ロン・ウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロン・ウッド
Ron Wood 2011 in Sydney cropped.jpg
2011年
基本情報
出生名 ロナルド・デヴィッド・ウッド
生誕 (1947-06-01) 1947年6月1日(70歳)
イングランドロンドン
ジャンル ロック
ハードロック
ブルース
カントリー・ミュージック
リズム・アンド・ブルース
レゲエ
職業 ミュージシャン
ソングライター
音楽プロデューサー
ギタリスト
担当楽器 ギター
ベース
スティール・ギター
ハーモニカ
サキソフォン
ドラムス
活動期間 1964年 - 現在
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
共同作業者 ローリング・ストーンズ
ニュー・バーバリアンズ
フェイセズ
ジェフ・ベック・グループ
公式サイト www.ronniewood.com
著名使用楽器
Various Zemaitis models
ESP Ron Wood signature model
Duesenberg signature model
Versoul guitars

ロナルド「ロン」デヴィッド・ウッドRonald "Ron" David Wood, 1947年6月1日 - )は、イギリスミュージシャンフェイセズローリング・ストーンズギタリストとしてよく知られる。ロニー・ウッド名義でも活動している。身長171cm。ロックミュージシャン、グラフィック・アーティストだったアート・ウッドは実兄。

来歴[ソースを編集]

キャンドルスティック・パークで行われたツアー公演においてギターを弾くウッド(1981年)

ミュージシャンとしてのキャリアは1964年、西ロンドンのイーズリーを拠点としたザ・バーズ(the Birds)からスタートした。60年代後半にはザ・クリエイションに参加。その後、ベーシストとしてジェフ・ベック・グループロッド・スチュワートと共に参加するが、ウッドとスチュワートは『ベック・オラ』(1969年)発表後、同グループから離脱した。

ウッドとスチュワートは、スティーヴ・マリオットが脱退した直後のスモール・フェイセスに参加。バンドは間もなくその名をフェイセズと変える。フェイセズはアメリカに於いては、ロッド・スチュワートのバック・バンドとしてしか認識されなかったが、イギリスではローリング・ストーンズに匹敵する人気を得るようになった。また、1974年には初のソロ・アルバム『俺と仲間』を発表している。フェイセズのライヴは高い評価を得るが、1975年に解散した。

ローリング・ストーンズからミック・テイラーが脱退(1974年)した後、ストーンズのアルバム『ブラック・アンド・ブルー』(1976年)のレコーディングにジェフ・ベックの推薦で参加。75年の1月から2月にかけて行われたこのレコーディングは、テイラーの後任ギタリストを捜すためのオーディションでもあり、「グレート・ギタリスト・ハント」と呼ばれた。ウッドの後談によると、候補にハーヴィー・マンデルがおり、ロリー・ギャラガーもセッションに参加していた。最終的にウッドは、1975年4月にストーンズのアメリカ・ツアーのサポート・ギタリストとして発表される。同年7月には、ボビー・ウーマックイアン・マクレガンを共同プロデューサーに迎えた2作目のソロ・アルバム『ナウ・ルック』を発表。当時はまだフェイセズのメンバーであったが、フェイセズ解散後の1976年2月にストーンズにメンバーとして加入した(契約書上の正式メンバーになったのは1993年からであり、それまでは給料制の契約であった) 。

人物[ソースを編集]

  • 明るく朗らかな性格で、ジェフ・ベックやボビー・ウーマックポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スターボブ・ディラン、ロッド・スチュアート、キース・ムーンザ・バンドアリス・クーパービリー・ギボンズフリースラッシュダフ・マッケイガンエディ・ヴェダーなど、錚々たるミュージシャンと親交がある。特にエリック・クラプトンとは旧友で、ステージにいる彼の邪魔をしたり、逆にクラプトンが当時付き合っていたウッドの彼女を奪ったりした、などというエピソードがある(クラプトンに奪われた彼女は後にウッドが取り戻し、それが彼の最初の妻である)。この他、ボブ・ディランの未発表曲「Seven Days」を取り上げるなどの交友もある。
  • 愛妻家であったが、近年離婚している。前妻のジョー(ジョセフィーン)へ、ソロ・アルバム「スライド・オン・ディス」の収録曲「ジョセフィーン」を捧げた。ちなみに彼のヘアスタイリングは、ジョー夫人が行っていた。
  • かつてはヘビースモーカーで、1日30本も吸い、コンサートでも決まって咥えタバコをしながらギターを弾いていた。しかし、「このまま吸い続ければ1年以内に肺気腫になる」と医者に宣告され、禁煙を始めた。現在では電子たばこを吸っている。
  • ギタリストとしてのキャリアもさることながら、画家としても一線級の腕を持っている。自身のソロ・アルバムのジャケットを手がけている他、個展も数多く開催しており、独特の味わいのある画風には、ファンも非常に多く、毎回盛況である。

使用機材[ソースを編集]

愛用のギターは、1955年製フェンダー・ストラトキャスターと、1960年代製のゼマティス「ディスクトップ・フロント」の2本で、彼のステージでは欠かす事の出来ないギターである。もし、自宅が火事になったらどのギターを持ち出すかとの質問に、すかさずこの2本を持ち出すと答えるほど、本人にとって愛着のあるギターであることが伺える。ストラトキャスターは、シンクロナイズドトレモロが装備されていない、オプション仕様の「ハードテイルブリッジ」という非常にレアな仕様で、ステージで酷使されていながら非常に状態の良いギターである(但しペグが交換されており、ボディとネックはかなり以前にリフィニッシュされている模様)。ゼマティスは、彼お得意のスライドギターを披露する際に登場する。それ以外にも、ESP製の自身のシグネチャー・モデルも愛用している。

ソロ・ディスコグラフィ[ソースを編集]

スタジオ・アルバム[ソースを編集]

  • 俺と仲間 - I've Got My Own Album to Do (1974)
  • ナウ・ルック - Now Look (1975)
  • マホニーズ・ラスト・スタンド - Mahoney's Last Stand (1976) with Ronnie Lane
  • ギミ・サム・ネック - Gimme Some Neck (1979)
  • 1234 - 1234 (1981)
  • スライド・オン・ディス - Slide on This (1992)
  • ノット・フォー・ビギナーズ - Not for Beginners (2002)
  • アイ・フィール・ライク・プレイング - I Feel Like Playing (2010)

ライヴ・アルバム[ソースを編集]

  • ライヴ・アット・リッツ - Live at the Ritz (1988) with Bo Diddley
  • スライド・オン・ライヴ - Slide on Live: Plugged in and Standing (1994)
  • エレクトリック・レディランド - Live & Eclectic (2000) (reissued in 2002 as Live at Electric Ladyland)

コンピレーション・アルバム[ソースを編集]

  • ロン・ウッド・アンソロジー - Ronnie Wood Anthology:The Essential Crossexion (2006)

著作[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]