ドリルンベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドリルンベース: Drill 'n' bass)は、ドラムンベースを起源とする電子音楽ジャンルの内の1つ。1990年代中盤のスクエアプッシャーエイフェックス・ツインルーク・ヴァイバート英語版μ-ziqなどの作品が発祥とされる[1]

音楽的な特徴としては、複雑なプログラミング、アーメン・ブレイク英語版[2]、初期ジャングルをサンプリングするなどが基本。これらのサンプリングビーツを、一度解体、分割し、一音ずつにリバース、ディレイ、大胆なピッチシフトをかけることによって、壊滅的でありながらリズミカルなビートが形成される。ドリルンベースの複雑なプログラミングは、後のVSTプラグインの普及と共にグリッチ英語版クリックなどのエレクトロニカのジャンルにも影響を与えた。

主なドリルンベースの作品[編集]

  • スクエアプッシャー
    • 『コナンバーEP』(EP、1995年)
    • 『オーロイ・ロード・トラックス』(EP、デューク・オブ・ハリンゲイ名義、1995年)
    • 『フィード・ミー・ウィアード・シングス』(1996年)
    • 『ビッグ・ローダー』(1997年)
  • エイフェックス・ツイン
    • 『ハンガブル・オート・バルブ』(EP、AFX名義、1995年)
    • 『リチャードD.ジェイムス・アルバム』(1996年)
    • 『カム・トゥ・ダディEP』(EP、1997年)
    • 『ドラックス』(2001年)
  • ルーク・ヴァイバート
    • 「Plug 1 Visible Crater Funk」(シングル、Plug名義、1995年)
    • 「Plug 2 Rebuilt Kev」(シングル、Plug名義、1995年)
    • 「Plug 3 Versatile Crib Funk」(シングル、Plug名義、1995年)

脚注[編集]

  1. ^ Allmusic.com description of Drill and Bass.
  2. ^ アメリカのファンク・ソウルグループThe Winstonsの楽曲「Amen, Brother」のブレイクでのドラムの部分をサンプリングしたものの通称。

関連項目[編集]