第54回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第54回グラミー賞
受賞対象 2011年度の音楽作品
開催日 2012年2月12日 (2012-02-12)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 LL・クール・J
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS日本の旗 WOWOW

第54回グラミー賞は、2012年2月12日に発表・授賞式が開催された。司会はヒップホップ歌手のLL・クール・J[1]

概要[編集]

ノミネートは2011年11月30日にロサンゼルスのノキアシアターで発表された。当日はプレテレキャスト授賞式がロサンゼルス・コンベンションセンターで、本編がステイプルズ・センターで開催された。プレテレキャストの模様はGrammy.com、本編はCBSで全米放送された。ポスターデザインは建築家のフランク・ゲーリーが担当した[2]

授賞式では前日に死去したホイットニー・ヒューストンへの追悼として、ジェニファー・ハドソンが代表曲『オールウェイズ・ラヴ・ユー』を歌唱した。

受賞作[編集]

主要部門[編集]

年間最優秀レコード賞
アデル『ローリング・イン・ザ・ディープ』
年間最優秀アルバム賞
21』アデル
年間最優秀楽曲賞
アデル『ローリング・イン・ザ・ディープ』
最優秀新人賞
ボン・イヴェール

ポップ[編集]

最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)
アデルサムワン・ライク・ユー」『21』所収
最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)
トニー・ベネット&エイミー・ワインハウス「ボディ・アンド・ソウル」
最優秀ポップ・アルバム(楽器)
ブッカー・T・ジョーンズ『ザ・ロード・フロム・メンフィス(The Road from Memphis)』
最優秀ポップ・アルバム(歌唱)
アデル21

ロック[編集]

最優秀ロック・パフォーマンス
フー・ファイターズ "Walk"
最優秀メタル・パフォーマンス
フー・ファイターズ "White Limo"
最優秀ロック・ソング
フー・ファイターズ "Walk"
最優秀ロック・アルバム
フー・ファイターズ『ウェイスティング・ライト』

R&B[編集]

最優秀R&Bパフォーマンス
コリーヌ・ベイリー・レイ "Is This Love"
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
シーロー・グリーン&メラニー・フィオナ "Fool for You"
最優秀R&Bソング
シーロー・グリーン、メラニー・フィオナ&Jack Splash "Fool for You"
最優秀R&Bアルバム
クリス・ブラウンF.A.M.E.

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス
ジェイ・Zカニエ・ウェスト featuring オーティス・レディング "Otis"
最優秀ラップ・コラボレーション
カニエ・ウェスト「オール・オブ・ザ・ライツ」
最優秀ラップ・ソング
Jeff Bhasker、Fergie、Really Doe、カニエ・ウェスト&Malik Yusef 「オール・オブ・ザ・ライツ(All of the Lights)」
最優秀ラップ・アルバム
カニエ・ウェスト『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー(My Beautiful Dark Twisted Fantasy)』

ジャズ[編集]

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
チック・コリア "500 Miles High"『フォーエヴァー(Forever)』所収
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
テリ・リン・キャリントン&Various Artists『モザイク・プロジェクト:ジャズと生きる女たち(The Mosaic Project)』
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
コリア、クラーク&ホワイト『フォーエヴァー(Forever)』
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
クリスチャン・マクブライド・ビッグバンド『ザ・グッド・フィーリング(The Good Feeling)』

映画/テレビ/ヴィジュアル・メディア[編集]

最優秀サウンドトラック
「ボード・ウォーク・エンパイア:Vol.1」

脚注[編集]

外部リンク[編集]