラッキーと「道頓堀人情」オール巨人は坂田利夫さんのギャグで追悼”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024-01-84閲覧。
  30. ^ 【紅白】オール巨人“弟子”有吉弘行の司会に感激 坂田利夫さん追悼「あーりがとさーん」”. オリコン (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  31. ^ 紅白 オール巨人“弟子”有吉弘行の司会に感激 坂田利夫さん追悼「あーりがとさーん」”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2024年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月3日閲覧。
  32. ^ a b c d e 田辺ユウキ (2023年1月1日). “有吉弘行の歴史をたどる構成だった『紅白歌合戦』 内村光良、オール巨人、“壁芸人”が登場した意味”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2023年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月1日閲覧。
  33. ^ ココリコ遠藤「紅白」生中継で「ガキ使」ネタぶっ込む!オール阪神・巨人は坂田利夫さんネタ”. デイリースポーツ (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  34. ^ a b 紅白速報④櫻坂46卒業の小林由依さんに歓声 QRコードだらけの純烈”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  35. ^ NHK紅白歌合戦への出演について”. 東京高等学校 (2023年12月26日). 2024年1月4日閲覧。
  36. ^ 【情報解禁!!】本校マーチングバンド部選抜メンバーが、NHK紅白歌合戦に出演いたします!”. 東京実業高等学校 (2023年12月25日). 2024年1月4日閲覧。
  37. ^ <紅白本番>純烈、“異例”衣装&演出にネット驚愕「頭から離れない」「画期的」”. モデルプレス (2023年12月31日). 2024年1月3日閲覧。
  38. ^ 【紅白歌合戦】純烈のまさかの「QRコード」衣装に爆笑の嵐。NHKプラスに誘導「紅白観てたのに落ちた」の声も(動画)”. ハフポスト (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  39. ^ 【紅白】純烈、QRコード衣装でNHKプラスPR 新メンバー岩永が筋肉アピール「歌詞を間違えないように」”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  40. ^ 紅白速報⑤今夜は黒髪のanoさん 圧巻の歌声のJUJUさん「時の流れに身をまかせ」”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  41. ^ ノブ、『紅白』に私服トレーナーで出演 色合いが仮面ライダーW サイクロンジョーカーゴールドエクストリームで「Wすぎる」”. ORICON NEWS (2024年1月1日). 2024年1月4日閲覧。
  42. ^ 【紅白歌合戦】あのちゃんことano、浜辺美波との共演に喜び「唯一、『おめでとう』って連絡してくれた」”. サンスポ (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  43. ^ “[https://okmusic.jp/news/543888 行天優莉奈 紅白歌合戦 山内惠介「恋 する街角」浅草からサプライズで登場「2023年最後!皆さんビックリ行天!させられたかな?」]”. OKMusic (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  44. ^ 紅白速報⑥NiziUが縄跳びダンス 山内惠介さんは浅草から芸人たちと登場”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  45. ^ a b 紅白速報⑦透明感ある歌声の乃木坂46 大技マックス成功の郷ひろみさん 「鬼滅の刃」2曲も”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  46. ^ 【紅白】SEVENTEEN、初紅白で“縁”ある橋本環奈が魅力熱弁 冒頭のJEONGHANパートはJUN”. ORICON NEWS (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  47. ^ 紅白速報⑧水森かおりさんのドミノ成功 大泉洋さんが堂々と前半のトリ”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  48. ^ 【紅白】水森かおり 桂由美さん作ドミノドレスで熱唱 3万7000個のドミノ使用して最後は“変身””. スポニチ Sponichi Annex. 2023年12月31日閲覧。
  49. ^ 【紅白】かまいたち濱家 来年はアーティスト軸足?「山内よりいくちゃんとの仕事が増えると」”. スポーツニッポン (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  50. ^ <紅白本番>Mrs. GREEN APPLE、後半戦トップバッターで会場中“ダンスホール”に 前日に「レコ大」受賞”. モデルプレス (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  51. ^ 紅白速報⑨後半戦始まる 坂本冬美さんはダンサブルな夜桜お七”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  52. ^ <紅白本番>JO1×BE:FIRST、坂本冬美「夜桜お七」に合わせ妖艶に舞う 黒×白で圧巻オーラ”. モデルプレス (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  53. ^ 【紅白】TWICE日本人ユニットMISAMO「素敵な姿を」 後輩・Niziuもエール「すごく楽しみに」”. ORICON NEWS (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  54. ^ 紅白速報⑩SLAM DUNK主題歌にバスケ日本代表も応援 NewJeansは収録で出演”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  55. ^ 【紅白歌合戦】10-FEET「第ゼロ感」チバユウスケさんに捧ぐ「涙なしで見られない」の声”. 日刊スポーツ (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  56. ^ 10ーFEET、紅白でチバユウスケさんの名を絶叫 「紅白で初めて泣けた」「きっと天国で喜んでるよ」の声”. 中日スポーツ東京中日スポーツ. 2023年1月1日閲覧。
  57. ^ 【紅白】NewJeans、日本デビュー未定で初登場3曲披露 有吉弘行の反応にも反響「有吉もNewJeansおじさんなのかw」”. ORICON NEWS (2024年1月1日). 2024年1月1日閲覧。
  58. ^ <紅白本番>NewJeans、NHKホールにサプライズ登場 オープニングステージ盛り上げる”. モデルプレス (2023年12月30日). 2024年1月1日閲覧。
  59. ^ NewJeans:紅白に特別枠で出演 YOASOBIのステージにも登場「しっかり生でアイドルまでやってくれて感涙」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2024年1月1日). 2024年1月1日閲覧。
  60. ^ NewJeansがNHK紅白に続いて米国年越し歌番組に出演 KーPOP女性アーティストでは初”. 東スポWEB (2024年1月2日). 2024年1月4日閲覧。
  61. ^ NewJeans、異例!日本デビュー未定での初紅白決定 数々の音楽賞受賞の韓国5人組、収録で!?後半登場”. サンスポ (2023年12月29日). 2024年1月4日閲覧。
  62. ^ a b c 紅白速報⑪ディズニー特別企画 ジーニーの山寺宏一さん「夢のよう」”. 産経新聞 (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  63. ^ <紅白本番>櫻坂46&Stray Kidsがダンス「アラジン」楽曲に合わせてキレたっぷりに舞う”. モデルプレス (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  64. ^ <紅白本番>生田絵梨花「ウィッシュ」アーシャ風ドレスで美声届ける”. モデルプレス (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  65. ^ a b c 紅白速報⑫デビュー25周年の椎名林檎さん 新曲のゆずが圧巻のステージ”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  66. ^ a b c 紅白速報⑬けん玉ギネス挑戦、今年の結果は… Superflyは観客総立ち”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  67. ^ 「リクエスト」を要求!?三山ひろしのけん玉チャレンジ判定にネットではさまざまな意見が飛びかう”. 中日新聞Web (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  68. ^ 【紅白】ギネス公式、けん玉チャレンジ“記録取り消し”を謝罪「深くお詫びを申し上げます」”. ENCOUNT (2023年12月31日). 2024年3月17日閲覧。
  69. ^ 【紅白歌合戦】三山ひろしのけん玉ギネス記録は失敗に訂正「リハでは完璧でした」”. サンスポ (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  70. ^ 【紅白】三山ひろし けん玉ギネス記録更新→失敗に訂正も「みんなで頑張りました。けん玉ヒーローズ最高」”. sponichi.co.jp (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  71. ^ 【紅白】Superfly、ステージ復帰 「タマシイレボリューション」熱唱 「本当に気持ち良かった」”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  72. ^ a b 紅白速報⑭伊藤蘭さんが親衛隊と登場 YOSHIKIさんは仲間に捧げるパフォーマンス”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  73. ^ 【紅白】伊藤蘭、46年ぶりカムバックで「キャンディーズ」メドレー 親衛隊も集結!”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  74. ^ 【紅白歌合戦】YOSHIKI 悲しみをこらえてピアノの弾き語り「全身全霊でやりました」盟友11人との共演でも魅了”. サンスポ (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  75. ^ 【紅白】「ウッチャンナンチャン」南原清隆&内村光良がステージで共演!ポケビ&ブラビが25年ぶり出場”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  76. ^ 【紅白】ポケビ&ブラビ、25年ぶり紅白で競演 ウンナンそろい踏みに有吉「緊張しています!!」”. sponichi.co.jp (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  77. ^ a b 紅白速報⑮テレビ70年特別企画にポケビ・ブラビと黒柳徹子さん登場 「面白かったね、あの頃は」”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  78. ^ 薬師丸ひろ子、「セーラー服と機関銃」を披露 黒柳徹子が曲紹介「それではお聞きいただきましょう」【紅白歌合戦】”. 中日新聞Web (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  79. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2023年12月31日). “紅白速報⑯Adoさんは能舞台から幻想的ステージ あいみょんさん「愛の花」に浜辺美波さん涙”. 産経ニュース. 2023年12月31日閲覧。
  80. ^ さだまさし、亡き谷村新司さんへ「聴いてくれているかな?」”. RBB TODAY (2023年1月1日). 2024年1月1日閲覧。
  81. ^ a b 紅白速報⑰石川さゆりさんが平和を願い「津軽海峡」 有吉さんは靴を忘れて司会に戻る”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  82. ^ 'SPECIAL STAGE' YOASOBI - Idol(아이돌) #엠카운트다운 EP.815 - YouTube
  83. ^ 紅白速報⑱YOASOBIが「アイドル」を国内の音楽番組で初披露”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2023年12月31日閲覧。
  84. ^ 【紅白】YOASOBI、満を持して「アイドル」国内テレビ初披露 出演者11組と”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  85. ^ 【紅白歌合戦】橋本環奈とanoが「天使と悪魔の最終決戦」再現「粋すぎる」とネット歓喜”. 日刊スポーツ (2023年12月1日). 2024年1月4日閲覧。
  86. ^ 紅白速報⑲完 桜吹雪とともにMISIA大トリ 紅組が圧倒的勝利”. 産経ニュース (2023年12月31日). 2024年1月1日閲覧。
  87. ^ 日本放送協会. “結果発表”. 第74回NHK紅白歌合戦. 2023年12月31日閲覧。
  88. ^ 【紅白リハ】YOSHIKI、曲目は「ENDLESS RAIN」「Rusty Nail」”. ORICON NEWS (2023年12月30日). 2023年12月30日閲覧。
  89. ^ 【紅白】選考方法 出演者に対する人権尊重のガイドライン 「所属事務所には賛同いただいている」”. サンケイスポーツ (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  90. ^ NHK、紅白にガイドライン 「性的虐待を排除」 旧ジャニーズ問題念頭 出演者の全事務所に賛同要求”. 産経ニュース (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  91. ^ 【紅白歌合戦】Ado、新しい学校のリーダーズ、10―FEETら初出場13組…出場歌手一覧”. スポーツ報知 (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  92. ^ 【紅白歌合戦】新しい学校のリーダーズが初出場「誠に光栄の極み」首振りダンスで大ブレイク”. スポーツ報知 (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  93. ^ 【紅白歌合戦】Ado初出場、顔を出さない活動スタイルで演出に注目 昨年は“ウタ”で出場”. 日刊スポーツ (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  94. ^ 【ベストアーティスト】Ado、スタジオでテレビ初歌唱 圧巻の歌唱力で「まじで口から音源すぎる」”. オリコン (2023年12月2日). 2023年12月4日閲覧。
  95. ^ 【紅白】anoが初出場「本当にこの一年、激動。締めくくりに紅白歌合戦に出られるのが光栄」”. サンケイスポーツ (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  96. ^ 伊藤蘭、キャンディーズ以来46年ぶり紅白! 13日出場歌手発表、朝ドラ主演の長女・趣里と初の親子共演も!?(1/2ページ)”. サンケイスポーツ (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  97. ^ 【紅白歌合戦】 MISAMO初紅白、TWICE・日本人メンバー3人組ユニット「ステキなパフォーマンスを」”. スポーツ報知 (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  98. ^ 【紅白歌合戦】大泉洋「歌手」で紅白初出場、昨年まで3年連続司会 玉置浩二提供曲「あの空に立つ塔のように」リリース”. スポーツ報知 (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  99. ^ NHK紅白出場歌手発表 キタニタツヤ「大きな伝統ある舞台」呪術廻戦OPテーマで人気”. スポーツニッポン (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  100. ^ 【紅白歌合戦】すとぷり初紅白 結成7年、ライブ&イベント以外、顔出しせずイラストキャラクター用いて活動”. スポーツ報知 (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  101. ^ 【紅白歌合戦】Stray Kids初紅白、12日夜には「スキズ日本」がトレンド入り”. スポーツ報知 (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  102. ^ 【紅白】SEVENTEEN、紅白初出場「ずっと目標のひとつだった」 「2023年最後のパフォーマンス」に気合十分”. ORICON NEWS (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  103. ^ スラダン映画でメガヒット!「10-FEET」初の紅白に喜び「井上雄彦先生はじめ、映画のおかげ」感謝”. スポーツニッポン (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  104. ^ NHK紅白出場歌手発表 MAN WITH A MISSIONが初出場「想像したこともなくて…」”. スポーツニッポン (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  105. ^ 【紅白歌合戦】Mrs.GREEN APPLE初出場「10周年。幸せで感謝の気持ちで一杯」”. 日刊スポーツ (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  106. ^ 【紅白】クイーン+アダム・ランバート、特別企画で出場決定「僕たちはずっと日本を愛しています」”. ORICON NEWS (2023年12月19日). 2023年12月31日閲覧。
  107. ^ 藤井フミヤ、26年ぶり『NHK紅白歌合戦』出場決定 ソロで6回目”. ORICON NEWS (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  108. ^ 実は偉業 櫻坂46の2年ぶり“返り咲き”紅白 女性グループの復活選出は過去4例のみ”. スポーツニッポン (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  109. ^ NHK、ジャニーズの新規起用当面見送り 紅白に影響の可能性も”. 朝日新聞デジタル (2023年9月27日). 2023年9月28日閲覧。
  110. ^ 紅白に旧ジャニーズ事務所ゼロは44年ぶり 初出場はAdoさんら”. 産経ニュース (2023年11月13日). 2023年11月28日閲覧。
  111. ^ a b Rockon Socila Club初紅白、「傷だらけの王者」でMISIAと共演へ”. スポーツ報知 (2023年12月25日). 2023年12月29日閲覧。
  112. ^ 【紅白】MISIA&男闘呼組ら新バンドRockon Social Club ラグビーテーマ曲を披露”. ORICON NEWS (2023年12月26日). 2023年12月29日閲覧。
  113. ^ 「ボーダレス」がテーマのNHK紅白歌合戦 韓国の女性5人組「NewJeans」など候補”. スポーツニッポン|スポーツニッポン (2023年10月10日). 2024年1月5日閲覧。
  114. ^ a b 紅白歌合戦 出場歌手発表 中森明菜の名前なし「北ウイング」再録も 3年連続で松田聖子もなし”. スポーツニッポン|スポーツニッポン (2023年11月13日). 2023年11月13日閲覧。
  115. ^ SEVENTEEN、初紅白〝当確〟! 韓国の実力派男性13人組、元SMAP香取慎吾とコラボ曲が話題に…緊急参戦ある!?”. サンスポ|サンケイスポーツ (2023年11月9日). 2023年11月13日閲覧。
  116. ^ “ブギウギ”趣里 朝ドラ主題歌を紅白生歌唱へ ドラマ関係者「趣里さんの歌唱力は本物」”. スポーツニッポン (2023年11月10日). 2023年11月21日閲覧。
  117. ^ "乃木坂46山下美月が卒業発表「もう悔いはない!と心から思えるようになった」5月卒コン開催へ". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 2024年2月17日. 2024年2月17日閲覧
  118. ^ a b 紅白歌合戦 大トリはMISIA、5年連続の紅組最終歌唱、トリは福山雅治、4年連続の組み合わせ”. スポーツ報知 (2023年12月20日). 2023年12月20日閲覧。
  119. ^ NHK紅白歌合戦の曲順発表 大トリはMISIA、トリは福山雅治 YOASOBIはトリ前【全曲順紹介】,スポーツ報知,2023年12月26日
  120. ^ 紅白大トリ候補にあいみょん浮上 前期の朝ドラ「らんまん」の主題歌「愛の花」がヒット”. スポーツニッポン (2023年11月14日). 2023年11月28日閲覧。
  121. ^ 【紅白歌合戦】トップバッターは新しい学校のリーダーズ 白組の1番手はJO1”. サンケイスポーツ (2023年12月23日). 2023年12月23日閲覧。
  122. ^ 紅白歌合戦出場歌手発表 会見進行は高瀬アナ「気が引き締まる思いです」,スポーツニッポン,2023年11月13日
  123. ^ 異例ずくめの発表…『紅白歌合戦』司会者候補に挙がった「3人の大物」と有吉抜擢の「最後の決め手」 FRIDAY(2023.10.10)
  124. ^ 「第74回NHK紅白歌合戦」審査方法について,第74回NHK紅白歌合戦,2023年12月20日
  125. ^ @koi_hana_0120 (2023年12月31日). "Xユーザーの矢野恋花さん: 「あけましておめでとうございます🎍 新しい年になりましたね✨ 実は紅白歌合戦で花柳社中として山内惠介さんのダンサーとエンディングに出演しておりました!! t.co/6r285JW1rR」 / X". X(旧Twitter)より2024年1月4日閲覧
  126. ^ @SIS_SKRCNT (2023年12月31日). "XユーザーのSISさん: 「第74回紅白歌合戦 椎名林檎様 ㋚〜さすがに諸行無常篇〜 ⁡出演させて頂きました。👯‍♀️ ⁡ 感無量です… ((今、しみじみ姉妹))涙 t.co/1QAh8jtaLT」 / X". X(旧Twitter)より2024年1月4日閲覧
  127. ^ 紅白 三山ひろしの「けん玉チャレンジ」メンバー発表 パンサー尾形や緑黄色社会・穴見吾ら豪華な有志”. スポーツニッポン (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  128. ^ 石川さゆりさん、平和への思いをウクライナ民族楽器の音色と重ねる。紅白歌合戦の舞台でコラボ歌唱”. ハフポスト (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  129. ^ ラジオ司会決定!,第74回NHK紅白歌合戦,2023年12月8日
  130. ^ 紅白ウラトークチャンネル司会決定!,第74回NHK紅白歌合戦,2023年12月8日
  131. ^ 紅白歌合戦 榎木淳弥&高橋李依がVTRナレーターに!「呪術廻戦」「推しの子」声優でアニメ色豪華に,スポーツニッポン,2023年12月28日
  132. ^ 有吉弘行 紅白司会で大みそかの「サンドリ」は「録音の有吉歌合戦」と告知「後々レアな回になるかも」”. スポーツニッポン (2023年12月24日). 2024年2月5日閲覧。
  133. ^ 『紅白』司会の有吉弘行、異例の真裏でラジオ 『有吉歌合戦』盛大に開幕も「誰も聞いてないでしょう(笑)」”. ORICON NEWS (2023年12月31日). 2024年2月5日閲覧。
  134. ^ 有吉弘行:大みそか大活躍 紅白の“真裏”では冠ラジオで「有吉歌合戦」 「同一人物とは思えない」と反響”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2024年1月1日). 2024年2月5日閲覧。
  135. ^ Perfume:16回目の紅白出場 “事務所の大先輩”と並び「驚きました」 多忙な年末「移動している時間の方が長くなるかも」”. MANTANWEB (2023年12月30日). 2024年1月4日閲覧。
  136. ^ 12/30(土)&31(日)「Perfume Countdown Live 2023→2024 “COD3 OF P3RFUM3” ZOZ5」追加席販売のお知らせ”. Perfume Official Site (2023年12月25日). 2024年1月4日閲覧。
  137. ^ 『福山☆冬の大感謝祭 其の二十一 “LIVE A LIVE”』特設サイト”. Masaharu Fukuyama. 2024年1月4日閲覧。
  138. ^ 【紅白】福山雅治、4年連続白組トリ 平和の尊さを込めて「想望」などこん身の2曲”. スポーツ報知 (2023年12月31日). 2024年1月4日閲覧。
  139. ^ @nhk_kouhaku (2024年1月13日). "XユーザーのNHK紅白歌合戦さん: 「✉お知らせ✉ 🔴紅白ライブカット動画🔴 t.co/1v9ARzHT7m 明日14日(日)23時までの公開となります🎤 👇紅白スタッフより👇 『みなさま✨見納めくださいませ✨』 #NHK紅白」 / X". X(旧Twitter)より2024年1月20日閲覧
  140. ^ 徳力基彦 (2024年1月12日). “紅白歌合戦の成功と失敗から考える、NHKが抱える深刻なジレンマ”. Yahoo!ニュース. 2024年1月20日閲覧。
  141. ^ 【星野源】紅白SP「生命体」フルパフォーマンス|NHK」NHK MUSIC、2024年1月10日。YouTubeより。
  142. ^ 【Superfly】紅白「タマシイレボリューション」フルパフォーマンス|NHK」NHK MUSIC、2024年1月12日。YouTubeより。
  143. ^ 【すとぷり】紅白「スキスキ星人」フルパフォーマンス|NHK」NHK MUSIC、2024年1月16日。YouTubeより。
  144. ^ 【紅白で話題】㋚〜さすがに諸行無常篇〜 MANGAPHONICS conscious|NHK」NHK MUSIC、2024年1月1日。YouTubeより2024年1月4日閲覧
  145. ^ 1・2生放送予定 NHK「紅白お正月SP」休止 地震関連のニュースのため”. スポーツニッポン (2024年1月2日). 2024年1月2日閲覧。
  146. ^ 境治 (2024年1月19日). “「能登地震」を元日のテレビはどう放送したか”. 東洋経済新報. p. 3. 2024年2月5日閲覧。
  147. ^ @nhk_kouhaku (2024年1月5日). "XユーザーのNHK紅白歌合戦さん: 「【放送日時決定のお知らせ】 1/2(火)に放送予定だった『NHK紅白歌合戦お正月スペシャル』は1/8(月・祝)午前8時15分〜9時33分で放送致します。」 / X". X(旧Twitter)より2024年1月4日閲覧
  148. ^ 紅白でけん玉失敗“16番”『ラヴィット!』登場 失敗の瞬間は「頭真っ白」「生放送は止められない」”. ORICON STYLE (2024年1月18日). 2024年1月18日閲覧。
  149. ^ 上田耕司 (2024年1月18日). “NHK紅白歌合戦「けん玉チャレンジ」で唯一“失敗”した男性が初告白 「楽屋で100人以上の前で土下座しました」”. AERA dot.. 朝日新聞出版. 2024年1月18日閲覧。
  150. ^ 紅白視聴率、過去最低 関東31.9%、関西32.5%”. 時事通信 (2024年1月2日). 2024年1月2日閲覧。
  151. ^ 「紅白歌合戦」瞬間最高視聴率は36・7% 3年連続40%大台届かず 結果発表、紅組優勝の場面”. スポーツニッポン (2024年1月4日). 2024年1月4日閲覧。
  152. ^ 録画にネット視聴、実は見られていた「光る君へ」…演歌冷遇・受信料宣伝の「紅白」はそれでも過去最低”. 読売新聞オンライン (2024年1月21日). 2024年1月25日閲覧。
  153. ^ 「第74回NHK紅白歌合戦」視聴率発表 NHKプラスの番組視聴UB数が前年比1.5倍強増加”. モデルプレス (2024年1月10日). 2024年1月20日閲覧。
  154. ^ 歌手別最高は大トリMISIA34・8%、YOASOBI34・2%と健闘/紅白歌合戦歌手別視聴率上位”. 日刊スポーツ (2024年1月5日). 2024年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]