ロラパルーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロラパルーザ(Lollapalooza)はアメリカ合衆国で開催されるロック・フェスティバルオルタナティヴ・ロックパンク・ロックヒップホップなど様々なジャンルのミュージシャンが公演するほかダンスパフォーマンスやコメディなどの公演も行う。1991年ジェーンズ・アディクションのボーカル、ペリー・ファレルが組織したロラパルーザは北米各地をツアーする形態をとったロックフェスティバルで、オルタナティブ・ミュージックの隆盛に伴い1990年代のアメリカの若者文化の重要な一部を担う存在となった。

1997年でいったん終了した後、2003年に復活したが、チケットの売り上げが思わしくなかったこともあり2004年は開催されなかった。2005年以降、テキサス州オースティンに本拠をおくキャピタル・スポーツ・エンタテインメントが運営を行い、シカゴ都心の大規模公園グラント・パークを毎年の会場とする週末開催型の野外フェスティバルに変更された。

経緯[編集]

ペリー・ファレルは1990年、ジェーンズ・アディクションの解散にあたり、単独の全米解散ツアーの代わりに多くのバンドとともに全米を回る「ロラパルーザ・フェスティバル」の開催を考えた。「ロラパルーザ」は「傑出した、普通でないもの」という意味の言葉で、ファレルは短編コメディ映画『三ばか大将』(Three Stooges)シリーズの一編でその言葉を知り、語感が気に入ったのでフェスティバルの名称に採用した。

これに先立つ1990年の夏、「ギャザリング・オブ・ザ・トライブス」(A Gathering of the Tribes)がカリフォルニア州のサンノゼロサンゼルスの二か所を舞台に開催された。二日間のコンサートは伝説的なプロモーターのビル・グラハムと、「ザ・カルト」のリードシンガー、イアン・アストベリーが組んで行われたもので、イギー・ポップサウンドガーデンクイーン・ラティファザ・クランプスインディゴ・ガールズレニー・クラヴィッツジョーン・バエズスティーヴ・ジョーンズ(元セックス・ピストルズ)、パブリック・エナミーらヒップホップやロックなどのミュージシャンが参加し、成功裏に終わった。このコンサートは異なったジャンルのミュージシャンの混ざり合ったフェスティバルの可能性や、オルタナティヴ・ミュージックの市場の可能性を指し示したものだった。ペリー・ファレルもロサンゼルスのコンサートに一観客として参加しており、こうしたさまざまなミュージシャンを集めた移動型フェスティバルの全国版があってしかるべきだと考えた。

ロラパルーザはかつてのウッドストック・フェスティバルやギャザリング・オブ・ザ・トライブスとは異なり、単発のフェスティバルでなく毎年開催されるもので、しかもアメリカからカナダにかけての多くの都市を数ヶ月かけて巡回するフェスティバルだった。こうした先鋭的なミュージシャンが参加するフェスティバルが東海岸や西海岸の大都市近郊だけではなく、中西部や南部など内陸部の地方都市へも巡回したことは、アメリカにおける1990年代のオルタナティブ・ミュージックの活性化に一役買ったといえる。

1991年の第一回は、ラッパーのアイス・Tからインダストリアルナイン・インチ・ネイルズまでがヘッドライナーとして参加するジャンル横断的な顔ぶれであり、音楽産業からの独立の雰囲気に満ちていた。ロラパルーザのもう一つの要点は音楽以外のサブカルチャーを多く取り上げたことであり、フリークショーのジム・ローズ・サーカスからポエトリー・リーディング少林寺の武僧までがパフォーマンスを見せた。また会場にはテントが立ち、その中には政治や環境問題などのNPOの窓口、イラストや美術作品・工芸品などの展覧会、ビデオゲームのコーナーなどが設けられ、1990年代のカウンターカルチャーが集まる総合的な文化イベントの様相を呈した。

1991年よりあとからはメインステージのほかにセカンドステージが、さらに1996年からはサードステージが設けられ、新進のバンドや現地のバンドがセカンドステージなどで公演を行った。こうした小さなステージで公演を行うアンダーグラウンドのバンドからもメインストリームへ躍り出るバンドが出現し、ロラパルーザは未知数のバンドが全米に名を知られるきっかけを多く作った。

成功と凋落[編集]

1990年代初頭のグランジの爆発はロラパルーザを時代の先端に押し上げた。1992年1993年のフェスティバルはラップやハードロックのほかにグランジが多く取り上げられたほか、パール・ジャムレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンレッド・ホット・チリ・ペッパーズなどがヘッドライナーとして参加し、モッシュやクラウド・サーフィンといったパンク・ロック・コンサートの聴衆のパフォーマンスがフェスティバルにも持ち込まれた。また詩や本の朗読、ジャングルジム、タトゥーピアスを入れる店など屋台の参加者が激増し、コンサート会場の外は市場のような状態になった。

当時はチケット販売の際に各開催都市のチケット店の前に行列ができ、何日もチケット店の前にキャンプを張って待つ人々もいた。しかしチケットの高さや、会場の飲食物の高さ、野外会場の無秩序さやセキュリティのなさには怒りの声も上がった。日没後はゴミや毛布を燃やしてキャンプファイヤーを行う者もおり、また舞台を取り巻く照明などの足場によじ上る者もいた。

1994年はグランジの絶頂期であると同時に悲劇の年でもあった。ニルヴァーナがこの年のロラパルーザのヘッドライナーとなる予定だったが、彼らは4月7日に出演を辞退した。ボーカル・リードギターのカート・コバーンが遺体で発見されたのは翌4月8日だった。コバーンの未亡人コートニー・ラブは同年のロラパルーザのいくつかの都市のステージに(スマッシング・パンプキンズのボーカル、ビリー・コーガンから時間を譲られて)サプライズゲストとして登場し、コバーンの喪失を聴衆に語った。

ロラパルーザの立役者だったファレルは、自分の新プロジェクトに集中するためとしてフェスティバル組織から離脱し、フェスティバルの権利を世界最大のタレント事務所ウィリアム・モリス・エージェンシーに売却した。この時期、未知のジャンルやバンドを多く紹介する1990年代初頭の冒険性は徐々に薄らいでいた。多くの参加者は、1996年メタリカの参加を「非メインストリーム」のミュージシャンを紹介してきたフェスティバルの歩みに反したものとみている。フェスティバルはカントリーミュージックのスーパースター、ウェイロン・ジェニングスの参加やプロディジーなどテクノミュージシャンの参加でジャンル横断性を維持しようとしたが、1998年のヘッドライナーを見つけることができず、結局1997年の回が最後となった。

再生[編集]

2006年のロラパルーザ。カーシヴのパフォーマンス

2003年、ファレルはジェーンズ・アディクションを再結成し新たなフェスティバル・ツアーを構想した。この年ロラパルーザは復活し、30都市を7月から8月にかけて回ったが、チケットは価格の高騰により売れ行きが芳しくなかった。翌2004年もツアーは予定されていたがやはりチケットの売り上げは伸び悩み、その年の6月になってキャンセルされた。

ファレルはキャピタル・スポーツ・アンド・エンタテインメント(現在の C3 プレゼンツ)と組み、ロラパルーザ・ブランドを共有し共同製作することになった。2005年に再開したロラパルーザはシカゴでの2日間開催となった。ステージ数は5つに増え、より多様なジャンルからの70以上のミュージシャンが出演し、猛暑にもかかわらず65,000人が集まる成功となった。以後、ステージ数や開催期間を増やしながらフェスティバルは毎年続いている。開催地は2011年までシカゴに固定されていたが、後に2018年までのシカゴ開催が決定している。

海外[編集]

2011年チリサンティアゴで、ロラパルーザが実施された。これはフェスティバルの初めての北米外での開催であった[1]カニエ・ウェストザ・キラーズジェーンズ・アディクションがヘッドライナーとして参加し、チリのローカルアーティストもたくさん出演した。2012年、初めてブラジルサンパウロで開催し、2013年イスラエルテルアビブで開催予定[2]

主な出演者(シカゴ開催)[編集]

2014年[編集]

日付 ヘッドライナー その他主な出演者
2014年 1日目(8月1日) アークティック・モンキーズ
2日目(8月2日) カルヴィン・ハリス
3日目(8月3日) スクリレックス

脚注[編集]

外部リンク[編集]