アフターマス・エンターテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アフターマス・エンターテインメント(英語 Aftermath Entertainment)は、1996年ドクター・ドレーによって設立されたアメリカレコードレーベルユニバーサル ミュージック グループ系のインタースコープ・レコード傘下で活動している。

歴史[編集]

ドクター・ドレは、1996年 3月デス・ロウを離脱してすぐ、アフターマス・エンターテインメントを立ち上げた。その年末までに、立ち上げメンバー(但し、その多くは、すぐにレーベルを去ることになった)と共に、コンピレーションアルバム「ドクタードレ・プレゼンツ・ザ・アフターマス」を発表した。1997年ドーン・ロビンソンがR&Bグループのアン・ヴォーグからの脱退し、アフターマスと契約することを発表した。しかし、その後、ドレが自分の仕事をなかなか始めようとしないことを批判し、突如レーベルを去っていった。1997年秋、ヒップホップ界から豪華な顔ぶれが結集したザ・ファームナズAZフォクシー・ブラウンなど)の最初で最後のアルバムを、インタースコープと共同で発表した。ドクタードレが楽曲提供だけでなく、カメオ出演も果たし、ビルボード誌のアルバムチャートで初登場1位を記録し、100万枚の売上(プラチナディスク)も達成したが、目指していた水準の商業的成功にまでは至らなかった。この結果を受けて、ザ・ファームは解散することになった。アフターマスが次に送り出したのが、キング・ティーのアルバムである。しかしこれは大失敗に終わり、彼はお払い箱になった。大御所ラッパーのラキムも、このレーベルと契約を結んだ。しかし、法的な問題に加え、復活アルバムの製作過程で生じた衝突により、彼もレーベルを後にすることになってしまった。1998年、インタースコープの幹部、ジミー・イオヴィンの紹介を受けて、デトロイトを拠点として活動していたエミネムと契約を結んだ。翌年、エミネムのメジャーデビュー作「ザ・リアル・スリム・シェイディLP」が発表され、ビルボード誌のアルバムチャートの頂点まで上り詰め、400万枚の大ヒットを広くした。このアルバムは、恐らく、アフターマス初の商業的な成功と言えるであろう。同じく1999年、ドクタードレが、1992年に発売したアルバム「ザ・クロニック」以来となる自身のアルバム「2001」を発表した。これが600万枚の売上を記録した。その後、アフターマスは、続々と新たなアーティストと契約していく。ヒットマントゥルース・ハーツザ・ラスト・エンペラーといった顔ぶれである。2003年には、エミネムのレーベルであるシェイディ・レコーズと共同で、50セントのデビューアルバム「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン」を発表し、これが数百万枚の大ヒットとなった。2004年、50セントのレーベルであるGユニット・レコードと共同でザ・ゲームと契約を締結した。但し、ザ・ゲームはアルバム発売後、50セントとの揉め事が生じ、レーベルを離脱してしまった。ここまで名前が挙がらなかった他にも、イヴバスタ・ライムスレイクウォンなどとも契約を結んでいる。