ダンス・パンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンス・パンク
Dance-punk
様式的起源 ダンス
ディスコ
ポスト・ディスコ
パンク
ポスト・パンク
ニュー・ウェーヴ
ノーウェーブ
ポスト・ハードコア
ファンク
実験音楽
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ギター
ベース
ドラム
パーカッション
シンセサイザー
ドラムマシン
サンプラー
流行時期
派生ジャンル ニューレイブ
融合ジャンル
ポストパンク・リバイバル
エレクトロクラッシュ
関連項目
シンセポップ
エレクトロ・ポップ
ハウス
テンプレートを表示

ダンス・パンクDance-punk)は、1970年代後半に誕生した音楽ジャンルである。2000年代に、ポストパンク・リバイバルエレクトロクラッシュの流れに伴い知られるようになり、全盛期を迎える。同義語としてディスコ・パンクDisco-punk)も広く使われている。

経緯[編集]

起源[編集]

ダンス・パンクの黎明期とされる1970年代後半、ロンドンニューヨークを中心に一大ムーブメントを巻き起こしたパンク・ロックの人気が落ち着き、その流れを受け継いだポストパンクニュー・ウェーヴが登場しはじめた。その中には、当時のディスコファンクなどの流行のダンスミュージックや、デヴィッド・ボウイブライアン・イーノイギー・ポップ、ドイツのクラウトロックなどから影響を受けた、リズミカルなテンポの踊れる曲を採用するバンドがいた。さらに1980年代にはパブリック・イメージ・リミテッドギャング・オブ・フォーニュー・オーダーキリング・ジョークザ・キュアースージー・アンド・ザ・バンシーズトーキング・ヘッズなど、本格的なムーブメントとなったポストパンクニュー・ウェーヴノー・ウェーブのバンドからも影響を受けるようになり、ダンス・パンクの原型ともいえるマテリアルジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズクリスティーナESGリキッド・リキッド[1]といったミュージシャンが登場する[2]

勃興・再評価[編集]

LCDサウンドシステム、2010年

2000年代に入りガレージロック・リバイバル/ポストパンク・リバイバルがおこり、さらにエレクトロクラッシュのムーブメントと共に注目を集め、ダンス・パンクに光が当たるようになる。特にニューヨークDFAレコーズ周辺のバンドが活躍し、LCDサウンドシステムが「Losing My Edge」、ザ・ラプチャーが「House of Jealous Lovers」、レディオ4が「Dance to the Underground」といったヒット曲を連発、ダンスパンクの人気を確固たるものにしていった。またイギリスではフランツ・フェルディナンドがヒット、グラミー賞ノミネートを始め音楽賞を総なめにした。そういった00年代のダンス・パンクは前述の80年代のミュージシャンだけではなく、90年代以降のインディー・ロックポスト・ハードコアダンスミュージックなどからも影響を受けており、ダンスパンクにとどまらない幅広い音楽性を持っているのが特徴である[3]。ダンス・パンク、ポストパンク・リバイバルのブームによってそのルーツであるポストパンクニュー・ウェーヴノー・ウェーブなど80年代の再評価が進み、当時のポストパンクバンドがダンス・パンクとして改めて紹介されたり、再結成や音源の再発売も積極的に行われた。

ニューレイブ、ディスコパンクとの差異[編集]

2000年代後半には『ニューレイヴ』ムーブメントがおこり、似たような楽器編成のダンス・パンクバンドもニューレイブの一部としてメディアに紹介されるようになったが、前述のような起源で成立した音楽でありニューレイブとは異なることがわかる。しかし広義の意味でのニューレイヴは、2007年頃に世界各地で偶発的に起こった複数の「エレクトロニック・ミュージックロックのクロスオーバー」ムーブメントを大雑把にまとめたものの名称で、その場合ダンス・パンクがニューレイブを形成する一部だったのは間違いない。また狭義の意味でのニューレイヴはクラクソンズとその周辺のバンドの音楽性を指すが、現在ではその影響を受けたと思われる新しいダンス・パンクも登場しており、ニューレイヴとの関係性は次世代のバンドによって明らかにされると思われる[独自研究?]

またダンス・パンクの同義語として『ディスコパンク』が使用される場合があるが、人によっては「ニューレイブのバンド」や「シンセサイザーを用いたポップ・パンク」「打ち込みを用いたスクリーモ」など、より広い意味や異なる音楽性を指す事がある。

ダンス・パンクの現在[編集]

2010年代に入り、2000年代前半のような王道のダンス・パンクサウンドを鳴らすミュージシャンは珍しくなっている。前述のニューレイブの影響や昨今のインディーシーンの盛況により、より複雑なクロスオーバーが進んでおり、もはやダンス・パンクと言い切れるバンドはほとんどいない。しかしダンス・パンクの影響はいたるところに広まっており、切り口は様々だがインディーシーン全般でその欠片を聴くことができる。

音楽的特徴[編集]

4つ打ちのビートと切れのいいハイハットが特徴のドラムに、ダンサブルなベースとパーカッション、ポスト・パンク期のギターサウンド、それにシンセサイザーとボーカルが乗っていることが多い。サウンドは上記の通りでも、バンドやDJなど演奏スタイルは様々である。スタジオ録音の音源はダンスミュージック寄りでパンクの要素を感じ取れないものもあるが、その反面ライブでは勢いを全面に出す演奏を行うことが多い。

ダンス・パンクに分類されるアーティスト[編集]

1970年代~

2000年代~

ダンス・パンクの影響があるとされるアーティスト

脚注[編集]

  1. ^ [1] "Stephen Thomas Erlewine, Talking Heads bio, Allmusic."
  2. ^ [2] "James Murphy Interview."
  3. ^ [3] "Behind the scenes at DFA."