ヒップホップ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒップホップ
様式的起源 ファンク, ディスコ, ダブ, リズム・アンド・ブルース, レゲエ, ダンスホールレゲエ, トースティング, performance poetry, スポークン・ワード, signifyin', ダズンズ, スキャット, talking blues
文化的起源 1970年代、ニューヨークブロンクス区
使用楽器 Turntable, シンセサイザー, DAW, ラップ, ドラムマシン, サンプラー, ドラムス, ギター, ベース, ピアノ, ヒューマンビートボックス, vocals
派生ジャンル エレクトロ, ブレイクビーツ, オールドスクール・ジャングル, ドラムンベース, トリップ・ホップ, グライム, breakbeat hardcore, ネオ・ソウル, ビッグ・ビート
サブジャンル

オルタナティブ・ヒップホップTurntablismクリスチャン・ヒップホップConscious hip hopExperimental hip hopFreestyle rapギャングスタ・ラップHomo hopハードコアヒップホップホラーコアInstrumental hip hopMafioso rapNerdcorePolitical hip hopBaltimore clubBounceBrick City clubチカーノラップNative American hip hop

Jerkin'
融合ジャンル

Country rapAustralian hip hopヒップホップ・ソウルHip houseクランク (音楽)Hyphyジャズ・ラップMerenrapネオ・ソウルニュー・メタルラガレゲトンRap operaラップロックRapcoreラップメタルCumbia rapMerenrapHiplifeLow BapGhettotechGlitch hopWonkyIndustrial hip hopニュージャックスウィング

Psychedelic hip hop
地域的なスタイル

Atlanta hip hopBangladeshi hip hopイースト・コースト・ヒップホップウエスト・コースト・ヒップホップサザン・ヒップホップMidwest hip hopBritish hip hopFrench hip hopKenyan hip hop日本のヒップホップKorean hip hopIsraeli hip hop

Nepalese hip hop
2017年のヒップホップ・ミュージック

ヒップホップ・ミュージック(Hip Hop Music)は、ヒップホップ[1][2]ラップ・ミュージック[2][3][4]ヒップ-ホップ・ミュージック[2][5]とも呼ばれる、ラップなどのリズミカルなミュージックからなる音楽のジャンルの一つである。または、そのリズム、セリフを同じ調子でリズミカルに繰り返すことを指す[2]。ヒップホップの文化の一つとして発達し、その中でも主にMC(ラップ)、DJ(スクラッチ)、ブレイクダンス、落書きの4つに分かれている[6][7][8]。他にもサンプリング(または、シンセサイズ[9])やビートボックスなどがある。

ふつう、「ヒップホップ」はすべてのサブカルチャーのことを指すが[10][11]、ヒップホップ・ミュージックは、ラップ・ミュージックと混同して使われることもある[2][5]。しかし、本来ラップ・ミュージックはDJ、スクラッチ、ビートボックス、Instrumental Tracksなどを含まない[12][13]

用語[編集]

ラップするナズ

ヒップホップ」の用語はグランドマスター・フラッシュ・アンド・ザ・フューリアス・ファイヴラッパーであったキース・カウボーイが作ったとされる[14]。しかしながら、ラヴバグ・スタスキー、キース・カウボーイ、DJハリウッドはこの種の音楽がディスコ・ラップとして知られていた頃から「ヒップホップ」を使用していた[15]。カウボーイがその用語を創造したのは、アメリカ陸軍に入隊したばかりの友人をからかっているときに、兵士の行進のリズミカルな様子を「ヒップ/ホップ/ヒップ/ホップ」とのようにスキャットでまねているときであったと考えられている[14]。カウボーイは後に「ヒップ/ホップ」という韻律を自らのステージパフォーマンスに取り入れたが、それはすぐに他のアーティストによって真似られ、シュガーヒル・ギャングは「Rapper's Delight」に取り入れた[14]

ユニバーサル・ズールー・ネイションの創立者であるアフリカ・バンバータはこの種の音楽が属するサブカルチャー全体を「ヒップホップ」と初めて表現したとされる。しかしながら、これらを軽蔑的に表現する時期であったことも示唆される[16]。活字媒体で初めてこの語を使用したのは「The Village Voice」紙のスティーヴン・ヘーガーであった[17]。ヘーガーは後に「1984 history of hip hop」を著している[18]


脚注[編集]

  1. ^ Merriam-Webster Dictionary entry on hip-hop, retrieved from merriam-webster.com: A subculture especially of inner-city youths who are typically devotees of rap music; the stylized rhythmic music that commonly accompanies rap; also rap together with this music.
  2. ^ a b c d e Encyclopædia Britannica article on rap, retrieved from britannica.com: Rap, musical style in which rhythmic and/or rhyming speech is chanted (“rapped”) to musical accompaniment. This backing music, which can include digital sampling (music and sounds extracted from other recordings), is also called hip-hop, the name used to refer to a broader cultural movement that includes rap, deejaying (turntable manipulation), graffiti painting, and break dancing.
  3. ^ AllMusic article for rap, retrieved from AllMusic.com
  4. ^ Harvard Dictionary of Music article for rap, retrieved from CredoReference
  5. ^ a b Encyclopædia Britannica article on hip-hop, retrieved from britannica.com: Hip-hop, cultural movement that attained widespread popularity in the 1980s and ’90s; also, the backing music for rap, the musical style incorporating rhythmic and/or rhyming speech that became the movement’s most lasting and influential art form.
  6. ^ Kugelberg, Johan (2007). Born in the Bronx. New York: Oxford University Press. p. 17. ISBN 978-0-7893-1540-3. 
  7. ^ Brown, Lauren (2009年2月18日). “Hip to the Game – Dance World vs. Music Industry, The Battle for Hip Hop’s Legacy”. Movmnt Magazine. http://www.movmnt.com/monsters-of-hip-hop-2_003332.html 2009年7月30日閲覧。 
  8. ^ Chang, Jeff (2005). Can't Stop Won't Stop: A History of the Hip Hop Generation. New York: St. Martin's Press. p. 90. ISBN 0-312-30143-X. 
  9. ^ [:en]、シンセサイザーを用いる音楽の表現方法。「シンセサイズ(synthesize)」という言葉はあまり日本では用いられないが、このページの英語版、「Hip hop music」で記載されていた"synthesis"という言葉を日本人にもわかりやすく表現するために、この表記にしてある。
  10. ^ Harvard Dictionary of Music article for hip hop, retrieved from Google Books: While often used to refer to rap music, hip hop more properly denotes the practice of entire subculture
  11. ^ AllMusic article for Hip-hop/Urban, retrieved from AllMusic.com Archived 2012年3月11日, at the Wayback Machine.: Hip-Hop is the catch-all term for rap and the culture it spawned.
  12. ^ Hip-hop”. Merriam-Webster Dictionary. Merriam-Webster, Incorporated. 2011年10月6日閲覧。
  13. ^ Hip-hop”. Oxford English Dictionary. Oxford University Press. 2011年10月6日閲覧。
  14. ^ a b c Keith Cowboy – The Real Mc Coy”. Web.archive.org (2006年3月17日). 2006年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月12日閲覧。
  15. ^ Afrika Bambaataa talks about the roots of Hip Hop”. 2012年11月27日閲覧。
  16. ^ Zulunation.com (cached)
  17. ^ Hagar, Steven. "Afrika Bambaataa’s Hip-Hop," Village Voice
  18. ^ Hager, Steven. Hip Hop: The Illustrated History of Break Dancing, Rap Music, and Graffiti. St Martins Press, 1984 (out of print).

参照[編集]

外部リンク[編集]