オーレル・ニコレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーレル・ニコレAurèle Nicolet, 1926年1月22日 - 2016年1月29日[1])は、スイスフルート奏者。

経歴[編集]

1926年スイスヌーシャテルに生まれる。チューリッヒでアンドレ・ジョネに師事し、パリではマルセル・モイーズに師事した。12歳で初めてステージに立ち、1947年パリ・コンセルヴァトワールの卒業コンクールで1位優勝した。1948年にはジュネーブ国際コンクールで第1位となる、同年からヴィンターテュール市立管弦楽団の首席奏者となる。フルトヴェングラーに嘱望されて、1950年から1959年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を務めた。同フィル退団後は1965年までベルリン音楽大学の教授を務めた。その後もフライブルクバーゼルで後進の指導を続けながら、ソロ演奏活動を行う。

レパートリー[編集]

バロックから現代まで、そのレパートリーは幅広い。中でもバッハ演奏には定評がある。また積極的に新しい作品に取り組み、ニコレのために多くの作曲家が曲を捧げている。武満徹は遺作『エア』を70歳の誕生日を祝して書き[2]、『ヴォイス』もニコレのために書かれた作品である[3]

浅里公三は、ニコレを「多彩な活動と音楽性でフルート隆盛を築いた最大の功労者」[4]と評している。

脚注[編集]

  1. ^ 世界的フルート奏者のオーレル・ニコレさん死去 朝日新聞 2016年2月5日
  2. ^ 武満徹の世界 266頁
  3. ^ 武満徹の世界 武田明則執筆の248頁
  4. ^ クラシック不滅の巨匠たち196頁

参考文献[編集]

  • 『クラシック不滅の巨匠たち』 1993年 196頁-197頁
  • 『武満徹の世界』 編集:斎藤愼爾・武満眞樹 1997年