打ち込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

打ち込み(うちこみ)とは、主にドラムマシンミュージックシーケンサーなどに前もって演奏情報を入力しておいて(打ち込んでおいて)、それを再生することで演奏を実現させる技法、またはその結果としての音楽のこと。

多くの音を少人数できめ細かくコントロールしておけること、使う機器が同じであれば再現性が極めて高いこと、入力した後で細かい修正を加えることができること(演奏中でも変化させることができるものも多い)、などのさまざまな理由から、特にMIDI制定以後は爆発的に普及した。

同期できない楽器や歌などを演奏者がその場で直接一緒に演奏することも多い。

この打ち込みという用語はムーンライダース岡田徹が使い始めた言葉が一般に定着したものである[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ キーボード・マガジン1996年6月号付録「Digital Music Room ~Computer & MIDI」p.13 特別企画 キーボーディストのためのコンピューター&MIDI、リットーミュージック