ドイツ・グラモフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドイツ・グラモフォン: Deutsche Grammophon Gesellschaft)は、1898年12月にドイツハノーファーで創設された、世界でもっとも長い歴史を持つクラシック音楽レコードレーベルである。「イエロー・レーベル」と呼ばれている。ドイツ国内では文学作品の朗読作品も制作・発売している (: Deutsche Grammophon Literatur)。

ドイツ・グラモフォン
親会社 英グラモフォン(1898 - 1941)
シーメンス(1941 - 1971)
ポリグラム(1971 - 1999)
ユニバーサル ミュージック(1999 - 2000)
ヴィヴェンディ(2000 - )
設立 1898年12月
設立者 エミール・ベルリナー
現況 活動中
ジャンル クラシック音楽
ドイツの旗 ドイツ
公式サイト http://www.deutschegrammophon.com/

歴史[編集]

創設者は、円盤レコードの発明者でもあるエミール・ベルリナーである。1898年、ベルリナーが自身の生まれ故郷で、英グラモフォンの子会社として設立。SP盤時代にはカルーソーシャリアピンメルバといった、20世紀前半の代表的な歌手を擁してレパートリーを広げた。

1941年、シーメンス(Siemens & Halske)が英グラモフォンの資本を取得し、ドイツ資本の会社となる。1962年、オランダフィリップスの音楽部門であるフィリップス・レコード(フォノグラム)と業務提携し、DGG/PPIグループを形成。 1971年に米コロムビア・英EMIなどの競合会社に対抗するため、シーメンス・フィリップス両者合弁の持ち株会社としてポリグラムを設立、フォノグラムとともに同社の傘下に入る。 1980年代、ポリグラムの事業拡張の失敗で、グラモフォンは苦境に陥るが、フィリップスソニーとともに開発したコンパクトディスク(CD)の市場拡大とともに業績を回復する。ハノーファーのCD工場は当時世界最大で、その製品の高い品質でも評価された。

1987年、シーメンスは事業再構築の一環として、ポリグラムへの出資をフィリップスに売却、音楽事業から撤退した。 1999年、グラモフォンはポリグラムともどもシーグラム社に買われ、ユニバーサル ミュージックの一部門として再編され、2000年にはさらにヴィヴェンディに売却され、現在は同社の傘下にある。

保有レーベル[編集]

グラモフォンが擁するレーベルはドイツ・グラモフォン(DGG)のほか、デッカ・レコード(「ロンドン」)、オワゾリール、アルヒーフ(バロック音楽を中心とする古楽の専門レーベル)など。ポリグラム傘下にあったフィリップス・クラシックスとECMも同じくユニバーサル ミュージック グループ内で活動している。

日本では、ポリドール・レコードが小売をしていたが、ビクターエンタテインメントを経て1999年以後はフィリップス(フォノグラム)レコードとともに、ユニバーサルミュージックが販売している。

グラモフォンへ録音している音楽家[編集]

以下一覧中、各項目ごとに姓の五十音順。デッカ/ロンドンについては除く。

指揮者[編集]

オーケストラ[編集]

弦楽四重奏団[編集]

ピアニスト[編集]

ヴァイオリニスト[編集]

チェリスト[編集]

フルーティスト[編集]

その他の奏者[編集]

歌手[編集]

関連会社[編集]

外部リンク[編集]