チック・コリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チック・コリア
Chickcorea19.JPG
チック・コリア(1992年)
基本情報
出生名 アルマンド・アンソニー・コリア
生誕 (1941-06-12) 1941年6月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州チェルシー
死没 (2021-02-09) 2021年2月9日(79歳没)
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1966年 - 2021年
レーベル
共同作業者
公式サイト www.chickcorea.com

チック・コリアChick Corea1941年6月12日 - 2021年2月9日[2])は、アメリカジャズピアニストキーボーディスト作曲家ミュージシャンである。本名はアルマンド・アンソニー・コリアArmando Anthony Corea[3]

来歴[編集]

1941年6月12日に、アメリカ合衆国マサチューセッツ州にあるチェルシーにて生まれた。父親はイタリア南部にルーツがあり、チック・コリアはイタリア系である[4][5]。また父はジャズ・トランペッターでもあった。4歳の頃よりピアノを習い始めた。高校を卒業後、ニューヨークにあるジュリアード音楽院に進学する。1964年頃からブルー・ミッチェルハービー・マンモンゴ・サンタマリアらとの共演からキャリアをスタートする[6]。1966年にはデビュー・アルバム『トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ』を録音(発表は1968年)[7]

1968年後半からハービー・ハンコックに替わりマイルス・デイヴィスのグループに加入。『イン・ア・サイレント・ウェイ』、『ビッチェズ・ブリュー』などのアルバムに参加する。この頃からマイルスの指示でエレクトリック・ピアノフェンダー・ローズ)を弾くようになる[8]。当初この楽器を嫌っていたチックだが、1970年代にはチックのサウンドに欠かせない楽器となっていく。

1960年代末、彼はアバンギャルドなアプローチを見せ、マイルス・グループでもライブでの演奏はフリー・ジャズの要素が強い。1970年、マイルス・グループを脱退した後、ベースのデイヴ・ホランド、ドラムのバリー・アルトシュルとグループ「サークル」を結成。後にサックスのアンソニー・ブラクストンが加入し、[7]フリー・ジャズ寄りの演奏を展開する。

1970年代(1976年)

1971年に、ベーシストスタンリー・クラークらとクロス・オーバー/ジャズバンドリターン・トゥ・フォーエヴァー」を立ち上げ、ECMレコードからアルバム『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を1972年に発表[9]。カツオドリ(カモメとするのは間違い)のジャケットで有名なこのアルバムは1970年代ジャズ・フュージョン・アルバムとしてはヒット作となる。卓越した演奏技術に裏打ちされたこのバンドは数々の作品を生み出し、トップアーティストとしての地位を確立する。中でも『ライト・アズ・ア・フェザー』に収録されている「スペイン」は現在でも他の演奏家にプレイされ続ける、ジャズの、また彼自身の代表曲である。当初、フローラ・プリムアイアート・モレイラなどブラジル系のメンバーが中心であったためラテン色の強いグループであったが、彼らの脱退後1973年にはギタリストのビル・コナーズが、1974年にはビルに替わってアル・ディ・メオラが加入し、よりロック色の濃い方向性になった。

1978年にリターン・トゥ・フォーエヴァーを解散したチックは、『フレンズ』、『スリー・クァルテッツ』などエレクトリックにもストレート・アヘッドなジャズにも、時にはクラシックに挑戦したりと多彩な活動を続ける。1985年にはジョン・パティトゥッチデイヴ・ウェックルと「チック・コリア・エレクトリック・バンド」を結成[10]。圧倒的なテクニックと楽曲で話題を集める。1987年には、やはりパティトゥッチとウェックルをリズム・セクションに迎えた「チック・コリア・アコースティック・バンド」としてのライブ活動も開始し[11]、1989年にはスタンダードを中心としたアコースティック・バンド名義のアルバム『スタンダーズ・アンド・モア』を録音・発表した。

1992年にはユニバーサル・ミュージック配給の元、自己レーベル「ストレッチ・レコード」をスタート[12]。だがGRPレコードとの契約上、ストレッチからの自作のリリースは、1995年発表の『Time Warp』からとなった。1997年、アコースティック楽器によるセクステット「オリジン」を結成し、ライブ・アルバム2作のリリースを経て、1999年にはコリアの自宅で録音されたスタジオ・アルバム『チェンジ』を発表した[13]

晩年期(2019年)

2004年にはエレクトリック・バンドをオリジナルメンバーで復活、『トゥ・ザ・スターズ』を発表。2006年には、かつての盟友スティーヴ・ガッドらとアルバム『Super Trio』を制作・発表[14]、2007年にはリターン・トゥ・フォーエヴァーの再々結成発表、2008年には上原ひろみとのピアノ・デュオで日本武道館公演を行う[15]など、その活動のエネルギーと多彩さは晩年まで衰えることがなかった。

夫人はマハヴィシュヌ・オーケストラへの参加などで知られるキーボード奏者ゲイル・モラン[16]で、彼女はコリアの作品でボーカルを聞かせる場合もある。

2021年2月9日、癌により死去[2]。79歳没。

音楽性[編集]

チック・コリア・アコースティックバンド(2019年)

ジャズを基本に、ボサノヴァロッククラシックなどの要素を織り交ぜたプレイを見せた。

初期にはビバップ、フリージャズ、マイルス・デイヴィスとのエレクトリック・ジャズ/ジャズ・ロック、リターン・トゥ・フォーエヴァーでのクロスオーバー、フュージョンと作風を変えていった。さらにロイ・ヘインズゲイリー・バートンとも共演した。オーケストラと共演しクラシック音楽を演奏するなど、白人らしい活動も行った。

ジャズ界でも多作家として知られ、1970年代には1年に2枚以上のペースで、多い年には4枚を発売した。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ』 - Tones for Joan's Bones(1966年録音)(Vortex) 1968年
  • ナウ・ヒー・シングス、ナウ・ヒー・ソブス』 - Now He Sings, Now He Sobs(1968年録音)(Solid State) 1968年
  • 『イズ』 - Is(1969年5月11日~13日録音)(Solid State) 1969年
  • ザ・ソング・オブ・シンギング』 - The Song of Singing(1970年4月録音)(Blue Note) 1971年
  • デイヴ・ホランド、バリー・アルツシュールと共同名義, 『A.R.C.』 - A.R.C.(1971年1月録音)(ECM) 1971年
  • 『チック・コリア・ソロ Vol.1』 - Piano Improvisations Vol. 1(1971年4月録音)(ECM) 1971年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『クリスタル・サイレンス』 - Crystal Silence(1972年録音)(ECM) 1973年
  • 『妖精』 - The Leprechaun (Polydor) 1976年
  • 『マイ・スパニッシュ・ハート』 - My Spanish Heart(1976年10月録音)(Polydor) 1976年
  • 『マッド・ハッター』 - The Mad Hatter (Polydor) 1978年(ハービー・ハンコックが2曲に参加)
  • ハービー・ハンコックと共同名義, 『デュオ・ライヴ』 - CoreaHancock(1978年2月録音)(Polydor) 1979年(ライヴ)
  • 『シークレット・エージェント』 - Secret Agent(1978年録音)(Polydor) 1978年
  • フレンズ』 - Friends(1978年録音)(Polydor) 1978年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『デュエット』 - Duet(1978年10月23日-25日録音)(ECM) 1979年
  • 『デルファイ Vol.1:ソロ・ピアノ』 - Delphi I(1978年10月26日、27日録音)(Polydor) 1979年
    • 『デルファイ Vol.2:ノース・ブラジル・チック・コリア・ソロ』
    • 『デルファイ Vol.3』 - Delphi II & III(1978年10月26日、27日録音)(Polydor) 1980年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『チック・コリア&ゲイリー・バートン・イン・コンサート』 - In Concert, Zürich(1978年10月28日録音)(ECM) 1980年(ライブ)
  • 『タップ・ステップ』 - Tap Step(1979年12月、1980年1月録音)(Warner Bros.) 1980年
  • 『スリー・クァルテッツ』 - Three Quartets(1981年1月、2月録音)(Stretch) 1981年
  • ジョー・ヘンダーソンロイ・ヘインズゲイリー・ピーコックと共同名義, 『ライヴ・イン・モントルー』 - Live in Montreaux(1981年7月録音)(Stretch) 1994年(ライブ)
  • ミロスラフ・ヴィトウス、ロイ・ヘインズと共同名義, 『トリオ・ミュージック』 - Trio Music(1981年11月録音)(ECM) 1982年
  • 『タッチストーン』 - Touchstone (Stretch) 1982年
  • 『アゲイン・アンド・アゲイン』 - Again & Again(1982年3月録音)(Elektra/Musician) 1983年
  • ニコラス・エコノムと共同名義, 『On Two Pianos』 - On two pianos(1982年6月録音)(Deutsche Grammophon) 1983年(「Münchner Klaviersommer」におけるライブ)
    • フリードリヒ・グルダと共同名義, 『ザ・ミーティング』 - The Meeting(1982年6月録音)(Philips) 1983年(「Münchner Klaviersommer」におけるライブ)
  • フリードリヒ・グルダと共同名義, 『チック・コリア・ファンタジー(2台のピアノのための幻想曲)』 - Fantasy for Two Pianos (TELDEC) 1983年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『セクステットの為の抒情組曲』 - Lyric Suite for Sextet(1982年9月録音)(ECM) 1983年
  • チルドレンズ・ソングズ』 - Children's Songs(1983年7月録音)(ECM) 1984年
  • スティーヴ・クジャラと共同名義, 『果てしない旅』 - Voyage (ECM) 1984年
  • ミロスラフ・ヴィトウスロイ・ヘインズと共同名義, 『夜も昼も』 - Trio Music, Live in Europe(1984年9月録音)(ECM) 1986年(ライブ)
  • 『七重奏曲』 - Septet(1984年10月録音)(ECM) 1985年
  • ボビー・マクファーリンと共同名義, 『スペイン:ボビー・マクファーリン&チック・コリア・スーパー・コンサート』 - Play(1990年6月録音)(Blue Note) 1992年(ライブ)
  • 『星影のステラ〜チック・コリア・ソロ・ピアノ』 - Expressions (GRP) 1994年
  • 『タイム・ワープ』 - Time Warp (Stretch) 1995年
  • ボビー・マクファーリンと共同名義, 『プレイ・アマデウス』 - The Mozart Sessions (Sony Classical) 1996年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『ネイティヴ・センス』 - Native Sense - The New Duets (Concord) 1997年
  • チック・コリア・アンド・フレンズ名義, 『バド・パウエルへの追想』 - Remembering Bud Powell(1996年録音)(Stretch) 1997年
  • ゲイリー・バートンパット・メセニーロイ・ヘインズデイヴ・ホランドと共同名義, 『ライク・マインズ』 - Like Minds(1997年12月録音)(Concord) 1998年
  • ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と共同名義, 『コンチェルト』 - Corea.concerto (Sony Classical) 1999年
  • 『ソロ・ピアノ・パート 1:オリジナル』 - Solo Piano - Originals (Part One)(1999年11月録音)(Stretch) 2000年
    • 『ソロ・ピアノ・パート 2:スタンダード』 - Solo Piano - Standards (Part Two)(1999年11月録音)(Stretch) 2000年
  • トロンハイム・ジャズ・オーケストラと共同名義, 『リターン・トゥ・フォーエヴァー:ライヴ・イン・モルデ』 - Live In Molde(2000年7月録音)(MNJ) 2005年(ライブ)
  • 『過去、現在、未来』 - New Trio: Past, Present & Futures (Stretch) 2001年
  • 『ランデヴー・イン・ニューヨーク』 - Rendezvous in New York (Stretch) 2003年(ライブ。CD 2枚組)
  • アルティメット・アドヴェンチャー』 - The Ultimate Adventure(2005年録音)(Stretch) 2006年
  • ベラ・フレックと共同名義, 『エンチャントメント (魔法)』 - The Enchantment (Concord) 2007年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『ニュー・クリスタル・サイレンス』 - The New Crystal Silence(2007年5月、7月録音)(Concord) 2008年(ライブ。CD 2枚組)
  • 上原ひろみと共同名義, 『デュエット』 - Duet(2007年9月録音) (Universal) 2008年
  • ジョン・マクラフリンと共同名義, 『ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』 - Five Peace Band Live (Concord) 2009年(ライブ。CD 2枚組)
  • スタンリー・クラークレニー・ホワイトと共同名義, 『フォーエヴァー』 - Forever(2009年9月、11月、12月録音)(Concord) 2011年(ライブ。CD 2枚組)
  • エディ・ゴメス、ポール・モチアンと共同名義, 『ファーザー・エクスプロレイションズ〜ビル・エヴァンスに捧ぐ』 - Further Explorations(2010年録音)(Concord) 2012年(CD 2枚組)
  • ステファノ・ボラーニと共同名義, 『オルヴィエート』 - Orvieto(2010年12月録音)(ECM) 2011年
  • ゲイリー・バートンと共同名義, 『ホット・ハウス』 - Hot House (Concord) 2012年
  • 『チック・コリア:協奏曲《大陸》、他』 - The Continents: Concerto for Jazz Quintet & Chamber Orchestra (Deutsche Grammophon) 2012)(CD 2枚組)
  • 『ザ・ヴィジル』 - The Vigil (Concord) 2013年
  • 『トリロジー』 - Trilogy (Universal) 2013年(ライブ。CD 3枚組)
  • Solo Piano – Portraits (Concord) 2014年(CD 2枚組)
  • ベラ・フレックと共同名義, 『驚異のデュオ・ライヴ!』 - Two (Stretch) 2015年(CD 2枚組)
  • The Musician: Live at The Blue Note Jazz Café (Concord) 2017年(CD 3枚組)
  • スティーヴ・ガッドと共同名義、『チャイニーズ・バタフライ』 - Chinese Butterfly with Steve Gadd (Stretch) 2018年(CD 2枚組)
  • 『トリロジー2』 - Trilogy 2 (Universal) 2018年(ライブ。CD 2枚組)
  • ザ・スパニッシュ・ハート・バンド』 - Antidote (Concord) 2019年
  • 『プレイズ』 - Plays (2018年録音) (Concord Jazz) 2020年

コンピレーション[編集]

  • Inner Space(1966年)(Atlantic) 1973年
  • Chick Corea Compact Jazz (Polydor) 1987年
  • Best of Chick Corea(1966年-1970年)(Blue Note) 1993年
  • Selected Recordings (ECM) 2002年
  • Very Best of Chick Corea (Universal) 2004年
  • ハービー・マンと共同名義, Herbie Mann-Chick Corea: The Complete Latin Band Sessions (Gambit) 2007年(CD 2枚組)
  • 『ファイヴ・トリオ BOX』 - Five Trios (Stretch) 2007年(CD 6枚組)
  1. Dr. Joeアントニオ・サンチェスジョン・パティトゥッチと共演)
  2. From Milesエディ・ゴメスジャック・ディジョネットと共演)
  3. Chillin' in Chelanクリスチャン・マクブライドジェフ・バラード英語版と共演)
  4. The Boston Three Party (エディ・ゴメス、アイアート・モレイラと共演)
  5. Brooklyn, Paris to Clearwaterアドリアン・フェロー英語版リッチー・パーシェイ英語版と共演)
  • 『エレクトリック・チック』 - Electric Chick(1976年~1978年)(Verve/jazz club) 2008年

サークル[編集]

  • 『サークリング・イン』 - Circling In(1968年3月、1970年4月、8月録音)(Blue Note) 1975年
  • 『サーキュラス』 - Circulus(1970年4月、8月録音)(Blue Note) 1978年
  • 『サークル 1:ライヴ・イン・ジャーマニー・コンサート』 - Circle 1: Live in Germany Concert(1970年11月録音)(CBS/Sony) 1970年
  • 『パリ・コンサート』 - Paris Concert(1971年2月録音)(ECM) 1971年
  • 『サークル 2:ギャザリング』 - Circle 2: Gathering(1971年5月録音)(CBS/Sony) 1971年

リターン・トゥ・フォーエヴァー[編集]

チック・コリア・エレクトリック・バンド[編集]

チック・コリア・アコースティック・バンド[編集]

  • Summer Night-live(1987年10月録音)(Jazz Door) 1994年(ベオグラードにおけるライブ)
  • スタンダーズ・アンド・モア』 - Chick Corea Akoustic Band (GRP) 1989年 ※第32回グラミー賞(最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・パフォーマンス(グループ))
  • 『ラウンド・ミッドナイト』 - Alive(1989年録音)(GRP) 1991年(ライブ)
  • 『ライヴ・フロム・ザ・ブルーノート東京』 - Live from Blue Note Tokyo(1992年録音)(Stretch) 1996年(「ブルーノート東京」におけるライブ)
  • 『LIVE』 - Live(2018年1月録音)(Stretch) 2018年(イタリアにおけるライブ。CD 2枚組)

チック・コリア&オリジン[編集]

  • 『チック・コリア&オリジン』 - Live at The Blue Note(1997年12月録音)(Stretch) 1998年(ニューヨーク「ブルーノート」におけるライブ)
  • 『ア・ウィーク・アット・ザ・ブルーノート』 - A Week at The Blue Note(1998年1月録音)(Stretch) 1998年(ニューヨーク「ブルーノート」におけるライブ。CD 6枚組)
  • チェンジ』 - Change (Stretch) 1999年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Collar, Matt. Chick Corea Biography, Sogns, & Albums - オールミュージック. 2022年3月30日閲覧。
  2. ^ a b Chick Corea, pioneering jazz keyboardist who helped define ‘fusion,’ dies at 79”. ロサンゼルス・タイムズ. 2021年2月12日閲覧。
  3. ^ BIOGRAPHY - チック・コリア | Chick Corea”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年3月30日閲覧。
  4. ^ Chick Corea Interview”. Marktowns.com. 2022年1月28日閲覧。
  5. ^ Musica Jazz, Italy – Chick Corea”. Chickcorea.com. 2022年1月28日閲覧。
  6. ^ “Chick Corea On Piano Jazz”. New Orleans Public Radio. (2013年1月20日). https://www.wwno.org/post/chick-corea-piano-jazz 2021年2月15日閲覧。 
  7. ^ a b “Chick Corea Biography”. AllMusic. https://www.allmusic.com/artist/chick-corea-mn0000110541/biography 2021年2月15日閲覧。 
  8. ^ “Chick Corea”. BLUE NOTE. http://www.bluenote.com/artist/chick-corea/ 2021年2月15日閲覧。 
  9. ^ “Chick Corea, Jazz Keyboardist and Innovator, Dies at 79”. The New York Times. (2021年2月11日). https://www.nytimes.com/2021/02/11/arts/music/chick-corea-dead.html 2021年2月15日閲覧。 
  10. ^ “Chick Corea”. The National Endowment for the Arts. https://www.arts.gov/honors/jazz/chick-corea 2021年2月15日閲覧。 
  11. ^ Schube, Will (2021年8月11日). “Chick Corea Akoustic Band 'Live' Set To Be Released”. uDiscoverMusic. 2022年3月23日閲覧。
  12. ^ “フュージョンの草分け、チック・コリアが79歳で逝去。その功績を辿る”. udiscovermusic.jp. (2021年2月12日). https://www.udiscovermusic.jp/news/chick-corea-dies-at-79 2021年2月15日閲覧。 
  13. ^ Going Elektric: 1986-1999”. chickcorea.com. 2022年3月30日閲覧。
  14. ^ “チック・コリア/CHICK COREA”. Universal Music Japan. https://www.universal-music.co.jp/chick-corea/biography/ 2021年2月15日閲覧。 
  15. ^ “チック・コリア&上原ひろみ Concert<デュエット>レポート”. BARKS. (2008年5月12日). https://www.barks.jp/news/?id=1000039983 2021年2月15日閲覧。 
  16. ^ “Jazz keyboard virtuoso Chick Corea dead of cancer at age 79”. Nbc News. (2021年2月12日). https://www.nbcnews.com/news/us-news/jazz-keyboard-virtuoso-chick-corea-dead-cancer-age-79-n1257558 2021年2月15日閲覧。 

外部リンク[編集]