いつか王子様が

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いつか王子様が
アドリアナ・カセロッティ楽曲
収録アルバム 白雪姫
録音 1937年
ジャンル サウンドトラック
時間 1:53
レーベル ディズニー
作詞者 ラリー・モリー
作曲者 フランク・チャーチル
白雪姫収録順
"小人達のヨーデル"
(16)
いつか王子様が
(17)
"楽しい夢"
(18)

いつか王子様が」(いつかおうじさまが、Some Day My Prince Will Come)は、ウォルト・ディズニー1937年アニメ映画『白雪姫』 の挿入歌。ラリー・モリー(歌詞)とフランク・チャーチル(音楽)により作られ、白雪姫の声優を担当したアドリアナ・カセロッティにより歌われた。

概要[編集]

この歌が映画のなかで最初に出てくるのは57分56秒のところで、そこでは、白雪姫が歓迎パーティーの席で小人たちから芸をせがまれて、ある若者(実は他国の王子)へのほのかな思いを歌っている。こののち、白雪姫がパイを作っている時、および、王子が白雪姫を連れて行く最後のシーンでも(短縮バージョンで)演奏される。

この歌は、アメリカ映画協会による映画史上で最も偉大な100曲のリストで19位にランクインした。ディズニー映画からの歌としては『ピノキオ』からの「星に願いを」に次いで2位である。

ジャズ・スタンダードとして[編集]

1957年に、ジャズピアニストデイヴ・ブルーベックは、彼の子供が持っていたディズニーの曲の作品集に直感を受け、『デイヴ・ディグズ・ディズニー』でのこの歌のあるヴァージョンを収録した。

この歌はすぐにジャズミュージシャンの間で、そのコード進行が格別で納得できるものと考えられ人気が出た。[要出典] 後に諸々のヴァージョンが、ビル・エヴァンスマイルス・デイヴィスオスカー・ピーターソンに録音され、また何回かにわたりハービー・ハンコックが、それをある巨匠傑作品のための基礎に使おうと録音した。

1961年のマイルス・デイヴィスのアルバム、『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』 での録音は、コーラス中のある持続低音の間奏曲が呼び物となり、それはよく真似をされる。ピアニストのウィントン・ケリーは、デイヴィスのヴァージョンを演奏し、後年に彼自身の同名のアルバムでそのトラックをトリオとして録音した。

ビル・エヴァンスは生涯を通して何度もこの曲を録音しており、一部のアルバムでは1コーラスごとに三拍子と四拍子が入れ替わるアレンジでの演奏が収録されている。

レナ・ホーンは、1976年にA New Albumロバート・ファーノン・オーケストラとフィル・ウッズとともにホーンティング・ヴァージョンを歌った。

チェット・ベイカー・トリオはSomeday My Prince Will Come という名のアルバムを1979年に録音した。

サン・ラーの1989年ライブアルバムSecond Star to the Right はボーカルと拡張したルバート・サクソフォーン・ソロが一体になった歌のヴァージョンを収録した。

カサンドラ・ウィルソンはマイルス・デイヴィスに捧げた1999年のアルバム『トラヴェリング・マイルス』でカヴァーを録音した[1]

ベーシストのスタンリー・クラークは2009年のアルバム『ジャズ・イン・ザ・ガーデン』でカヴァーを録音した[2]。この録音はクラークと上原ひろみのデュオによる演奏である[3]

ポップのカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Traveling Miles overview”. Allmusic.com. 2014年2月15日閲覧。
  2. ^ Jazz in the Garden overview”. Allmusic.com. 2012年7月22日閲覧。
  3. ^ 『ジャズ・イン・ザ・ガーデン』日本流通盤CD (UCCT-1212)ライナーノーツ(成田正、2009年3月)
  4. ^ "Snow White"
  5. ^ Ayu-Vogue.net - a tribute to Ayumi Hamasaki
  6. ^ Amazon.com: Disneymania, Vol. 6: Various Artists: Music
  7. ^ 関ジャニ、大倉出演「クローバー」主題歌歌う”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年8月25日). 2016年1月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] - 1941年盗作事件