ハードスタイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハードスタイル(Hardstyle)は、1990年代後半から2000年代初頭にオランダで生まれ、その後ヨーロッパ近隣諸国へ広がった、電子音楽(EDM)の一種のジャンルである。

音楽の特徴としては主に、ハードスタイルキックと呼ばれる歪んだ様なバスドラムとベースが一体化された攻撃的な音やリバースベースといったハードスタイルキックのベースを逆行させた特徴的な音が挙げられる。ハードスタイルは一般的に150BPM〜165BPMといった、早めのテンポの曲である。

なお、165BPM以上の電子音楽はハードコアとみなされる。

2010年代前後から細分化し、RawstyleDubstyleEuphoric Hardstyleといった様々なサブジャンルが誕生している。

現在、オランダを中心にDefqon.1やQlimaxなどといった沢山のイベントが毎年開催されており、日本でも近年ハードスタイルをテーマとしたイベントが活発化している。

歴史[編集]

起源[編集]

ハードスタイルの起源は1990年代の最初期にオランダで生まれたガバ(GabberまたはGabba)である。ハードコアテクノとも呼ばれたこの音楽は数多くの社会的、政治的論争、あるいは90年代半ばに生まれた多くのダンスミュージックの台頭によって衰退した。一部の愛聴者や依存者たちによって聴き継がれたガバはハードコアテクノとハッピーハードコアに分裂、その4年後の1998年に、The ProphetTuneboy、Dana van Drevenなどの現在では「ハードスタイル界のレジェンド」と呼ばれている少数のオランダ人ミュージシャンが、ガバをハードトランス、ハウス、その他のジャンルのエレクトロニックミュージックとミックスしようとして、一般の人にとってより身近なものとすべくテンポの遅いハードコアテクノとして再生した。この新タイプは130から160BPMとガバより大分遅く、聴きやすいものとなった。また90年代後半から多くのダンスミュージックが高音質化を果たしたように、粗いサウンドが大きな特徴だったこれらのサウンドも高音質化を遂げた。

ハードスタイルは2000年代初頭にオランダのアムステルダムで始まり、ドイツ、ベルギー、フランス、イタリアなどの近隣諸国でも同じ時期に急速に発展、並行して、Qlimaxはハードスタイルを専門とする最初の屋内フェスティバルとなった。 2002年には数多くのレコードレーベルが登場、それらのほとんどはFusionとScantraxxからのものであった。ハードスタイルの曲とアルバムは、2004年にはアルバム「Hardstyle Night」でヨーロッパの音楽ランキングに達し始め、5週間でスイスの音楽ランキングで11位に達した。

サブジャンル[編集]

ハードスタイルにおけるサブジャンルとしては、大まかに分けて「メロディを重視する潮流」と「リズム(具体的にはキックドラム)を重視する潮流」、並びに両者の融合型の3つが挙げられる。以下、それぞれの特徴について述べる。

Euphoric Hardstyle[編集]

概ね150前後のBPMで、美しくアップリフティングなメロディと頻繁にピッチシフトするベースラインが特徴。著名なアーティストはHeadhunterz, Frontliner, Atmozfears, Wasted Penguinzなど。

Rawstyle[編集]

Euphoricと比較してダークなメロディと、非常に攻撃的で騒々しいキックが特徴。Kickrollと呼ばれる、非常に複雑で変則的なリズムをキックによって奏でる奏法が近年の一大トレンドとなっている。著名なアーティストはRadical Redemption, Ran-D, Rebelion, Sub Zero Projectなど。

Xtra Raw[編集]

Rawstyleの中でも、特に攻撃性を前面に押し出した楽曲群を指す。Drop(サビ)部分においてはメロディはほとんど用いられず、極端にピッチを高くした「piepkick」、独特の残響音を特徴とする「gate kick」、レーザー風のエフェクトをかけた「laser kick」など、多種多様なキックが用いられる。著名なアーティストはMalice, Rooler, Krowdexx, Riot Shiftなど。

Rawphoric[編集]

Euphoric HardstyleおよびRawstyleの融合型。メロディはEuphoric寄りであるが、キックが非常に攻撃的でRawstyleの要素を併せ持つもの。Kickrollのテクニックなど、メロディ以外の作曲技法はRawstyleとの共通点が多くみられる。2010年代後半からこうしたスタイルが徐々に増加傾向にある。著名なアーティストはAct of Rage, Digital Punk, Hard Driver, Phuture Noizeなど。

イベント[編集]

ハードスタイルの歴史的でかつ代表的なフェスの名を挙げると、QlimaxDefqon.1がある。

Qlimax[編集]

Qlimax 2018 のメインステージ

Qlimax は2000年から現在まで毎年11月に、Q-Danceによって開催されており、ハードフェスで一番広いと言われている屋内フェスティバルである。毎年3万5千人といった数多くの愛好者がフェスに参加している。

第一回目では、アーミン・ヴァン・ビューレンが参加していた。

最近ではハードスタイルを代表とするアーティスト(Headhunterz、Sound Rush、…)が会場のブースを回している。


Defqon.1[編集]

Defqon.1 2016 のメインステージ

Defqon.1 は2003年から毎年6月にQlimaxと同様、Q-Danceによって開催されている。このイベントはハードフェスの中で最も演出が驚異的と言える位派手であり、参加者の規模も並外れと言われている(2019年度には七万八千人の参加者を記録した)。

主なアーティスト[編集]

Adaro

Atmozfears

・Bass Modulators

Code Black

Coone

・C.R.C.5150

・D-Block & S-te-Fan

・Da Tweekaz

・D-Sturb

・Frontliner

Headhunterz

・Max Enforcer

Noisecontrollers

・Psyko Punkz

Radical Redemption

Ran-D

・Rebelion

Sub Zero Project

Wasted Penguinz

Wildstylez

・Zatox

関連項目[編集]