スタンリー・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタンリー・クラーク
Stanley Clarke
Stanley Clarke and George Duke.jpg
ベーシストのスタンリー・クラークとキーボーディストのジョージ・デューク(2006年)
基本情報
生誕 (1951-06-30) 1951年6月30日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア
ジャンル ジャズジャズ・フュージョンファンクロック
職業 ミュージシャンソングライター作曲家
担当楽器 ベースダブルベース
活動期間 1966年 -
共同作業者 リターン・トゥ・フォーエヴァーチック・コリアジェフ・ベックニュー・バーバリアンズ、クラーク・デューク・プロジェクト、アニマル・ロジックフューズ・ワンS.M.V.上原ひろみ
公式サイト stanleyclarke.com
著名使用楽器
アレンビック社英語版ベース

スタンリー・クラークStanley Clarke1951年6月30日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身ベーシスト作曲家音楽家である。

略歴[編集]

1972年に、チック・コリアらとリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成、1970年代フュージョン・バンドの代表的存在の一つとして活躍。1972年に『チルドレン・オブ・フォーエヴァー』でアルバム・デビュー。1973年よりアレンビック社英語版製のエレクトリックベースをメインの楽器として使うようになる[1]。1974年にネンペラー・レコード英語版より『スタンリー・クラーク』をリリース。ドラムスにトニー・ウィリアムス、ギターにビル・コナーズ、そしてキーボードにヤン・ハマーという簡素ながら、強力なメンバーによって作成されている。1975年には『ジャーニー・トゥ・ラヴ』(旧邦題『慈愛への旅路』)をリリース。ギタリストのジェフ・ベックが「Hello Jeff」「Journey to Love」に参加[2]。また、後年コンビを組むこととなるキーボーディストのジョージ・デュークも参加している[3]

1979年、ローリング・ストーンズキース・リチャーズロン・ウッドが結成したサイド・プロジェクト、ニュー・バーバリアンズのメンバーとなり、ローリング・ストーンズがトロントで行ったチャリティ・コンサートでオープニング・アクトを務めた後、ニュー・バーバリアンズとしてのアメリカ・ツアーも行った[4]

ジョージ・デュークとのユニット「クラーク・デューク・プロジェクト」で、3枚のアルバム(1981年、1983年、1990年)を発表している[3]

1994年よりアル・ディ・メオラジャン=リュック・ポンティと共に結成したアコースティック・トリオでライブ活動を行い[5]、1995年にはこのトリオによるアルバム『スーパー・ストリングス』を発表した。

2006年に、ロサンゼルス公演のライブ・アルバムがリリースされている。

2007年にはヘッズ・アップに移り、『ザ・トイズ・オブ・メン』を発表、翌2008年にはマーカス・ミラーヴィクター・ウッテンと組み、3人のベーシストのユニット"S.M.V."による企画アルバム『サンダー』を発表。

2009年には上原ひろみレニー・ホワイトと組んでスタンリー・クラーク・トリオとして『ジャズ・イン・ザ・ガーデン』を発表。2010年にはルスラン・シロタロナルド・ブルナーJr、上原ひろみ(ゲスト)と組んでスタンリー・クラーク・バンドとして活動し、アルバム『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』をリリースして、同作は第53回グラミー賞で最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞を受賞した[6]

ローリング・ストーン誌が選んだ「史上最高のベーシスト50選」で第13位に選ばれている[7]

音楽性[編集]

  • ウッドベースを演奏する際には、手を激しくネックやボディに叩きつけてパーカッシブな音を出すのが大きな特徴といえる。また、を用いることもある。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『チルドレン・オブ・フォーエヴァー』 - Children of Forever (1972年、One Way/Polydor)
  • スタンリー・クラーク』 - Stanley Clarke (1974年、Nemperor/Epic)
  • ジャーニー・トゥ・ラヴ』 - Journey to Love (1975年、Nemperor/Epic)
  • スクール・デイズ』 - School Days (1976年、Nemperor/Epic)
  • 『モダン・マン』 - Modern Man (1978年、Nemperor/Epic)
  • 『プレイ・フォー・ユー』 - I Wanna Play for You (1979年、Nemperor/Epic)
  • 『ロックス、ペブルス&サンド』 - Rocks, Pebbles and Sand (1980年、Epic)
  • 『ストレート・ドライヴ 』 - Let Me Know You (1982年、Columbia)
  • 『タイム・エクスポージャー』 - Time Exposure (1984年、Epic)
  • 『ファインド・アウト』 - Find Out! (1985年、Epic)
  • 『ハイダウェイ』 - Hideaway (1986年、Epic)
  • 『イフ・ディス・ベース・クッド・オンリー・トーク』 - If This Bass Could Only Talk (1988年、Portrait)
  • 『パッセンジャー 57』 - Passenger 57 (1992年、Epic)
  • 『イースト・リヴァー・ドライヴ』 - East River Drive (1993年、Epic)
  • 『スタンリー・クラーク&フレンズ・ライヴ・アット・ザ・グリーク』 - Live at the Greek (1994年、Epic)
  • 『アット・ザ・ムーヴィーズ』 - At the Movies (1995年、Epic Soundtrax)
  • 『ベーシック・コレクション』 - The Bass-ic Collection (1997年、Epic)
  • 『1, 2, トゥ・ザ・ベース』 - 1,2,To The Bass (2003年、Epic)
  • ザ・トイズ・オブ・メン』 - The Toys of Men (2007年、Heads Up)
  • ジャズ・イン・ザ・ガーデン』 - Jazz in the Garden (2009年、Heads Up) ※with 上原ひろみ
  • スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』 - The Stanley Clarke Band (2010年、Heads Up)
  • 『アップ』 - Up (2014年、Mack Avenue)
  • 『ザ・メッセージ』 - The Message (2018年、Mack Avenue)

リターン・トゥ・フォーエヴァー[編集]

アニマル・ロジック[編集]

  • 『アニマル・ロジック』 - Animal Logic (1989年、I.R.S.)
  • Animal Logic II (1991年、I.R.S,)

クラーク・デューク・プロジェクト[編集]

  • 『クラーク/デューク・プロジェクト』 - The Clarke/Duke Project (1981年、Epic)
  • 『クラーク/デューク・プロジェクト 2』- The Clarke/Duke Project II (1983年、Epic)
  • 『3』 - 3 (1990年、Epic)
  • Live in Montreux 1988 (1993年、Jazz Door)

フューズ・ワン[編集]

  • 『フューズ・ワン』 - Fuse One (1980年、CTI)
  • 『シルク』 - Silk (1981年、CTI)

マンハッタン・プロジェクト[編集]

ニュー・バーバリアンズ[編集]

  • 『ライヴ・イン・メリーランド79』 - Buried Alive: Live in Maryland (2006年、Wooden)

クラーク、ディ・メオラ、ポンティ[編集]

クラーク、ラグレーン、ポンティ[編集]

  • 『D-ストリングス』 - D-Stringz (2015年、Impulse!) ※with ビレリ・ラグレーン、ジャン=リュック・ポンティ

S.M.V.[編集]

  • 『サンダー』 - Thunder (2008年、Heads Up)

Vertú(ヴァーツゥ)[編集]

  • 『Vertú(ヴァーツゥ)』 - Vertú (1999年、Epic) ※with レニー・ホワイト

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bass Techniques - Play Like: Stanley Clarke”. guitar-bass.net. Guitar & Bass Magazine (2013年12月4日). 2015年4月15日閲覧。
  2. ^ Journey to Love - Stanley Clarke | AllMusic - Review by Daniel Gioffre
  3. ^ a b Kohlhaase, Bill (1990年7月17日). “2 Musicians With a Meeting of the Minds : Jazz: Stanley Clarke and George Duke share a symbiotic relationship that creates cohesive works and highlights distinctive styles. They'll play at the Coach House.”. Los Angeles Times. 2015年4月15日閲覧。
  4. ^ Giles, Jeff (2014年4月22日). “Keith Richards' and Ron Wood's OTHER band: The History of the New Barbarians”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2015年4月15日閲覧。
  5. ^ Anick, Peter (2006年12月1日). “Re-Rite of Strings: Jean-Luc Ponty's Reunion with the Acoustic Violin”. Fiddler Magazine. 2015年5月5日閲覧。
  6. ^ Grammy awards 2011: list of winners”. The Guardian (2011年2月14日). 2015年4月15日閲覧。
  7. ^ The 50 Greatest Bassists of All Time” (英語). rollingstone.com (2020年7月1日). 2021年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]